« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

復旧と復興

 先日、BSフジが「北の国から」放映30周年記念特番を放送したのを見まして、その中で倉本聰が興味深いコメントをしていました。

 

 正確な言い回しは失念しましたが、東日本大震災を受け、以下のようなことを口にしていました。

 岩手県とか宮城県とか、東北の太平洋沿岸が大津波で壊滅的な被害を受け、「復旧」とか「復興」ということばを耳にする機会が増えました。
 しかし、「復興」というのならともかく、「復旧」ということばには違和感を覚えると・・・

 「復旧」というのは、昔の状態に戻すことだから、これだけの被害を受け、何も無くなったところを昔と同じような状態に戻しても仕方がないんじゃないかと・・・

 そうではなく、新しく街を再建し、未来に向かって歩み出すことが大切なのではないかと・・・

 あまり深く見入っていたわけではないのであやふやな記憶でしかないのですが、おおよそは以上のようなことを言っていたと思いまして、ちょっと考えさせられました。

 

 「復旧」「復興」・・・
 似たようなことばではありますが、ちょっとニュアンスは違います。

 

 「復旧」というのは、例えば山崩れなどで道路や線路が不通になり、土砂を除いて通れるようにするとか、洪水で流された橋を架け直し、渡れるようにするとかの例が思い浮かびますが、いずれも部分的な修復であり、街全体とかの大きな災害に対して用いるのは、適切とは思えません。

 一方、「復興」というのは、一度ダメになったとか、衰えたものを、もう一度栄えた状態に戻すという意味がありますから、必ずしも「元通りにする」というような限定的なものではありません。
 むしろ、前よりももっと良いものにしようというような、前向きなイメージさえ感じられます。

 

 ことばにすると「再開発」みたいな事になるんでしょうが、そこには個々人の登記などの問題も絡んできますから、簡単には進まないだろう事も容易に想像がつきます。
 しかし、元の街の姿に戻すことは最低限の仕事であって、せっかく人の手が加えられるわけですから、以前よりも少しでも良くなった街になってこその「復興」だと私は思います。

 大きな災害を受けた街だからこそ、それまで以上に栄えた街の姿を取り戻して初めて、「復興」が叶ったと言えるんじゃないでしょうか。

 

 「復旧」は、最低限の取り組み。

 政府や自治体は、「復興」を目指して頑張って欲しいなと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火)

フライング

 28日に行なわれた、世界陸上での男子100m決勝において、世界記録保持者のウサイン・ボルト選手がフライングで失格したと報じられた。

 

 世界中に大きな衝撃を与えたこのニュースですが、個人的には「ざまぁみろ」と思っています (^_^ゞポリポリ

 理由は単純で、私はボルトが大嫌いだからです。

 どういうワケで、私がボルトを嫌いなのかは、2年前の世界陸上の時に「ウザイんボルト」という記事の中で述べたことがあります。

 

 2年経っても、相変わらずボルトはボルトであり、何も変わっていないウザイ姿が大邱のトラックでも見られました・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 陸上を舐めるな!!! q(`o')ブー!!

 

 これが、私のボルトに対することばの全てです。

 

 どんなにりっぱな記録を持っているスター選手であったとしても、1度のフライングで即失格とするという厳格なルールが昨年から適用され、これに異を唱える人も多い・・・

 しかし、例外は認めず、違反は違反として厳格に適用することで、ボルトのような異端児にはいいクスリになったんじゃないだろうか(苦笑)

 

 こんな事で、あの目障りでうざったい性格があらたまるとは思わないけれど、次の200mでは、多少は自重してレースに臨んでくれればありがたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

ふるさとは

20110829001

 これは、室生犀星の「ふるさとは遠きにありて」という、有名な詩の中の一節です。

 

 「ふるさとは遠きにありて」というのが本当のタイトルなのかどうか、文学に疎い私にはいまいちハッキリとはしませんが、以下に詩の全文を貼り付けてみます。

 

 ふるさとは遠きにありて思ふもの
 そして悲しくうたふもの

 よしや
 うらぶれて 異土の乞食となるとても
 帰るところにあるまじや

 ひとり都のゆふぐれに
 ふるさとおもひ涙ぐむ
 そのこころもて
 遠きみやこにかへらばや
 遠きみやこにかへらばや

 

 故郷はなんとなくいいものだという「望郷の念」は誰にでもあると思いますが、室生犀星のこの詩には、そういった想いは全く書かれてはいません。

 故郷は、遠くで思うものであって、たとえ乞食に身を落としても、断じて帰るところではないと言っているわけですから・・・ (^^;

 自分の生まれ育った故郷を、ここまでの思いで捨て去ることが出来る・・・というか、捨てざるを得なかった室生犀星という人物とはどんな人間なのか、どのような人生を歩んできたのか・・・

 

 私にはよくわかりませんが、故郷はその人の原点ですからねぇ、実際にそこで暮らすかどうかは別にして、帰りたいと思うのが一般的な感覚だと思うので、絶対に故郷には帰らないぞ、帰る場所は都会であって、オレは都会で暮らすんだと考えざるを得ないとなると、そうとう悲しい人のようにも思えます・・・ (__;)

 

 それはともかく、今年のお盆も、故郷である会津には帰省できませんでした・・・ (^_^ゞポリポリ

 なんとかやり繰りをつけて、雪が降る前までには、一度両親の顔を見てきたいとは思っているのですが・・・ (^_^ゞポリポリ

 それと、会津の友人たちとも、今年は一度も顔を合せていないので、日頃の無沙汰をわびる意味でも、家内を伴って酒を酌み交わしたいなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

世界陸上女子マラソン

 昨日の午前中は、世界陸上の女子マラソンをテレビ観戦していました。

 

 尾崎赤羽と、出場する日本勢の顔ぶれが私好みで、けっこう期待して見ていたんですが、終始先頭集団に食らいついていいレースをしてくれたワリには、内容的には盛り上がりに欠け、少々期待外れだったかなと・・・ (ノ_-;)ハア…

 特に、前回のベルリン大会で銀メダルに輝いた、私一押しの尾崎好美が、最後までメダル争いに加わってくれなかったのが残念で・・・ (__;)

 その分、赤羽がしっかりと戦ってくれたのがありがたかったですね。

 

 日本勢の成績ですが・・・

  5位 赤羽有紀子
 10位 中里麗美
 18位 尾崎好美
 19位 野尻あずさ
 22位 伊藤舞

 

 成績そのものには、それほど目立った収穫はなかったんですが、いずれも初出場組となった中里野尻伊藤の三人の健闘は見事だったと個人的には思っています。

 

 10位に入った中里の安定した走りは、今後とても楽しみですし、スキーからの転向という異色の経歴を持った野尻も、経験の少なさから見れば今後の伸びしろが期待できそうで楽しみです (*^.-^*)♪
 特に、序盤のスローペースにしびれを切らし、自ら先頭に立ってレースを引っ張るなど、その積極的な性格と果敢な攻めの走りというキャラは、実に私好みです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 

 来週は、男子マラソンです。
 こちらも、市民ランナーの川内君を中心に、しっかりとテレビ観戦させてもらおうかなと p(^_^)q ワクワク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

寝溜め

 ・・・というほどではありませんが、昨夜は久しぶりにたっぷりと寝ました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ここんとこ、朝が早い仕事が続いていまして、昨日も6時には自宅を出発し、20時近くまで忙しく走り回っていたものですから、帰宅して汗を流し、夕飯を食べたら、もう、眠くて眠くて・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 そんなワケで、21時過ぎにはもう眠りについてしまいまして、今朝の7時前まで、およそ10時間近くも泥のように寝てしまいましたよ(笑い)

 

 今日は、今のところ仕事の予定は入っていないので、少しはゆっくり出来るかなと・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 タマにはこんな日があってもいいかな・・・な~んてね (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

稲刈り11

 昨日、千葉県の香取市内を走行中に、稲刈りをしている光景を目にしました。

 関東の場合ですと、稲刈りの光景を目にするのは9月に入ってからという事が多いように思うのですが、茨城県の潮来市や千葉県の香取市など、利根川下流の水郷地帯では、秋の洪水を避けるために、他の地域よりは若干早めに刈り取りを行なうのが恒例になっているようで、8月の終わり頃には稲刈りをしている光景を目にすることが出来ます。

 

 下は、旧小見川町の香取市内で撮ってきた稲刈りの光景です。

 

20110826001 20110826002

20110826003 20110826004

20110826005 20110826006

20110826007 20110826008

 ただ、今年の場合例年と違うのは、やはり原発事故の影響です。

 昨日発表された「千葉県産米の放射性物質検査について」という報告書では、8月25日現在 で、県内52市町村のうち31市町村で安全が確認されたと報じられました。
 残りの自治体でも、検査が完了次第、安全性の報告がされるものと思います。

 放射能汚染を心配して、相変わらず古米の人気が高いようですけど、せっかくの新米ですからねぇ、出荷停止とか不買運動とか、そういう悲しいコトにならないことを願いたいですねぇ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

業務スーパー

 「業務スーパー」というお店が在りまして、「神戸物産」という兵庫県の会社が展開しているチェーン店で、関東でもアチコチに出店しています。

 生鮮食料品を除く、冷凍食品や加工食品などを扱う店舗で、とにかく安いので、私も仕事なんかでお店の前を通った時など、酒のツマミやコーヒーなどの嗜好品を中心によく利用させて頂いています。

 

 先日、さいたま市内に在る家内の実家に行った帰り、「業務スーパー 花野井店」に寄ったんですよ。
 家内は料理が好きなので、こういうお店は気に入ってくれるんじゃないかと思ったからです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 案の定、たくさんの調味料や冷凍食品を見て、大喜びして買い物しまくっていました(笑い)

 お気に入りの商品を見つける度に、「見て!見て! ホラ、これ、なんでこんなに安いの~」なんて言いながら、カートのカゴに次々に放り込む家内・・・(苦笑)
 店内を一回りする頃には、カートに乗った二つのレジカゴに、山盛りの商品が積まれていましたが、全部精算しても8千円に満たない金額で、私も家内も大満足でした。

 

 帰りの車内では、「また連れて行ってね (*^.-^*)♪」とご機嫌な家内・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 作戦は大成功です (^^)v

 

 安売りで有名なスーパーに、「コストコ」がありまして、アメリカスタイルの倉庫店が消費者にも大人気のようですが、私は「コストコ」は日本では生き残れないと思っています。

 理由は、コストを徹底的に抑えるために、大ロットでしか販売しないからです。

 どんなに安かろうと、家庭で消費する量なんてタカがしれていますから、よけいな買い物は結局は「ムダ」でしかないからです。
 コストコ信者の言い分としては、ご近所やお友達と一緒に買い物に行って、お互いにシェアすればいいとか言ってますが、買い物っていつもいつもそんなふうにするものじゃないでしょ(笑い)
 買い物に行くたびに、ご近所やお友達を誘って・・・なんて、ナンセンスだと思いませんか (^◇^) 。。。ケラケラ

 「コストコ」で買い物して、本当にお得だと思える方なんて、大家族か、もしくは食べ盛りの子ども達を何人も抱えている主婦くらいのもので、そんな人達が少子高齢化の今の日本にどれだけ居るというのでしょう・・・

 

 昔と違って、スーパーやコンビニでも、一人とか二人など、単身者や小家族用の食材や惣菜などを敢えて販売する時代です。そういう現代の消費者のニーズを「コストコ」は全く理解していないとしか思えません (ノ_-;)ハア…

 

 翻って、「業務スーパー」ですが、いくら安くても「コストコ」みたいな大ロット販売ではありませんし、会員制みたいな買い物客をお店が選ぶシステムでもありません。
 誰でも、一個からでも買い物できるわけですが、商品によっては近所のスーパーで行なわれているセール品よりも割高のものも存在します (^^;

 つまり、安いには安いなりの理由があるわけで、店内の全ての商品がお買い得プライスというわけではなく、冷凍食品や加工食品などのような足の長い食品はとにかく安いです (*^.-^*)♪

 こういうお店は、「業務スーパー」という名前の通り、水商売や飲食関係の人達にはとても重宝するお店だと思います。
 なにしろ、買ってきた商品をレンジで温めるだけとか、チョッと油で揚げるだけで、お客さんに提供できるりっぱなメニューが出来上がるワケですから、お店側としては調理の手間を省けるだけでなく、コストも大幅に削減することが出来ます (^^)v

 

 私は、「コストコ」は近い将来に必ず行き詰まると思っていますが、「業務スーパー」は今後とも伸びていくんじゃないかと思っています。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2011年8月24日 (水)

はしご酒

20110825001_2

 

 「吉田類の酒場放浪記」という番組があり、BS-TBSで毎週月曜の夜に放送されています。

 私は、酒好きという事もあり、この番組が好きで毎週のように見ています。

 いくら酒好きとはいっても、そうそう飲み歩けるわけでもありませんから、番組でいろんな酒場に連れて行ってもらえると思えば、ありがたい事で (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 そんなワケで、テレビの前に座って、吉田類と一緒にお店に居るつもりで、家内の手料理を肴に晩酌をするのが最近の私のお気に入りだったりします (^^ゞ

 

 この番組、60分の中で4軒の酒場を紹介していますから、いわゆる「はしご酒」をしていることになるわけですが、なんとも安上がりな「はしご酒」ですな (^◇^) 。。。ケラケラ

 

  20110825002_2

 各地の居酒屋に出没し、お店の人や常連客と一通り盛り上がった後、お店を出て街の中へと歩き出す吉田類の後ろ姿をバックに詠まれる、その夜の思い出を文字にした一句が、味があって大好きです o(*^▽^*)o~♪

 俳人としてのセンスを伺わせてくれる、エピローグ ・・・ という感じかな (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 

 下に、YouTube で見つけた番組の動画を貼り付けてみました。
 どんな感じの番組なのか、興味がお有りの方はご覧になってみてください ( ^-^)/ ♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

過ぎゆく夏

 連日猛暑日を記録し、あれほど暑かったのがウソみたいに、先週末から雨模様も加わって、イッキに肌寒さを感じるようになってきました。

 

 私が、気温の差を肌で感じる時があって、それは朝、便座に腰を下ろした時・・・です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 さすがに夏の間は便座のヒーターを切っています。
 それは、節電とかいうような問題ではなく、暑い夏に暖かな便座に座っていると、汗もかくし、生理的にガマンできないからというものなのですが、先週末からまた暖房を入れるようになりました。

 というワケで、私はお尻がほんわかとした温もりに包まれた時、幸せと共に、秋が近いことを実感するんですよ (^_^ゞポリポリ

 

 さすがに、このまま秋になるとは思いませんが、例年、月遅れのお盆を過ぎると、それまでの真夏の空気とは明らかに違う、残暑というか、晩夏の風を感じることが常なので、今年もやっぱりかぁと思っています。

 

 それはともかくとして、最近は「異常」ということばが簡単に用いられ過ぎじゃないかと思っていまして、暑くなったらなったで「異常気象」、台風が発生して被害が出ると「異常気象」などというように、簡単に「異常」ということばで片付けようとするのが納得いきません。

 夏が暑いのは当たり前の事であって、夏に雪が降ったりすれば、さすがに「異常気象」という事になるのでしょうが、たとえ気温が40℃を越える日が何日も続いたとしても、夏ですから「異常」ということばはそぐわないように私は思っています。

 また、最近増えている「ゲリラ豪雨」なんて気象現象も、暑ければ上昇気流が起きるのは当たり前であり、上昇気流が起きれば雨雲が出来て雨が降るのは、ごく当然の気象現象だと思うのですが、なぜそれを「異常気象」だと思ってしまうのか、私には理解できません。

 

 思うに、人類の思い上がった気持ちが、ままならない自然現象に対して「異常」だと思わせてしまうのではないかなんて個人的には考えています。

 どんなに科学が進んだとしても、自然の大きな力の前には、無力を感じることが多いはずなので、人類は自然に対して、もっと謙虚になることが大切なんじゃないですかねぇ・・・

 季節の気象現象なんて、そうそう人間に都合のいいようにはなりませんよ(笑い)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

扇風機

 今年、節電の影響から扇風機の存在が見直され、特に関東では扇風機が引っ張りだこだったようですが、我が家では、以前から扇風機を重宝して使っています。

 

 決してエアコンが無いわけではなく、居間と寝室には冷暖エアコンが取り付けられていますが、各部屋はもちろん、台所や洗面所、トイレにさえ扇風機が置かれていまして、その数は全部で6台・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 もちろん、必要に迫られて、1台また1台と増えていったわけですが、中には10年以上も使い続けている扇風機もありまして、そんな一台が台所で使っているモノで、今年に入ってからしばしば不調を訴えて来るようになりました・・・ (^^;

 「弱」とか「中」なんてボタンを押してもなかなか羽根は動き出してくれず、「強」を押してやっと、ゆ~っくりと回り出すという、情けない事が何度かありまして、そろそろコイツも寿命かなぁなんて思いつつも、騙し騙し使っていました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 しかし、いよいよ夏も終わりに近づいたこともあって、扇風機を1台新調しようかなと思ったわけですよ(笑い)

 扇風機もシーズン物ですから、夏が終わろうとする今なら価格的にも投げ売りに近い状態かなと思ったしだいで・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ
 こんな物、衣類なんかと違ってオフシーズンに安く買っても、流行廃りがあるわけじゃなし、来年も普通に使えるわけですから、私がよく使う買い物法の一つです (^^)v

 

 で、週末からホームセンターや家電店をいくつか回ってみまして、市場調査をしてみました。

 ハイシーズンの頃とは違い、どこのお店も扇風機の売り場はこぢんまりとしていまして、少ないところで2~3機種、多いところでも4~5機種くらいしか展示されてはおりませんで、その中で最も安かったプライスは¥1,980
 30cmの三枚羽根で、首振りやタイマーなんかが付いているごく普通の卓上扇風機です。

 この扇風機なら、今不調を訴えている台所のモノとほとんど同じシロモノですから、ホントはこれでもよかったんですが、一昔前と違って、今は扇風機にもリモコンが付いているのが主流のようで、リモコンが使える扇風機が1台あれば、ベッドの中に入って寝ている時でも、いちいち起き出して行ってボタンを押さなくても操作ができるなと思い、今寝室で使っている扇風機を台所で使うことにし、寝室用にとリモコン付きの扇風機を購入することにしました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20110822001  20110822002

 

 ・・・というワケで、これが昨日近所のホームセンターから買ってきた新しい扇風機です。

 

 Made in Taiwan ではありますが、リモコン付きで、価格は¥2,780 (^^)v

 寝る時に重宝するランダム送風機能も付いていますし、たぶん我が家では一番高機能な扇風機です(笑い)

 

 この扇風機も、おそらく10年くらいは働いてくれるだろうと思うと、企業努力というひと言では片付けられない、ありがたさを実感せずにはおれません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

大差なのに

 今月の17日、神宮球場で行なわれたヤクルト横浜の一戦。
 チョッと驚くようなスコアが報じられました。

 

 下にその時のスコアを貼り付けましたので、ご覧ください ( ^-^)/ ♪

 

  横 浜 8 0 0  1 1 0  0 0 0  10
 ヤクルト 0 0 0  4 4 2  0 0 0  10

 

 いかがですか?

 この戦い、横浜が初回に1本のHRを含む9本の集中打を放ち、8点を挙げて、楽勝ムードで始まります。
 しかし、4回に4点を返したヤクルトの逆襲劇がここから始まります。
 勢いに乗るヤクルトは、5回にも4点を奪い、6回までにゲームを振り出しに戻してしまいます (^^;

 結局、この試合、10対10の引き分けに終わるのですが、8-0から追いつくヤクルトもヤクルトですが、踏ん張りきれない横浜も横浜というか、首位と最下位というチームの勢いの差が伝わってくるようなスコアでした (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ところが、この信じられないような逆襲劇、この夜だけのものではありませんでした・・・

 

 翌18日、千葉のQVCマリン球場で行なわれた千葉ロッテ北海道日本ハムとの一戦において、似たような戦いが繰り広げられます・・・ (^_^;

 

 下がその時のスコアですが、笑っちゃいますよね o(*^▽^*)o

 

 日本ハム 0 0 0  1 6 1  0 0 1  9
  ロッテ 0 8 0  0 0 0  0 1 0  9

 

 2回に8点を挙げたロッテですが、4、5、6回と日ハムの逆襲に遭い、追いつかれてしまいます。

 この試合も、9対9で引き分けて終わるのですが、序盤に8点も取られたら、やっている方も見ている方も、一方的な展開として負けを覚悟するのが普通だと思います (^^ゞ

 にもかかわらず、中盤で追いつかれちゃうわけですから、野球はコワイというか、おもしろいというか・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 まぁ、見ている方だからそんな呑気なことが言ってられるワケですが、コレ、やっている本人たちにしたら、堪んないですよね(苦笑)

 8点差がセーフティリードといえないとなると、いったい何点取ったら安心できるのでしょう (^◇^) 。。。ケラケラ

 草野球ならともかく、プロの試合でこんな大味なゲームを見せられては、カネ返せと怒り出す観客も出そうです・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 大差を追いつかれた横浜なんか、スタンドから「横浜高校の方が強いぞ~」なんてヤジが飛んだそうですよ (;^_^A アセアセ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

東北の悲願

 青森県代表の光星学院が、栃木県代表の作新学院を5-0で下し、今日行なわれる決勝に駒を進めたと報じられた。

 

 私の応援していた、千葉県代表も福島県代表も姿を消してしまった今、甲子園大会などなんの関心も無い私ですが、それでも青森県の代表校が決勝に臨むとなればハナシは別です (^_^ゞポリポリ

 私も会津の出身という事もあり、東北に対する思い入れは人並み以上には持っているつもりですし、それより何より、春夏を通じて甲子園の優勝旗が「白河の関」を超えたことはただの一度も無いという事実が、東北人としてのプライドをくすぐって止みません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 東北を飛び越えて、津軽海峡を渡ったことはありますが、だからこそ、置き去りにされた感が否めない「東北勢の優勝」は、東北に住む人達にとっての悲願という事になります。

 

 あのダルビッシュをしても、なし得なかった甲子園の優勝・・・

 おそらく、東北にゆかりのある人なら誰しも、光星学院の優勝を願っているのではないだろうか・・・

 

 今年の春、東北の太平洋沿岸に大きな被害をもたらした東日本大震災・・・

 光星学院の地元である八戸市も例外ではない!

 巡り合わせなんて言ったら光星学院の諸君に対し、失礼な物言いになってしまうかもしれませんが、こういう年だからこそ、被災地の高校が決勝に進んだのは、もしかしたら何かの「因縁」なのかもしれません。

 

 たとえ優勝できなかったとしても、決勝に駒を進めた事で、被災地の方々に大きな夢と希望を与えてくれたことは間違いありません。

 願わくば、深紅の優勝旗を八戸に持ち帰る事で、これまで叶うことの無かった「白河越え」の夢を実現させて欲しいと思っている人は、東北に限らず、日本中で相当な数に上るのではないかと私は思っています・・・

 おそらく、日大三高光星学院、どちらを応援するかと問われれば、判官贔屓が国民性みたいなところがある日本人のこと、光星学院派が日大三高派を大きく上回るのではないだろうか・・・(笑い)

 

 どんな逆境にあっても辛抱強く耐え、どこまでも粘り強く戦い、そして東北人としての誇りを失わず、「日大三高」という横綱を相手に大金星を挙げてくれることを願うのみです・・・

 

 頑張れ! 光星学院!!

 日本中の目が、君たちの活躍を見守っているぞ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

菅平高原

 水曜日、長野県の須坂市まで仕事で行って来まして、行く時には急ぎの荷物という事で、全線高速だったんですが、帰りは特に急ぐわけでもありませんし、わざわざ高速を使うほどの事もないと思ったものですから、一般道で菅平を越え、私のお気に入りの道路である「浅間サンライン」から「碓氷バイパス」を経て、国道17号線で都心へ向かいました。

 

   20110819005

20110819004 20110819006

20110819001 20110819002

20110819007 20110819003

 途中の「菅平高原」は、大学や社会人たちの夏合宿が真っ盛りらしく、いたるところに設けられているグラウンドでは、サッカーやラグビーなどの練習をしている光景が見られました。

 道路では、マラソンや駅伝の走り込みをしているランナーたちを何人も見かけまして、なんていうんですかね、本来爽やかで清々しい場所であるはずの菅平高原なんですが、そんな汗臭い体育会系の男達の集団をそこここで見かけてるうちに、なんとなく男臭い熱気が高原中を覆っているような気がしてきまして・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 その時は気付きませんでしたが、女性のアスリートを見かけないと思ったら、女性達は軽井沢とか清里の方に集まるんだそうで、菅平は男たちの合宿の聖地みたいになっているそうです (^_^;

 

 う~ん、どうせ走るのなら、今度は女性達が集まっている方の道路を走ってみたくなりました(笑い)

 同じ汗を流していても、女性達ならいい匂いがしてきそうだもの・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

なでしこフィーバー

 「なでしこジャパン」がW杯で優勝し、世界一になって一ヶ月ほどが経ちましたが、彼女たちを取り巻くマスコミを始めとする過熱ぶりは収る気配を見せません。

 やれ、国民栄誉賞を受賞したとか、観客動員数が10倍になってそれまでの記録を塗り替えたとか、誰それがどこそこの一日署長を命じられたとかのニュースがひっきりなしに飛び交っています。

 

 一生懸命に頑張ったアスリートが世間から高い評価を与えられるのは、それはそれでいい事だと私なんかは思うんですが、熱しやすく冷めやすいという我が国の国民性を考えると、はたしてこのフィーバーぶりがホンモノなのか、私はかなり疑わしいと思っています。

 

 思えば、カーリングしかり、女子ソフトボールしかり、確かに一時はマスコミにも大々的に取り上げられ、国民も熱狂したという事が過去にもあったりするんですが、五輪などの大会が終わると、イッキに熱は冷め、選手たちの露出度も下がり、そのうちに忘れられていくという事の繰り返しで、「なでしこ」も結局は同じ道をたどるんじゃないかと私なんかは危惧しています・・・

 

 ただ、「なでしこ」にとって追い風となっているのは、W杯は終わったんですが、来年のロンドン五輪に出場するためのアジア最終予選が来月に控えているという事で、一応、来月までは日本中の目が彼女たちに注がれているという事・・・

 しかし、予選を突破して五輪行きの切符を手中に収めたのならともかく、もし敗退したとしたなら、世論は収るまい・・・

 おそらく、フィーバーは一転してバッシングに変るんじゃないだろうか・・・

 これでもかというくらいに精一杯に持ち上げた後は、非情なくらいに容赦なく叩く・・・
 それがマスコミの常套手段であり、世の常だから・・・

 

 最終予選に出場する国々の顔ぶれを見ると、オーストラリア、中国、日本、北朝鮮、韓国、タイと、当たり前ではありますが、けっこう「強豪」が名を連ね、ここで上位2チームに残るという事は、口で言うよりも簡単なことでないことは容易に想像がつきます。

 9月とはいえ、中1日とか、中2日とかの強行スケジュールで行なわれる今回の最終予選、週一くらいのペースで行なわれるのがサッカー界においては理想といわれているのに、この超が付くくらいの過密日程は、体力的にも精神的にも選手たちにかかる負担はハンパなものではないはず。

 まして、W杯の優勝に浮かれ、マスコミなどに顔を出し続ける有力選手が少なくない中、体力作りは言うまでもなく、連係プレーなどの練習はしっかりと行なわれているんだろうか・・・

 

 とにかく、来月の今頃には、最終予選の結果は出ているワケで、ファンの一人としては、彼女たちの輝きが今以上に増していることを願うだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

バーリアルラガー

 一年ほど前に、「バーリアル」という記事を書いて、イオングループが販売している発泡酒のことをご紹介したことがあります。

 

 350ml缶88円という低価格ながら、その美味しいことといったらそうバカにしたものでもなく、私は家で購入するお酒は「バーリアル」と決めて、もう一年近くが経ちました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

  20110818003

 イオンの方でも、順調に売れているらしく、半年後には500mlサイズが加わったり、今年になってからはカロリーオフノンアルコールなどの新しい顔ぶれが増えたりと、それなりにラインナップも充実して今に至ります。

 

 そのイオングループが、今月から「バーリアルラガービール」という本格ビールを市場に投入してきました。

 まず安価な発泡酒で消費者の動向を窺い、カロリーオフやノンアルコールでしっかりと市場を握り、満を持してビール業界に殴り込みをかけた形です。

 ビール大好き人間の私としても、350ml缶が158円で買えるというのは大きなニュースであり、さっそく近所のスーパーの売り場で見つけたので買ってきて飲んでみました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20110818001 20110818002

   20110818004

 味は悪くないです・・・というか、少なくてもスーパードライなんかよりは、はるかにマトモなビールの味がします (^◇^) 。。。ケラケラ

 キリンやサッポロほどの苦味はありませんが、キリッと引き締まった味はけっこう私好みに近く、これならご贔屓の黒ラベルと比べてもそう見劣りしない出来映えかなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 何より、1本158円で本格的なビールが飲めるというのは、実にセンセーショナルな出来事だと思えてなりません ヽ(^◇^*)/

 

 強いて難を述べるなら、泡持ちがよくなく、ご覧のようにグラスに注いだ後、直ぐに泡が消えて無くなってしまいます (^^;

 ビールというのは、泡が命・・・とまでは言いませんが、泡があってこその「ビール」であって、泡が無いビールというのはいただけません。

 よく、ビールを注ぐ時に泡を嫌ってグラスを傾けながら注ぐ人も少なくないんですが、少なくてもグラスの上1/3くらいには泡が残っていて欲しいと私なんかはいつも思っています。

 ビールの泡は、いわゆる「フタ」の役割をしていまして、ビールが空気に触れて酸化するのを防ぎ、風味と美味しさを保つためには無くてはならない重要なアイテムですから、それがグラスに残らないというのでは、「ビール」を語る上では論外です・・・ (ノ_-;)ハア…
 この点だけは、早急に改善して欲しいと切に願います。

 

 まぁ、イオンとしてもビールを造るのは初めての経験であり、そういうノウハウを一つずつ積み重ねていって、一つの成熟した商品が出来上がっていくのだと思えば、今は仕方のないことなのかもしれません(苦笑)

 とにかく、イオンの企業努力は認めますので、消費者の一人として、またバーリアルのファンの一人として、今後とも頑張って欲しいと思います (*^.-^*)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

長岡大花火大会

 日曜日の夜、BS11が「長岡大花火大会」の様子を2時間にわたって放送してくれました。

 

 私も家内も、大の花火好きではありますが、横着者ですからテレビで放送してくれる花火大会でお茶を濁すのがせいぜいで、隅田川の花火大会とか大曲の花火大会などは、毎年欠かさずに見ています。

 まず、部屋の灯りを消し、ビールなどのお酒とツマミを用意して、テレビの前で楽しませて頂くのが常なんですが、これがけっこう楽しくてね (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 「長岡大花火大会」は、日本三大花火大会と謳われるだけあって、名前だけは知っていますが、実際には一度も見たことがなく、それがテレビで放送されるという事でとても楽しみにしていました。

 実際に映像で見た「長岡大花火大会」は、なんというんでしょうかね、テレビでさえ花火の大きさがわかりましてね、しかもとてもキレイなんですよ。

 それぞれの花火の色が、ぼやけずにクッキリとしていて、特に赤い色が見たこともないくらい鮮やかで美しかったです。
 長岡の花火師たちの、技術の高さと心意気が、この花火を見ているだけでも伝わってきます。

 この「長岡大花火大会」を、実際にこの目で見ることができたなら、幸せでしょうねぇ・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 長岡の人達は、街の誇りとして、大いに自慢して頂いていいんじゃないかと・・・

 

20110816001 20110816002

 私の手持ちのDVDレコーダーでは、デジタル番組は一度きりしかコピーできないために、その鮮やかさをブログに載せることはかないませんで、こんな写真しかアップできないのが非常に心残りではあるのですが、ご覧になれる機会がありましたら、一見の価値は間違いなくありますから、お勧めいたします (*^.-^*)♪

 

 

 今年は、27日の土曜日に、隅田川花火大会と大曲の全国花火競技大会が同時刻に放送されます (;^_^A アセアセ・・・

 やむを得ないので、大曲の方は録画して、隅田川花火大会をリアルタイムで楽しむ事にします (^_^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

松戸の梨

 先週末は、埼玉に在る家内の実家で過ごしました。

 お盆という事もあり、家内の兄弟達が集まるというので、せっかくですから私も仲間に入れていただいたというわけです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 いつもは、車で出かけるので、一緒にお酒を飲むことは出来ませんでしたが、そのまま泊めて頂くという事で、差しつ差されつ、心いくまで飲んできました(笑い)

 

 昨日は、昼過ぎまでゆっくりと過ごした後、松戸経由で成田に帰ってきました。

 いつもですと、常磐道の柏経由で帰ることが多いんですが、わざわざ松戸を回ったのには理由があります。

 千葉県の北西部は、県内でも有数の梨の生産地であり、松戸市、鎌ヶ谷市、八千代市、白井市など、梨が有名なところがたくさん在ります。
 それぞれの街を走っている街道の多くには、梨の直売所がズラッと軒を連ね、その駐車場にはたくさんのマイカーが停まって梨を買い求める姿が見られます。

 今月はすでに、千葉県内の道の駅などで2回ほど梨を買って食べましたから、初物というわけではありませんが、私も家内も大の梨好きという事もあって、そろそろ直売所でも梨が売られているんじゃないかという事で、市場調査を兼ねて松戸市内を抜けて帰ることにしました。

 

20110815001_2 20110815002

 さすがに、若干時期が早いかなという事で、閉まっているお店も多かったのですが、営業しているお店も何軒も見かけました。

 その中から、手頃なお店を見つけて車を停め、買ってきたのが写真の梨です。

 5個入りの幸水で、一袋千円でした (*^.-^*)♪

 

 さすがに、昨日の時点ではまだ冷蔵庫の中ということで、口にしてはいませんが、今日あたりは食べてみようかなと思っています o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

今時の校歌

 今、甲子園大会が開催中で、日本中が高校野球に酔いしれている頃なのだろうか (^_^;

 

 まぁ、甲子園大会みたいなナンセンスな大会など、今すぐにでも廃止してしまって、新たな形で再出発すべきだと考えている私が取り上げるようなハナシではありませんが、それでも郷土愛みたいな気持ちは多少はありまして、今住んでいる千葉県代表と、故郷である福島県代表の二校くらいは、毎年密かに応援している私が居ます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 そんな中、今大会の三日目、第4試合に登場した初出場となる愛知県代表の至学館高校。最近、ここの校歌がいろんなところで取り上げられているようなので、ご存じの方もいらっしゃると思うんですが、今日はそんな校歌の話題です。

 

 たまたま、尼崎からの帰り道、名古屋付近の伊勢湾岸自動車道を走行中、お気に入りの東海ラジオを聞いていたときのこと、当然のようにこの後登場する地元代表の至学館高校が話題に取り上げられ、ここの校歌が変わっているというハナシになりまして、どんなふうに変わっているのか気になった私は、カーナビをワンセグに切り替え、甲子園大会の中継を見ながら走っていたわけですよ(苦笑)

 やがて、愛知県代表の至学館と大阪府代表の東大阪大柏原の試合が始まりまして、途中で流れる至学館の校歌を聴いて、私は「ナンだコレは・・・」と・・・ (^^;

 甲子園のアルプススタンドをバックに流れる校歌を、これほどの違和感を持って聞いたのは初めての経験です。
 応援団や選手たちの姿とは明らかにミスマッチしてまして、校歌だけが浮いちゃってました。

 

 下に、その時流れた至学館の校歌の動画を貼り付けましたので、気になる方はお聞きになってみてください (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 

 ナンていうんでしょうかね、巷ではポップな校歌なんていって支持者も多いようですが、私のようなアタマの固い人間にしてみれば、おおよそ考えられないようなタイプの校歌なわけで・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 作品そのものがヘンだとかおかしいというわけではありません。実に味のあるいい歌だと思います。
 いい作品だとは思うんですが、校歌としてとなるとハナシは別です。

 

 合唱などで歌われるのなら、こういう作品はもってこいなのかもしれません。
 でもねぇ、入学式とか卒業式などのような厳かな式典で歌われるのが校歌としての役割の一つであるとするなら、こういう校歌はアリなんでしょうか (^_^;

 

 最近、人気アーティストが、いろんな学校の校歌を作ったと話題になることがあります。

 例えば、イルカであったり、南こうせつであったり、クレイジーケンバンドの横山剣であったりと、話題は尽きないんですが、正式な校歌ではなくても、愛唱歌としてその学校で歌われているということなら、ユーミン小田和正なんかも学校に作品を提供しています。

 

 学校がある街やそこに通う生徒たちも、時代と共に変わっていくのが普通ですし、卒業式の定番だった「仰げば尊し」や「螢の光」ナンて歌も、最近では歌われなくなったなんていうハナシも聞かれるような時代ですから、だとすれば、校歌なんていうものも、時代と共に作風や内容が変わってきても不思議ではないのかもしれません。

 

 だからこそ、先に挙げたようなミュージシャンに熱烈なラブコールが送られ、彼等の作った校歌が生徒たちから支持されるんでしょうね。

 

 ちなみに、私が大好きな南こうせつが、地元の明豊高校の校歌を作っており、今大会の大分県代表として出場していますので、テレビでもお聞きになることが出来ますよ (^^)v

 一応、下に明豊高校の校歌も貼り付けておきました。

 

 

 先の至学館の校歌と比べれば、多少はそれらしく作られておりますが、明らかに今時の校歌と呼ばれるような作品です (^^ゞ

 地名や校名などが一切入ってなく、別にそこの校歌としてでなく、普通に歌われてもぜんぜんおかしくない作品ですから、合唱なんかで取り上げるにはもってこいじゃないかと。

 こういう校歌が、甲子園のアルプススタンドで次々に流れるようになったということは、明らかに時代が変ったという事なんだろうと思います (^_^ゞポリポリ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

セブンその後

 先月末に購入した、セブン君ですが、ここ半月ほどいろいろと遊んでいます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 購入したままのメーカーお仕着せの状態だと、いろいろと使いにくいところも少なくないので、そこは遊びがいがあります(笑い)

 

 まず、本体に内蔵されているHDDですが、320GBのものが1台、1パーティションのまま取り付けられています。
 こういう仕様は、最近のPCでは多くなっているようですが、全てをCドライブ一つでやり繰りするのは、様々な理由からリスクが大きいので、どうしてもDドライブが欲しいという事で、Dドライブを増設することにしました。

 増設するといっても、そこはスリムタワーですから、スペース的な制約もあって、新たにもう1台HDDを増やすことは不可能なので、大容量のHDDと交換して、それを二つのパーティションに分けることにしました。
 こういう、融通が利かないところがスリムタワーやミニタワーを好きになれない大きな理由なんですが、もともと家内のためにと選んだ機種なので、そこは諦めるしかないわけで・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 《 初期状態 》

20110805001_2

 これが買ってきたばかりのセブン君のディスクの様子です。

 内蔵されている320GBのHDDのうち、Cドライブとして280GBあまりが割り当てられており、他にシステム復元用のデータが入ったリカバリ領域なども見られます。
 最近のPCではよく見られるタイプの構成です。

 で、さっそくリカバリ用のDVDディスクを作成した後、手元にあった1.5TBの内蔵HDDと交換しました (^^)v

 

20110813001 20110813002

20110813003 20110813004

 本体を横に寝かせ、ケースの裏ブタを開け、フロントパネルを取り外し、HDDが取り付けられているブラケットを取り外したそれぞれの写真を、順に並べてみました (^^ゞ

 このブラケットから付いているHDDを取り外し、別のHDDと交換して元通りに組み立て直しました。

 

 《 改良後 》

20110805003_2

 取り付けたHDDを初期化し、300GB弱と、1.1TBの二つにパーティションを切り、300GBの方にリカバリディスクでシステムを入れ直した状態が、上の写真です。

 ついでに、余っている500GBの外付けHDDも、USBで取り付けてみました (^^)v

 

 

 さし当たっては、こんな状態で使い始めたセブン君なんですが、いやぁ、一筋縄ではいかないくらい馴染めないですわ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 そもそも、 Windows というのは、GUI(Graphical User Interface)」をうたい文句に、ユーザーに視覚的にわかりやすいOSをという事で開発されてきたはず・・・

 にもかかわらず、XPより VistaVista よりもと、バージョンが上がっていくにつれて、逆に使いにくくなっていくように思えてならないのは、いったいどういうワケなんだろう (ノ_-;)ハア…
 思うに、セキュリティを重視するあまり、よけいなお世話としか思えないサービスが「これでもか!」というくらいに加わっているからなんですが・・・ (^◇^;)

 

20110805002  20110813005

 とにかく、すっかりアタマが固くなってしまった私には、画面を見ただけではどうやって操作していいのか皆目検討もつかないので、とりあえずセブン用の入門書を買ってきました (^◇^) 。。。ケラケラ

 これを読んで、使い勝手を少しでも Vista 君に近づけようと思っています (^_^ゞポリポリ

 

 思えば、 Vista 君を購入したときも、それまで使っていたXPと比べ、ずいぶん使いにくいと感じ、出来るだけ使い勝手をXP風に設定し直して使っていたのを思い出します (^_^;

 という事はナンだ、私のセブン君は、結局はXP風にして使っているってことなのか (_ _)ノ彡☆ギャハハ!!! バンバン!!!

 これじゃ、本末転倒というか、何のために新しいOSを導入したのか、わからないじゃない(爆笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

営業再開

 東日本大震災の影響もあるのでしょうが、春からこっち、めっきり仕事が減ってしまいまして、青息吐息で営業を続ける状況がずっと続いていました。

 

 そんなところに、いきなり目が回るほどの仕事の依頼が次々に舞い込み、根っからの貧乏性ですから、イッキに売上げを挽回しようと手当たり次第に仕事を引き受けた結果、寝る時間もマトモに取れないほどの日々が一週間ほど続きました (^_^ゞポリポリ

 

 そんな日々も、月遅れのお盆に入り、ようやく一息つけるようになりました。
 例年ですと、お盆の間は休みの会社も多いですから、一週間ほどはほとんど開店休業のような状況が続くのが一般的です。

 

 おかげさまで、ここ一週間ほど、記事のことを考えることもなく、のんびりと過ごさせて頂きました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 そんな私の一週間を、簡単に振り返ってみようかなと(笑い)

 

 一番大きな仕事は、尼崎への納品でした。
 その荷物を金曜日の夕方に引き取り、土曜日は朝から一日宅配のヘルプを・・・

 日曜日の夜には、尼崎に向け成田を出発・・・

 月曜日の午前中に尼崎の納品を終え、そのまま成田へ引き返したのですが、帰宅したのは午前様 (^^ゞ

 火曜日は、一日宅配のヘルプで、早朝から一日中走り回り、この五日間は本当に寝る間もないくらい忙しかったです (^_^;

 まぁ、忙しいくらい働かないことには、マトモな売上げにはありつけないのがこの業界の習わしではありますが、それにしてもヤクザな商売ですねぇ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

20110812001 20110812002

 写真は、新淀川に架かる「新伝法大橋」の上から、弁天町、天王寺方面に向かって走行中に、橋の両側の光景を撮ったものです。

 この日は、朝からとても暑い一日でしたねぇ (;^_^A アセアセ・・・

 

 

 という事で、今日からボチボチとブログの方も再開させて頂こうかなと思っております (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 よかったら、これまでと同じように、変らぬご贔屓のほど、よろしくお願いします・・・ m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

夏期休業のお知らせ

     2011xxx

 

 

 まことに恐縮ではありますが、今日から一週間程度の間、ブログの更新は休ませて頂きます・・・ m(_ _;)m

 時期的に、夏期休業とでもいいますか・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 お盆休みの前だからなのか、今月に入ってからめちゃくちゃ忙しく、夜も昼も無いような状況が今しばらく続きそうで、とても更新の時間が取れません・・・ (^^;

 

 毎日、のれんをくぐっていただいている皆様には、まことに申し訳ありませんが、来週の末あたりを目安に訪問していただければ幸いです・・・ m(_ _)m

 

 暑い日が続いておりますが、皆さま方におかれましても、お身体をご自愛くださいませ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

コスモス

20110803001 20110803002

20110803003_2 20110803004

 昨日、千葉県の香取市内で仕事をしていたんですが、香取神宮の近くでコスモスを見かけました o(*^▽^*)o~♪

 

 まだ、コスモスの時期には少々早いと思うので、8月になったばかりではありますが、ちょっぴり秋を感じました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 今年は、梅雨入りも梅雨明けも例年から比べればかなり早いという事で、秋の訪れもそうとう早いのでしょうか ・・・  (^^;

 だとすれば、残暑とかはともかくとして、暑い夏の時期もそろそろ終わりに近づいているのでしょうか ・・・

 夏が大好きな私としては、暑い夏の時期が過ぎ去ってしまうのに強い抵抗感と無念の思いを抱くのですが、今年は節電の夏という事もあり、世間的には大歓迎なんでしょうね (;^_^A アセアセ・・・

 

 例年、月遅れのお盆を過ぎると、秋の気配を感じるようになりますが、昨日のコスモスは、それと似た感じを抱かせてくれましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

落下物

  20110802001

20110802002

 昨日、京葉道路を使って帰宅していた際、東京都と千葉県との境を流れている江戸川に架かる「江戸川大橋」の上にさしかかったら、やけに流れが悪く、前方では追い越し車線の方から合流してくる車が続出 ・・・

 さては、事故でも起こした車を避けようとしているのかなと思ったら、落下物がいくつか落ちており、それを避けようとしているのだとわかりました (^^;

 

 こんな仕事をしていると、いろんな落下物を見かけます。

 一番大きくて驚いたのは、台所で使うシステムキッチンのシンクの部分が落ちていたのを見かけたことがあります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 昨日の落下物は、大きな発泡スチロールの箱だったので、鮮魚でも入っていたのかなと ・・・

 

 くわばら、くわばら ・・・ ε=ε=ε=(;^∇^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

新しい顔

 この週末、 我が家に「新しい顔」である、Windows 7機がやって来ました。

 

 そもそも、コトの発端は、家内が使っているデスク君が不調を訴えてきたのが始まりです。
 まぁ、もともとが中古で購入した安物ですから、いつ壊れても仕方がないようなシロモノですが、これまで私の手元から、家内の元へと、よく文句も言わずに働いてくれたと感謝しています。

 このデスク君が、私の手元から家内の元へとトレードされた経緯については、2年ほど前に「同じ顔」という記事の中で語ったことがあります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 最初は、家内のためにと、コンパクトなデスクトップPCを物色していました。
 条件は、スリムタワーで3万円台くらいのモノという事で、候補はいくつかあったんですが、その中に eMachines「EL1352-F22C」というのがありまして、一番候補として一ヶ月ほど検討を重ねてきました (^^ゞ

 ちょくちょくネットで価格をチェックしてまして、だいたい3万円台の前半くらいで購入できそうだと思っていた矢先、私がよく利用している近所のPCショップが出している先週末のチラシに「EL1352-F22C」が載りました (^^)v

 

20110801001  ただ、本体単品ではなく、メーカーがディスプレイとセットで販売している「EL1352-F22CT」だったんですが、これが44,700円で載っていたので、これを家内に勧めたところ、「私はネットにつながればいいんだから、新しく買ったPCを自分で使うようにして、私はアナタが今使っているお下がりでいい」なんて殊勝なことを言ってくれるものですから、ついその気になっちゃいまして、家内の言葉に甘えてセブン君を我がものにしてしまいました ヽ(^◇^*)/

 で、「同じ顔」のXP機2台のうち、マトモな方を家内に譲り、私の足下には買ったばかりのセブン君が収まりました (^^)v

 写真の右下に写っているのが、今回購入したセブン君です。

 左から、XP君、 Vista 君、セブン君と、三つのOSを順に並べてみました (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 【Before】              【After】

20110731012 20110731011

 家内には、私が今まで使っていたXP君と、21.5インチワイドのディスプレイを譲り、今まで家内が使っていたデスク君とほぼ同じようにリカバリし直してセッティングしてあげました。
 今まで使っていたデスク君と比べれば、性能的にもだいぶ違いますし、何よりも、14インチのディスプレイから比べれば、格段に広くなったと手放しで喜んでくれました o(*^▽^*)o~♪

 ついでと言ってはなんですが、日替り特価でワイヤレスのキーボードとマウスのセットが安く売られていたので、それも一緒に買って取り付けてあげました。

 

 家内にとっては馴染みのある「昔の顔」ですが、私のPCライフには「ニューフェイス」が加わって、しばらくはセッティングその他で楽しめそうです (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »