« 扇風機 | トップページ | はしご酒 »

2011年8月23日 (火)

過ぎゆく夏

 連日猛暑日を記録し、あれほど暑かったのがウソみたいに、先週末から雨模様も加わって、イッキに肌寒さを感じるようになってきました。

 

 私が、気温の差を肌で感じる時があって、それは朝、便座に腰を下ろした時・・・です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 さすがに夏の間は便座のヒーターを切っています。
 それは、節電とかいうような問題ではなく、暑い夏に暖かな便座に座っていると、汗もかくし、生理的にガマンできないからというものなのですが、先週末からまた暖房を入れるようになりました。

 というワケで、私はお尻がほんわかとした温もりに包まれた時、幸せと共に、秋が近いことを実感するんですよ (^_^ゞポリポリ

 

 さすがに、このまま秋になるとは思いませんが、例年、月遅れのお盆を過ぎると、それまでの真夏の空気とは明らかに違う、残暑というか、晩夏の風を感じることが常なので、今年もやっぱりかぁと思っています。

 

 それはともかくとして、最近は「異常」ということばが簡単に用いられ過ぎじゃないかと思っていまして、暑くなったらなったで「異常気象」、台風が発生して被害が出ると「異常気象」などというように、簡単に「異常」ということばで片付けようとするのが納得いきません。

 夏が暑いのは当たり前の事であって、夏に雪が降ったりすれば、さすがに「異常気象」という事になるのでしょうが、たとえ気温が40℃を越える日が何日も続いたとしても、夏ですから「異常」ということばはそぐわないように私は思っています。

 また、最近増えている「ゲリラ豪雨」なんて気象現象も、暑ければ上昇気流が起きるのは当たり前であり、上昇気流が起きれば雨雲が出来て雨が降るのは、ごく当然の気象現象だと思うのですが、なぜそれを「異常気象」だと思ってしまうのか、私には理解できません。

 

 思うに、人類の思い上がった気持ちが、ままならない自然現象に対して「異常」だと思わせてしまうのではないかなんて個人的には考えています。

 どんなに科学が進んだとしても、自然の大きな力の前には、無力を感じることが多いはずなので、人類は自然に対して、もっと謙虚になることが大切なんじゃないですかねぇ・・・

 季節の気象現象なんて、そうそう人間に都合のいいようにはなりませんよ(笑い)

|

« 扇風機 | トップページ | はしご酒 »

コメント

小さい人間から見れば異常かもしれませんが、大きな自然からみれば大した変化ではないんでしょうね。

投稿: すが太郎 | 2011年8月23日 (火) 08:57

 すがさん、どうもです (^_^)/

 感覚の問題なのかもしれませんが、「異常」というからには、ある程度はあり得ないような現象でないと・・・ (^^;
 私はそんなふうに思っています。

投稿: 夢ピ | 2011年8月23日 (火) 11:01

過ぎゆく夏・・・あっさり表現のようですが、なかな

か奥深い言葉です。

私は人生に、過ぎゆく夏を重ねてみました。

こんな時はサザンの曲がいいなぁ~

2011年の夏は最後のあがき猛暑再来!!暑さを

楽しみましょう。

投稿: パンダ | 2011年8月23日 (火) 20:27

 パンダさん、どうもです (^_^)/

 暑い夏・・・
 個人的には大好きなんですが、家内が暑さに弱くてね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 それでも、私は夏が大好きです (^^;

投稿: 夢ピ | 2011年8月23日 (火) 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過ぎゆく夏:

« 扇風機 | トップページ | はしご酒 »