« だんだん | トップページ | 彼岸花 2011 »

2011年9月17日 (土)

新米

 そろそろ新米の季節になりました (*^.-^*)♪

 

20110917001  先日、我が家でも、ディスカウントスーパーから30kg入りのの玄米を買ってきて食べ始めたところです。
 ブランドは、もちろん千葉県産の「ふさおとめ」です (^_^)V。

 

 ウチは夫婦二人だけですから、10kgもあれば一ヶ月くらいは十分に持つので、鮮度を保つために10kgくらいずつ3回に分けて近所のコイン精米機で精米して食べるのですが、これがなかなかいい感じです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 以前は、スーパーで10kg入りのお米を買っていたんですが、さすがに30kg入りの袋だと少しはお得な価格で売られていますし、必要に応じて精米してくるので、なんとなく新鮮で美味しく感じられるので、最近は30kg入りの玄米を買うようになりました (^_^ゞポリポリ

 

 

 ところで、新人さんの事をよく「新米」と言ったりしますが、なぜ仕事に不慣れな人のことを「新米」というのかご存じですか?

 

 いろんな説があるようですが、一番有力なのは「しんまえ」説で、私もこの説を支持しています。

 

 「しんまえ」とは、「新しい前掛け」の事で、昔、新しく入った奉公人には新品の前掛けが支給されました。

 真新しい「新前」をかけている奉公人は、まだ経験の浅い新人だと一目でわかることから、半人前の奉公人のことを指して「新前」と言うようになったというものなのですが、いつの間にか「しんまえ」が「しんまい」に転じ、それに「新米」という文字が当てられて今に至るそうです。

 

  「新前」が、洗濯などを繰り返すうちにだんだんと身体にも馴染み、それらしく見えるようになった頃、新人さんも仕事に慣れて一人前になっていくということなんでしょうね。

 

 ところで、皆さんはもう、今年度産の新米は召し上がりましたか?

|

« だんだん | トップページ | 彼岸花 2011 »

うんちく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新米:

« だんだん | トップページ | 彼岸花 2011 »