« 失速 | トップページ | 新しい相棒 »

2011年9月 2日 (金)

烏合の衆

 すったもんだの末に野田佳彦氏が民主党の代表選を制し、第95代首相になったと報じられた。

 今日、明日にも新閣僚の顔ぶれが発表されるという事で、これで少しは政治が前に動き出すのだろうか・・・

 

 ・・・という事で、暴論ではありますが、今日は思うところを少しだけ・・・

 

 まず第一に、自民党を始めとする野党の連中は、即刻、東北の被災地に行って全員で腹を切り、被災者たちに詫びるべきだと思っています。

 

 そりゃ、民主党の輩だって、同じ穴のムジナではありますが、私は、けっこう彼等を評価しています。慣れないながらも、一生懸命にやっているのが伝わってくるからです。

 そもそも、これほど政局が混乱し、ちっとも復興が進まなかった一番大きな原因は、自民党のバカ議員どもが、与党の足を引っ張るだけで、少しも与党に協力しようとしなかったからでしょ(怒り)

 平時ならそれでもいいんですよ。野党の存在価値は、与党のブレーキ役であり、反対意見を持って与党の暴走を抑えることですから。

 

 しかし、今はそういう時じゃないでしょ。
 いろいろ言いたいことはあっても、ここはグッとこらえて、ひとまず与党と手を組み、一致協力して復興に尽力するのがオトナの分別であり、人間としての良識なのではないか!

 この災害を利用して、政権を取り戻そうなどと考えることが、どれほど姑息で愚かな事なのか、今さら言うまでもないと思うのだが・・・ (ノ_-;)ハア…

 私に言わせてもらうなら、野党の連中はことごとく逆賊であり、非国民そのものですよ。

 

 

 そこで、この際だから、復興資金を捻出するために、参議院を廃止しましょうよ!

 二院制なんて言っても、今や参議院の存在価値なんて無いでしょ。
 衆議院があれば、それでいいんじゃないかな。
 ムダですよ、参議院の存在そのものが、無・駄!!!

 

 さらに言うならば、衆議院の定数も、今の半分くらいにしたらどうですかね。

 だいたい、国会議員の数が多すぎますよ。なんでこんな小さな国にこれほどたくさんの数の議員が必要なんですかね。
 彼等は毎日、どこで何をしているんでしょう・・・
 「烏合の衆」ということばがありますが、日本の議員どもを言い表すのに、これほど適切で相応しい言葉はありませんよ (^◇^) 。。。ケラケラ

 彼らに対して支払われる給料だってバカにならない金額ですから、定数を削減するだけで、事業仕分けなど足下にも及ばないくらい莫大な予算が捻出できますよ (^^)v

 今と同じ数の国会議員がいないと、日本が立ちゆかなくなるとか、動かないとか、そんなのは全くの幻想であり、逆に、スリムになった政府の方が、何事もスムースに運ぶんじゃないでしょうか、少なくても、私はそう思っています。

 

 その議員報酬も、今の半分もあれば十分すぎるんじゃないですかね(笑い)
 1/10でも多いくらいだ。

 そもそも、政治家なんて「公僕」なワケですから、活動資金さえまかなってもらえれば、給料なんて本来無くてもいいはずなんですよ。
 どうして、活動資金の他に莫大な給料が必要なんですかね。わかりませんねぇ・・・

 

 まぁ、なんのかのと言ってみたところで、法案を作るのも通すのも議員たち自身ですから、自らの首を絞めるような改革など出来るはずもなく、これからも大勢の議員たちが永田町を闊歩する図式は、未来永劫、変るコトはないんでしょうねぇ・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 国会議員という輩は、日本という国に棲みつき、国民の血税を吸っている、ダニのごとき一種の寄生虫なんじゃないのか!

 いやいや、日本を食い尽くし、刻々と死に至らしめるという点では、悪性のガン細胞そのものなのかもしれませんぜ q(`o')ブー!!

|

« 失速 | トップページ | 新しい相棒 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/52611054

この記事へのトラックバック一覧です: 烏合の衆:

« 失速 | トップページ | 新しい相棒 »