« ご冥福 | トップページ | 中年の星 »

2011年9月 7日 (水)

ロッキー6

 先月の末から、テレビ東京が「午後のロードショー」という番組で、ロッキーシリーズ全6作を一挙放送という事でオンエアしてくれていました。

 

 4年前の春にも、テレビ朝日が第1作~第5作まで連夜で放送してくれたので、「ロッキー」というタイトルで記事を書いたこともありましたが、その時にはシリーズの完結編と銘打たれた第6作は放送してくれなかったので、残念ながら、ファイナルだけはまだ見たことがありませんでした (^^ゞ

 そんな事もあったので、昨日の「ロッキー・ザ・ファイナル」は、先週から楽しみにしていまして、忘れないようにと予約録画して見させて頂きました (*^.-^*)♪

 

 前のブログでも語ったのですが、私が一番思い入れがあるのは、やはり第1作となった「Rocky」で、私が19才の時にテレビで見たのが最初ですから、もう30年以上も昔の事になります (^^;

 その後、映画の大ヒットと共に「Rocky」はシリーズ化され、「Rocky2」「Rocky3」と次々に続編が作られ、いずれもそれなりにヒットしました。
 しかし、単純なストーリーの繰り返しですから、飽きられるのも早く、ロッキー2、ロッキー3と回を重ねるごとに確実に人気は落ちていったと思います。

 そんな中、85年に公開された「Rocky4」は、当時の東西の冷戦をリングに置き換えた代理戦争もどきの演出で好評を博し、興行的にはシリーズ一番のヒット作となりました。
 私も、この作品は第1作の次に大好きな作品です。

 

 しかし、その後シリーズ一番の駄作と私は思っている「Rocky5」が90年に公開されます。

 こんなダメな映画を製作していたこともあり、私が「ROCKY THE FINAL」に対して抱いていたイメージはかなり悪いものでした・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 なにしろ、現役を引退してトレーナーをしているというのが「Rocky5」の設定であり、それから15年以上も間が空いて公開された映画です。
 設定の上でも、ロッキーは50才になっており、ボクシング界を離れてレストランを経営しながら華やかだった頃の昔話を客に語って聞かせているという、とても現役復帰してボクシングなど出来るような状態ではないのは、誰の目にも明らかですから、それがタイトルとは無縁のエキシビジョンマッチとはいえ、無敗を誇る現役チャンピオンを相手にどのようなボクシングを繰り広げるのか、かなり冷ややかな目で映画を観ていた私が居ました・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 しかし、映画が始まり、ストーリーが進んでいくうちに、不思議とすんなり映画の中に溶け込んでいる私がいまして、見終わった後の感想はというと、やっぱりロッキーはおもしろいなと (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 まぁ、あくまでも映画の中のハナシであり、荒唐無稽で現実にはあり得ないハナシだと言ってしまえばそれまでなんですが、過去にもジョージ・フォアマンという一度は引退したはずのボクサーが、45才にして20年ぶりに世界ヘビー級のチャンピオンに返り咲くという快挙が実際にありましたし、今年の5月には、アメリカのバーナード・ホプキンスが、46才4ヶ月という年齢ながら、28才のチャンピオンを破って新チャンピオンの座に就いたばかりですから、ロッキーほど打たれ強く、かつハードなパンチを併せ持ったボクサーが本当に居たとしたなら、50才という年齢でも、もしかしたらこのくらいの試合はやってくれるかも・・・と思わせてくれるだけの説得力は、ホンのちょっぴりですがありましたよ(爆笑)

 

 

20110907011

 ・・・というワケで、4年半前に録画した5作と合わせ、シリーズ全6作、全てをDVDに焼くことが出来ました (^^)v

 今は、チョッとネットで探せば、こんなふうな誰かが作った映画のDVDラベルなんかも簡単に手に入るので、録画した後の楽しみも増しましたね o(*^▽^*)o~♪

 第一、コレクションが増えても、VHSのテープみたいにかさばらないし・・・(苦笑)

|

« ご冥福 | トップページ | 中年の星 »

マスメディア・芸能を語る」カテゴリの記事

コメント

ロッキーシリーズ、6作もあるのですね。そのうちの何作を見たか覚えがないですね。。。
ただ、ロッキー・ザ・ファイナルは見に行きましたが。。。

主演のシルベスター・スタローンさんもかなりの年齢ですが、凄いですね。今や洲知事ですから。。。

アメリカの俳優と言えば、喜劇俳優から大統領にまでなった方も居ましたね。

投稿: お茶汲み坊主 | 2011年9月 7日 (水) 22:49

 お茶汲みさん、どうもです (^_^)/

 スタローンといえば、ロッキーというイメージは、渥美清といえば寅さんというくらい定着しています。
 それだけ役とキャラが一致しているわけで、そういう役に出逢えたという事は役者冥利に尽きるんでしょうね。

投稿: 夢ピ | 2011年9月 8日 (木) 06:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロッキー6:

« ご冥福 | トップページ | 中年の星 »