« 変な花屋 | トップページ | キンモクセイ »

2011年10月 4日 (火)

ビックリ!

 私は、日頃からカーナビを頼りに仕事をしています (^_^ゞポリポリ

 

 子どもの頃から、地図を見るのが好きだったので、運送屋を始めてからも県別の道路地図などを買い揃え、あれこれと道を調べながら走るのがけっこう楽しかったものです。

 そんなワケで、カーナビが出始めの頃、仲間たちが次々と導入して自慢しているのを見ても、なぜそんなモノを高いカネを出して買うのか、理解できませんでした。

 道路地図さえあれば、どこにだって行けるし、道なんて機械に頼るようなものではないというのが、職人気質というか、プロドライバーとしての私の意地だったように今は思えます(苦笑)

 

 しかし、中古で買ったトラックに、前のオーナーが使っていたカーナビが残っており、最初のうちこそバカにして使いませんでしたが、けっこう新しいモノは好きな方なので、あれこれといじり回しているウチに、これは便利な機械だと直ぐにわかりました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 で、愛車を買い換える度にカーナビも新しく買い換え、今までに3台のカーナビを使って来まして、もう、カーナビが無くては仕事にならないくらいどっぷりと頼り切っている私がいます(苦笑)

 

 そのカーナビも、CDからDVD、今使っているのはHDDと、ハードもソフトも格段に進歩していまして、案内の精度も以前から比べればかなり使える程度にまでなってきています (^^)v

 しかし、そこは機械でしかないわけですから、頼り切って走っていると、時にはとんでもない道に案内されてしまうこともあって・・・ (^^;

 希には、どうしてもそれ以上は前に進むことができなくなって、バックで延々と戻ってきたりすることもあったりするんですが、まぁ、個人的にはそういうハプニングもけっこう楽しんでいたりするのですがね (^◇^) 。。。ケラケラ

 

20111004001 20111004002

20111004003 20111004004

 

 これは、先日千葉県の香取市内で宅配をしていた時にカーナビに案内されて走った道路です。
 部落から部落へと向かう時に、普通ならこんな道路は走らずに、多少遠回りでも普通のマトモな道路を走るんでしょうが、私のカーナビは距離優先で案内するように設定してあるので、表示された道路がこんな感じの山道みたいな道路で、車同士がすれ違うことさえチョッと難しいような道路だったりするんですが、別に人も住んでいないような山の中を走ったわけではありませんで、ところどころにポツンポツンと民家があったりします・・・

 

 で、私がビックリしたというのは、こういう細く狭い道ではありませんで、走っていた先で目にした光景なんですが・・・

 

 

   20111004005

20111004006 20111004007

 

 細く曲がりくねった道路を進んでいると、その先に4人の老婆というか老女というか、お年寄りが手押し車を押しながら坂道をゆっくりと登っているのが目に入ってきましてね・・・ (^◇^;)

 さすがに、こんなへんぴな場所を歩いている人がいようとは・・・
 それも、お年寄りが集団で歩いているとは予想もしていなかっただけに、かなり驚きました (^_^;

 

 写真だとそんなふうには見えないかもしれませんが、この坂はけっこう急でして、自転車なんかだと乗ったままでは登っていけないくらいの勾配で、お年寄りたちも、私が後ろから近づいているのがわかっているのかいないのか、相変わらず道路の真ん中をマイペースでゆ~っくりと歩いています。

 おそらく、散歩というんじゃなく、近くのお店まで買い物にでも行こうとしているんだと思うのですが、彼女たちは毎日というんじゃなくても、こんな淋しく険しい道を、こんなふうに手押し車を押しながら延々と歩いて買い物に行っているんでしょうか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

   20111004008

 

 彼女たちを追い越し、さらに先に進むと、今度は前方からお一人歩いてくるのに遭遇しました (^_^;

 後方の車も、私の車が迫ってくるので、お婆ちゃんを追い越すに追い越せないまま、後についてゆ~っくりと走っていました(苦笑)

 

 という事は、この辺りは、こんな感じのお年寄りたちが、日常的に歩いているんでしょうね (^_^ゞポリポリ

 

 私的には、かなりビックリした光景でしたよ。

|

« 変な花屋 | トップページ | キンモクセイ »

写真を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビックリ!:

« 変な花屋 | トップページ | キンモクセイ »