« 東西線 | トップページ | 国内唯一 »

2011年12月19日 (月)

全日本実業団女子駅伝2011

 昨日の日曜日、例によって駅伝をテレビ観戦しました。

 大会は、毎年この時期に行なわれる「全日本実業団女子駅伝」です。

 

 私は、いつもの事ながら、一押しが第一生命
 他に、千葉県の企業である積水化学ユニバーサルエンターテインメントの3チームを中心に応援しながら観戦していました (^^)v

 

 結果は、第一生命が1区から一度もトップを譲らず、9年ぶり2度目の栄冠に輝きました ヽ(^◇^*)/

 

 第一生命は、1区にエースの尾崎を配置する布陣で、正直不安もあったんですが、やっぱり駅伝は1区のデキが全て・・・とまでは言いませんが、少なくても1区で出遅れてしまうと、その後どんなに頑張っても、そこそこの結果にしかならないという事をつくづく実感させられた大会でした。

 

 第一生命は、尾崎が貫禄を見せてトップで2区の横沢にタスキをつなぎます。

 昨日の布陣では、唯一、この横沢だけがルーキーということで不安だったんですが、フタを開けてみれば区間2位という素晴らしい走りで2位との差をさらに広げます (o^∇^o)ノ

 3区のエース区間では、主将の勝又も安定した走りでトップをキープ。

 その後も、第一生命は堂々とトップの座を守り抜き、完全優勝を決めてくれました。

 

 一方で、積水化学とユニバーサルエンターテインメントですが、共に有力チームとして戦前の下馬評は高かったんですが、1区はトップと23秒差ながら26位と25位と沈みます (^^;

 結局、両チームとも最期までこの差を跳ね返すことができず、それでも積水化学は3位まで挽回しましたが、ユニバーサルエンターテインメントは10位でのフィニッシュでした・・・ (__;)

 

 優勝した第一生命ですが、初優勝は2002年ですが、その後も毎年優勝候補には挙げられるものの、イマイチパッとした成績は納めることができず、不完全燃焼の年が続きます。
 しかし、今年は例年とは違って、スッキリ優勝を決めてくれました o(*^▽^*)o~♪

 長年第一生命の監督を務めている山下佐知子も、昨日の圧勝を受けて、「勝てるときはこんなもの。選手がよくやってくれた」と笑ったといいます (*^.-^*)♪

 

 次は、元日のニューイヤー駅伝です (^^)v
 男子は、どんな展開になるのかな p(^_^)q ワクワク…

|

« 東西線 | トップページ | 国内唯一 »

ロードレースを語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全日本実業団女子駅伝2011:

« 東西線 | トップページ | 国内唯一 »