« 公衆浴場 | トップページ | 全日本実業団女子駅伝2011 »

2011年12月18日 (日)

東西線

     20111218002

  20111218001

 写真は、千葉県内を走る「京葉道路」と呼ばれる自動車専用道路上から撮ったもので、道路を跨ぐように走っている跨道橋と、そこを走っている電車なんですが、これだけだと別になんということもない、ごく普通の光景だと思います。

 

 しかし、走っている電車が「地下鉄」という事になると、少々事情が違ってくるのではないでしょうか (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 この路線は、東京メトロの「地下鉄東西線」という名前のりっぱな地下鉄なんですが、ご覧のように、空の見える地上高い場所を走行しています(苦笑)

 

 まぁ、地上を走る地下鉄なんて、例えば同じ東京メトロの「地下鉄千代田線」など、他にもいくらでもあるでしょうから、それほど珍しいものではないのかもしれませんが、この「地下鉄東西線」の場合は、東京都中野区の中野駅と千葉県船橋市の西船橋駅とを結ぶ、全長30.8kmの区間のうち、その半分近い14kmほどが地上部分を走る区間となっており、全国でもかなり珍しい「地上を走る地下鉄」です (^^)v

20111218003

 中野駅から南砂町駅までの都内区間のほとんどは、当たり前ですが地下を走っていますが、千葉県内の区間は全線が地上部分を走っています。

 都内から千葉方面へ向かうと、始発である中野駅を出た直後に地下に潜り、ずっと地下鉄として地下部分を走っていますが、南砂町駅を出た後、荒川を渡る手前で地上に出、鉄橋で荒川を渡った後は、ずっと高架で地上を走り、終点の西船橋駅までは地上を走る普通の電車となります(笑い)

 

 20年くらい前のことになりますが、習志野に住んでいた当時、私はこの東西線で新宿区の落合まで電車通勤をしていたことがあります。

 京成線で西船まで行き、そこから西船橋駅まで歩いて行って東西線に乗り換えました。
 京成の西船駅とJRや地下鉄の西船橋駅とは、距離にして500mほど離れているために、一般の乗り換えのように駅構内を歩いて・・・というわけにはいかないのが少々面倒ではあるのですが (^^ゞ

 

 

 しかし、この東西線は信じられないくらいのラッシュで有名で、私は始発の西船橋駅から乗り、ほとんど終点に近い落合まで乗っているのでまだいいのですが、途中駅から乗り込んでくる乗客や、途中駅で下りなければならない乗客の苦労は、とてもことばでは語れません。
 とにかく、「身動きできない」なんて生やさしい状況ではなく、乗るのも下りるのも「戦い」ということばがピッタリという状況で、車内の混み様といったら、それはもう、地獄のような有様でした・・・ (^_^;

 私も、初めて乗った朝、東西線のラッシュのすさまじさをまざまざと体験することになりまして、次の朝からは1本や2本電車をやり過ごしてでも、とにかくホームでは並んでいる列の最前部に立ち、必ず「座って」通勤することを心がけました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 そうでなければ、とても身が持たないと悟ったからです(苦笑)

 

 電車通勤をしたのはこの時だけではありませんで、朝夕のラッシュはどこも当たり前の光景なのでしょうが、こんなに凄い通勤ラッシュを経験したのは、後にも先にも、東西線だけでしたよ。

 

 この東西線が、路線の半分近くを地上で走行しているのには、それなりの事情がありまして、このあたりの地盤が軟弱なことと、都心でもかなり海に近い場所で住宅も少なく、千葉県側と合せても用地の買収が容易であったことが決め手となって、地上を走る地下鉄として建設が進められました。
 それに、地下を掘るのに比べれば、高架で建設した方がはるかに安価に工事ができたのも大きかったと思います。

 

 この東西線が大きな話題に上ったのは、1978年の2月、荒川に架かる鉄橋を走行中に横風を受けて脱線転覆し、その復旧に何日もかかって長く運休が続いた事がありました。
 当時、私は江戸川区内に住んでいまして、地元の大きな災害に少なからず衝撃を受けたことを思い出します。

 この事故は、竜巻と思われる突風にあおられ、鉄橋上で横倒しになってしまった車両の撤去が困難という事で、橋の上で解体を余儀なくされたからということでしたが、当時、地上を走っている地下鉄があるなんてことはほとんどの人は知らなかった事もあり、「地下鉄が鉄橋の上で横風を受けて脱線転覆」というニュースは、かなりの違和感とインパクトをもって伝えられました (;^_^A アセアセ・・・

 

 少なからず、私と縁があった「地下鉄東西線」のエピソードでした・・・ (^_^ゞポリポリ

|

« 公衆浴場 | トップページ | 全日本実業団女子駅伝2011 »

写真を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東西線:

« 公衆浴場 | トップページ | 全日本実業団女子駅伝2011 »