« 謹賀新年 | トップページ | 南極大陸 »

2012年1月 2日 (月)

ニューイヤー駅伝 2012

 今年の元日も、ニューイヤー駅伝で始まった私の2012年です(笑い)

 

 ホントは7時くらいまでは寝ているつもりだったんですが、トシを取ったからなのか、はたまた、大晦日に起きていられなくて少々早寝をしてしまったからなのか、5時過ぎには目が覚めてしまいましてね (;^_^A アセアセ・・・

 なんとかもう少し寝ていようと頑張っては (^^; みたんですが、どうしても眠れないので5時半過ぎに起き出してしまいました (^◇^) 。。。ケラケラ

 うまくすれば、初日の出を見れるかな・・・なんても思ったんですが、成田はあいにくの曇り空でして、太陽の姿を確認することは叶いませんでした (^_^;
 前日までの快晴がもう一日続いてくれれば、見れたと思うと、いつになく早起きした元旦だっただけに、ちょっぴり残念だったかなと (;^_^A アセアセ・・・

 

 それはともかくとして、今年のニューイヤーですが、戦前の下馬評通りに、日清食品が終始安定したレースを展開し、2年ぶり2回目の優勝を果たしました。

 

 さすがにスター選手が集う日清食品、危なっかしいところは見当たらず、唯一危うかったのは、トップで受けたタスキをトップと41秒差の3位まで落とした、3区担当の保科だけでしたが、それさえも想定内という事で、その差を4区を走ったエースの佐藤が挽回し、5区以降は2位以下につけいる隙を与えず、実に見事な優勝でした。

 

 一方、優勝候補の筆頭に挙げられていたトヨタ自動車ですが、1区、2区の出遅れと、4区のエース区間の不振を最後まで挽回できずに、4位という結果に終わりました。

 

 私が応援していたのは、いつものごとく、中国電力富士通でしたが、共に見せ場を作る事もできずに入賞圏外の9位と10位でした・・・ (__;)

 

 それはそれでやむを得ない結果だったのかなと思いますが、心残りは富士通のエース区間を走った堺晃一クンの不振です・・・ (ノ_-;)ハア…

 個人的に好きな選手で、応援しているんですが、6位から17位まで11も順位を落とす大ブレーキを起こしまして、放送では日清食品の佐藤悠基とコニカミノルタの松宮隆行とのトップ争いがメインで、10位以下では18位から11位へと大躍進を遂げるホンダの藤原正和を映す事が多く、堺クンが画面に映るようなことはほとんど無かったので、どんな様子でそうなったのかはほとんどわからないのですが、藤原クンが9位集団をイッキに追い越していく時に映った5人の中で、一番身体が重そうでスピードが無く、辛そうな顔をしながらズルズルと集団の最後尾に落ちていく堺クンが映っていたのが、唯一といっていいくらいの堺クンのシーンでした・・・

 この堺クンですが、大学の頃から見て知っていますが、いつも安定した走りをする選手であり、決してブレーキを起こすような選手ではないと思っていたのですが、体調が悪かったのでしょうかねぇ・・・ (__;)

 

 あと、気になった選手ですが、やはり個人的に応援している安川電機の飛松クンが、今年は6区を走りまして、なかなか健闘してくれたのが嬉しかったです (*^.-^*)♪

 一方で、日清食品の小野クンが今年はメンバーに入っていなかったのが気がかりで・・・ (^^;
 まぁ、あれだけ選手層の厚いチームですから、メンバーの7人に選ばれるだけでもたいへんな事なんでしょうが、今年は彼の走りを見れなかったのが残念だったなと・・・

 

 さらにもう一人、日清食品の1区を走った若松儀裕クンが私の心に残りました。
 彼は、昨年までは東京電力に所属していた選手で、2010年と2011年に東京電力の選手として1区を走り、区間3位と2位という成績でした。

 今年は新天地に移り、日清食品の選手としてやはり1区を走り、今年はさらに順位を上げて区間賞を獲得しました。
 昨年はいろいろとあった1年間だったのでしょうが、それに負けずに新天地でしっかりと結果を残す・・・
 口でいうほど簡単なことではないと思いますし、それを成し遂げた若松クンの精神力に脱帽です。
 今後の彼の活躍を応援したいと思います。

 

 さて、今日と明日は箱根駅伝です・・・ p(^_^)q ワクワク

|

« 謹賀新年 | トップページ | 南極大陸 »

ロードレースを語る」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
新年は駅伝鑑賞三昧ですね。
箱根駅伝、往路は東洋大でしたが、総合優勝なるのでしょうかね。
今年もよろしくお願いします。

投稿: すが太郎 | 2012年1月 2日 (月) 23:05

 すがさん、どうもです(^^)/

 東洋大の強さは他を圧倒していますね(^-^;
 2区以降は後続との差が広がる一方で、次元の違うレースを繰り広げていますから…(^-^;

投稿: 夢ピ | 2012年1月 3日 (火) 10:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューイヤー駅伝 2012:

« 謹賀新年 | トップページ | 南極大陸 »