« LOOK | トップページ | 商売繁盛 »

2012年1月29日 (日)

大阪国際女子マラソン 2012

 またか・・・ (ノ_-;)ハア…

 今日の「大阪国際女子マラソン」をご覧になった方の感想は、おそらくそんな感じなのだろうか・・・

 

 思えば、4年前のこの「大阪国際女子マラソン」は、福士の、福士による、福士のための大会であり、大会前も、大会中も、大会後も初マラソンに挑戦した福士加代子の報道に終始した。

 その時のブーイングを、「冗談じゃないぞ!」という記事にしてアップしたこともありました。

 

 今回の「第31回大阪国際女子マラソン」も、福士加代子以上のビッグネームが不在という事で、彼女は優勝候補と持ち上げられ、彼女を中心に報道が行なわれました。

 前半は先頭集団についていった福士ですが、4年前は終盤にガクンと失速して脱落しましたから、今回も30kmを過ぎてからが勝負だろうと思って冷ややかに観ていたんですが、案の定、後半は醜態を見せ、結局9位という無様な結果に終わりました。

 前回の初マラソンの時には、30km過ぎからでしたが、今回はそれよりも早い26km過ぎから福士は脱落していきました・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 思うに、福士加代子や渋井陽子は、マラソンには不向きの選手だと私は思います。
 前半は持ち前のスピードを生かして善戦するんですが、距離が長い分、どうしても後半スタミナ切れで脱落してしまいますから、ベストなのは1万mで、やはりトラック向きの選手なんだろうと・・・

 ロードでも、駅伝なら活躍できるだろうと思うのですが、もう、マラソンは止めた方がいいんじゃないかな。

 

 優勝は、天満屋の重友梨佐が、マラソン挑戦2度目にして初優勝を遂げました。

 しかし私は、競技場でガメラシュミルコに抜かれて、結果的に3位ではありましたが、野尻あずさの方に可能性を大きく感じたレースでもありました。

 なんというか、確かに終盤は独走だった重友ですが、走りそのものは、野尻の方がスタミナの点でも力強さの点でも精神力の点でも、重友よりも上じゃないかなと思いましたねぇ。

 第一、野尻のレースには他の選手には感じられない「安定感」が感じられます。

 スキーから陸上に転向したという事で、まだ走り方とかレースの駆け引きとかが身についていないだけで、そのあたりは第一生命の山下監督がしっかりと指導してくれると思うので、これからの伸びしろが期待できるんじゃないかと p(^_^)q ワクワク

|

« LOOK | トップページ | 商売繁盛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪国際女子マラソン 2012:

« LOOK | トップページ | 商売繁盛 »