« 霜柱 | トップページ | 千葉県に架かる橋 »

2012年2月12日 (日)

クロスロード

20120213001

 

 昨日、たまたま聞いていたラジオのNHK第一で、チョッとおもしろい内容の放送をしていて、笑ってしまいました。

 

 聞いていた番組は「若者ディスカッション」というもので、この日のテーマは「10代のクロスロード」・・・

 「クロスロード」というのは、チョッと前に流行った「究極の選択」みたいなもので、番組のHPの説明を引用すると・・・

 『スタジオに集まった高校生に、どちらも選びにくく、意見が分かれそうな究極の質問を投げかけて、なぜそう感じるかを話し合う。「こうあるべき」といったマニュアル的な考え方を脱して、コミュニケーションの中から大切なものを見つけ出していく、それが「クロスロード」です。

 「クロスロード」は、もともと防災学習の中で考えられた手法で、正解がない中で、それでも悩み、意見を交わすことに大きな意味があります。今回は大学の研究者にも協力をお願いして、幅広い分野からまさに究極の質問を用意し、「しゃべりの本場」関西の高校生が、激論を戦わせます。ツイッターでリスナーからのご意見も募集しています。幅広い世代から、ぜひご参加ください。』

 ・・・というものです。

 

20120213002

 

 上の内容の他にも、様々な質問が用意されていて、それぞれに答える会場の参加者やリスナーの声がおもしろかったというか (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 その中で、個人的に興味深く思った質問は、

 【大阪大学大学院生命機能研究科教授 小倉明彦先生からの問題】

 『あなたは受験生です。数学の公式や英単語が覚えられなくて悩んでいます。ここに、飲むと記憶力がアップする薬があります。
 しかし、この薬には脳細胞を傷めるという重大な副作用があって、およそ30年後に、それまでの思い出や記憶を失う可能性があります。さあ、あなたはこの薬を飲みますか?』

 というものでした (^_^ゞポリポリ

 

 寄せられた意見の中には、人生を左右しかねない受験という岐路に立っているワケだから、ここで飲まないという選択肢はあり得ないというわかりやすいものもありました(苦笑)

 仮に、ここでいうところの受験生を「高校3年生」と考えると、受験のために記憶力アップの薬を飲み、受験に臨んだ高校生は、30年後の50才を目前にして、それまでの思い出や記憶を失うかもしれないということになります (^^;

 さらに寄せられた意見を紹介すれば、仮にそれまでの記憶を失ったとしても、そこから新しい人生を始めるという事だって考えられるという意見もありまして、一概に記憶を失うことをマイナスとは考えていない声も多かったです。

 

 ただ、10代の声では、飲むか飲まないかにそれほど大きな差はありませんでしたが、年齢を重ねるほど飲むという意見が多かったのには考えさせられましたねぇ (;^_^A アセアセ・・・

 つまり、40代の後半以降くらいの人達になると、30年後というのは人生の終わりに近づいていますから、残された人生に比べればそれまでの思い出などあまり価値は無いという事で、そんな事よりはさし当たってのメリットの方がずっと大きいという事なんだと思います。

 

 まぁ、そういう意見もわからないでもないですが、「思い出」というものは、その人の人生そのものといっても過言ではないんじゃないかと私は考えています。

 つまり、忘れてしまっても構わないような「思い出」なんて、そもそも存在するんだろうかと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 もちろん、中には思い出したくないとか、忘れてしまいたいようなコトだってあるのかもしれませんから、「思い出」が全て大事だなんて私も思ってはいませんが、良いことも悪いことも含めてその人の「人生」なんだと思うんですがねぇ (^_^;

 

 もちろん、私の意見はそんな副作用のある薬など「飲まない」というものなんですが、私は子どもの頃からそれほど物覚えの良い方ではなくてね(笑い)

 だからといって「何か」に頼るような事はありませんでしたねぇ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20120213003 まぁ、幸いというか、私の場合は勉強することが大好きな方だったので、人一倍机に向かい、一生懸命に努力することでそういうハンデを補ってきたワケなんですが、そういえば、私が子どもの頃、「エジソンベルト」という、記憶力をアップするとうたった商品の広告が雑誌などによく掲載されていました (^◇^) 。。。ケラケラ

 ホントに効果があったのかは疑わしいモンですが、中にはマジでこんなモノを購入した読者も居たのかもしれませんねぇ(爆笑)

 

 中には、『あなたは高校時代大好きな人がいて、告白したが断られた経験がある。大学時代に意を決して整形、顔やスタイルも全く変わり美しくなった。すると、その人があなたとは気づかずに「付き合って欲しい」と言ってきた。付き合う?』

 なんてものもあったんですが、そもそも一度断わられたワケでしょ。
 喜んで交際したとしてですよ、いつかは断わった相手だという事が相手にもわかってしまうわけでしょ。
 そうなれば成形手術を受けていることは自ずと知られてしまうワケで、そんなんで順調に愛が育まれるとはとうてい思えないんですがねぇ (^◇^) 。。。ケラケラ

 この質問に、「受ける」と答えた人の気持ちが私にゃわかりません・・・ (;^_^A アセアセ・・・

|

« 霜柱 | トップページ | 千葉県に架かる橋 »

マスメディア・芸能を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロスロード:

« 霜柱 | トップページ | 千葉県に架かる橋 »