« あたまを雲の | トップページ | 名古屋 »

2012年2月22日 (水)

東武ワールドスクエア

 一昨日の月曜日、栃木県の鬼怒川温泉に仕事で行って来ました。

 荷物は、週末にすでに引き取ってあったので、朝の5時に成田の自宅を出発し、一般道で鬼怒川に向かい、9時過ぎには納品を完了 (^^)v

 週末の成田は雪に泣かされたので、若干心配していた雪の影響も全く無く、お天気もよかったので快適なドライブとなりました。

 

 鬼怒川温泉に向かう来る途中、「東武ワールドスクエア」の前を通ったので、帰りにはチョッと寄ってみようかと思いたったわけですよ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 とはいっても、ここは初めてではなく、20年くらい前に前妻と訪れたことがあります (^^;

 しかし、大仰なうたい文句を並べても、所詮は「巨大な箱庭」でしかないとわかると、また来たいと思うようなリピーターはおそらく居ないのではないかと思います。

 私も再びここを訪問するとは思っていませんでしたが、ブログのネタとしては格好の場所なので、急ぐ旅でもないし、まぁいいかなと (^◇^) 。。。ケラケラ

 それに、2年前にできたという東京スカイツリーも見てみたかったので・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

20120222012 20120222013

20120222010

20120222009   20120222011

 

 駐車料金は500円、入園料は2500円でしたが、JAFの会員割引が使え、入園料は200円割り引いてくれ、2300円で入ることができました (^^)v

 正直、箱庭見物に3000円の出費は「高い」と思う一人ですが、皆さんはどう思います?

 

20120222014 20120222015

 

 

 園の入口付近にある、「ウェルカムミュージックモニュメント」です。

 20分おきにこんな感じで演奏が繰り返されます。

 

 

20120222004 20120222003

20120222017 20120222016

 

 こちらが、今回のお目当てだった「東京スカイツリー」です。

 園内の建築物は、全て1/25のサイズで造られているという事で、ミニチュアとはいえ26mもの高さがあり、さすがは世界一のスカイツリーだなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 これだけの高さがあると、全景を納めるにはそうとう離れないとムリで、それぞれに悪戦苦闘しながらカメラを向けていました(笑い)

 園内には、もちろん「東京タワー」のミニチュアもあり、こちらはこちらで存在感があったなと (^^ゞ

 

 《 万里の長城 》

20120222020 20120222021

 

 《 ヴェルサイユ宮殿 》

20120222022

20120222023 20120222024

 

 前回来た時にも思いましたが、「万里の長城」「ヴェルサイユ宮殿」は、その大きさと荘厳さで、「東西の横綱」と呼ぶに相応しい威容だなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 それにしても、欧米の建築物というのは、正面よりも裏手の方が豪華に造られているように感じるのですが、何かワケでもあるんでしょうかねぇ (?。?)

 アメリカの「ホワイトハウス」なんかも、私等がテレビや写真で見知っているのは、建物の後ろ側だという事をご存じの方はどれほど居るのだろう・・・

 【正面】           【裏側】

20120222029_2 20120222030

 

 

 ところで、個人的に気に入ったアングルですが・・・

 

20120222001 20120222002

 

 左側は、「自由の女神」「スカイツリー」「東京タワー」のコラボレーションです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 右側は、「エッフェル塔」「東京タワー」「スカイツリー」という、タワーの揃い踏みです(笑い)
 さしずめ、「スカイツリー」が横綱、「東京タワー」と「エッフェル塔」が大関といったところでしょうか (^^ゞ

 

 また、スペインの建築家であるガウディの作品を三つ見つけたのでご紹介させてください。

20120222027 20120222026 20120222025

 

 最初の建築物が、ガウディの初期の頃の作品といわれる、「カサ・ビセンス」で、『花柄を多用するなど異国趣味あふれるもので、若き日のガウディの夢がいたるところにちりばめられている』と説明に書いてありました。

 次の建築物が、「グエルパーク」です。
 グエル伯爵がガウディの才能を見込んで造らせた公園だそうです。

 そして最後の建築物が、有名な「サグラダ・ファミリア」で、ガウディは未完のまま亡くなり、彼の意志を受け継いだ何人もの建築家によって、1世紀以上も建設作業が続けられており、現在もなお建築中です。

 いずれも、スペインを代表する建築物です。

 

20120222007 20120222006 20120222005

 

 なお、展示物は全て屋外に野ざらしになっているために、色が褪せたり汚れたりするそうで、そういう古ぼけた小物などは定期的に補修されるそうで、この日も色を塗り直した新しい船と交換している作業員のオジサンに少し話しを伺ってきました。

 そうはいっても、これだけ広い園内を管理して回るのは、口でいうほど生やさしい作業ではないのはよくわかりました (^^ゞ

 

 

20120222008

 

 これは、園内の案内図ですが、詳しくご覧になりたい方は、「こちらのPDFファイル」でご覧ください ( ^-^)/ ♪

 

 

 そんなに長居をするつもりは毛頭無かったんですが、なにしろとてつもなく広いので、入口から順にそれぞれのゾーンを見て回ったんですが、アッという間に3時間が過ぎてしまい、おまけに手当たり次第に写真を撮りまくっていたものですから、デジカメの2GBのSDカードがいっぱいになり、乾電池も予備も含めて全て使い切ってしまったために、やむを得ず園を後にしました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 いつになく歩き回ったために、園を出たところで足が痛いのに気付いて、これだけ見て回れば、モトは十分に取ったんじゃないかと (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 冒頭でも触れましたが、建物そのものも非常に精巧に作られており、また、周囲の景観なんかともマッチしていて、よくできたテーマパークだとは思うんですが、所詮は「巨大な箱庭」でしかないわけで、もう少し入園者を楽しませる企画がないと、いくら展示物をりっぱに造っても、「ああ、スゴイわねぇ」というだけで終わってしまうのが、今のワールドスクエアの正直なところです。

 例えば、別売りのカードで動かす事のできる展示物も、そういうケチ臭いことはいわないで、ボタン一つで常時動かせるとか、それぞれのゾーン毎に何らかのイベントや大道芸を見せるとか、何かアイディアが欲しいところです。

 なぜ、TDLがあれだけのリピーターを呼べるのか、真摯に学ぶべきだと思いますねぇ。

|

« あたまを雲の | トップページ | 名古屋 »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

俺も20年近く前に行きました(^-^)
確かに巨大な箱庭(^^ゞでしたが、緻密につくってあり、感心しましたね(^-^)

最近、忙しすぎて、遠くに行く余裕がないので、いつか余裕ができたら、訪れてみたいですね(^-^)

投稿: お茶汲み坊主 | 2012年2月22日 (水) 14:29

 お茶汲みさん、どうもです (^_^)/

 スカイツリーが一つ加わっただけで、ずいぶん園内のイメージが変わりましたよ (*^.-^*)♪
 前に行った時には上辺だけ観ただけでしたが、今回はデジカメを向けながらじっくりと観て回ったので、前回は見えなかったとところまで堪能できたように思えます。

 やはり、あれだけの広さですから、半日くらいはかけて、ゆっくり観て回るのがいいんじゃないでしょうか (^^ゞ

投稿: 夢ピ | 2012年2月22日 (水) 19:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東武ワールドスクエア:

« あたまを雲の | トップページ | 名古屋 »