« What a Wonderful World | トップページ | 東武ワールドスクエア »

2012年2月21日 (火)

あたまを雲の

   20120221001

 

 ♪あたまを雲の 上に出し~・・・

 これは、「ふじの山」という童謡です。
 「富士山」というタイトルで呼ばれる事もあり、私はこちらの方で覚えていました。

 

 上の写真は、週末に駿河に行った帰り道、国道1号線沿いに在る、道の駅「富士」の展望台から撮ったもので、あいにくというか、雲がかかってしまっていて、アタマのてっぺんしか拝むことができませんでした(苦笑)

 前日の土曜日には、これでもか~っていうくらい見事な姿を見せてくれていただけに、ちょっと残念な思いは否めませんでしたが、この姿の富士山を見て思いだしたのが、先の童謡というわけです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 20120221002

 

 その、見事な姿の富士山というのが、こちらです o(*^▽^*)o~♪

 これは、行きがけの土曜日に、東名高速の富士川SAに在る展望台から撮ったもので、私も雲一つなく、これだけクッキリと見事な富士山を見たのは初めてかもしれません (^_^ゞポリポリ

 

 ・・・というワケで、童謡の「ふじの山」です ( ^-^)/ ♪

 

 

  ふじの山
   作詞:巌谷小波
   作曲:不詳

 (一)
 あたまを雲の 上に出し
 四方の山を 見おろして
 かみなりさまを 下に聞く
 富士は日本一の山

 (二)
 青空高く そびえ立ち
 からだに雪の 着物着て
 霞のすそを 遠く曳く
 富士は日本一の山

 

 

 なお、歌詞の中にある「富士は日本一の山」ですが、この歌詞が作られた当時も、今も、富士山は「日本一高い山」という事になっていますが、日本による台湾領有期の一時期、日本一高い山は「新高山」という事になっていました (;^_^A アセアセ・・・

 真珠湾攻撃の時の「ニイタカヤマノボレ」の電文は、あまりにも有名ですが、「新高山」は、ただ高いだけの山でしかなく、秀麗な姿を兼備している富士山とは比較にもなりません (^◇^) 。。。ケラケラ

 まぁ、そんな思いを抱くのは私だけなのかもしれませんが、それだけ私が富士山に対して特別な思いを持っているということで、台湾ゆかりの方などでお気に障った方がいらっしゃったらお許しください m(_ _;)m

|

« What a Wonderful World | トップページ | 東武ワールドスクエア »

写真を語る」カテゴリの記事

コメント

静岡県清水市の信号待ちのメロディ♪はこの曲なんです(*^.^*)b!

投稿: ティンク☆ | 2012年2月21日 (火) 06:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あたまを雲の:

« What a Wonderful World | トップページ | 東武ワールドスクエア »