« 雪下ろし | トップページ | 悔しい敗戦 »

2012年2月 5日 (日)

おっとり

 「おっとり」といえば、仕草や性格がのんびりとしている様子を指して用いられることばです。

 「おっとりしている」と言われていい気持ちになる人は、あまりいないんじゃないかと思うんですが、皆さんはいかがですか?

 

 似たようなことばに「まったり」がありまして、のんびりとくつろいでいる様子を表わすことばとして市民権を得た感がありますが、もともと「まったり」とは味覚を表現することばだったはずなんですが、いつの間にか緩慢な様を言い表すことばとして使われるようになってしまいました。

 

 それはともかくとして、皆さんは、「おっとり刀」ということばを見聞きした事はありませんか?

 

 「おっとり刀で駆けつける」なんてふうに用いられるんですが、私はついこの間まで「のんびりとした様子で駆けつける」という意味だと思っていました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 「おっとり」ということば自体は、のんびりした様を表わすわけですから、「おっとり刀」も当たらずとも遠からずで、どうしても緩慢な動作をイメージしてしまうわけで・・・ (^^;

 

 ところが、先日聞いていたラジオでは、ビックリするようなことを言っていまして、まさに「目からウロコ」の思いをしたので、今日はそんな話題です (^_^ゞポリポリ

 

 「おっとり刀」とは、漢字で書くと「押っ取り刀」となるんだそうで、「押っ取り刀」というのは、武士に火急な用事が生じたために、刀を腰に差す暇もなく、取り急ぎ刀を手に持っただけの様子を指して言うんだそうで・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 漢字で書くと、なんとなくそんな気もしてくるんですが、耳で聞いた限りでは、「おっとり刀」の「おっとり」を「押っ取り」とイメージできる方がどれほど居らっしゃるのでしょうか・・・

 つまり、「押っ取り刀で駆けつける」というのは、のんびりしたというのとは真逆の、「取る物も取りあえず、慌てて駆けつける様子」を言い表したことばなんだそうで・・・

 

 正直、え~・・・っ (゚◇゚;)!!! と、思いましたねぇ・・・

 

 「思い込み」とか「勘違い」の類はよくあることではありますが、「押っ取り刀」の「押っ取り」と、のんびりした様子を表わす「おっとり」とは、似て非なるというか、全く別のことばだったんですねぇ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

|

« 雪下ろし | トップページ | 悔しい敗戦 »

うんちく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おっとり:

« 雪下ろし | トップページ | 悔しい敗戦 »