« おっとり | トップページ | 懐かしい顔 »

2012年2月 6日 (月)

悔しい敗戦

 ロンドン五輪出場を目差す、サッカーのU-23日本代表は、昨夜ヨルダンのアンマンでシリアと対戦。
 前半に先制を許し、一度は追いついたものの、試合終了間際に追加点を許し、1-2で敗れ、グループ2位に後退した・・・ (__;)

 

 もちろん、私もテレビの前で観戦していたんですが、シリアのタフで攻撃的なサッカーに舌を巻いたというか、前半はシリアに押されっぱなしで、正直、こりゃ負けるかもしれないなぁと思ったのは事実です (^_^ゞポリポリ

 しかし、日本代表の諸君等もなかなか頑張ってくれまして、特に、前半のアディショナルタイム(ロスタイム)に同点に追いついた一連のプレーは見事というか、美しいというか、とにかく素晴らしいの一言に尽きるゴールでした ヽ(^◇^*)/

 

 後半になると、徐々に「日本らしさ」が見られるようになりまして、もしかしたら勝てるかも・・・なんて思い始めている私が居たりして・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 そんな中、次第に残り時間も少なくなってきまして、引き分けが濃厚になってきた後半の45分、アレは事故だと思うしかないような、見事すぎるロングシュートが日本のゴールネットに突き刺さりまして、ジエンドとなりました・・・ (__;)ガクッ

 

 その直後のニュースでは、昨年から続いている反体制デモに対して、シリアの治安部隊が弾圧を加え、200人以上もの死者が出たということで、そういわれれば、シリアのホームゲームなのに隣国のヨルダンで試合をしているというのが納得です (^^;

 

 海外に出てサッカーをしているナショナルチームが居る一方で、国内では内戦で大勢死者が出ているというシリア・・・
 そういうチームと試合をしなければならないのって、いろいろとプレッシャーもあるんだろうなぁと・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 「真剣勝負」というのは、どちらのチームにとっても言うまでもないことなんだろうけど、「真剣さ」という点ではどうなんでしょうね (^_^;

 こういう国の代表選手って、試合という名目で国外に出たら、そのまま行方をくらまして戻ってこないナンてことも十分に考えられるワケですから、もしかしたら家族とかが人質にされているって事もあり得ないハナシではないわけで、そう考えると、マジで「命懸け」でサッカーをしているんじゃないか・・・とも思えてしまうんですよね (^^ゞ

 

 正直、グループの1位抜けが厳しくなったことは間違いありませんが、最後の最後まで諦めることなく頑張って欲しいですねぇ ヽ(^o^)尸

|

« おっとり | トップページ | 懐かしい顔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/53911632

この記事へのトラックバック一覧です: 悔しい敗戦:

« おっとり | トップページ | 懐かしい顔 »