« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

開幕戦勝利

 昨日の開幕戦、テレビの前に陣取って晩酌をしながら観戦していたんですが、見事な勝利で開幕戦を飾りました ヽ(^◇^*)/

 

 まぁ、勝ってくれるだろうとは思っていましたから、特に感慨とか喜びとかはないんですが、それでも不満が無いわけではなくて、その一つが、ダメ押し点を取れなかったことと、本多のエラーから1失点してしまったことです。

 少なくても、優勝争いをしていくようなチームなら、接戦に強くなくてはいけないだろうと思いますし、そのためには得点できるところではどんな手を使ってでも確実に得点を挙げることと、つまらないエラーは極力しないことが絶対に必要になってきますから、そういう意味では昨日のホークスは、勝ちはしましたが、内容的にはイマイチかなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 それにしても、日本人の欠点だと思うのですが、悪いところしか見ないというか、見ようとしないマイナス思考の人が多すぎますよね。

 

 世の解説者や評論家の多くは、昨年のオフに主力がごっそりと抜けたことで、ソフトバンクは今年は苦戦すると思っていて、優勝争いなどできないだろうと言っていますが、それは悪い面しか見ていないからであって、新しくトレードで獲得した選手たちの顔ぶれを見れば、昨年と比べてそんなに見劣りのするような戦力ではないのがわかると思うんですがねぇ・・・ (ノ_-;)ハア…

 昨日は、川崎の代わりは明石が務め、結果もそれなりに伴ってめでたしという事になりましたが、ここは金子でもいいわけですし、帆足と岡嶋の加入で和田と杉内の抜けた穴はある程度埋まったと思っています。

 にもかかわらず、ソフトバンクホークスの評価が不当に低いのは納得いかないなと(笑い)

 

 全く、どこを見ているんだと言いたいですねぇ (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

旅立ちの日に

 5年ほど前に、「仰げば尊し」という記事を書き、その中で最近卒業式で歌われることが多いと言われている「旅立ちの日に」という歌をこき下ろしたことがあります。

 

 卒業式でこんな歌を歌っているようじゃ、卒業式というものの本質を見失っていて、ロクなモンじゃないというのが先の記事の趣旨なんですが、先日、ラジオで「さくら学院」という少女ユニットが歌っている「旅立ちの日に」を耳にする機会がありまして、やはり合唱曲として作られた作品であるだけに、合唱曲として聞くと、良い曲だなと(笑い)

 

   20120330002

 ちなみに、さくら学院が歌っている「旅立ちの日に」の動画がこちらです ( ^-^)/ ♪

http://youtu.be/3-Ul6cLq548

 一聴に価する完成度です。
 ぜひ、上のリンクをクリックして、一度お聞きになってみてください。

 

 それはともかくとして、なぜこんな歌が「仰げば尊し」に代わって卒業式で当たり前のように歌われるようになったんだろうと・・・ (ノ_-;)ハア…

 今年オリコンが発表した"卒業ソング"ランキングでは、「旅立ちの日に」が初の首位に輝いたという。

 

 オリコンの2012年"卒業ソング"ランキング TOP10をご覧になりたい方は、こちらのリンクからどうぞ ( ^-^)/ ♪

http://www.oricon.co.jp/news/ranking/2008070/full/#rk

 

 

 個人的には、卒業式といえば「仰げば尊し」以外には考えられないんですが、年代が下がるにつれ、卒業式をテーマにした"卒業ソング"のランキングには変化が見られ、例えば海援隊の「贈る言葉」であったり、尾崎豊の「卒業」だったり、あるいは荒井由美の「卒業写真」だったりと、それぞれに思い入れのある卒業ソングには様々なタイトルが並ぶ・・・

 そういう意味での卒業ソングで私が好きな作品は、バンバンの「いちご白書をもう一度」かな (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 まぁ、誰がどんな作品に思い入れがあろうと、それはそれで構わないわけですが、やはり、「卒業式」という厳かな場で歌われる作品といえば、自ずと限られてくると思っているんですが、こんな事を言っている私は、すでに時代の波に取り残されて絶滅した、ネアンデルタール人もどきの旧人なのかもしれませんね (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月30日 (金)

着々と

20120331021_2 20120331022_2

   20120331023_2

 昨日、千葉県の香取市で撮ってきた写真です。

 上の2枚は香取市内の諏訪神社のそばで、下は香取神宮の駐車場で撮ったものです (^^)v

 

 ご覧のように、「さくらまつり」の準備はすっかり整っていまして、あとは主役である「桜」の開花を待つばかりの状態です。

 その桜ですが、境内の「ソメイヨシノ」は、かなりつぼみも膨らんできており、咲き出すのは時間の問題ですかね o(*^▽^*)o~♪

 

 昨日の総の国は、お天気もよく、かなり暑くなりました。

 今日も、予報ではけっこう気温が上がるそうなので、もしかしたらこの週末にも、桜の開花が報じられるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

開幕

 20120331014

 いよいよ今日からプロ野球が開幕します p(^_^)q ワクワク

 

 プロ野球好き・・・というよりは、パ・リーグ大好き人間の一人としては、待ちに待ったシーズン突入となります o(*^▽^*)o~♪

 今日からのおおよそ半年間、愛するソフトバンクホークスと共に、試合内容と結果に一喜一憂しながら過ごすことになります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 残念ながら、家内は野球には全く関心が無いので、少なくても試合が行なわれている時間帯は完全に家庭内別居状態となってしまうのが悩みのタネではありますが、こればかりは譲れないというか、家内との付き合いよりもプロ野球、それも、ホークスとの付き合いの方がはるかに長いわけですから、今さら生活とか行動パターンとかは変えられないというか・・・ (^^;)☆\(-- )

 そこは他の事で埋め合わせをして、なんとか愛する家内から愛想を尽かされないように頑張るつもりです (^_^)V。

 

 それはともかくとして、昨年連覇を果たし、8年ぶりの日本一にも輝いた私の愛するソフトバンクホークスですが、和田や杉内、あるいは川崎などのチームの主力が相次いでチームを離れ、今年は苦戦するだろうとの予想が大勢を占めていますが、私はヒイキチームでもありますし、それほど悲観はしていないというか、おそらく今年もリーグ優勝だけは決めてくれると信じています (^◇^) 。。。ケラケラ

 理由は、和田も杉内も川崎も、今のホークスには必要のない選手であり、彼等が抜けたからといって戦力的にはそれほどの痛手は無いというものです (^^)v

 確かに、それぞれにネームバリューはありますが、彼等の旬はとっくに過ぎており、冷静に彼等の戦力を分析すれば、いくら磨いてもかつてほどの輝きは取り戻せないほど衰えてしまっています。
 そんな彼等が、もし今年のホークスのメンバーとして顔を連ねていたら、間違いなく優勝なんておぼつかなかっただろうと思うのですよ。
 なぜなら、彼等が居ることによってチームは足を引っ張られ、様々な面で悪影響を与えることは必至だからです。

 逆に、旬を過ぎたビッグネームがチームを離れることにより、間違いなく「危機感」が生まれますし、チーム内でいい意味での「競争」が行なわれ、チームは新しく生まれ変わります。

 首脳陣が行なおうとしてできなかった「新陳代謝」が、瓢箪から駒ではありますが、今年はうまくできたのがソフトバンクホークスの強みだと思います。

 

 そこで問題となってくるのが、秋山監督の采配なのですが、私は人間として秋山幸二を尊敬して止まないのですが、事、監督としてとなると、決して納得してはいませんし、不信感さえ抱いています (;^_^A アセアセ・・・

 秋山監督の采配が「うまくいけば」という但し書きが付いてではありますが、墓穴さえ掘らなければ、今の戦力は明らかにパ・リーグの王者に相応しいだけのものを持っていると思いますから、十分にリーグ優勝は可能だと思っています。

 

 あと、個人的に期待したいのが、エースナンバーを背負っている新垣渚の復活です。

 彼の潜在能力は非常に高いのですが、いかんせんアタマの中まで筋肉でできているような単純な選手なので、伸びしろは全く期待できません (^_^;
 しかし、彼が自身の能力を遺憾なく発揮してくれさえすれば、間違いなくチームの柱になれるだけの投手なのですが、足りないアタマであれこれと考えすぎるタイプのようなので、様々な変化球に手を出したりしては逆に調子を落としたりと、イマイチ戦力になり切れず、能力を生かし切れていない、実にもったいない存在でした・・・ (ノ_-;)ハア…

 新垣の持ち味は、伸びのある速球と切れのいいスライダーですから、それだけに磨きをかけ、自信を持って投げ込めば、沢村賞くらいは黙っていても転がり込んでくるんじゃないかと私は思っているんですがねぇ・・・ (ノ_-;)ハア…

 今年の開幕投手は摂津となったようですが、来年の開幕投手は新垣になっていることを切に願って止みません・・・ (-人-)

 

 まぁ、妄想はこのくらいにして、各球団の健闘を祈りつつ、今年もホークスの優勝を見守りたいと思います (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月29日 (木)

寝溜め

 私は、特に予定が無ければ、朝の7時に起き出すという生活が、もう20年くらい続いています。

 ですから、一応アラームを7時にセットしてはありますが、身体がそういう生活に慣れきっているという事もあって、7時頃には自然と目が覚めるのが常だったりします (^_^ゞポリポリ

 

 そうはいっても、運送屋なんてヤクザな仕事をしていることもあって、6時とか5時とか、場合によっては4時とか3時くらいから起き出して仕事に向かうことも少なくありません (^_^;

 時には、そういう早起きの仕事が続いて、寝不足だと感じるコトも無いわけではありません。

 

 そういう事もありますから、寝られる時にはしっかりと寝る事を日頃から心がけています。
 いわゆる、「寝溜め」というヤツです (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 昨日も、早朝の予定は入っていませんでしたから、いつも通り7時に起きようと思っていたわけですよ。

 ところが、4時くらいに小用をもよおしてしまいましてね、コレだけはガマンできませんからトイレに行って来たんですよ。

 

 そうしましたら、今度は眠れなくなってしまいましてね・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 もったいないから、なんとか7時までは寝ようと努力してみたんですが、ウツラウツラすることはあっても、眠りに入っていけないんですよ。

 

 私は、寝付きはいい方なので、横になって3分も経たないうちに、もう深い眠りに入っているのが普通なんですが、昨日の朝に限ってはダメでした・・・ (__;)

 

 で、よく考えてみたら、その前の晩は、22時に寝たのを思い出しました(笑い)

 けっこう早い仕事が続いていたこともあって、一昨日の火曜日は一日中眠くてね、そういう事もあって、一昨日の夜はチョッと早めではありましたが、早々に寝ちゃったワケですよ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 そう考えれば、朝の4時でも、すでに6時間くらいは寝ているわけですから、眠れなくても当たり前かなと (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

 

 しかし、根っから貧乏性の私は、まだ眠れる時間がたっぷりあるのに、ここで起き出すのはもったいないなどと考えて、性懲りもなく布団の中で抵抗を続けたんですが、ソレだって限度があるわけでして、予定通り7時まで寝たとすると、かれこれ9時間も寝ていたという事になるわけで、いくらなんでもそれは寝過ぎだろうと思いまして、結局、6時には起き出すことになりました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 「寝溜め」ということばは存在するのに、実際に「寝溜め」をしようとしても適わないのはどういうワケなんでしょうね (ノ_-;)ハア…

 

 そういえば、10代とか20代の頃は、日曜日なんかはお昼過ぎくらいまで寝ているのはよくありまして、時には夕方くらいまで寝ていたこともありました (^◇^) 。。。ケラケラ

 その頃は、夜更かしは当たり前の生活を送っていまして、いつも午前1時とか2時くらいまでは平気で起きていました (^^ゞ

 ですから、お昼過ぎくらいまで寝ていてもそれほど違和感はないのかもしれませんが、それだって夕方まで寝ていたら、いったい何時間寝ていたことになるのか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 そんな自堕落な生活をしていても平気だったのは、やはり若くて体力があったからなんでしょうかね(爆笑)

 

 つまるところ、私はトシを取って、長い時間寝る事もできないくらい体力が無くなってしまったという事なんでしょうか・・・

 それとも、よく言われるように、自然と早寝早起きをしてしまうような「お年寄り」に、いつの間にか、なってしまっていたという事なんでしょうか・・・ (_ _)ノ彡☆ギャハハ!!! バンバン!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月28日 (水)

ボウリングのピン

   20120326001_2

20120326003_2 20120326002_2

 千葉県の松戸市内を走っていて見かけた光景です。

 

20120131011  ボウリング場でよく見かける「広告塔」として作られた大きなピンなんですが、廃物利用された大きなピンが、こんなふうに街中に立てられているのを見かける事があります。

 左の写真は、千葉県の旭市内で見かけたものなんですが、お店ではなく、一般の住宅というか、そうでなくても何かの事務所のような建物の敷地内に立てられていました (^_^;

 庭にこんなモノを置いても、普通はジャマになるだけだと思うんですが、置いてあるからにはなにがしかのメリットがあるんだと思います(苦笑)
 例えば、この周辺は一面広い田んぼが広がっているので、誰かに自宅の場所を教える時に、目印になるような建物は一切ありませんが、「庭にボウリングのピンが立っているからすぐわかるよ・・・」みたいなコトは言えるわけですよ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 それはともかくとして、道路脇に寝かせて置かれてあったこのピンを見て、私は最初、廃棄物利用のためにどこからか入手してきたピンが一時的に置かれているのだと思いました。

 しかし、置かれてある場所が、今現在も営業中のボウリング場の敷地という事になりますと、いささか事情は異なりまして、現在立てられているピンの代わりに用意された新しいピンなのか、逆に、お役御免となった古いピンの方なのか・・・

 いずれにしても第三者が何かの目的のために置いたものではないわけです。

 

 広告塔としてのボウリングのピンも、立っているのはよく見かけますが、こんなふうに横に寝ているのを見かける事はそうは無いんじゃないでしょうか (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20120326004_2 20120326005

 この横倒しになったボウリングのピンを見て私のアタマに浮かんだのは、かつてつくばの宇宙センターで見かけたこんなロケットのオブジェでした(笑い)

 ね、似てるでしょ~ (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月27日 (火)

開通式

 昨日、九十九里方面にある「旭市」内で仕事をしていたんですが、いつものように国道を走っていると、ボーイスカウト姿の子ども達をたくさん見かけまして、何かあるのかなぁと思っていたら、何やら大きな人だかりが見えてきまして・・・

 

20120326011 20120326012

 この写真を撮ったのは、昨日の10時40分頃。

 13時30分に開通する「あさひ中央橋」の開通式に参加するために、集められた市内のボーイスカウトとガールスカウトを中心に、マイカーなども銚子方面から旭に向かう車線の路側帯に沿って何台も並んで止まっていました (^_^;

 

 「あさひ中央橋」は、国道126号線と旭中央病院との間のアクセスを容易にするためのバイパスであり、その間にあるJR総武線を跨いで走るための全長約600mの跨線橋です。

 私も以前からこの橋の工事を目にしてきましたが、いよいよ通行が可能になったようです。

 

 

 

       20120326013

      国道側から見た「あさひ中央橋」

 

 今回の開通は、あくまでも部分的なものであり、今後は国道からさらに北へ2kmほど延伸し、私も仕事でよく利用する「東総広域農道」に接続させる予定だそうです。

 

 八ツ場ダムとか第二東名などに代表される、「ムダな公共事業」も少なくないんですが、実際に住民や利用者に役立つ公共事業もたくさんありますから、私どものような運送屋にとっては実にありがたい事だと思います o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

20120325011

 

 先日、千葉県内の某所にて見かけた光景です。

 

 地元の中学生だと思うんですが、談笑しながら仲良く並んで歩いていました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 これぞ、「春」といった風情ですかな (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月26日 (月)

両手に花

 ・・・とは、さすがにいきませんでしたね (^◇^;)

 

 昨日千秋楽を迎えた大相撲の春場所は、常に横綱白鳳の一歩前を歩み続けた鶴竜が、本割で豪栄道の奇襲に遅れをとり、相星で迎えた白鳳との優勝決定戦にも敗れて、大関昇進と優勝の二つを同時に手にすることはできませんでした・・・ (__;)ガクッ

 

 しかし、最後の最後に白鳳の前に屈したわけですが、この鶴竜という力士の器の大きさを見たというか、あの白鳳に土俵際まで寄り立てられ、絶体絶命の体勢から一度は盛り返すところなんざ、尋常な足腰ではありませんな。

 

 昨日の鶴竜の相撲を見ただけでも、次に横綱になる力士が今の角界に居るとしたら、間違いなく鶴竜でしょうね。

 そのライバルは、目下のところ、綱取りに失敗した把瑠都が最右翼なんでしょうか・・・

 いずれも、外国人力士というのが気に入りませんが、まぁ、日本人力士達の体たらくを見ればそれも致し方ないのかなと・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 それはともかくとして、鶴竜の大関昇進は間違いないと思います。

 地味なキャラではありますが、あの安定感と相撲の巧さは、好角家にはけっこうウケる存在になるのではないでしょうか p(^_^)q ワクワク

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月25日 (日)

こけし

 先日、TBSラジオの中で聞いたネタです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 女子大生が、本屋さんでアルバイトをしていた時のエピソードがおもしろおかしく語られていまして、思わず笑ってしまいました。

 流し聞きだったので、正確ではありませんが、大筋はだいたい次のような内容でした。

 

 ある日、彼女が一人で店番をしていた時のこと、こざっぱりした初老の紳士が入ってこられ、彼女に向かってこう尋ねたそうです・・・

 「『電動こけし』の写真集を探しているんですが、こちらではその類の写真集は置いてありますか?」と・・・

 それを聞いた彼女は、いいトシをしたお年寄りが、「電動こけし」の写真集なんか買ってどうするんだろうと思いつつ、アダルトコーナーに老人を案内したんだそうで・・・ (^_^ゞポリポリ

 初老の紳士は、妖しげなコーナーで目を白黒させつつも、ここには置いてないようだと言って帰ったんだそうです(苦笑)

 

 しばらくして、店のご主人が戻られて、留守中に何か無かったかと尋ねられた彼女は、かくかくしかじかとその時の様子を伝えたところ、しばらく考え込んでいたご主人は・・・

 「ソレって、もしかして『伝統こけし』の事なんじゃないの?」と言ったんだそうで・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 まぁ、一般の書店で「電動こけし」の写真集なんて買い求める人がいるとは考えられませんし、チョッと考えればわかりそうなものですが、社会経験のない女子大生にとっては一般の書店でも「電動こけし」はアリだったんでしょうか (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 

 ちなみに、私は話の途中でオチがわかってしまったんですが、それでもパーソナリティである大沢悠里の語りが絶妙で、笑いを堪えることができませんでした。

 それにしても、女子大生が「電動こけし」ナンてことばを知っているという事の方が、私には可笑しかったというか (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月24日 (土)

マイ プレイリスト

 現在、ニッポン放送では、「マイ プレイリスト」という番組名で、『Good Musicでニッポンを元気に!』をキーワードに、日替わりパーソナリティが各自のテーマを元に曲をセレクトし、その思いを語る・・・という企画の番組が、月曜日~金曜日の21時からオンエア中です。

 私も、毎日聴いているわけではありませんが、仕事で夜走っているときなんかに聴くことがあって、けっこう楽しませてもらっています。

 

 そんな中、3月15日の夜、京都へ向かって車を走らせながら聴いていたんですが、この日のパーソナリティは「相棒」というドラマの中で鑑識の役を演じている六角精児さんで、『人生の節目節目に聞く曲』というテーマで、様々な思い出と共に8曲ほど紹介してくれました。

 

 私は、六角精児という個性的な役者のことをそれほどは存じませんで、なかなか味のあるキャラなので好きな役者の一人ではあるんですが、過去に音楽をたしなみ、ギターはなかなかの腕前だという事は知りませんでした (^_^ゞポリポリ

 以下は、この日に六角精児さんが選曲して放送された8曲なんですが、なかなかにバリエーションに富んでいて、聴き応えがありましたよ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 1.I Want To Hold Your Hand/The Beatles
 2.The Boxer/Bob Dylan
 3.Sailing/Rod Stewart
 4.Dawg's Bull /David Grisman
 5.Angi/Davey Graham
 6./高田渡
 7./エレファントカシマシ
 8.ロックンロール/バンバンバザール

 

 

 それはともかくとして、私の人生の節目に聴いた曲というのはどんなだったろうとチョッと振り返ってみました (*^.-^*)♪

 

 小学生くらいまでは、特に思い入れのあるような歌手もいませんで、歌謡曲や演歌など、普通にテレビなどから聞こえてくる音楽をやみくもに聴いていたというのが正直なところです。

 

 中学生になってフォークソングが流行出すと、私も自然とそれらの作品を聴くようになりまして、そんな中、自宅にあったガットギターを手に初めて練習したのが、吉田拓郎の「結婚しようよ」でした (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 元来の不器用者の私が、歌本に載っていたコードを一つ一つ確認しながら、1小節ずつジャカジャカとかき鳴らすだけでしたが、それでもけっこう悦に入っていましたね o(*^▽^*)o~♪

 

 その後、中学3年生の時に聴いた、かぐや姫の「神田川」が、私にとっては大きな転機になりました。
 以後、かぐや姫は私にとっては人生の師というか、五十路を過ぎた今でもかぐや姫の一連の作品を聴くと、中学生の頃と変わらない青臭い気持ちが甦ってきます(苦笑)

 

 高校生になると、N.S.Pというフォークグループにのめり込んでいきます。
 彼等の、何げない日常を歌った素朴な作品が妙に私の琴線に触れたというか・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 特に音楽的に秀でたところはありませんでしたが、私にとっては親近感が感じられる、いわゆる身の丈にあったアーティストという事で大好きでしたねぇ(笑い)

 彼等の作品の中では、「雨は似合わない」という曲でギターのスリーフィンガーを練習したこともあって、特に思い入れがあります。

 

 高校を卒業する頃になると、中島みゆきというアーティストに惹かれていきます。
 そんな中でも、「ホームにて」という作品が一番好きです (^^)v

 何だかんだと言われがちな彼女ではありますが、私は彼女と出会って30年以上、中島みゆきを超えると思ったアーティストに出会ったことはありません。
 よく比較されがちなユーミンですが、私に言わせれば、中島みゆきの圧倒的な存在感と才能に比べれば、足下にも及ばないというか (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

 

 

 以上、社会人になってからの「マイ プレイリスト」については、機会があったら後日語ってみたいと思います (^_^ゞポリポリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月23日 (金)

ライバル

 開業を5月22日に控え、何かと話題が尽きない「東京スカイツリー」ですが、団体入場券は開業半年前となる11月22日から先行予約されており、いよいよ個人対象の入場券も2ヶ月前となる昨日から予約が開始されました。

 

 それに先駆けまして、1週間前の17日、最寄り駅となる東武伊勢崎線の「業平橋駅」「とうきょうスカイツリー駅」に名称を変更しました。

 駅名の改称は、以前からハナシに上っていましたから、それほど驚きはしませんが、やはり「業平橋駅」の方が風情があっていいなぁ・・・ナンて気持ちもあったんですが、この駅は過去に2度も名称変更をしているそうで、1902年の開業当時は「吾妻橋駅」だったそうです。
 それが、「浅草駅」と改称し、現在の「業平橋駅」は三代目の駅名なんだそうで、今回の「とうきょうスカイツリー駅」は四つ目の駅名ということになります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 こうもコロコロと名前を変えているという事を知ると、当初思っていた「業平橋駅」への思い入れも急激に萎んでしまいまして、もう、どうでもいいじゃんと開き直っている私がいます(笑い)

 

   20120323001_2

 

 ところで、スカイツリーの公式キャラクターとして「ソラカラちゃん」が昨年の暮れにデビューして、その方面ではチョッとした話題になっています。

 

 スカイツリーのキャラクターとしては、すでに「おしなりくん」がいまして、知名度もそこそこあったはずであり、そこに降って湧いたように新キャラクターが割って入ってきた感じは否めません (^^;

 

 実は、「おしなりくん」はスカイツリーのキャラクターというわけではなく、周辺地域の活性化のために「押上・業平橋地区活性化協議会」が考案し、広めたというもので、スカイツリーそのもののキャラクターは存在しなかったらしい・・・

 そこに登場した「ソラカラちゃん」は、「とんがり星」から望遠鏡をのぞいていたら東京スカイツリーを見つけ、舞い降りてきた・・・ という設定で、星型の髪に格子柄のワンピース、手には望遠鏡を持った好奇心旺盛な女の子として描かれています。

 

 スカイツリーを巡って誕生した二つのご当地キャラ。

 普通なら利害が絡んでお互いの存在を煙たがったり、否定しあったりするモノですが、今のところ両者は意気投合し、協力を申し合わせているようです(笑い)

 

 もしかして、男女のキャラだから、うまくいってるのかも (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月22日 (木)

恒例行事

20120320001 20120320002

   20120320004

 これは、今月仕事をしていて撮った写真で、運悪く道路工事の現場に遭遇し、片側交互通行や通行止めによる迂回を余儀なくさせられた時のものです。

 

 この時期、「恒例行事」ともいうべき、駆け込み工事があっちでもこっちでも行なわれており、仕事で運転していて、とてもストレスが溜まります (ノ_-;)ハア…

 そうは言っても、建前上は「必要な工事」だから行なわれているんでしょうが、本当にそうなのか、私はかなり疑問に思っています。

 

   20120320003

20120320005 20120320006

 なぜなら、工事現場に掲げられているこういう立て看板には、一様にこういう文字が書かれているからです。

 工事期間は、判で押したように「3月31日まで」と書かれていまして、そこまであからさまでなくても、たいてい3月の下旬あたりの日が書き込まれているのが普通だからです。

 

 よく言われることですが、せっかく取った予算だから、年度内に使い切ってしまわなければ来年度の予算が減らされてしまうので、つじつま合わせのために年度末には道路工事が増えるというものですが、私はこの都市伝説は本当に存在していると思っている一人です。

 

 工事の名目は、たいてい「傷んだ道路をなおしています」というものですが、前日まで何ともなかった舗装道路が、ある日突然通行規制されて、アスファルトを削り取り、あらためて舗装し直すもので、確かに新しく舗装された区間はキレイになりますが、何も今そんな事をしなくてもいいんじゃないのと思うことがほとんどであり、大きな穴が空いているとか、走りにくい凸凹が路面にあるというような、走行に支障があると思われる「現実的に傷んでいる道路」はまず見たことがありません。

 

 一昔前なら、凸凹な砂利道は普通に見かける光景であり、むしろ舗装されている道路の方が珍しかったわけですが、いつの間にか日本の道路は私道や農道に至るまでアスファルトでキレイに舗装されてしまい、世界でも類を見ないくらいりっぱな道路を持つ国になりました。

 それはそれで悪いことではないんですが、私はプロドライバーの一人としてそういう道路を日常的に走っていて、修理が必要だと感じるような悪路に遭遇したことはまずありません。

 にもかかわらず、年が明けると、途端にそこここで道路工事が始まるのはどういうワケなんだろうと(笑い)

 そこにはやはり「作為的な何か」があるんだろうと考えざるを得ないわけですよ。

 

 その道路工事、「今」やらなければならないほど、さし迫った緊急性のある工事なの?

 来月とか、再来月とか、あるいは来年でも構わないような、そんなものなんじゃないの?

 第一、その道路工事を行なう事が決まったのはいつの事なのよ!

 

 

20120320007 20120320008

 それはともかくとして、中にはこういう工事もあるわけでして、こちらの告示看板には「平成24年2月29日まで」という工事期間が書かれていますが、この写真を撮ったのは先週の14日ですから、少なくても半月は工事が遅れているという事になります (ノ_-;)ハア…

 どういう理由があったのか知りませんが、タダでさえ迷惑極まりない年度末工事なのに、予定内に終わらず、半月もこうして通行車輌に迷惑をかけ続けているというのはいかがなものかと・・・(怒り)

 

 ふざけるなよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月21日 (水)

鼻毛

 昨日、ヒマな時によくするんですが、口ひげの手入れをしていましてね、その時に鏡の中に白い鼻毛が1本、ハナの穴から顔をのぞかせているのが見えまして・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 私も今年は54才ですから、髪の毛はもちろんのこと、髭や鼻毛なんかにも白いモノがチラホラ見えるようになってきまして・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 で、カッコ悪いので、手に持っていた毛抜きでプチッ!と抜いたんですよ (^^ゞ

 プチッ!とね・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 痛ッ!sweat02sweat01

 

 どうして鼻毛を抜くと、あんなに痛いんでしょうかねぇ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

20120321001  いつもは、こんな鼻毛カッターでもって身だしなみを整えているので、痛い思いをするような事はないんですが、昨日はタマタマですが、毛抜きで抜いてしまいまして・・・ (^^;

 

 その途端、鼻の奥がムズムズとしてきて・・・

 

 

 

 ハ~ックショイ!!!

 

 ・・・ と、
 大きなクシャミが出てしまいました (_ _)ノ彡☆ギャハハ!!! バンバン!!!

 

 それはソレでよくあることだと思うんですが、昨日は一発だけでは済まず、鼻のムズムズは相変わらず治まりませんで、次から次にクシャミが出てきて止まらなくなってしまいましてね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 いやぁ、弱っちゃいましたよ~ (;^_^A アセアセ・・・

 

 しばらく、クシャン!、クシャン! と、やっていたんですが、さすがにシャックリとは違ってそうそういつまでも続くモノではありませんで、そのうちにおさまってくれたんですが、自分でコントロールできない症状って、ホントに困りますよねぇ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月20日 (火)

河津桜 2012

   20120320011

   20120320012

 ようやく、関東でも桜が咲き出したようです ヽ(^◇^*)/

 

 これは、私が毎年定点観察している、千葉市は花見川区の河津桜で、今日仕事の帰りに撮ってきた写真です。

 この河津桜は、例年ですと、2月の中旬頃には咲き出しますから、今頃になってようやくということになりますと、一ヶ月以上も遅い開花になります。

 

 もっともこの河津桜、今日咲いたというわけではなく、少なくても昨日の時点では咲き出していました。

 

20120320013_2 20120320014

 これが昨日撮ってきた同じ河津桜の写真ですが、あいにくと夕方に通りがかったため、すでに薄暗くなってしまっていて、フラッシュを使ってもキレイに撮れなかったこともあり、今日も通ることがわかっていましたから、あらためて撮り直してきました (^^)v

 

ここの河津桜が咲いたということは、一般的なソメイヨシノの開花も近いという事になります。

 そういう目であらためて見直してみると、我が家の前に植えてあるソメイヨシノも、かなりつぼみが膨らんできたようです o(*^▽^*)o~♪

 

 さすがに、今月中の開花は難しいと思いますが、来月の上旬には関東でもあちこちでお花見が行なわれるんじゃないでしょうか p(^_^)q ワクワク

 ・・・ という事は、関東のお花見のピークは、4月8日頃という事になるのかな (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

歯医者

 昨日、本当に何年かぶりに歯医者さんに行きました。

 

 右側の奥歯が痛むので、やむなく治療に行こうと決心したワケですが、私は歯医者が嫌いで・・・ というよりも、歯医者が怖くてね (^◇^) 。。。ケラケラ

 で、できるだけガマンにガマンを重ねた末に、これ以上はムリというところで飛び込むのが常だったりします (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 今回の奥歯も、半年くらい前からズキズキと痛み出していたんですが、私は自営業なので簡単に治療に通うこともできませんで、いつもの事ですがしばらく様子を見ていたというのがホントのところだったりします。

 普段は痛まず、食事の際に噛み合わせるとズキンと来るような状況だったので、それほど緊急性はないかなと勝手に判断した上での放置でした。

 しかし、暮れは一番ひどい状態に陥りまして、噛み合わせることさえままならないような激しい痛みがあったんですが、なにぶん時期的に仕事を休めるような状況ではなく、年が明けて仕事が一段落してから歯医者に行こう・・・ なんて考えているうちに治まってしまったわけでして(苦笑)
 おそらく、連日の仕事で疲れており、体力も無くなっていたので歯の痛みも増していたんじゃないかと思います。
 それが、お正月でゆっくり身体を休めているうちに体力も回復して、歯の痛みはそれほど気にならなくなったのではないかと、素人なりに考えてみました (^^ゞ

 

 そんなこんなで、騙し騙しではありますが、なんとか歯医者さんに行くことだけは避けていたわけですが、いよいよ観念したというか、ちょうど昨日の午前中にポッカリと時間が空いたので、チョッと診てもらってこようと近所の歯医者さんに予約を入れてみました (^_^ゞポリポリ

 

 私が最後に歯医者さんに行ったのは、いつの事だったか・・・

 おそらく、4~5年くらいは前になると思うんですが、八街市に住んでいた時に通っていた駅前の歯医者がお気に入りで、成田に越してきてからも、わざわざ八街まで通っていました。

 

 しかし、家内が昨年から通い出した歯医者さんが近所にあり、そこの先生は腕が良いよと言うので、どうせしばらくは通わなくてはならないワケですから、遠くよりは近所の方が何かと都合がいいわけで、恐る恐るではありますが診察を受けてきました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 仕事がら、平日の通院はキビシイので、いつも土曜の午前中に予約を入れるのが常なんですが、しばらくは毎週土曜日は歯医者通いが続くことになりそうです・・・ (;^_^A アセアセ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月19日 (月)

革婚式

 実は昨日の日曜日、私と家内の結婚記念日でした (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 今年は3周年ですから、「革婚式」だそうです。

 

 以前の私でしたら、こういう事には疎かったので・・・というよりは、そういう事を考えることすらしないような朴念仁でしたから、当然の事ですが前妻との結婚記念日などハナから覚えていませんでした (^_^;

 まぁ、そういうズボラで横柄なところが、前妻に愛想を尽かされた大きな理由だったんだろうと、バツイチになってから反省致した次第です・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 そういう事もあって、こんな私の下へ嫁いでこようという奇特な女性が存在しようとは夢にも思っていませんでしたが、しかし、現実に結婚生活へと踏み出した以上は、同じ轍を踏むわけにはいきませんで、少なくても家内の誕生日とか結婚記念日とかの大切なアニバーサリーくらいは忘れないようにしようと・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 当たり前すぎて、何を今さらという声が聞こえてきそうですが、それが家内の愛情に応える最初の一歩なのかなと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 目標とする「銀婚式」までの道のりはまだまだ遠いですが、そんな先のことをあれこれと考えるよりも、まずは家内への感謝を忘れず、足下をしっかりと確かめながら1日1日を歩んでいくことが大切なんだろうなと今は思っています (^_^ゞポリポリ

 

 そして今日は、結婚4年目に入った最初の一日目という事になります (*^.-^*)♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月18日 (日)

ツーリング

20120317001 20120317002

   20120317003

 これは、利根川沿いの道を走っていて見かけた、オートバイでツーリングをしていたお二人です。

 私は自動二輪の免許は持っていませんから、オートバイに乗る事はありませんが、大きなオートバイに跨って、ゆったりと走る姿には、憧れさえ抱いてしまいます。

 

  20120317004

 私が子どもの頃、ピーター・フォンダとデニス・ホッパーが出ていた「イージー・ライダー」という映画がヒットしたことがありまして、映画そのものは私には大いなる駄作としか思えませんでしたが、こんなふうに風を切って気持ちよさそうに走っている姿は、とても格好良く思えてね、けっこう憧れたもんです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 それはともかくとして、私もオトコの一人として、やはりオートバイには一種の憧れのような気持ちが心のどこかにありまして、ハーレーに代表される大型のオートバイに乗ってツーリングをしている光景を見かけたりすると、羨ましくなって、こうして写真を撮らせていただいています (^_^ゞポリポリ

 

 そういえば、4年前の事になりますが、茨城県の潮来市に「あやめ祭り」を観に行った時に、こんなステキなハーレーの集団を見かけたことがあります。

 

20080616021 20080616022

   20080616023

20080616109 20080616110

 こういう渋いオトナになって、しかもそれぞれの奥さんがサイドカーに乗って一緒についてきてくれる・・・

 ほんとうに格好良いツーリングとは、こういうのを指していうんじゃないのかなと・・・ o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月17日 (土)

ツーショット

20120316001 20120316002

   20120316003

 これは、先日千葉県は富里市内を走っていて見かけた、愛犬と飼い主とのツーショットです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 農家の方とおぼしきオジサンが、ワンコのリードを手に軽トラの荷台に乗っていました。

 運転席は見ることができませんでしたが、おそらく、運転しているのはこのオジサンの奥さんだろうと思われます (;^_^A アセアセ・・・

 しかし、なんというか、やっている行為のワリにはほのぼのとした雰囲気が伝わってくるなと・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 おそらく、このご一家はこんな事を日常的に行なっているんでしょうな。

 ですから、乗っているオジサンからもワンコからも、緊張感というものが全く伝わってこなくて・・・(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月16日 (金)

小田南公園

20120315001 20120315002

 「小田南公園」という名前の公園が在るんですが、おそらくほとんどの方がその名前をご存じないだろうと思います (^_^ゞポリポリ

 実は、一昨日の火曜日、仕事で兵庫県の尼崎市へ行って来まして、その帰り道、たまたま通りがかった公園の名前です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20120315006 20120315005_2

   20120315004

 公園の中に、ご覧のような梅の花が咲いているのを見かけまして、かなりキレイに見えたものですから、これは写真に収めない手はないだろうということで、直ぐに駐車場の中に車を入れ、しばし公園内の散策を楽しませて頂きました o(*^▽^*)o~♪

 

20120315003 20120315007

 敷地は広く、キレイに整備されていることもあって、お年寄りたちを始め、お若いカップルや子ども達の姿もたくさん見かけまして、これは、おそらく近所の幼稚園から来た園児たちと引率の先生たちだと思うんですが、こんなほのぼのとした光景も見かけることができました (*^.-^*)♪

 

20120315008 20120315009

   20120315010

 そんな中、こんな若者たちの姿を見かけまして、最初は何かの運動部あたりの選手が練習を始めるのかなと思って見ていたんですが、木と木の間に張られたロープとその下に広げられたマットを見て、なるほど、綱渡りの練習を始めるのかと・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 しかし、この三人はそれだけに止まらず、ロープの上で跳んだり跳ねたり、チョッと信じられないようなアクロバティックな動きを見せてくれ、直ぐに持っていたデジカメで彼等のパフォーマンスを動画に記録させて頂きました (^^)v

 下が、帰ってから編集した3分弱の動画なんですが、一見の価値はありますから、ぜひご覧になってみてくださいな ( ^-^)/ ♪

 

 

 

 私はこれまでにも「仕事」という名を借りて、いろんなところへ出かけ、様々なものを目にしてきましたが、これは実にラッキ~な出来事だったなと o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月15日 (木)

売上伝票

   20120313003

20120313004

 

 私は、こんな感じの売上伝票を仕事で使っています。

 某大手軽運送組合が作って販売しているもので、独自の伝票を使っている組合員も少なくないと思いますが、手軽な上によくできているので多くの組合員が愛用していると思います。

 

 ところが、昨年の暮れに組合を脱退したものですから、長年使ってきたこの売上伝票を入手できなくなってしまいました (^_^ゞポリポリ
 建前上、組合が組合員のために斡旋・販売しているものなので、部外者の使用や購入はダメという事で・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 まぁ、その辺りの事は私もわかっていましたから、組合を脱退する際に10冊ほどまとめて購入して当座を凌ごうと思っていたんですが、もう組合員ではなくなるのに、そんなにたくさんの伝票を買ってどうするのかと尋ねられ、結局のところ、体よく断わられ、売ってはもらえませんでした (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 20120313008

 

 仕方がないので、似たような売上伝票がどこかで入手できないかと思い、ネットで探してみると、「斉藤トランス」さんという軽運送業を営んでいる方が、自前の売上伝票を希望する方に通信販売しているというのを探し当てたのですが、いかんせん、割高で・・・ (^◇^;)

 もっとも、先方さんは「商売」ではなく、あくまでも自社で作った売上伝票を、「好意」で分けているようなので、最小販売単位も「5冊から」という事で、送料も含めると1冊あたり735円にもなる計算になります (;^_^A アセアセ・・・

 それでも、背に腹は替えられないので、一時はこの斉藤トランスさんの売上伝票を買おうかと真剣に考えたりもしたんですが、そんな矢先、こんな便利なソフトがあることを知りました。

 

20120313002_2 20120313006

 

 これは、「すごい位置合わせPRO4」というソフトで、メーカーのうたい文句をそのまま紹介すると、

 『定型用紙やラベルをスキャナで読み込み、打ちたい場所に直接文字を入力するだけで、 面倒だった位置合わせ印刷が簡単にできます。』

 という事で、スキャナで読み取った原稿は背景としてそのまま入力した文字と一緒に印刷する事もできるという事で、これさえあればわざわざ伝票を買わなくても、今までと同じような売上伝票を使い続けることができるなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 で、さっそくネットで注文し、スキャナで読み取った売上伝票に文字を入力して印刷してみたのがこちらの写真です o(*^▽^*)o~♪

 

 どうですか、それらしい売上伝票がりっぱに仕上がりましたよ (^_^)V。

 さらに、私の悪筆は相当なものなので、今までのような手書きの文字でなくなっただけでも、なんとなく体裁もよくなって、こりゃいいやと・・・ (*^.-^*)♪

 

 まさに、瓢箪から駒・・・ ですね (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月14日 (水)

遅れてきた春

20120312003 20120312004

 写真は、日曜日に千葉県の印旛郡を通った際に見かけた梅の花です。

 関東でも、梅の花はそこここで咲いているのを見かけるようになりました。

 

20120312002 20120312001

 ところが、桜の花はいまだに咲いているのを見かけません (^^;

 

 もっとも、関東での桜の開花は例年3月の下旬頃ですから、見かけなくてもそれほど不思議ではないんですが、実は、毎年定点観測というか、仕事での帰り道、千葉市花見川区の「河津桜」を見るのが楽しみの一つなんですが、先週通った時には、ご覧のようにつぼみは多少膨らんではいましたが、まだ咲くのには時間がかかりそうな状況でした・・・ (__;)

 

 ここの河津桜は、例年、2月の中旬頃には咲き出しますから、今年は1ヶ月くらいは遅いようです。

 ちなみに、昨年は2月の中旬に、一昨年は2月の上旬に咲いているのを見かけました。

 

 やはり、今年の冬は厳しかったという事なんでしょうか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 

 こんな記事を書いたから・・・ というワケでもないんでしょうが、今日、成田市内を走っていて桜の花が咲いているお宅をお見かけしました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20120312005 20120312006

 ご覧のように、間違いなく桜の花です ヽ(^◇^*)/

 しかし、河津桜もまだ咲き出していないのに、すでに咲いている桜の花は、なんという種類の桜なのかなと・・・ (?。?)

 感じとしては、「寒桜」っぽいンですけどね (^_^ゞポリポリ

 

 というワケで、かなり遅れてやって来た春・・・ なのかなと(笑い)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月13日 (火)

順当

 日本陸連は、ロンドン五輪のマラソン代表を昨日発表した。

 

 男子は、藤原新山本亮中本健太郎の3人。

 女子は、重友梨佐木崎良子尾崎好美の3人。

 補欠には、堀端宏行赤羽有紀子がそれぞれ選ばれ、個人的には珍しく順当な人選だと思っています。

 

 毎回、マラソンの代表選考は混迷を極め、選考基準が曖昧なこともあって、たいてい首を傾げたくなるような結果になることが多いんですが、さすがに今回の8人について異論を唱える人は居ないのではないか。

 

 人気の公務員ランナー、川内優輝が落選したことについては、私は当然だと思っていますが、数字が稼げますから多少騒ぎたてるマスコミもあるだろうとは思いますが、所詮は説得力に欠ける内容しか述べられないと思います。

 川内の走りには力強さが無く、安定性に欠けるのは、やはり走り込みの量が絶対的に不足しているからだと私は思っています。

 個人的には市民ランナーの一人でしかない川内が活躍するのは小気味よくて好きなんですが、それとこれとは次元の違うハナシであり、市民ランナーの星としてこれからも頑張ってくれればそれでいいんじゃないかと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月12日 (月)

病院

 私は会津の実家で、村の産婆さんの手によって取り上げられて生まれました (^_^ゞポリポリ

 私だけではなく、私の妹も弟も、同じように産婆さんの手によって自宅で生まれました。

 

 私が子どもの頃・・・
 つまり、昭和の30年代とか40年代とかの事ですが、その頃は都会はともかく、私どものような田舎では、生まれる時も死ぬ時も、「自分の家で」というのが当たり前とまでは言いませんが、ごく普通の事でした。

 ところが、今では日本中のほとんどの人が、「生まれる時も死ぬ時も、病院のベッドの上」・・・というのが当たり前であり、自分の家で出産するとか、亡くなるというのは、常識ではおよそ考えられない時代になってしまいました・・・

 良いとか悪いとかという事とは別に、「生死」は病院に任せておけば安心だという新しい社会通念が日本中に広まってしまった結果だと思います。

 決して産婆さんとか街の開業医が居なくなってしまったわけではありませんが、なんとなく、自宅で出産するという事に不安を感じる人もいらっしゃるでしょうし、事故や災害でというのならともかく、老衰や病気で亡くなろうとする人が身近に居る場合、大きな病院に入院させてできるだけの治療を受けさせてあげなければ、人の道に外れているのではないかと自責の念に駆られてとか、あるいは世間体を気にしてという事もあるでしょう。

 とにかく、今の日本においては、生まれる時も死ぬ時も「病院のベッドの上で」・・・というのが「常識」になってしまったようです。

 

   20120309001

 しかし、私は個人的にですが、この「病院」というものがどうにも好きになれませんで、どうしても暗く陰湿な「負」のイメージを抱いてしまいます・・・ (__;)

 

 最近では、近代的な建物で、明るく清潔な病院が増えているようですが、そうはいってもそこに集まってくる人達というのは、どこかしら心身を病んでいる人ばかりというのが現実なわけでして、彼等を見ているとこちらまで具合が悪くなってきそうというか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 病院で働いている人達のことを思えば、こんなコトを言うのは、ホント申し訳ないんですがね。

 

 仕事で病院を訪れる機会は少なくなく、けっこうあちこちの病院に伺い、様々な荷物を届けてきましたが、施設そのものはどうしても暗いところが多いです (^^;
 それでも、病院の関係者の方々というのは、お医者さんでも看護士さんでも、事務やメンテナンス関係の方々に至るまで、一様に明るくて優しい人ばかりなのはどうしてなんでしょうね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 ハード面が冷たく感じる分、ソフト面は暖かく感じるというような、そういった感覚的なものも、もちろん少しはあるんでしょうが、私が接してきた病院の関係者たちは、確かに私に親切に接してくれました (*^.-^*)♪

 やはり、医学に従事しようとするような人達というのは、根本的に人種が違うのでしょうかねぇ (;^_^A アセアセ・・・

 患者さんなら病院にとっては「お客様」ですから、優しく親切に接するというのもわからないでもないんですが、私なんかは取引先の業者に過ぎないわけですから、そんなに愛想よくしなくてもよさそうなもんですが、皆さん、実に丁寧に応対してくれます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 つまり、相手によって態度を変えることなく、同じように接しているという事で、アタマではわかっていてもなかなかできる事ではないだけに、そういう点だけは頭が下がります。

 

 それはそれとして、相変わらず私は「病院」が苦手です・・・ (^_^ゞポリポリ

 少なくても、私が死ぬ時には、病院ではなく、自宅で逝きたいなと・・・ そんな事を考えています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年3月11日 (日)

立ち往生

 昨日の関東は一日中雨模様でして、都心などでは朝のうちに雪が舞ったところもあったようです (^^;

 

 そんな中、私は銚子市内の宅配を手伝っていましてね、雨脚がけっこう強い時間帯もありまして、慣れない仕事に手こずりながら頑張っていたわけですよ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 で、午後のことになりますが、目的地へ向かうのにいつものルートではなく、できるだけ近道をして時間を短縮しようかなんて思ったのがウンの尽きというか・・・ (__;)

 

 そもそも、昨日のように悪天候の時には、通ったこともないようなルートは通るべきではなく、なるべくリスクの少ない一般的なルートを選択するのがプロドライバーとしてのセオリーなんですが、どういうワケか昨日の私はそういう「当たり前」の事さえ考えられなくなっていたようで・・・ (^_^ゞポリポリ

 まぁ、雨も強く降っていましたし、通ったことはありませんでしたが、その抜け道を通れば目的地までだいぶ時間を短縮できますから、早く終わって早く自宅に帰りたいなんてヨコシマな思いが無かったといえばウソになるわけで、今振り返ってみればそういうスケベ心を出した事自体がそもそもの間違いのモトだった事に思い至るわけです □\(- -;)ハンセイ・・・

 

 目的地までいい抜け道が無いか・・・という事は、私は常に考えていることでして、カーナビをチョイチョイと操作して探してみると、意外な道がそこに在るじゃありませんか(笑い)

 で、深く考えもせずにそこを通るルートにナビを設定して走り始めました・・・

 途中までは勝手知ったいつものルートなんですが、昨日走ったルートはそこを外れ、田んぼのあぜ道というか、畑の脇の小径というか、いわゆる農作業のために農家の方がトラクターのような農耕車で走る、そんな細い道に入って行ったわけですよ (^^ゞ

 いつものルートですと普通に舗装されているわけですが、昨日の道は舗装されていない、いわゆるオフロードというヤツでして (;^_^A アセアセ・・・

 

 オフロードを走る場合、舗装された平らな道とは違ってチョッとしたコツが必要でして、その代表的なものが「凸は乗り上げ、凹はまたぐ」というものです。
 つまり、出っ張っている部分はタイヤで乗り上げるように進み、穴のように凹んでいる部分にはタイヤを入れずに左右のタイヤの間でまたぐように走るのが良いというものです。

 これが逆に、出っ張っている部分を避けるようにまたいで走ったりすると、運が悪いと出っ張っている部分で車体の下部をこすったりぶつけたりして車を傷める可能性がありますし、凹んでいる部分にタイヤを入れたりすると、脱出出来なくなったりする事がありますから、そういうアクシデントを避けるためにも、「凸は乗り上げ、凹はまたぐ」という走り方が求められるわけです。

 

 他にも、「水たまりにはできるだけ入るな」という鉄則がありまして、小さな水たまりだと思ってなめてかかると、意外と深い穴に溜まった水だったりして、思わぬトラブルになったりすることがありますから、知っている道に溜まっている水たまりならともかくとして、知らない道の水たまりには極力入るべからずというセオリーがあります。

 昨日の私は、そういうオフロードのセオリーをすっかり忘れてしまっていまして、とにかく先を急ぐことしかアタマにありませんで、とんでもない失敗をしてしまいました・・・

 

 昨日初めて走った抜け道は、舗装されていない農道のような道でして、3mあるか無いかという程度の道幅で、2kmほどの距離がありました。
 最初のうちは、水たまりもなく、車輪でできたワダチに沿って走っていたんですが、直ぐに小さな水たまりがいくつも現われまして、そこを避けるようにハンドルを操作し、この時点まではワリと軽快に楽しむようにして走っていたんですよ (^_^ゞポリポリ

 しかし、だんだん路面がぬかるんできまして、こんなところでぬかるみにはまって動けなくなったりしたらヤバイなと思いつつ、焦るように先を急ぎました・・・

 

 ぬかるみにははまりませんでしたが、水たまりの大きさはだんだん大きく深くなっていきまして、目的とする幹線道路まであと500mくらいになり、視界の向こうにはそこを行き来する車が見えてきたところで、私の目には信じられないくらい大きな水たまり・・・というよりは、プールのように広い水面を持った巨大な水たまりが飛び込んできました・・・ (^◇^;)

 道路の道幅いっぱいに水をたたえたその濁った水たまりは、300mくらいの長さは十分にあったと思います。

 ここで私は一瞬ですがそのまま進むことを躊躇しまして、ホントにどうしようかと迷ったんですよ。

 いつもの私でしたら、迷わずに来た道を引き返したと思うんですが、昨日の私は平常心を失っていたようで、雨に追い立てられるように、視線の先に見える幹線道路目差して、ゆ~っくりと車を水たまりの中に進めてしまったわけです・・・ (^.^ゞポリポリ

 

 今も水たまりに入って行く時のあのイヤ~な感じが思い出されます。

 予想以上に深い水たまりでして、直ぐに私の軽トラは水の中に浮かぶボートのような状態になってしまいました・・・
 おそらく、膝下くらいの水深は十分にあっただろうと思います。
 最初のうちこそ駆動力が勝って前に進んでいましたが、だんだんと水の抵抗が大きくなってきて、万が一にでもここで止まってしまったら取り返しのつかない事になるぞと思いつつ、祈るような気持ちでアクセルをじわりじわりと踏み込んでいたんですが、残念なことに水たまりの真ん中辺りで何かに乗り上げたような感じで前に進まなくなってしまいました・・・ (__;)

 

 アクセルを踏んでも駆動輪は空回りするだけで、少しも前に進んでくれません。

 私は、プールのような大きな水たまりの真ん中で、困ったことになった・・・ (ノ_-;)ハア…
 コレはJAFでも呼んで引っ張り出してもらうしか手はないかなとマジで思いまして、しかし、ドアを開けてプールの中に足を踏み入れる決心もつかないまま、運転席の中に水が浸入してこないか、荷台の荷物は水に濡れていないか、それだけを考えていました・・・

 視線の先に見える、幹線道路を行き来する車が羨ましく思え、なんでこんな水たまりの中に車を入れてしまったんだろうなどと、あらためて自分の愚かさを反省していました(苦笑)

 

 プールの真ん中でにっちもさっちもいかなくなり、立ち往生してしまったわけですが、電気系統は異常なく、エンジンもそれまでと同じように動いていましたから、ダメもとでとギヤをバックに入れてアクセルをチョッと踏んでみると、ホンの若干ですが、車が後ろに下がります。
 でも、ローに入れて前に進もうとしても先ほどの位置からは少しも前に進んではくれません。

 その時に私の脳裏に浮かんだのは、雪道でスタックした時によくやる、後退と前進を繰り返し、車体を前後に揺らしながらその勢いで脱出するという、あの光景でした・・・

 ちなみに、「スタック」とは、タイヤが雪や砂、あるいは泥などに埋まってしまい、走行不能に陥ってしまうことです。

 私も、一応は雪国の出身ですから、リバースとローにギアを切り替えながら車を前後に動かす術くらいは知っていまして、過去に何度となく雪道やぬかるみでスタックして動けなくなった時に、ソレで脱出した経験があります。

 で、昨日もそれを思い出し、前後に車体を動かすと共に、前進の時に少しずつハンドルを右に切って車体の向きを変え、何やら進路を妨げている障害物らしきモノを避けようと試みたワケですよ。

 

 その思惑は見事に的中し、何度目かの揺さぶりの後、大きく後ろに下がった直後の前に出る動作で、車体がゴロンという感じで前に進んだんですよ o(*^▽^*)o

 こうなると、気持ちはもうイケイケでして、アクセルを踏み込む足にも次第に力が増して、愛車は水に浮かぶボートのように大きな波を立てながら、少しずつではありますが前に進みだし、目的とする幹線道路がだんだんと近づいてくるのがわかりまして、やった~と!

 

20120311002 20120311001

 上の写真は、今日たまたま銚子に行く機会を得たので、立ち往生した水たまりを写真に収めてきました。

 と申しましても、今日の北総地域は久しぶりに日射しもあるまずまずのお天気であり、時間的にも丸一日経過した状態であるため、だいぶ水も引いたらしくて、昨日のような大きなプールではありませんでした。

 左側のアップの写真が、私が立ち往生した水たまりであり、土が見えている場所も含めて、昨日はこの写真に写っている道路がほぼ全て水たまりになっていました・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 右側の写真は幹線道路の方から引いて見たものですが、手前に見える水たまりは立ち往生した水たまりではなく、その奥に見えるビニールハウスに挟まれてかすかに見えるのが件の水たまりです。

 この道を、向こうから手前に向かって走ってきたわけです (^_^ゞポリポリ

 

 ホント、あの最悪な状態からよく自力で脱出できたなと、マジで何ものかに守られている自分を実感した次第です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 水たまりのプールの中で立ち往生していた時間はどのくらいだったのか・・・

 おそらく10分も無かったと思いますが、雨に打たれ、心細い思いをして平常心を失っていた私にはとてつもなく長い時間に思えまして、普通に走れる場所までたどり着いた時には本当にホッとしました・・・

 

 幹線道路に車を乗り入れ、ハザードランプを点けて車を停め、恐る恐る車を降りて車外の状態を見てみました。

 車輪などの下回りには枯れ草などのゴミが巻き付いて、確かに汚れてはいましたが、荷室にも車内にも水の浸入はなく、多少ブレーキの効きは悪くなっていましたが、それを十分にわかった上で注意して走れば走行に支障はない事を確認し、配達を再開しました (^^)v

 

 以上、昨日私が体験した、愚かで恥ずかしい、完全にプロ失格の失敗談でした・・・ □\(__ ) ハンセイ・・・ 

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2012年3月10日 (土)

葛飾の有名人

20120308003_3 20120308001_3

 ご存じ、「男はつらいよ」と「こち亀」の切手を並べてみましたが、この作品の主人公である「車寅次郎」「両津勘吉」の二人は、架空の人物であるにも関わらず、全国区の有名人であり、その知名度は日本中の誰よりも高く、おそらく日本人なら誰もが知っているであろう超有名人なのではないか(笑い)

 そして、この二人は共に東京は葛飾区の出身であり、いわゆる、葛飾区の有名人として銅像まで作られています (^◇^) 。。。ケラケラ

 

20120308004 20120308005

 左は、京成金町線の柴又駅前に立っている寅さんの銅像で、右はJR常磐線の亀有駅前に立っている両さんの銅像です (^^)v

 

 

 葛飾区にだって、有名人はそれなりに居らっしゃるのでしょうが、名前を挙げろと言われて思い浮かぶ人って誰か居ます?

 個人的には、こち亀の作者である秋本治と、なぎら健壱、他には亀田三兄弟くらいしか葛飾区にゆかりの有名人は思い浮かびませんで、そういえば、「やるまん」で人気アナとなった吉田照美も葛飾区の出身だったなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 亀田兄弟は葛飾区の出身ではありませんが、大阪から上京してジムを構える時に、「勝つしかない」という事で「葛飾区内」に住むことを決めたというエピソードは有名です(苦笑)

 

 実在の人物よりも、架空の人物の方がはるかに有名というのは、それはそれでありがたい事なのかもしれませんが、葛飾区にお住まいの方にしてみれば痛し痒しといったところなのでしょうか・・・ (^_^ゞポリポリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 9日 (金)

まめバス

   20120310001

 

20120310002  写真は、千葉県の野田市内を走っている時に撮った、「まめバス」という名前のコミュニティバスです。

 「まめバス」というのは、一般公募でつけられた愛称という事で、野田市は2002年に枝豆の出荷量が全国一になった事と、小回りの効く小型のバスであることがその理由だそうです。

 世にコミュニティバスの類はたくさんあると思いますが、どうですか、この愛らしい外観はかなりインパクトがあると思いませんか (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 という事で、千葉県で「豆」といえば、落花生で有名な八街市ですが、八街市でもコミュニティバスが走っていますが、市内を走っているバスはこんな感じの普通のマイクロバスで、野田市の「まめバス」から比べると普通すぎて面白味に欠けるというか・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20120310005 20120310006

20120310004 20120310007

 まぁ、幼稚園児の送迎バスとは違いますから、野田市のコミュニティバスほど目立たなくてもいいわけなんですがね(苦笑)

 

20120310003  私が住んでいる成田市でも、コミュニティバスは走っていまして、アパートのすぐそばにバス停もあるので、家内なんかは成田駅までよく利用しているみたいです。

 これが成田市のコミュニティバスですが、他の自治体のものから比べるとかなり地味に見えるかもしれません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月 8日 (木)

湯島の白梅

20120307001 20120307002

 昨日、都内は文京区にある「湯島天神」の前を通る機会がありましてね、その時に運転席から走りながら撮った写真が上の2枚です。

 

♪湯島通れば 想い出す~
 お蔦主税の 心意気・・・♪

 

 湯島といえば、当然のようにアタマの中に浮かんでくるのが「湯島の白梅」という歌謡曲ですが、さすがに私が生まれる以前の流行歌ですから冒頭の部分くらいしか知らないのですが、それでも有名でステキなフレーズなので、ごく希にですがこの冒頭の部分だけは鼻歌で口をついて出てくる事もあります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 その歌のように、春日通りに面した夫婦坂辺りには白梅が咲いていました (*^.-^*)♪

 

 

20120307003 20120307004

   20120307005

 こちらの女性は、最初、夫婦坂の方に見える湯島天神か白梅にカメラを向けて写真を撮っていたんですが、そのカメラを足下のベビーカーに向けて写真を撮りだしたので私はその微笑ましい様子をカメラに納めたつもり・・・だったんですが (^^;

 なんと!

 家に帰ってから撮った写真を確認すると、ご覧のようにベビーカーに乗っていたのは赤ん坊ではなくてタダのワンコでした (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 犬が可愛いのはわからないでもないんですが、私がわからないのは、なぜ犬をベビーカーなんかに乗せているんだろうと・・・

 犬なんて、歩かせてナンボの生き物じゃないですか。

 飼い主は可愛がっているつもりでも、こんな猫っ可愛がりをしてたんじゃ、運動不足になってしまうと思いますがねぇ・・・ (ノ_-;)ハア…

 それとも、家の中じゃ十分に走り回らせているのかな(爆笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 7日 (水)

白いイチゴ

   20120306001

 熟しているのに、白っぽい色をしたイチゴが人気を集めているという。

 その名も「初恋の香り」「あその小雪」 (*^.-^*)♪

 

 ご覧のように、一般の真っ赤なイチゴと比べると、うっすらと色づいてはいるものの、全体的には白っぽく見え、決して熟する前のイチゴではない(苦笑)

 

20120306002 20120306003

 

 外見は若干ピンクがかって見えますが、ご覧のように中の果肉は真っ白で、一般の赤いイチゴと組み合わせ、「紅白のイチゴ」として販売するとけっこう喜ばれるそうで、あればあるだけ売れていくという・・・

 確かに珍しいイチゴであることは認めますが、個人的には普通のイチゴが食べたいなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 第一、生産農家も少なく、収穫量も限られていますから、1個あたりの販売価格も500円800円くらいにはなるそうで・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 イチゴ1個がリンゴや梨などよりも高いなんて、私にはどうにも納得がいかなくてね (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 6日 (火)

さわら雛めぐり

   20120305010

 

 千葉県の香取市では、江戸の商都の面影を今に残す佐原の町並みを巡り、それぞれの商家自慢のお宝を観光客に見てもらおうと、「佐原まちぐるみ博物館」を佐原おかみさん会が運営し、例年様々な催し物が企画・実践されています。

 その企画展の一つが、現在開催中の「さわら雛めぐり」です。

 

20120305012  協力店の店先や店内には、江戸時代や明治時代から伝わるという各家の大切な雛人形が飾られ、買い物客や観光客たちは入口に掲げられたこのピンクのまねき布を目印に、お店に立ち寄っては展示されているお雛様を楽しんでいました。

 このイベント自体は私も以前から知ってはいまして、佐原の街中を仕事で走り回ることも少なくないので、その気になればいつでも観て回ることは可能なんですが、なにぶん腰の重い私のこと、せっかくの機会をみすみす逃してばかりで・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 そこで先週末、家内を伴って「さわら雛めぐり」を体験してきました。

 「家内を伴って・・・」というのにはそれなりの理由がありまして、もちろん家内への愛情表現の一つというのもありますが、家内と一緒だとお店に入りやすいというのが大きいわけでして・・・ (^_^ゞポリポリ

 といいますのも、いいトシをしたオヤジが、入ったこともないお店を独りで訪れて「お雛様を見せてください」とはなかなか言えませんで、そういう敷居の高さも家内と一緒だと越えられるんじゃないかと思いましてね (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 ・・・というワケで、下は、何軒か回って拝見させて頂いた商家のお雛様の一部です。

 

20120305001 20120305002

 

 これは、忠敬橋そばに在る「中村屋商店」の店内に飾られていたお雛様です。

 お雛様もそうですが、このお店で売られていた小物類の、まぁ楽しかったこと (*^.-^*)♪
 普段からお店に入って中を伺うようなことはありませんで、表のたたずまいはともかく、どんな商品を扱っているのかさえ知らない有様でしてね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 お店の人の気さくさも相まって、なんとなくではありますが、ちょっぴりお店との距離感が縮まったような・・・ o(*^▽^*)o~♪

 

20120305003 20120305004

20120305005 20120305006

 

 こちらは、「福新呉服店」に飾られていたお雛様です。

 昨年の大震災で大きな被害を受け、屋根瓦を中心に復旧工事をなさっている真っ最中での開催でした (^^;
 その痛々しい外観とは裏腹に、飾ってあるいくつもの雛飾りの華やかなこと。
 お雛様の前では何組もの観光客や仕事で訪れたカメラマンらしき姿をたくさんお見かけしました。

 

   20120305007

20120305008 20120305009

 

 こちらは、「ギャラリー卯兵衛」というお店に飾ってあったお雛様です。

 このお店では、左側のりっぱそうに見えるお雛様より、右側の可愛らしい方のお雛様が素晴らしかったなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 このお雛様は、人形はもちろん、ぼんぼりやその他の小物も含めて全て「ひょうたん」で作られているということで、いわゆる瓢箪細工の逸品です。

 

20120305011  しかし、お雛様を目当てに入ったわけなんですが、個人的にはお店の中に置かれてあった大仰なスピーカーに代表されるオーディオセットの方がずっと気に入りましてね、今は珍しい真空管製のアンプや、ごっついターンテーブルを備えたレコードプレーヤーに目が釘付けになりまして、その場を立ち去りがたく、茶房というのを幸いにホットコーヒーを二つ注文して、流れてくる心地よい音楽にしばし浸ってきました o(*^▽^*)o~♪

 このお店の奥には、ライブ用のステージも設けられており、時々ジャズ等のライブ演奏も行なわれているということで、これは思わぬ収穫でした。

 

 今回の「さわら雛めぐり」で感じたことですが、商店街を盛り上げる企画はいろいろとあると思いますが、この「佐原まちぐるみ博物館」の企画は素晴らしいなと。

 客をお店の中に招き入れる口実としては、各商家のお雛様というのは敷居も低くて馴染みもあるだけに、観光客へのアピール度はけっこう高いんじゃないかと。

 とにかく、知らない個人商店の中へ入るというのは、かなりハードルが高いものでして、でも入ってもらわないことにはお店も売上げにはつながらないワケで、お店としては冷やかしでもいいから一人でも多くのお客さんにお店の中に入ってきて欲しいと思っているはずです。

 そういう、フリーのお客さんたちにお店の奥まで入ってきていただく事で、多少なりともお店のカラーがわかってもらえれば、やがてお店のファンにだってなってもらえるかもしれません。

 何事も、最初の一歩が無ければ先へは進めないわけで、この雛めぐりのイベントはたいして元手もかからずに、物置の片隅に眠っているお雛様を引っ張り出してくるだけで参加できるわけですから、やらない手はないと思いますねぇ(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 5日 (月)

びわ湖毎日マラソン 2012

 昨日行なわれた「びわ湖毎日マラソン」ですが、いやぁ、おもしろかったです (*^.-^*)♪

 

 よく、スポーツは「筋書きのないドラマ」といわれますが、こんなにおもしろいレースを観たのはいつ以来の事だったかなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 「おもしろい」というのは、いい意味でも悪い意味でも「期待を裏切る」選手が出たということで、そういう選手が一人でも出ると、レースは混迷を極め、観ている方にとっては結果の予想がつきにくく、おもしろいという事になります(笑い)
 もちろん、無責任な第三者だから言えることですが、2時間以上もの間テレビの前に釘付けになるわけですから、単なる傍観者の一人としては予想外のことが起こってくれた方が退屈しなくて済むわけですよ (^◇^) 。。。ケラケラ

 個人的に応援していたのは、中国電力の岡本田中の両選手を中心に、早稲田の平賀とトヨタ自動車九州の今井という4選手 (^^)v
 あと、富士通のクンと青山学院大の出岐も頑張って欲しいなと・・・ (^^ゞ

 

 それはともかくとして、レースは中間点を過ぎても40人を超える大集団のままで、正直このあたりまでは退屈でしょうがなかったんですが、25kmを過ぎ、ペースメーカーが外れるとイッキにレースは動き始めます。

 集団は徐々に縦長となり、集団からふるい落とされる選手も出始め、トップ集団は20人ほどとなります。
 ここらあたりまでで健闘が光ったのは、早稲田の平賀と青学の出岐です。
 二人とも大学生で初マラソンであるにも関わらず、世界のトップランナーを相手に先頭集団で戦いました。
 平賀は30kmほどで脱落しましたが、出岐の方は最後まで食らいつき、ゴールの手前で堀端をかわして9位でゴールという、「出来過ぎ」の初マラソンだったと思います ヽ(^o^)尸

 

 注目の堀端は積極的なレース運びで終始先頭集団に食らいついていましたが、30kmを過ぎた頃から顔がゆがみ始め、重たい走りに変わってきます (^_^;

 そんな中、一度は先頭集団から後れた安川電機の中本とホンダの堀口が35kmあたりから出岐を抜き、日本人トップを走る堀端に迫っていきます・・・ p(^_^)q ワクワク
 このあたりの展開が予想外で非常におもしろかったです。

 スピードが伸びない堀端を尻目に、40km手前で中本と堀口が相次いで堀端をかわしてさらに前を追います。

 

 しかし、驚いたのはこの後の展開であり、ここからが昨日のレースのクライマックスでした o(*^▽^*)o

 ここまでほとんど目立つことのなかった佐川急便の山本が、40km手前から鬼気迫る快走で堀端、堀口を次々とかわして日本人トップに立った中本に迫ります。

 このあたりからのレース展開は、おもしろいという表現を通り越して、小気味よいと思えるほど、ドキドキワクワクの素晴らしいマッチレースになりました ヽ(^◇^*)/

 もう、私の心は山本にイッキに鷲づかみにされ、大声で声援を送っていました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 この辺りの顔ぶれにはなんの思い入れもありませんから、正直、誰が日本人トップでもいっこうに構わないわけで、そうなると心情的には一番後ろから順位を上げてきた山本にトップに立って欲しくなります(笑い)

 

 陸連としては、こういう展開は予想もしていなかっただろうと思いますが、山本は最終的に競技場のトラックで中本をかわして日本人トップの4位でゴールし、ロンドン五輪に大きくアピールしました。

 先日の東京マラソンで好成績の藤原新は間違いなく五輪のキップを手にすると思いますが、昨日の山本亮もほぼ当確だと私は思います。

 残る1枚のキップは誰が手にするのか・・・

 話題の川内は難しいんじゃないかと思うのですが、個人的にはロンドンに送り出してあげたいと思っています。
 順当な人選なら、堀端か前田なんでしょうけど、果たしてどうなりますやら・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 4日 (日)

ペンネーム

 昨日、「名前」のことについてチョッと触れたので、今日は「ペンネーム」というタイトルにしてみました・・・ (^^ゞ

 

 先日、第146回芥川賞直木賞が発表されましたが、もっぱら話題の中心は人をくった会見で時の人となった田中慎弥氏であり、円城氏と葉室氏はカヤの外という感じが否めません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 それはともかくとして、物書きを生業とする人達は、「本名」とは別に、独自の名前である「ペンネーム」を名乗ることが多く、それぞれに個性的で魅力的な名前となっています。

 

 例えば、「直木賞」の由来ともなっている「直木三十五」ですが、彼の本名は植村宗一といいまして、「植村」の「植」の字を分解し、「木」と「直」にした上で、前後を入れ替えて「直木」としました。
 三十五の方は、年齢をそのままに名前にしたものと言われ、31才の時には「直木三十一」、32才の時には「直木三十二」と名前を変え、以後、「三十三」、「三十四」と名乗った後、35才の時に「直木三十五」としてからは改名することなく通したといいます。

 「直木」の方はけっこう凝った苗字だと思うのに対し、「三十五」の方はあまりにも安直すぎて、それを名前と言われても戸惑ってしまいます (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 また、推理小説の分野で草分けとも言われる「江戸川乱歩」は、アメリカの推理小説作家であるエドガー・アラン・ポーを、そのまま漢字にしたものであることは有名です。

 しかし、「江戸川乱歩」というペンネームは、その安直な発想とは裏腹に、存在感の大きな名前となりました (*^.-^*)♪

 

 さらに、「二葉亭四迷」という作家がいまして、この人のペンネームの由来がまたおもしろいというか・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 武士で厳格だった父は文学には全く理解が無く、「くたばってしめえ(死んでしまえ)」と罵られたことばをもじってペンネームにしたといいます(苦笑)

 

 麻雀小説で有名な「阿佐田哲也」も、麻雀が好きで徹マンを繰り返している時に、「朝だ!徹夜だ!」と口走ったことばがそのままペンネームになったとか・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 こういう事を語り始めるとキリがないんでしょうが、5年ほど前にも「芸名」というタイトルでくだらないコトを語ったことがあります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 できましたら、そちらの方の記事も合わせてお読み頂ければ幸いです (^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 3日 (土)

クラスメイト

 良美   恵   美和

 

 いきなりこんな名前が並んでいるのを見て、訝かしんでいる人もいらっしゃるかと思いますが、実はこれ、私のかつてのクラスメイト達の名前です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪  

 

 それぞれ、「よしみ」 「めぐみ」 「よしかず」と読みます。

 

 全て男性の名前なんですが、漢字で書かれた名前だけを見ると、女性の名前と勘違いする人も少なくないかもしれません(苦笑)

 「良美クン」は小学校で、「恵クン」は中学校で、「美和クン」は高校で、それぞれ一緒でした。

 

20120303001  ただそれだけの事で、これ以上は特別語るようなコトも無いんですが、「良美クン」は、いとこでもあり、幼い頃から一緒に遊んだ、いわゆる「竹馬の友」で、かけがえのない友人の一人です (*^.-^*)♪

 

 そして、良美クンの誕生日は3月3日という事で、まさに今日が53才の誕生日という事になります。

 

 良美クン、

 ご無沙汰しておりますが、お誕生日おめでとう (*^.-^*)♪

 

 写真は、若かりし頃の私と良美クンのツーショットで、愛猫を抱いているのが良美クンです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ご存じのように、3月3日は「ひな祭り」という事で、桃の節句です。
 その日に生まれたからというわけでもないんでしょうが、良美クンは優しい顔をしている上に、とてもおとなしい性格をしていました。

 

 一方で、私の実家の近所には、妹のクラスメートがおり、彼女は5月5日が誕生日です (^^;

 オトナになってからの彼女の事は存じませんが、子どもの頃の彼女はけっこう快活な女の子で、わかりやすくいえば「お転婆」な女の子でした (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 名前はともかくとして、やはり、生まれた日というのは、その人の人格形成に、なにがしかの影響を与えるモノなのでしょうか・・・ (?。?)

 まぁ、「性格」というのは先天的なものも、もちろんあるんでしょうから、生まれ育った環境の方がはるかに大きく影響するだろうと私は思っていますから、おそらくは誕生日が「○○の日」だったという社会的な環境が、彼等の人格形成になにがしかの影響を与えたことは間違いないと思うのですが・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月 2日 (金)

風来坊

 これは、先日鬼怒川に行った時に撮った写真です。

 

 首輪を付けていますから野良犬ではないと思うんですが、風来坊よろしく独りで歩き回っていた犬がいたのでカメラを向けてみました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

     20120302001

   20120302002

20120302003 20120302004

   20120302005

 朝方だったので、緑のおばさんよろしく、交差点の横断歩道に立って登校する児童達を見守っていた婦警さんです。

 

 そこへ、この風来坊が近づいていったのですが・・・

 

 何を思ったのか、ふと、きびすを返して逃げ去っていったワンコ・・・

 何か危うい雰囲気でも感じ取ったのでしょうか・・・ (^_^;

 

 いずれにせよ、このワンコは何者で、どこへ行こうとしているんでしょうねぇ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 1日 (木)

昨日の雪

 昨日、関東地方に今シーズン二度目となる積雪がありまして、1月の時ほどではありませんでしたが、そこそこに混乱しました (^^;

 ただ、東京都と神奈川県、埼玉県はいつものようにけっこう降ったようで、首都高を始めいくつかの高速道路で通行止めが行なわれたようですが、千葉県内は雪の影響はほとんど無くて、積もったところも無かったようです (^^)v

 

 下の写真は、昼過ぎに都内の足立区へと仕事で行った際に撮ったもので、荒川沿いの墨田区内と足立区内の光景です。

 

   20120301011

20120301013 20120301012

20120301014 20120301017

20120301015 20120301016

 ご覧のように、公園とかは真っ白になっていましたが、道路は歩道はともかくとして、それほど走りにくい状況ではありませんでした。

 

 おそらく、今後は雪が積もるようなことは無いだろうと思いますので、これが「なごり雪」となるのかなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

季節もの

 今日から月が変わって3月となりましたが、先日、某100円ショップで買い物をした時のこと、売り場の中にカレンダーのコーナーを見かけまして、なんで今頃カレンダーなんだろうと・・・ (^^ゞ

 

20120301002  といいますのも、100円ショップは商品の回転が速く、「定番」と呼ばれる商品がある一方で「季節もの」と呼ばれるような期間限定の商品も少なくなく、売り場のスペースは限られているのでそういう販売期間が限られているような商品は時期を過ぎると売り場から撤去されるのが普通で、昨年も、毎年購入しているこんな感じの「暦」を買い忘れたのを思い出したので、1月になってからですが売り場で探してみたことがあります。
 しかし、カレンダーの類はすでに売り場から撤去しましたと店員に言われ、あらためてそういうものだったことを再認識させられましたっけ・・・

 そんな事もあって、今年の「暦」は昨年のうちに忘れずに買い求めました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 そんな体験があったもので、2月も下旬なのに、いまだにカレンダーが売られているというのが不思議でね、売れ残ったカレンダーを投げ売りして在庫処分でもやっているのかなと思ったんですが、売られているカレンダーを見てなるほどと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

   20120301001

 売り場には、「4月始まりカレンダー」と書かれたPOPがありまして、そういえば4月からは新年度が始まるわけで、4月から始まる一年分のカレンダーがあってもいいわけですよ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 手帳なんかですと、「4月始まり」というものも昔から売られていまして、学生手帳なんかまさにそういうものの代表だったわけです。

 

 しかし、カレンダーにはなぜか「4月始まり」というものが無かったように記憶しています。
 もちろん、私が気付かなかっただけで、おそらくは以前から売られていたんだろうとは思いますが、最近は本屋さんなんてめったに行くことはありませんし、件の100円ショップなんてところは扱う商品も厳しく、売れそうにないものはハナから取り扱いませんから、目にすることが無かったんだろうと思います (^_^ゞポリポリ

 ところが、100円ショップでこういうものが売られているという事は、それなりのニーズが見込めると判断されたことの何よりの証拠でもあり、社会的にも認知度はけっこう高いという事なんだろうと思います。

 学校の教室にだってカレンダーの一つくらいあるでしょうし、そういうところに貼るカレンダーなら「4月始まり」というのはまさに打って付けなわけで・・・

 

 今までの常識ですと、カレンダーといえば年末に買い求めるものと相場は決まっていたと思いますし、私なんかもそういう固定観念のカタマリだったりするんですが、そういう考えですと年に一度しか商売の機会は無いことになります。

 しかし、このように「4月始まり」のカレンダーを作って販売すれば、少なくても商売の機会は2回に増えることになります。

 何にでも言えることですが、チョッと視点を変えるだけで新しいニーズを開拓し、客に喜んでもらえる事ができます。

 やっぱり、アタマは生きているうちに使わなきゃねぇ・・・と、この売り場のカレンダーを見て思い知らされた次第です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »