« 病院 | トップページ | 遅れてきた春 »

2012年3月13日 (火)

順当

 日本陸連は、ロンドン五輪のマラソン代表を昨日発表した。

 

 男子は、藤原新山本亮中本健太郎の3人。

 女子は、重友梨佐木崎良子尾崎好美の3人。

 補欠には、堀端宏行赤羽有紀子がそれぞれ選ばれ、個人的には珍しく順当な人選だと思っています。

 

 毎回、マラソンの代表選考は混迷を極め、選考基準が曖昧なこともあって、たいてい首を傾げたくなるような結果になることが多いんですが、さすがに今回の8人について異論を唱える人は居ないのではないか。

 

 人気の公務員ランナー、川内優輝が落選したことについては、私は当然だと思っていますが、数字が稼げますから多少騒ぎたてるマスコミもあるだろうとは思いますが、所詮は説得力に欠ける内容しか述べられないと思います。

 川内の走りには力強さが無く、安定性に欠けるのは、やはり走り込みの量が絶対的に不足しているからだと私は思っています。

 個人的には市民ランナーの一人でしかない川内が活躍するのは小気味よくて好きなんですが、それとこれとは次元の違うハナシであり、市民ランナーの星としてこれからも頑張ってくれればそれでいいんじゃないかと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

|

« 病院 | トップページ | 遅れてきた春 »

ロードレースを語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 順当:

« 病院 | トップページ | 遅れてきた春 »