« 湯島の白梅 | トップページ | 葛飾の有名人 »

2012年3月 9日 (金)

まめバス

   20120310001

 

20120310002  写真は、千葉県の野田市内を走っている時に撮った、「まめバス」という名前のコミュニティバスです。

 「まめバス」というのは、一般公募でつけられた愛称という事で、野田市は2002年に枝豆の出荷量が全国一になった事と、小回りの効く小型のバスであることがその理由だそうです。

 世にコミュニティバスの類はたくさんあると思いますが、どうですか、この愛らしい外観はかなりインパクトがあると思いませんか (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 という事で、千葉県で「豆」といえば、落花生で有名な八街市ですが、八街市でもコミュニティバスが走っていますが、市内を走っているバスはこんな感じの普通のマイクロバスで、野田市の「まめバス」から比べると普通すぎて面白味に欠けるというか・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20120310005 20120310006

20120310004 20120310007

 まぁ、幼稚園児の送迎バスとは違いますから、野田市のコミュニティバスほど目立たなくてもいいわけなんですがね(苦笑)

 

20120310003  私が住んでいる成田市でも、コミュニティバスは走っていまして、アパートのすぐそばにバス停もあるので、家内なんかは成田駅までよく利用しているみたいです。

 これが成田市のコミュニティバスですが、他の自治体のものから比べるとかなり地味に見えるかもしれません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

|

« 湯島の白梅 | トップページ | 葛飾の有名人 »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

富山市八尾町や、岐阜県海津市のコミュニティバスも、やはり普通のマイクロバスでした。
しかし、わが地元のコミュニティバスは、地元のバス会社に運営を委託しているため、小型の路線バスを用い、マグネットシール等が貼ってある(行き先表示はコミュニティバス表示ですが)程度です。

やはり、コミュニティバスとなると、マイクロバスを流用するのが一番容易いのでしょうね(^^ゞ

投稿: お茶汲み坊主 | 2012年3月 9日 (金) 07:34

 お茶汲みさん、どうもです (^_^)/

 マイクロバスは、安価ですし、維持費も普通のバスから比べればずっと安いので、自治体とかが導入するのには手軽なんだと思います。

 また、利用客もそれほど多くはないと思うので、大型のバスを走らせるまでもないという事もマイクロバスが多い理由なんじゃないでしょうか。

投稿: 夢ピ | 2012年3月 9日 (金) 14:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まめバス:

« 湯島の白梅 | トップページ | 葛飾の有名人 »