« 金環日食 | トップページ | バラ »

2012年5月23日 (水)

スカイツリーの歩み

 昨日は、東京スカイツリーの開業日ということで、一昨日の「金環日食」に続いて、マスコミの話題は「スカイツリー」一色の一日となりました。

 私も、今日はお約束というか、そんなスカイツリーの話題を取り上げてみたくて、こんな記事にしてみました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 私にも、仕事の合間に撮り溜めたスカイツリーの写真が何枚もありますので、折々の姿を順に並べてみようかなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 だんだんと背が伸びて成長していく姿がわかるように、出来るだけ同じ場所から撮った写真を並べてみました。
 多かった撮影ポイントは、仕事で走る事の多かった、言問通りの「言問橋」付近から東方向を向いて撮ったものと、浅草通りの「十間橋」付近から西方向を向いて撮ったものです。

20120523017

 

 《 2009年4月20日撮影 》

   20120523001

 これは、私が初めてスカイツリーの存在を意識した時に撮ったもので、この時にはまだ土台となる商業施設を造っている頃で、塔の姿はありませんでした。

 この時の記事が、3年前に書いた「東京スカイツリー」というものです。

 

 《 2010年1月23日撮影 》

20120523002 20120523003

 その後、その存在を忘れており、あらためてその姿を意識させられたのが、ほぼ1年近く経った、2年前の2010年1月23日に撮ったこちらの写真です。

 この頃になると、地上の足場は撤去されて、その異様な全容が確認できまして、世間でも騒がれ始めた頃です。

 この時に書いた記事が、「バベルの塔」というものでした。

 

 《 2010年4月21日撮影 》

   20120523004

 3月末、東京タワーの333mを超え、文字通り日本一の高さのタワーとなり、さらに上へ、上へと建設が進んでいる頃の写真です。

 

 《 2010年4月25日撮影 》

     20120523005

 これは、マスコミで取り上げられる機会も増え、スカイツリーを一目見ようと多くのギャラリーが集まり始めた2年前のGWに、家内を伴って見物に行った時に撮ったものです。

 この時に書いた記事が、「墨田詣で」というものでした。

 

 《 2010年7月24日撮影 》

     20120523006

 これは、東京タワーの高さを超えたところに在る、第一展望台の姿を初めて確認した時に撮ったものです。

 遠目で、しかも、視界が良くなく、あまりいい写真とは言えませんが、・・・ (^^;

 

 《 2010年8月3日撮影 》

     20120523007

 これは、千葉県内の最高峰である愛宕山の標高を越えた日に撮ったもので、タワーの高さは408m。

 この日以降は、千葉県内のどこよりも高いスカイツリーが見られるようになりました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 この時に書いた記事が、「一昨日の車窓から」というものでした。

 

 《 2010年9月14日撮影 》

20120523008 20120523009

 クレーンの数も一基増えて4基体制となり、第一展望台から上への建設が急ピッチで進んでいた頃の写真です。

 

 《 2011年2月25日撮影 》

20120523010 20120523011

 東日本大震災が起きる半月ほど前に撮ったスカイツリーの写真です。

 この頃になると、第二展望台も完成し、高さもほぼ600mとなっていて、てっぺんの最終的なアンテナを製作をしている時期でした。

 

 《 2011年7月11日撮影 》

     20120523012

 この頃になると、塔そのものは完成時の姿になっていまして、建設用のクレーンも順次撤去され、内装の工事に移っていきました。

 

 《 2011年7月20日撮影 》

     20120523013

 まだ、解体用の小型クレーンが見えますが、ほとんど今と同じような姿をしています。

 

 《 2011年12月5日撮影 》

     20120523014

 この写真は、オマケです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 江戸川区内の船堀橋の上からスカイツリーを撮ったんですが、たまたま手前の外灯の上に鳥が止まっているのが一緒に写っていまして、コレはこれでおもしろい写真だなと (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 《 2011年12月20日撮影 》

20120523015 20120523016

 クリスマスの初ライトアップに備えているのか、タワーの中に灯りが見えた時に撮った写真です。

 もう、開業を待つだけ・・・といった感じのスカイツリーでした。

 

 以上、私がスカイツリーに登るのはいつの日になるのかわかりませんが、出来るなら第一展望台か第二展望台から、都心の夜景を見てみたいなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 ほとんどの人は、明るい日中に果てしなく眼下に広がる広大な景色を見たいと思うのでしょうが、山の上と違い、都心から見える光景なんてそれほど目新しいものではないと思いますから、闇の中に広がる灯りの海の方が、はるかにキレイだろうと私は思う次第です。

|

« 金環日食 | トップページ | バラ »

写真を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スカイツリーの歩み:

« 金環日食 | トップページ | バラ »