« メーデー | トップページ | 初夏色 »

2012年5月 2日 (水)

帰省記 番外編

 先日の会津帰省ですが、道すがら、様々な思いがけないモノを目にしまして、今日はそんな「たまたま見かけたモノ」をいくつか写真に収めてきたので、ご紹介させてください (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 《 日の丸 》

     20120430021

 実家から会津若松へと向かう際、博士峠手前の小野川という部落内で、フキノトウを摘んでいる時に、田んぼ脇の水路の中に見かけた蛙です。

 

 何匹か泳いでいた中に、背中に赤い斑点を付けたカエルが一匹いまして、なんとなく日の丸を背負った水泳選手みたいに見えました (^◇^) 。。。ケラケラ

 たまたまそういう模様が現われたんでしょうけど、可愛らしかったです (*^.-^*)♪

 

 《 八重の桜 》

20120502001 20120502002

 帰り道、会津鉄道の南若松駅近くで見かけた幟旗です。

 

 場所は「光明寺」というお寺の境内なんですが、幟には「八重と会津博」と書かれていました。

 来年度のNHK大河ドラマが、会津若松市出身の新島八重を主人公にした「八重の桜」と決まったことを受けてのプレイベント企画の一環ということです。

 寺の一角には、八重の父親である山本権八の墓もありました。
 戊辰戦争の折、この地で行なわれた一ノ堰の戦いで命を落とした多くの会津兵と共に埋葬されたということで・・・

 

 《 消火栓の蓋 》

     20120502003

 同じく、光明寺の片隅で見かけた消火栓の蓋です。

 

 マンホールの蓋と同じで、こういうものは各自治体が様々な趣向を凝らして製作しており、見かけるのが楽しみで・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 《 トロッコ列車 》

   20120502004

20120502006 20120502005

 会津鉄道では、「お座トロ展望列車」という名前の臨時列車を走らせています。

 

 「お座トロ展望列車」というのは、お座敷車両+トロッコ車両+展望車両という、3種類のイベント車両を連結した特別列車です。

 栃木方面へ向かって車を走らせていた時、湯野上温泉駅付近にカメラを構えた人達が大勢集まっているのを見かけ、これはSLかなんかの特別な列車が通るのを待っているんだなと思い、急遽、国道から駅へと車を向けました。

 上の写真は、それぞれ「展望車両」「お座敷車両」「トロッコ車両」の3両がつながった「お座トロ展望列車」です。

 

 ホーム付近でカメラを構えていた人に声をかけると、トロッコ列車が走るということで、待合室の時刻表を確認すると、10分そこそこで会津若松方面へ向かうトロッコ列車がやって来る。
 これは「待ち」だなということで、ホームの近くに陣取って、列車を待って写真を撮って来ました (^_^ゞポリポリ

 満開の桜の下、それぞれの車輌の乗客達の楽しそうな顔がとても印象的でした (*^.-^*)♪

|
|

« メーデー | トップページ | 初夏色 »

写真を語る」カテゴリの記事

故郷「会津」を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/54595454

この記事へのトラックバック一覧です: 帰省記 番外編:

« メーデー | トップページ | 初夏色 »