« トレッドミル | トップページ | 初めての海 »

2012年6月30日 (土)

地井武男が逝く

 千葉県出身の俳優である地井武男氏が、昨日、心不全のために都内の病院で亡くなったと報じられた。

 

 私の場合、地井武男といえば「北の国から」で中畑木材の社長だった、中畑和夫役がすぐにアタマに思い浮かぶのですが、役者としてはそれほど上手い俳優だとは思いませんが、朴訥とした語り口調と独特の存在感で、実に味のあるバイプレーヤーだった・・・

 地井武男の演じた脇役があったからこそ、映画やドラマはよりリアリティを増したことは間違いないだろう。
 それだけ、庶民の代表というか、視聴者の身近に感じられる親しみやすいキャラだった・・・

 

 この地井武男が見せた一世一代の名演技が、ドラマスペシャル「北の国から 2002遺言」だった。

 奇しくも、このドラマのハナシが持ち上がった数ヶ月前、地井は実際に愛妻をガンで亡くしており、ドラマの中では迫真の演技で、妻をガンで亡くす悲しくてやり切れない夫を演じていた・・・

 田中邦衛演じる五郎に向かって、妻の余命が幾ばくもないことを打ち明けるシーンがありまして、見ていた私は不覚にも涙が止まらず、地井と一緒になって大泣きしたのを覚えています・・・ (^_^ゞポリポリ

 

    20120630001

 

 「北の国から」が終了して10年、最近では地井武男といえば「ちい散歩」というほど有名になったテレ朝の看板番組。

 私も家内の影響で見るようになって3年。

 

 その「ちい散歩」が、先月突然、加山雄三がメインの「若大将のゆうゆう散歩」にリニューアルしました。

 かなり違和感があったこの交代劇、背景には地井武男の体調不良があったことを昨日の訃報で知りました・・・

 

 千葉県の八日市場市出身という事で、「ちい散歩」が地元からの放送となると、知己たちを交え和気あいあいという雰囲気に自然となってしまい、地井がいかに地元民たちから愛されているかを存分に見せつけられました (*^.-^*)♪

 

 今頃は、天国で大好きなブランコに揺られている頃だろうか・・・

 ご冥福をお祈り申し上げます・・・ (-人-)

|

« トレッドミル | トップページ | 初めての海 »

マスメディア・芸能を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地井武男が逝く:

« トレッドミル | トップページ | 初めての海 »