« サヨナラ | トップページ | 会津の友人たちへ »

2012年7月15日 (日)

雨模様

 「雨模様」ということばがありまして、今は梅雨時ですから、耳にする機会も少なくないと思います。

 

   20120714001

 

 ところで、「今日の天気は雨模様です」ということばを聞いた時、皆さんの頭の中にはどんな天気のイメージが描かれるのでしょうか・・・

 「すでにシトシトと雨が降っている光景」をイメージなさるのでしょうか・・・

 それとも、「まだ降ってはいないけれど、なんとなく雨が降りそうな、どんよりとした曇り空」をイメージなさるのでしょうか・・・

 

 実は、「雨模様」の本来の意味は、後者の方でありまして、まだ雨は降っていない時点で用いられるのが「雨模様」ということばの正しい使い方という事になります。

 

 しかし、最近では「雨が降ったり止んだりしている様子」を指して「雨模様」とおっしゃる方が増えているんだそうで・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 すでに雨が降っているのなら、単に「雨」とだけ言えばいいわけですが、雨が降っているニュアンスをことばに含めたいという思いがあるからなのでしょうか、わざわざ「雨模様」と言ってしまう人が後を絶たないようで、最近の国語辞典の中には、「雨が降っている様子」と載っているものもあるようです (^^;

 

 私は、「ことばは生き物」というスタンスをとっている一人なので、誤用だからと鬼の首を取ったような指摘はしませんが、気になって仕方がないのは言うまでもありません (;^_^A アセアセ・・・

 

 ただ、かくいう私自身も、知らず知らずのうちにそういう「誤用」をしてしまっているのが現実なので、この「雨模様」ということばも、近い将来には雨が降っている様子を指して用いられるのが一般的になっていくのだろうと思います。

 良いとか悪いとか言う以前に、「ことば」は人が使うものである以上、間違った使い方であっても、多数派が市民権を得るのは時の流れというか、やむを得ないことなんだろうと思っています。

 

 「新しい」ということばも、今では「あたらしい」と読むのが普通で、「あらたしい」と読むと、間違っていると言われてしまうワケですから・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 そういう「音位転倒」を取り上げた、「新」という記事を4年前に書いたことがありますので、興味があればそちらもご一読いただければ幸いです・・・ (^_^ゞポリポリ

|

« サヨナラ | トップページ | 会津の友人たちへ »

うんちく」カテゴリの記事

コメント

 こちらもようやく梅雨入りしたような感じですね。

 まあ、年中、雨が多い地域なのですが(笑)。

投稿: ナンカイ | 2012年7月15日 (日) 15:39

 ナンカイさん、どうもです (^_^)/

 関東は、空梅雨というか、雨らしい雨はほとんどないままです。

 もしかして、このまま梅雨明けしちゃうかも(苦笑)

投稿: 夢ピ | 2012年7月15日 (日) 16:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨模様:

« サヨナラ | トップページ | 会津の友人たちへ »