« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

鼻濁音

 先日、FMで一青窈の特集が組まれまして、一時間ほど彼女の歌声に聞き惚れていました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 その中で、かつて、ちあきなおみが歌ってヒットした「喝采」のカバーがありまして、わたしもよく知っている作品ですし、ちあきなおみの歌唱力も十分に知っていますから、今時の歌手がはたしてどの程度までちあきなおみに近づけたのかなと興味津々で聴いていました。

 ところが、さすがの一青窈、オリジナルとはひと味違う一青窈ワールドで「喝采」を歌い上げていまして、わたしも脱帽だったんですが、一通り聴き終わった後で妙な違和感を感じましてね・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 最初は、耳に馴染んだ作品を他人が歌っていたので、そのせいかなとも思ったんですが、録音した一青窈の「喝采」をあらためて聴き直してみまして、なるほど、「鼻濁音」のせいだったということがわかりました (^^ゞ

 

 「鼻濁音」を文字で説明することは難しいんですが、ハッキリ「が」と言わずに、が」というニュアンスで発音したものが「鼻濁音」の「が」でして、「が行」の「が」「ぎ」「ぐ」「げ」「ご」にそれぞれ存在します。

 東北人の私は、当たり前のように「鼻濁音」を発音していますが、主に西日本の、中国地方や四国・九州辺りでは「鼻濁音」を使わない地域も多いそうで、昔から「鼻濁音」を使わない会話には違和感を感じていました。

 

 こんなコトを書き並べるよりも、百聞は一見にしかず、まずは、ちあきなおみ一青窈の「喝采」を聴き比べてみてください ( ^-^)/ ♪

 2番の部分をそれぞれ歌詞と共に切り取って動画にしてみましたので、「が」「ぎ」「ぐ」「げ」「ご」の部分に注意して聴いていただければと・・・

 

 

 お聞きになっておわかりのように、ちあきなおみはキッチリと「鼻濁音」を発音していますが、一青窈は「鼻濁音」は一切使わずに歌っています。

 

 良いとか悪いとかいう前に、「鼻濁音」を使わないと、聴き手にはきついニュアンスで聞こえてしまいます。
 場合によっては、乱暴で下品な感じに聞こえてしまうこともありますから、少なくてもアナウンサーとか歌手などのように、ことばを伝えることを生業としている人であるならば、「鼻濁音」の習得は必須だと私なんかは思うんですが、これも時代の流れとでもいうんでしょうかねぇ、最近のお若い人たちの間では「鼻濁音」もどんどん消えていってるようです・・・ (ノ_-;)ハア…

 「鼻濁音」だって、日本の文化の一つだと私は考えているので、それが無くなってしまうのは大きな損失ではないかとさえ思っている私がいます・・・ (__;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月30日 (木)

九十九里浜

 千葉県の太平洋岸に、60km以上も続く長い長い海岸線があり、「九十九里浜」と呼ばれているのは周知の事実です。

 おそらく、皆さん方も一度くらいはその名前を見聞きした記憶があるのではないでしょうか・・・

 

 

 この九十九里浜には、「九十九里町」という、そのものズバリの名前を持つ自治体もあるのですが、今日ご紹介したいのは、その隣町となる「大網白里町」の方です (^_^ゞポリポリ

 「大網白里町」といえば、最近では「なでしこジャパン」の新キャプテン、宮間あやの出身地としてスポットが当たり、多少は知られるようになったようですが、それでも全国的には無名といってもいいくらい、地味で目立たない存在です (;^_^A アセアセ・・・

 

20120827001

 

 この「大網白里町」ですが、1954年(昭和29年)に、大網町白里町、それに増穂村が合併してできたものです。

 ご覧のように、東西に細長く伸びた町は、海岸線の方から九十九里浜に代表される「白里地区」、広大な田園地帯が広がる「増穂地区」、丘陵と山地からなる「大網地区」の三つに分けられるわけですが、「白里地区」「白里」という地名はどういう理由から付けられたのか・・・

 

 先日、ラジオでそのあたりの事について語っているのをチョッと聞きかじったんですが、なるほどなぁと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 勘のいい方なら、「はは~ン」と気がつくのかもしれませんが、情けないかな、私はこのハナシを聞くまでそういう事だったとはつゆほども気がつきませんで・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 「九十九里」ですから、「百里」には一里足りないワケなんですが、この、「百」から「一」を取ると「白」という字になります。

 ちょうど、数え年で99才の祝いを「白寿」というのと同じで、「九十九里」という地名を「白里」という漢字で表わしていることになり、誰が考えたのか知りませんが、イキな命名じゃありませんか(苦笑)

 

 

 そういえば、20年ほど前に、「想い出の九十九里浜」ナンて歌がスマッシュヒットした事があり、それなりに九十九里浜をアピールしてくれたことがありました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 下が、その「想い出の九十九里浜」の動画で、いわゆる企画モノの一種だと思うんですが、それなりに楽しめる作品だとは思います(苦笑)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月29日 (水)

海ほたる

20120828001

 

 東京湾には、神奈川県の川崎市と千葉県の木更津市とを結ぶ、「東京湾アクアライン」という高速道路が造られており、開通から間もなく15年を迎えようとしています。

 

 この「東京湾アクアライン」ですが、川崎側からの9.6kmが「アクアトンネル」と呼ばれるトンネルで、木更津側からの4.4kmが「アクアブリッジ」と呼ばれる橋になっており、その境には人工島である「海ほたる」と呼ばれるPAが設けられています。

 なぜこんな中途半端な構造になっているのかというと、様々な理由があるようですが、ぶっちゃけて言えば、トンネル工事を得意とするゼネコンと、橋梁工事を得意とするゼネコンの両者に配慮したからというのがもっぱらのウワサで、私もこのウワサを信じています(笑い)

 まぁ、ウワサの真偽はともかくとして、全ての区間を「橋」で造ると、大型の船が通れないという事態が生じ、そうかといって大型船が下を通れるほど橋を高く造ると、羽田空港を離発着する航空機の障害になりかねないということです。
 また、全区間を「トンネル」で造ると、莫大な工事費がかかるということで、船舶の航行が多い川崎側はトンネルにして、木更津側は比較的工事費が安価に造れる橋にしようという、妥協案というか、折衷案というか、そういうハナシでまとまるのも、ある意味日本的な決着の仕方なのかなと・・・(苦笑)

 

20120828003 20120828004

 

 ところで、「アクアトンネル」「アクアブリッジ」との連結部分に設けられている「海ほたる」ですが、人工島とはいえ、そこは「島」ですから、れっきとした「住所」があるわけですが、さて、その住所はとなると、近隣の自治体である「東京都」「神奈川県」「千葉県」の、いずれかに属するわけですが、さて、それはどこか・・・というのが今日の記事の趣旨です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 考え方としては、以下の三つが代表的なモノだと思います。

 

 1:海岸線で一番近いのは千葉県の木更津市なので、
   「千葉県」

 

 2:トンネルとはいえ、神奈川県の川崎市とは陸続きに
   なっているので、「神奈川県」

 

 3:東京湾の中に在る島ですから、伊豆諸島の大島や小笠原
   諸島の島々が東京都に属するのと一緒で、「東京都」

 

 

 さて、あなたなら、上の三つのうち、どの説に一票を投じますか?

 

 下の答えをご覧になる前に、
皆さんもチョッとだけ考えてみませんか ( ^-^)/ ♪

 

 

 

 

 答えは、「クリック」なんですが、皆さんの答えはいかがでしたか?(笑い)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

お熱いのがお好き

 昔、マリリン・モンロー主演の「お熱いのがお好き」という映画がありましたが、今日の記事は、映画とは全く関係ありません (^_^ゞポリポリ

 

 間もなく8月も終わろうとしているのに、相変わらず猛暑が続いていまして、辟易している方も多いんだろうと思います。

 しかし、私は暑さはそれほど苦にはなりませんで、湿度さえ高くなければいくら暑くても大丈夫です (^^)v

 その代わり、寒いのはからきしダメですが・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 そんな私の好みは、「熱い飲み物」でして、毎朝コーヒーメーカーで煎れたコーヒーを飲み、残りはポットに入れて仕事に持って出かけるほどの念の入れようです。
 もちろん、時にはコンビニや自販機で冷たい飲み物を買って飲むことも無いわけではありませんが、基本的に真夏でもホットな飲み物を好んで飲むのが私流という事になります。

 コーヒーは「アイス」は絶対に飲みませんで、必ず「ホット」を飲みます。

 

 自宅では、「熱い日本茶」を飲むのが好きで、一日に何杯も何杯も飲んでいます。

 

 晩酌も、ギンギンに冷えた発泡酒など論外で、ほどほどに冷やされたモノを飲むのが常です。
 一気に飲み干すようなことはあまりしないので、飲んでいるうちにグラスの発泡酒が温まってきても、別に気にはなりませんし、ビールや発泡酒はある程度ぬるい方がチャンと味がするので私は好きですねぇ (^◇^) 。。。ケラケラ

 よく、「冷えたビールほど美味しい」とかおっしゃる方がいますが、アレは単なる勘違いだと思いますねぇ(笑い)
 冷えたビールは「美味しい」のではなく、「気持ちいい」だけだと私は思います (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 まして、「ビールは喉ごし」とかおっしゃるに至っては、なにをか言わんやでありまして、味を感じるのは「舌」であって、断じて「喉」なんかではありませんって (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 発泡酒の後は、「ホットウィスキー」を飲み続けます。
 私は、夏でも晩酌の主役はホットウィスキーです (*^.-^*)♪

 

 かように、常に熱いのが好きな私なんですが、何か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月27日 (月)

軽トラ市

 昨日、仕事で銚子市内を走ったんですが、いつもの通りがバリケードで封鎖されていて、ナニやら歩行者天国のような雰囲気で・・・ (^_^;

 

20120826001 20120826012

 

 これは、何かやっているなということで、帰りしなにチョッと様子を伺ってきました。
 なにしろ、私は筋金入りの野次馬ですから (^◇^) 。。。ケラケラ

 そうしたところ、毎月第4日曜日に「銚子銀座通りココロード」で開催されている『門前・軽トラ市』が行なわれているということで・・・

 

20120826002 20120826007

20120826005 20120826003

20120826006 20120826004

 

 せっかくですから、一通り歩いて見て回っていたんですが、そのうちに10時半からフラダンスを舞うイベントが開催されるというアナウンスが流れ、時計を見るとほどなく10時半になるということで、せっかくですから見物していくことにしました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 なにしろ、好奇心旺盛な野次馬ですから(爆笑)

 

 下は、昨日会場で撮ってきた写真と動画です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 市民の手による、手作りのイベントですが、なかなかに楽しめましたよ o(*^▽^*)o~♪

 

20120826010 20120826011

20120826008 20120826009

 

 

 

 こちらは、指導者とおぼしき女性のフラです。

 さすがに生徒たちというか、一般市民のフラガール達とはひと味もふた味も違う、踊りと表現力でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月26日 (日)

朝稽古

 先の記事でもご紹介しましたが、出羽海部屋の力士たちが今月の6日から、千葉県の東庄町で夏合宿を行なっています。

 

 こんなチャンスを、みすみす逃す手は無いなというコトで、12日の日曜日に朝稽古の様子を見物に行って来ました。
 あくまでも興味本位の「見物」であって、何らかの目的を持った「見学」などの類ではありません、念のため・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 力士たちの朝稽古は、6時頃から行なわれるのが一般的ですから、私も4時には起き出し、早々に身支度を整えると、愛車で合宿先の諏訪神社に向かいました。

 

20120824001 20120824002

   20120824010

 境内着は5時半過ぎ・・・

 当日は出羽海部屋のファン感謝デーにもなっていましたから、土俵の周りにはすでにこんな感じの準備が整えられており、ギャラリーも徐々に徐々に集まってきていました。

 私は、正面側の観客席の端に三脚を立て、コンパクトデジカメをセットして朝稽古が始まるのを待ちました (^^)v

 

20120824003 20120824004 20120824005

 写真は、稽古に先がけて行なわれた準備運動の様子で、四股を踏んでいるところです。

 

20120824007 20120824008 20120824009

 土俵の廻りを、タイヤを引いて回る力士もいました。

 

   20120824006

  親方たちも力士の稽古を見守ります。

 左側が、出羽海親方で、右側の白いシャツ姿が田子ノ浦親方です。

 

 

 下は、当日に録ってきた朝稽古の動画です。

 興味のない方には退屈なだけのモノかもしれませんが、よかったらご覧ください ( ^-^)/ ♪

 

 主に、土俵下での準備運動を納めてみました。

 

 主に、土俵の上で繰り返されたすり足と、ぶつかり稽古を納めてみました。

 

 主に、三番稽古と土俵の周りで行なわれていた稽古の様子を納めてみました。

 

 主に、ヒートアップしてきた三番稽古と、それに続くぶつかり稽古の様子を納めてみました。

 

 

 いやぁ、大相撲の・・・というよりも、力士たちの稽古を生で見たのは初めてですが、いいモノを見たというのが正直な感想でした。

 すごく得した気分です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

稲刈り 12

 昨日、千葉県の九十九里浜の北端に位置する、旭市内で仕事をしていたんですが、思いがけず、稲刈りをしている光景を何度か目にしました・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 さすがに関東といえども、この時期に稲刈りというコトになりますと、「早稲」を対象にした品種ということになりますが、それでも十分にインパクトのある光景でした(苦笑)

 

 下は、コンバインを運転するオジサンに声をかけ、了承をいただいて撮ってきた写真です (^^)v

 

20120825001 20120825002

 気さくなオジサンで、「もう、稲刈りをしてるんですか~」と声をかけると、笑って応えてくれました。

 

20120825003 20120825004 20120825005

 オジサンが刈るコンバインの後を、たくさんの白鷺がついて回るのが可笑しかったです (^◇^) 。。。ケラケラ

 

20120825006 20120825007

 

 ご覧のように、一般の稲と早稲とでは、この時期はまだ若干の成長の違いが見られ、早稲は黄金色になっているのに対し、一般の稲はまだ青みがかっています。

 

 来月に入れば、徐々に一般の稲でも稲刈りが行なわれるわけですが、一歩先んじて田んぼにコンバインが入って動いている光景は、夏真っ盛りの容赦なく照りつける日射しの下、眩しいくらいに輝いていましたねぇ・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月24日 (金)

ジョギング

 先日、仕事で九十九里方面を走っていた時のこと、道路脇の歩道をジョギングしているお年寄りに遭遇しました。

 

 ジョギングといっても、普通に歩いているのとそう変らない程度の速度で、ゆっくり、ゆったりと足を運んでいましたが、本人は間違いなくジョギングをしている様子でした (^^;

 チョッと気になったので、追い越してから左脇に車を停め、デジカメを取り出してその様子を写真と動画に納めてきました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 やがてゆ~っくりと近づいて来まして、道路脇に停まっている私の車をチラッと見て、自分にカメラが向けられているのを知り、照れ臭そうに笑った顔が印象的でした (;^_^A アセアセ・・・

 

 下が、その時に撮った写真と動画です(苦笑)

 

20120820012_2 20120820014_2

 

 

 

 ジョギングは、アメリカのジム・フィックスが1970年代に提唱し、全米にジョギング健康ブームを巻き起こしました。

 この流れは当然のように我が国にも飛び火しまして、いたるところでジョギングをする人の姿が見られましたが、1984年に提唱者であるジム・フィックス本人が、ジョギング中に心筋梗塞を起こして突然死すると、ブームはイッキに下火となりました。

 

 現在では、ジョギングよりも、むしろウォーキングの方が身体への負担も少なく、健康にもいいという説も現われ、相変わらずジョギング愛好者がいる一方で、お年寄りなどを中心にしてウォーキングを実戦している方も増えてきました。

 

 翻って、私が見かけたこのお年寄りですが、足取りからしても、ジョギングはよりはウォーキングの方がいいんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょうね、いつもこの道を走っていらっしゃるんでしょうか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 個人的には、「ジョギング」というよりは、「ショッキング」というタイトルの方が相応しかったかなと思っている私がいます(苦笑)

 いわゆる、「ショッキング」な「ジョギング」・・・ ですかね(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

営業再開

 今日から、ボチボチと営業を始めさせていただこうと思います・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 この一週間、休暇どころか、思わぬハプニングが起き、私の人生も左右しかねないほどめまぐるしい一週間になりました (;^_^A アセアセ・・・

 

 コトの起こりは先月、90才に手が届きそうな父が、体調を崩しているようだという電話から始まります・・・

 なんでも、食欲が無いとのことで、ずっと伏せっているらしいと、埼玉に住む妹から電話がありました。
 トシもトシですし、この暑さですから、夏バテでもしたかなという事で、妹が様子を見がてら、数日間ほど泊まってきたのが先月の下旬のことです。

 

 その時の報告では、相変わらず食は細いけれど、月末に行なわれた地元の祭りでは、持ち回りの役員もこなし、美味しそうにお酒も飲んでいたということで、私も安心していたのですが・・・ (^^;

 

 しかし、今月に入ってからもほとんど食事をしていないという事で、体力もなく、ずっと寝たままという母のハナシを聞き、妹から「心配だから様子を見に行きたいので、お兄ちゃんの車に乗せて実家に連れて行って欲しい」という電話が入ったのが先週の月曜日の夜のことでした・・・

 そうはいっても、自営業の悲しさで、有給休暇などありませんから、仕事を休むというコトは、即収入が無くなるというコトで、ずっと売上げが少なくて、青息吐息で細々と営業を続けている身としては、今年のお盆も帰省はしないで仕事をしようと考えていたので、あまり気は乗らなかったのですが、15日以降の仕事の予定は入っていなかったものですから、わかったという事で、1516日と、一泊二日の強行軍で帰省を決めたのが13日の夜のことです。

 

 14日は、茅ヶ崎への仕事が入っていましたから、普通に仕事を行ない、15日の早朝に埼玉まで妹を迎えに行き、そのまま会津の実家へと向かいました・・・

 

 会津へ向かう車内では、久しぶりに妹と顔を合わせたと言うこともあり、ずっと談笑をしていたんですが、いざ実家に着いてみると、親戚が大勢集まっていまして、ナニやら雰囲気がおかしい・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 で、挨拶も早々に、親父の顔を見に枕元に赴くと、ぼんやりと目を開けて辛そうに会話をしてくる始末・・・

 親戚たちの心配の声もあって、早々に救急車を呼んで隣町の病院まで連れて行ってもらう事になりました・・・ (^^;
 とりあえず、付き添いは妹というコトで・・・

 

 その妹から、切羽詰まった声で、緊急手術を行なうことになったから急いで母を連れて病院に来て欲しいという電話が入ったのがお昼過ぎ。

 慌てて母と共に病院に駆けつけ、成り行きを見守り、手術が終わったのが夕方のことです。

 まぁ、手術そのものはうまくいったという事なんですが、いかんせん、半月以上も食事らしい食事をしていないという事もあり、体力が無いというコトで、手術そのものも体力が持つか不安視されたんですが、さし当たってはここ2~3日がヤマでしょうとまで言われてしまいました・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 そう言われてしまっては、予定通りに翌日の16日に成田に帰るわけにも行かず、しばらく様子を見ようというコトで、とりあえず妹と共に実家に泊まる事になったと、成田に残してきた家内に伝えると共に、土曜日の早朝の仕事もクライアントにキャンセルを入れました (^_^ゞポリポリ

 

 翌16日から、連日隣町の病院まで母と妹と三人で通い、この先どうなるかわからないので、とりあえず私だけ成田に戻ってきたのが土曜日のことです・・・

 

 その後も妹が実家に残り、父の様子を毎日伝えてくれています。

 まぁ、十日もすれば退院できるだろうという先生のことばを伝えてくれたのが一昨日のことですから、なんとか今月中には退院できそうな見込みです (^^)v

 

 正直、私くらいの年齢になりますと、同級生たちは、私が知っている限りでは片親が亡くなっている人ばかりで、中には両親ともに亡くなっている人も少なくありませんから、私のように両親揃って健在というのは、有り難いと言う以外にことばも無いんですが、それでもさすがに今回は覚悟を迫られた一週間でした (^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

夏期休業のお知らせ

2011xxx_2

 

 

 昨年も同様の看板を上げさせていただきましたが、今年も、今日から一週間程度の間、ブログの更新を休ませていただきます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 今さらながらの、お盆休みとでも申しますか・・・(苦笑)

 敢えて理由は述べませんが、チョッと、プライベートな理由で更新の時間が取れなくなりました。

 

 とか申しましても、別に、夫婦喧嘩をしたとかいうわけではありませんが、少しの間、更新は滞ります (^^ゞ

 再開は、来週の半ば頃になる予定です ( ^-^)/ ♪

 毎日、のれんをくぐっていただいている皆様には、まことに申し訳ありませんが、どうぞご理解くださいませ・・・ m(_ _)m

 

 まだまだ暑い日が続いておりますが、皆さま方におかれましても、お身体をご自愛くださいませ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

来客

 昨日、横浜からネッ友さんが我が家に遊びに来てくれました (*^.-^*)♪

 

 ニフティ時代からよくオフ会でお会いしていた女性で、どちらかといえば、私よりも家内の方がよく知っている方です(笑い)

 今回のプライベートオフも、家内がセッティングしたようで、今度の月曜日に「○○が泊まりに来るよ」と告げられました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 彼女と会うのは、4年ぶりくらいになるでしょうか。
 その時にも、結婚する前の家内と三人で、上野近くの居酒屋で飲んだんですが、その時と今とでは、外見はずいぶん変っていますから、開口一番「小さくなったんじゃない」とか言われてしまいました (^◇^) 。。。ケラケラ
 そりゃそうですよね、あの頃から比べれば、10kg近く体重も減っていますし・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 昼過ぎに、家内とJR成田駅まで迎えに行きまして、昼下がりから三人で酒宴となりました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 三人とも、お互いに気心の知れた同士ですから、無礼講というのか、ナンというのか、実に遠慮ない会話を交わしつつ、お酒の酔いも手伝って、昨夜は早々に眠りにつきました・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 やっぱり、持つべきものは友人ですねぇ o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

入賞

 昨夜行なわれた、ロンドン五輪の男子マラソンですが、安川電機所属の中本健太郎が、メダルには届かなかったものの、5位入賞を果たしてくれました ヽ(^◇^*)/

 

 個人的には、藤原新を応援していたのですが、残念ながら日本代表3人の中で一番成績の悪い45位でした (^_^;

 それでも、例えば柔道とか、例えばサッカーとか、女子の活躍が目立った今回のロンドン五輪ですが、最後の最後に男子の面目を保ってくれたのは有り難かったなと (o^∇^o)ノ

 

 このところ、男子長距離界は女子に大きく遅れをとっていまして、いつもメダルを獲るのは女子であり、男子は「参加することに意義がある」状態が続いていました・・・ (__;)

 三人とも、テレビの画面にはほとんど映らないような、そんな地味な走りではありましたが、そんな中、中本は徐々に、徐々にと順位を上げ、最後は4位も手の届くところまで挽回してくれました (*^.-^*)♪

 

 レース後のインタビューでも言っていましたが、自分のやって来たことは間違ってはいなかったと・・・

 それを裏付けるような昨夜のレース。

 終始、後方から前を窺う位置につけ、落ちてきた選手を一人、また一人と交わしていき、気がついたら5番目あたりを走っていた中本・・・ (^^;
 それも、周囲に惑わされることなく、しっかりと自分自身を信じてマイペースで走り抜いたからこその結果だったのではなかったかと私は思っています。

 

 正直、中本の入賞も意外なら、山本の40位と藤原45位というのも意外でした (;^_^A アセアセ・・・

 私は、3人とも十番台辺りの順位でフィニッシュするだろうと思っていたので、中本の場合は予想外の健闘が、山本と藤原の場合は想像以上の不振が、それぞれ意外だったなと・・・

 

 でも、私のヒイキの飛松クンが所属している安川電機のランナーが、世界の檜舞台でしっかりとアピールしてくれたのは嬉しかったですね o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

トムエンタープライズ

 「トムエンタープライズ」という会社がありまして、私も仕事で納品に伺うことが少なくないんですが、最初、「トムエンタープライズ」と伝票に書かれた名前を見てもピンと来なかったんですが、ナンのことはない、カー用品などを扱っている「イエローハット」の事だとわかります。

 

 私は最初、「イエローハット」を経営している親会社が「トムエンタープライズ」で、「イエローハット」はカー用品などを扱っている部門のブランド名なのかなと思っていたんですが、どうもそうではなく、千葉県内でチェーン展開をしている「イエローハット」の店の一部が、「トムエンタープライズ」という会社によって経営されているらしいということがわかります (^^;

 いわゆる、「イエローハット」という名前を使ったフランチャイズ店というコトなのかなと・・・ (^^ゞ

 

 ちなみに、千葉県内で「トムエンタープライズ」が経営している「イエローハット」は9店舗ありまして、以下の通りです。

 

   20120805001

 

 この中で、距離的に一番近いのは「成田店」ということになりますが、個人的に馴染みが深いのは、仕事でよく納品に行っている「銚子三崎店」です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 《 成田店 》

20120805002

 

 

 《 銚子三崎店 》

   20120805003

 

 そうはいいましても、「イエローハット」で買い物をすることは、正直少なくて、カー用品を購入しようと思う時は、たいていはホームセンターで済ましてしまうことが多いんですが、馴染みのカーショップも成田に一軒ありまして、オイル交換やカーナビ等の購入は、必ずそこで行なうようにしています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 なぜならば、この仕事を始めた時からの付き合いですから、馴染みということもあっていろいろと融通を利かせていただいているからでして、「寄らば大樹の陰」というよりも、私の場合は「遠い親戚より近くの他人」を地でいっています (^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月11日 (土)

安全靴

 私は、普段から仕事では「安全靴」と呼ばれる靴を履いています。

 別に、運送屋ですから、普通の靴でもなんら差し支えはないわけですが、そこは私のこだわりというか、荷物を扱う仕事であるだけに、万が一という事を考え、つま先に保護材の入った安全靴を履くようにしているわけです (^_^ゞポリポリ

 

 この保護材ですが、一般的には金属の芯が入っていまして、私もこれまでは金属製の安全靴を履いていました。

 ただ、正直言って、金属製だと重くてね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 前々から、多少強度に難があっても、プラスチック製の安全靴にしようかなと考えていました。

 

 冒頭でも述べたように、運転がメインの仕事ですから、別に足下に気を使うような必要は無いはずで、極端なことを言えば、荷物の積み卸しの際に靴を履いていさえすれば、運転中はサンダルでも構わないわけで、実際にサンダルで運転している運ちゃんも少なくないはずです。

 かつては、土足厳禁にした上で、運転席内はスリッパに履き替えるトラック野郎まで存在していたと聞いています (;^_^A アセアセ・・・

 それでも、私はこの仕事を始めた初期の頃から、仕事の際には安全靴を履くようにして今日に至ります。

 

20120811001_2  先日のことですが、もう、何足目かの安全靴が、かなりしょっぱくなってきたので、そろそろ新しい靴に履き替えようかと思い、ホームセンターで購入してきたのが写真の安全靴です。

 かねてより思っていたように、今回は強化プラスチック製の芯が入った安全靴を試しにと思って初めて購入してみました。

 

 感想ですが、やはり断然軽くてイイ感じです o(*^▽^*)o~♪

 

 そもそも、安全靴とかヘルメットとかを身に付けていないと入場を断わられるような厳格な仕事先は、そう多くはありませんから、普段が楽ちんであればそれに越したことはないわけで・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 で、新しく買ったこの安全靴を履いて仕事に出かけた日の出来事です・・・ (^^;

 

 新品の靴ですから、いつもよりも意気揚々と仕事先に向かったわけですが、ナニやら左足の具合がヘンだ・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 最初のうちこそ、足も心も軽かったワケですが、そのうちにだんだんとつま先が痛く感じて、こりゃ、馴染んでいない新品の靴をいきなり履いたりして失敗したかなと思ったものの、すでに仕事は始まっていますから、今さら靴を履き替えに帰るわけにもいかず、その日はあきらめてガマンしようと考えていました。

 

 ところが、つま先の痛みはだんだんと増してきまして、そのウチに、もう、ガマンできないくらいの痛みになってきまして・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 やっぱり、安物だから芯の成形もいい加減で、それでつま先が痛いんだろうと考えていたものの、この痛みは普通じゃないぞという事で、チョッと靴を脱いでつま先の辺りがどうなっているのか見てみるコトにしました・・・ (^_^ゞポリポリ

 そうしたところ、つま先の部分にナニやら「白いモノ」が見えまして・・・ (^_^;

 ナンだ、コレ・・・ (?。?)

 

 ・・・と思って手を突っ込んで引っ張り出して見たところ、紙を丸めた「詰め物」が出てきました・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 つまるところ、靴の中に入っていた「詰め物」を取るのを忘れたために、つま先が窮屈で、それがためにつま先が痛かったんだなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 わかってしまえばナンてことはない、タダのポカなんですが、それが可笑しくてね・・・ (^◇^)

 で、直ぐに家内に電話して、かくかくしかじかとその時の状況を話したところ、もしかして詰め物とか入ってた?ナンて言い当てられてしまいましてね ヾ(;´▽`A``

 さすがに我が妻、侮れないなと (_ _)ノ彡☆ギャハハ!!! バンバン!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月10日 (金)

祝!銀メダル!!!

 今朝、なでしこと米国との決勝戦を観ました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 結果は、善戦及ばずに米国に1-2で屈し、日本は銀メダルを獲得しました ヽ(^◇^*)/

 

 開始早々、見事なゴールを決められてしまい、アメリカの強さをまざまざと見せられてしまうと、一時はやっぱり勝てないのかなぁと思ってしまったんですが、その後は日本も再三アメリカのゴールを脅かし、がっぷり四つの展開で前半終了 ヽ(^o^)尸

 さすがにW杯優勝はダテではない事を、なでしこの面々はしっかりと証明してくれました (*^.-^*)♪

 

 ところが、後半も早々に失点してしまい、ビハインドは2点に・・・ (__;)ガクッ

 

 それでも、決して諦めないのが「なでしこ」

 ひたむきに走り、ひたすらにボールを追い続ける、なでしこの選手たち・・・

 

 その努力が実り、1点は返したんですが、どうしてもあと1点が届かない・・・ (__;)

 結局、そのままタイムアップとなってしまったんですが、早起きして観戦しただけの価値ある試合でしたよ o(*^▽^*)o~♪

 

 先日行なわれた、男子サッカーの準決勝とは違い、彼女たちのひたむきにボールを追う姿、勝利に固執する姿勢は、男子も大いに見習うべきだと私は思います。

 確かに、決められた日程内で消化しなければならないスケジュールは、精神的にも肉体的にもキツイのは十分にわかりますが、参加チームは全て同じ条件で戦っているわけですから、疲労があるとか、モチベーションが保てないとか、そういう泣き言を言っている場合では無いはずで、そういう条件の下でもなでしこの選手たちは、これほどまでに素晴らしい成績を収めたわけですよ。

 

 明日のこの時間には、男子の3位決定戦の結果が出ているわけですが、私はおそらく韓国には勝てないだろうと思っています。

 

 もちろん、男子の3位決定戦も観るつもりではいますし、心の底から日本代表を応援してはいますが、あの最低のメキシコ戦を見せられてしまうと、もう、彼等の中にメダルを獲ろうという気持ちが残っているのか、疑問に思えてしょうがないんですよね (;^_^A アセアセ・・・

 準決勝で、すでに燃え尽きたかのような覇気のないプレーを見せられてしまうと、もう、張り詰めていたモチベーションの糸はプッツリと切れてしまっているんじゃないかと思えてならないからです。

 それに対して、韓国選手のモチベーションはいやが上にも高まる一方だろうと思います。

 もともと日本に対しては敵対心むき出しで挑んでくるのが韓国勢ですから、日本に負けて手ぶらで帰国できるかと誰もが思っているんじゃないでしょうか。
 また、メダルを獲れば兵役免除という特典もあるそうで、そういう諸々を凌駕するプレーがはたして日本にできるのかどうか・・・

 

 いずれにしても、明日は明日で楽しみですわ(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

小また

 「小またの切れあがった」という言い回しがありまして、女性を評するのに「小またの切れあがったいい女」みたいなことばを耳にした経験はありませんでしょうか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 ところで、この場合の「小また」とは、いったい身体のどこの部位を指しているのか、ご存じでしょうか?

 

 先日、ラジオを聴いていた時のこと、年配の男性アナウンサーと、お若い女性アナウンサーとのやり取りがおもしろかったので、今日はチョッとそんな話題で・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 「ところでさぁ、『小またの切れあがった』という時の『小また』って、どこのことだか知ってる?

 「さぁ・・・ (^^;
  ビキニラインのことですか?」

 「バカだな、そんなトコじゃないよ (^◇^;) 」

 「着物を着て、草履を履いた足があるとするだろ。」
 「そうすると、歩く度に裾から白い足がチラチラと見え隠れするわけだよ。」
 「その、足首からふくらはぎ辺りにかけて、スラッとした女性が、『小またの切れあがったいい女』というんだよ。」

 「へぇ~、初めて知りました」

 

 正確に覚えているわけではありませんが、以上が大まかなその時の会話です。

 

 私も、「小またの切れあがった」という表現を耳にした事は何度もありますが、「小また」が身体のどの部分かなんて考えたことは一度も無くてね、なんとなく「足全体」というか、もっと具体的に申し上げるなら、「ふくらはぎから太もも辺りにかけて」の事をいっているのかなぁなんておぼろげにイメージしていました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 しかし、この年配男性アナのおっしゃったことも、もっともだなと思ったので、あらためてチョッと調べてみました(苦笑)

 先に申し上げてしまうなら、「小またの切れあがった」という時の「小また」とは、具体的な身体の部位を指していることばではないというのがわかりました(笑い)

 人によって様々な解釈があるようで、中にはバカバカしい説もあったりしますが、どれが正解とかいうようなモノでもないらしく、自分なりにコレと思う説を信じればいいと思います。

 個人的には、先の男性アナが言っていた、「足首からふくらはぎ辺りにかけて」というのに一票かなと・・・ (^_^ゞポリポリ

 

20120715001  大相撲大好き人間の私なんかですと、「小また」と聞くと、すぐにアタマに浮かぶのが「小股すくい」という決まり手です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 この場合の「小股」というのも、特に足のどの部分を指しているというワケではなく、「足そのもの」を指しているわけで、技をかけている力士がつかんでいる場所も、「足首」だったり、「ふくらはぎ」だったり、「太もも」だったりするわけですが、要は、相手の「足」を下から持ち上げて倒せば「小股すくい」という決まり手になるわけです (^^)v

 

 また、「大股で歩く」という言い回しもありまして、この場合の「大股」も、身体の部位を指しているわけではなく、歩幅が広いことを指して「大股」といっているわけで、「小股で歩く」という表現はあまり使わないとは思いますが、そういう場合の「小股」も足のことを指しているわけではなく、歩幅のことをいっているわけです。

 

 かように、「小また」という言い回しは、特に身体のどの部分を指しているというワケではなく、「足全体を指した漠然としたモノ」というのがもしかしたら正しいのかもしれません (;^_^A アセアセ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

寝不足

 昨日の深夜、午前1時から女子サッカーのフランス戦を観戦しまして、寝不足になってしまいました・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 しかし、さすがに準決勝、スゴイ戦いになりました・・・

 結果は、皆さんもご存じの通り、2-1で日本が勝って、銀以上のメダルが確定したんですが、後半は終始フランスの猛攻が続き、特にPKを取られた時には、さすがにもうダメかなとも思いました。

 ただ、フランスのミスに救われたというか、日本の先制点も相手GKのファンブルを押し込んだだけですし、PKも狙いすぎてまさかの失敗と、日本には大きなツキがあったのは確かですが、「運」も実力のウチとはよく言われることばです (^_^)V。

 

 そして、昨夜・・・というか、今朝というか、やはり午前1時から男子サッカーの準決勝となるメキシコ戦を夜中に起き出して観ました(笑い)

 さすがに昨日は眠くてね、仕事から帰って来て晩酌を済ませると、21時にはバタン、グ~でした (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 そして、深夜の1時前に起き出して、家内と共にサッカー観戦です (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 個人的には、やはりサッカーといえば男子でして、どんなに感動的な試合を行ない、素晴らしい結果を残したとしても、女子のサッカーは
「ツマ」でしかありませんで、食事に喩えれば「前菜」の域を出ることはありません (^^ゞ

 そして、今朝というのか、昨夜というのか、いよいよ「メインディッシュ」となる男子の準決勝が行なわれました・・・ ヽ(^o^)尸

 

 序盤は一方的なメキシコペースでして、日本はなかなかボールにも触れずに押し込まれるような展開でして、やばいなぁと思っていた矢先、大津の意外なミドル弾で先制! ヽ(^◇^*)/

 その後は日本も善戦してくれていたんですが、右のCKから同点に追いつかれ、そのまま1-1で折り返します。

 

 後半も、流れを引き寄せるまでには至らず、そうこうしているうちに、ミスからメキシコに追加点を許してしまいます・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 結局、最後まで「日本らしいサッカー」も「勝ちにこだわる執念」も見られず、最後の最後にダメ押しの3点目を叩き込まれてジ・エンドとなりました q(`o')ブー!!

 

 なんか、私の目には、メキシコの選手たちのプレーの方が、いつもの日本のチームみたいに見えましたよ (^◇^) 。。。ケラケラ

 負けたからいうワケではありませんが、日本のチームに対しては、非常にフラストレーションの溜まる、つまらない内容だったなと言わざるを得ないなと q(`o')ブー!!

 少なくても、夜中に起き出して観るほどの、価値のある試合ではありませんでした・・・

 これで、3位決定戦に回ることになってしまったワケですが、今回のメキシコ戦のようなサッカーをしていたんでは、銅メダルなんて夢のまた夢でしょうな (__;)

 

 ああ・・・

 精神的なダメージと、寝不足で、今日の仕事もきつそうだな(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

笹川夏合宿

20120807001

 

 先月の末に、「相撲がある町」という記事の中で、千葉県の北東部に位置する「東庄町」で、大相撲の出羽海部屋が、毎年「夏合宿」を行なっているという事を書きました。

 いよいよ昨日から、その「笹川夏合宿」が始まりまして、ちょうど仕事の途中で東庄町の合宿場所となっている諏訪神社の前を通る機会を得まして、せっかくですからチョッとだけ寄り道して合宿の様子を覗いてきました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20120807007 20120807006

   20120807003_2

 神社の境内の前の通りには、ご覧のような横断幕と幟が5本立てられていまして、夏合宿をアピールしていました。
 この幟も、先日までは3本でしたから、奥の「出羽海部屋」
「普天王関」の2本が新しく立てられたようです。

 土俵の上にも、歓迎 出羽海部屋笹川夏合宿の横断幕が掲げられていました。

 

20120807005 20120807004_2

 朝稽古は6時から10時頃までという事で、私が通りかかった時には、すでに10時を回っていましたから、ご覧のように稽古を終えた力士たちが土俵の周りで談笑しているところでした (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 今度の日曜日は「ファン感謝デー」ということで、午前9時から様々な催し物も予定されているそうで、私も早起きして、仕事の前にチョッとだけ様子を窺ってこようと思っています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20120807002

 

 なお、記事中の2枚の大きな写真は、昨日会場で配布されていたチラシです (*^.-^*)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 6日 (月)

熱暴走

 一ヶ月ほど前に、私がメインで使っているデスクPCである「 Vista 君」の不具合を、「転ばぬ先の」という記事で語ったことがありましたが、私の思惑を外れ、その後もしばしばシャットダウンを繰り返すという有様でして、正直、お手上げの状態でした (^^ゞ

 

 しかし、PCの様子をそれとなく観察したところ、朝は一度も落ちることはなく、決まって昼とか夜とかの、長時間使っている時に落ちるということがわかってきました。

 

 ということは、もしかして、PCがオーバーヒートしているんじゃないか・・・ と疑えてきましてね (^_^;

 

 で、昨日、ヒマにまかせて Vista 君の筐体のカバーを開けてみました・・・

 

20120805012  そうしたところ、CPUの冷却のために取り付けてあるヒートシンクと呼ばれる銀色の放熱板が、CPUから剥がれ、浮き上がっているじゃないですか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 なるほど、突然のシャットダウンの原因はコレかと思い、付属の固定金具を使ってあらためて固定し直してみたんですが・・・

 

 CPUから一度外れたヒートシンクは、金具で固定し直したくらいでは元通りの冷却効果を回復することは難しいようで、その後もシャットダウンを繰り返すので、仕方がないので根本的に考え方をあらため、普通の状態で使うのは諦めました(苦笑)

 

20120805011  どうしたかというと、筐体の横のカバーは取り外したままで、PCラックの柱にクリップ式のミニ扇風機を取り付け、それを使って強制的にCPUを冷やそうと・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 かなり原始的な手法ではありますが、カバーを外すことによって筐体の中に熱はこもらなくなりますし、扇風機で風を送ることによって冷却の効果は確かに上がります (^^)v

 ただ、欠点としては「ホコリが溜まりやすい」というのと「見た目が悪い」というのが挙げられますが、ホコリはともかくとして、外観に関しては他の誰かに見られるわけでもありませんし、背に腹は代えられないので、とりあえずはこのままで使っていこうかと思っています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 気のせいではなく、この原始的な手法を取り入れて使い始めてから、一度もシャットダウンしていないのも事実でして、やはり突然のシャットダウンは「熱暴走」によるものらしいということが判明いたしました (^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

解説

 今夜、楽しみにしていた女子マラソンを観戦しました。

 

 テレビの前に陣取り、晩酌をチビリチビリとやりながら、フジテレビの中継を見ていたのですが・・・ (ノ_-;)ハア…

 なんというか、非常に退屈な2時間半となりました。

 

 もちろん、日本勢の成績が振るわなかったというのも大きな理由の一つではありましたが、それ以上に腹が立ったのは解説の有森裕子の存在です・・・(怒り)

 

 普通、女子マラソンの解説といえば、増田明美の独壇場なはずなんですが、なんで今回有森なんてヘボを起用したのか、理由がわかりません。

 確かに聡明で現役時代の成績もりっぱな女性だと私も思うのですが、こと話術という点ではどうなのか・・・

 

 だいたい、解説という重責を担うためには、少なくても先頭集団を走っている選手の名前くらいは覚えていなければハナシにならないんじゃないのか。

 順当なら、本命は増田明美、対抗に高橋尚子、穴狙いなら千葉真子あたりが、私が納得して聴くことの出来る女子マラソンの解説者ですが、どこをどうしたら有森裕子なんて名前が出てくるんだろうと・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 あの箸にも棒にもかからなかった瀬古俊彦でさえ、最近はマトモな事を話すようになったと思っていた矢先、有森裕子の解説は非常につまらなく、最低なモノでしたよ。

 もっと、感情のこもった、内容のあるハナシが出来なければ、マラソンの解説者としては失格だと思うなぁ・・・ q(`o')ブー!!

 

 

 ただ、アフリカ勢のメダル独占になるんじゃないかと思っていただけに、1位がエチオピア、2位にケニア、3位にロシアという顔ぶれの結果だけには満足しています (^◇^) 。。。ケラケラ

 日本勢の代表諸君、健闘は讃えるけど、世界との差はアッという間に広がった感じですな (;^_^A アセアセ・・・

 

 

 さぁ、来週は男子の番だ~ ヽ(^o^)尸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笹川相撲まつり

 先週の土曜日、つまり、7月28日の事ですが、千葉県の東庄町まで相撲観戦に行ってきました。

 

 この町では、諏訪神社の境内で毎年相撲まつりが開催されており、町をあげて相撲を応援しているようで、その熱気たるやなかなかのものがありました o(*^▽^*)o~♪

 相撲好きを自称しているワリには、大相撲など生では一度も観戦したことはなく、たとえアマチュア相撲であっても、目の前で実際に繰り広げられる取り組みというのはさぞかし迫力あるだろうと思ってのことです (^_^)V。

 

20120730006_2  始まるのが午前11時という事でしたので、早朝の仕事を手早く済ませた後、そのまま成田から東庄町へと移動しました。

 1時間ほど車を走らせ、9時半頃には目的の東庄町に着いたのですが、会場となる神社の境内に設けられている駐車場はすでに関係者の車でいっぱいで、入ることができなかったものですから、やむを得ず近所で駐車できそうな所を探して停めました (^^;

 

 すでに境内には子供会を始め、自衛隊や出羽海部屋の力士たちなど、この日の主役たちが集まっており、境内のそこここにたむろして談笑していました。

 

 以下は、当日に撮ってきた写真の一部です。

 

20120730007 20120730009_2

   20120730008_4

  到着してすぐの、会場の様子です。

 

   20120730001

  出羽海部屋の力士たちが談笑している光景です。

 

   20120730002

 こちらは、自衛隊の各基地から参加した力士たちです。
 手前には、海上自衛隊の上官らしい人が歩いています。
 陸上自衛隊の人達も来場していました。

 

   20120730003

  これは、開会式直前の光景で、今年初めてとなる女子児童による「なでしこ」チームの姿もありました。

 

20120730004 20120730005

 子供会による、地区別対抗戦の取り組みの様子です。

 

20120730010 20120730011

 自衛隊による、基地別対抗戦の取り組みの様子です。

 子ども達の取り組みも熱戦が繰り広げられましたが、さすがにオトナの取り組みは迫力がありましたよ o(*^▽^*)o

 

 下に、当日の様子を動画に編集してみましたので、よかったらご覧になってみてください ( ^-^)/ ♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

大汗

 昨日、銚子市内で宅配の仕事をしていたんですが、朝に持ち出した分の配達がほぼ終了した15時頃、同じ地区を回っている社員から携帯に連絡が入りまして、一人では持てあます荷物があるので、出来れば手を貸してもらえないかと言うので、時間を決めて納品先へと向かいました。

 

 JR銚子駅近くに在るその納品先は、私もよく知っているところでして、3階まで400kgを超える荷物を挙げなくてはならないという事でしたが、ここには貨物専用のリフトが設けられていますから、それほど手を焼くようなところでもないだろうにと思っていたんですが・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 行ってみると、4トン車がすでに到着していまして、横のウイングを開いて私の到着を待っているところでした。

 しかし、納品する荷物というのを見て、私は唖然としてしまいました・・・ (゚◇゚;)!!!

 ナンて言うんですかね、ちょうど「布団袋」みたいな荷物が6つ、3枚のパレットに2つずつ乗っていまして、その大きさといったら・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 中国からの荷物らしくて、麻袋みたいな大きな袋には衣類が詰められているというハナシでしたが、一辺が1.5mほどの真四角に近い面に、厚みが70~80cmほどはあるその荷物は、まるで大きくて分厚い座布団といった感じで、見た目はやはり「布団袋」ですよ(笑い)

 そして、その重量は、感じとして一袋が70~80kgくらいはあるだろう、箸にも棒にもかからないような荷物です (^◇^;)

 

 どうして中国の人というのは、こういうワケのわからない荷物を平気で作って送れるんだろう・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 日本人なら、輸送の事を考え、荷物の大きさや重量を決めると思うのですが、こういう、一人ではとても持ち運びできないようなデカくて重い荷物を、中国人は当たり前のように作って発送してきます。

 これまでにも、私は中国から空輸されてきた衣類を何度も運んできましたが、そのいずれも、運ぶには手を焼くような段ボールばかりです (^^;

 つまり、中国人というのは、荷物を運ぶ人のことはあまり考えずに、運賃のことばかり考えて梱包しているんじゃないかと私は勘ぐっています。

 人が普通に持てるくらいの荷物となると、せいぜい20~30kg程度の箱物という事になると思うのですが、それだと個数が多くなって運賃がかさむと思うのでしょうか、1つの荷物にこれでもか~というくらいに詰め込み、結果としてデカくて重い荷物になってしまって、運ぶ人が泣くことになるというワケです。

 

 それはともかくとして、荷台から下ろすにしても、生半可なことでは動きもしませんから、とりあえず荷台に上がり、上からずり落とすという手法で、1つずつ道路に落としました (^◇^) 。。。ケラケラ

 道路に横倒しに重なっているその荷物も、渾身の力をこめて持ち上げないと、タテに起こすこともできず、とりあえず、正方形に近い面の四辺を使い、転がすようにしてリフトのところまで運びました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 もちろん、「荷受け人の指示で」ですが・・・(苦笑)

 

 ただ、「貨物専用のリフトは、一般のエレベーターとは違ってそれほど容量的に大きなものではありませんから、この布団袋みたいな荷物は、寝かせては入らず、タテにしてようやく1個収る程度のスペースしかありませんで、1つずつ3階まで持ち上げることになりました・・・

 私が荷台から荷物を下ろし、転がしながらリフトに乗せ、3階で待機している社員がリフトから荷物を引っ張り出して台車に乗せ、倉庫の指示された場所まで運ぶという手順で、なんとか6個全てをリフトで3階に上げ、納品が完了した時には、30度を超える猛暑というコトもあって、私も社員も全身から滝のような汗を流し、制服はビッショリという状態でした (^◇^;)

 

 ナンというんですかね、まるで大きな布団袋と、取っ組み合いの格闘をしているみたいでしたよ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 それはともかく、社員と別れ、残りの配達に向かう運転席は、エアコンを目一杯に効かせながら走っていたんですが、額や両腕から吹き出た玉の汗をタオルで拭き取りながら、冷たい風を身体に心地よく感じつつ、しかし、ふと気がつくと閉め切った運転席は、どこからかヘンな匂いがするぞと・・・ (^_^;

 アレッと思ってよくよく匂いの元をたどっていくと・・・

 ナンと! 私自身から出てるじゃないですか・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 自分自身が「臭い」と感じるなんて、そうあるコトじゃありませんで、それでも気付いてしまうと、お客さんの前に出る事さえなんとなくはばかられてしまいましてね (^^;

 そういえば、車内には「温泉セット」と呼んでいる、下着やタオルなどの予備が入ったポーチがあることを思いだし、せめてシャツだけでも着替えることにしました (;^_^A アセアセ・・・

 仕事でどこか遠くへ行った時、道中で日帰り温泉などの入浴施設を見つけた時に、入って着替えることが出来るようにと家内が用意してくれているものですが、こういう時に着替えがあるというのはナンと心強いモノかと (^◇^) 。。。ケラケラ

 さすがに、パンツまでは履き替えることは出来ませんでしたが、グッショリと濡れたシャツを脱ぎ、身体の汗を拭き取り、新しいTシャツに着替えると、多少は気分も違ってきまして、残りの配達をサッサと済ませて帰路につきました・・・ o(*^▽^*)o~♪

 

 この時期、帰宅してからのシャワーは、私の大いなる楽しみの一つなんですが、昨日のシャワーはいつもの何倍もの爽快さを味わうことが出来ました (^_^)V。

 もちろん、その後の発泡酒の晩酌も、いつもの倍は美味しく感じたのは言うまでもありませんが (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金)

あぶら屋

   20120729001

 

 コレは、千葉県の銚子市内で撮った写真なんですが、「油」と大きく看板に書かれています。

 

 まぁ、ガソリンスタンドといえば、ガソリンを始めとする「石油類」を販売するのが商売ですから、俗に「油屋」と呼ばれるのは致し方ないとは思うのですが、銚子市内には他にも「あぶらや」という看板を上げているお店が存在します。

 

20120729002 20120729003

 

 上の2枚の写真は、いずれもJR銚子駅前に在るお店を撮ったモノなんですが、片や金物店、そしてもう一方のお店は雑貨、小間物、化粧品を販売するお店です。

 

 「油屋」と名乗っているワリには、「油」とはそれほど関係なさそうな業種にも関わらず、敢えて「あぶら屋」という看板を掲げているからには、それなりの理由があると思うのですが、ぜひ、その辺りの事情をうかがってみたいもんですねぇ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 単に、「油屋」という名字だったからというのでは、オチも何もあったものではありませんが、「油谷」という名字なら知っていますが、はたして、「油屋」という名字は存在するのでしょうかねぇ・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 ・・・というワケで、ちょっと調べてみたら、ありましたねぇ・・・・・  (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

サンセット

 

 千葉県の銚子市にある「犬吠埼」は、本州で一番早く初日の出を見ることができる場所として知られています。

 

 もちろん、富士山の山頂とか、小笠原諸島の南鳥島や母島など、そういう特殊な場所も存在しますから、必ずしも犬吠埼が日本で一番、初日の出が早く見られるというワケではありませんが、少なくても一般人が普通に初日の出を見られる場所ということになりますと、「犬吠埼」は、「手軽な初日の出スポット」ということになると思います。

 つまり、「犬吠埼」は、「日の出」が売りの観光スポットということになると思います (^^)v

 

 「日の出」といえば、「サンライズ」ということばが直ぐに出てくると思うのですが、なぜかこの地に「日の出」とは真逆の「サンセット」という名前のラブホがあったりします (;^_^A アセアセ・・・

 

20120802001 20120802002

   20120802003

 

 写真は、昨日仕事で訪れた際に撮ってきた「サンセット」のスナップですが、以前「銚子有料道路」という名前で呼ばれてきた快適な道路が、償還が済んだことにより10年ほど前に無料化され、4年ほど前に「銚子ドーバーライン」という名前に改められました。

 

 その「銚子ドーバーライン」沿いに在る「ホテルサンセット」・・・

 もしかして、コレはギャグなのか・・・ (?。?)

 

 もちろん、この地から「日没」が見られないワケではないと思うのですが、それにしても場違いなネーミングであることには違いないかなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20120802005 20120802004

 おそらく、最初は「サンライズ」という名前を考えていたものの、すでに銚子駅前には「サンライズ銚子」というホテルが在ったために、「サンライズ」の名前を使うことが出来なかったので、苦肉の策として「サンセット」という名前にしたのではないかというのが私の考えなのですが (^_^ゞポリポリ

 

 

 それはともかくとして、ラブホに納品というのは今回が初めてというわけではなく、これまでにもいろんなラブホに宅配物を納品してきましたが、苦手な顧客の一つです (;^_^A アセアセ・・・

 いつも思うんですが、とにかく面倒というか、気が重いというか・・・ (^^ゞ

 まぁ、看板車でこういうところを利用する人はさすがに少ないでしょうから、ラブホに出入りするところを見られたとしても、それは別に気にならないんですが、問題はホテルの敷地内での諸々です・・・

 ラブホの常として、従業員と接触しようとすると「フロント」で声をかけるしかないワケですが、一般のホテルとは違い、フロントはたいてい閉まっています (^_^;
 で、納品を告げると、様々な場所へ案内されるのですが、もちろん専用の納品口というか、勝手口に案内されることもありますが、たいていはフロントがある階のどこかの部屋という事になるわけで、納品中に他の客と顔を会わせるのはホテル側も客側も嫌がりますから、とにかく気が気でありません (__;)

 前に一度、納品の最中に帰るために精算に下りてきたお客さんと遭遇してしまったことがあり、その時はお客が帰るまで納戸に押し込められてしまいました (^◇^) 。。。ケラケラ

 とにかく、すんなりと納品できることは少ないですから、時間がかかって気が重いです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

8月

 今日から8月に入りましたが、今月の私は何かと忙しい日々が待っています (^_^ゞポリポリ

 

 いつもなら、8月は「二八」ということで、それほど忙しくはないというか、ハッキリ言って「谷間」にあたる、わかりやすく言えば「厄月」みたいな月で、商売をしている人にとってはありがたくない月という事になるんですが、どういうワケか、今月はすでに上旬の十日間は予定で埋まっています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 いつもこうなら、商売も楽なんですが、現実にはなかなかそうはいかなくてね(苦笑)

 

 ・・・というワケで、今日から12日までは、5日の日曜日を除いて連日早朝から仕事です (^^)v

 

 夏本番で、毎日暑い日が続いているので、体調にだけは気をつけないと、せっかく依頼してくれたクライアントにも申し訳ないので、正直、ブログの更新も滞るコトがあるかもしれませんが、そんな日には、仕事で目一杯なんだとご理解ください (;^_^A アセアセ・・・

 

 皆様方におかれましても、疲れやすい毎日だと思いますので、くれぐれもお体をご自愛ください (*^.-^*)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »