« くじ運 | トップページ | 退院 »

2012年9月 6日 (木)

ありがたい事に

 世の中には、「ポジティブ」な人と、「ネガティブ」な人との二種類の人種が存在します。

 いうまでもなく「ポジティブ」な考え方をする人の方が、人生を楽しくというか、幸せに過ごせると思うのですが、人間というのは、なかなかそう簡単には前向きに生きられない生き物のようで・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 私なんかも、三十路を過ぎた頃から少しずつポジティブに生きようと心がけてきたつもりでして、それまでの私から比べれば多少は変ったんじゃないかと自負していますが、それでも家内のポジティブさからみれば足元にも及ばないというか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 まぁ、二十代の頃までの私は「根暗」ナンてことばも及ばないくらい、「真っ暗」な生き方をしていましたから、それから比べれば少しはマシになったのではないかと思うのですが、それもこれも家内の眩しいくらいの明るさのおかげでしょうか・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 家内くらい物事をポジティブに考える人も少ないと思いますが、それほどではなくても、誰でもプラス思考になれる魔法のことばがあるのですが、今日はそんな話題で・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 以前、ラジオで聞いたんですが、口を開けば愚痴になってしまう人は少なくないと思いますが、そんな愚痴でも、アタマに「ありがたい事に」とか「幸せな事に」ということばを付け加えるだけでニュアンスは全く違ってくると言うモノです (^^)v

 例えば、単に「疲れた~」とか「忙しかった~」とか言うだけでは、愚痴とか不満とかのことば以外の何ものでもありませんが、そこに「ありがたい事に」というひとことを付け加えただけで、聞かされる方も暗い気持ちにならずに済みます(苦笑)

 「ありがたい事に、疲れちゃったよ」とか、「今日は、幸せな事に忙しかったよ」とか言われたら、聞かされる方も「おやッ」と思うのではないでしょうか(笑い)

 そういう、チョッとした事が「マイナス思考」と「プラス思考」の分かれ目だというのがラジオのパーソナリティのコメントでした。

 

 ことば自体もそうですが、万事、物事を「ありがたい」とか「しあわせ」とか思う事ができれば、ソレはすなわち「ポジティブシンキング」以外の何ものでもないわけで、そういうふうに物事を見たり考えたりできる人というのは、やはり幸せがついて回る人なんだろうと思えるわけですよ・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

|

« くじ運 | トップページ | 退院 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

 私の場合は「おかげさまで」という言葉ですね(笑)。

投稿: ナンカイ | 2012年9月 7日 (金) 07:20

ナンカイさん、どうもです (^^)/

「おかげさま」という気持ちも大切ですよね。

投稿: 夢ピ | 2012年9月 7日 (金) 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/55588629

この記事へのトラックバック一覧です: ありがたい事に:

« くじ運 | トップページ | 退院 »