« 宗教 | トップページ | 彼岸花 2012 »

2012年9月26日 (水)

○○といえば

 どうでもいいことではありますが、五十路も半ばを迎える私くらいの年代ですと、最近の流行というか、常識というか、そういうモノとはビミョ~にズレが生じてくるのはやむを得ないことでして、そういう事を指して「ジェネレーションギャップ」などと言ったりします (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 例えば、「小柳」といえば・・・

 最近では「ゆき」というのが一般的だと思うのですが、私のアタマにはそういう名前はいっこうに浮かんできませんで、反射的に出てくるのは「ルミ子」だったりします (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 同じような例では、「小室」といえば・・・

 普通は「哲哉」という名前が出てくると思うのですが、私のアタマだと「等」だったりします (_ _)ノ彡☆ギャハハ!!! バンバン!!!

 いや、別にウケを狙っているワケではありません (;^_^A アセアセ・・・
 70年代を生きて来た人なら、多かれ少なかれ、似たようなモンだと思うのですが、いかがでしょう (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 他にも、「坂本」といえば・・・

 かつては「龍馬」だったのかもしれませんが、私にとっては「龍一」ですし、もしかしたら今は「冬美」と答える人が主流派なのかもしれません(苦笑)

 

 また、「伊達」といえば・・・

 一般的には「政宗」だと思うんですが、最近では「公子」と答える方も相当数いそうです (^^;

 

 「石川」だと・・・

 私は「さゆり」ですが、今は「遼」なんでしょうし、

 「三浦」は・・・

 個人的には「友和」であり、「百恵」なんですが、今だと「知良」の方がメジャーだろうと思います (^_^ゞポリポリ

|

« 宗教 | トップページ | 彼岸花 2012 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/55737411

この記事へのトラックバック一覧です: ○○といえば:

« 宗教 | トップページ | 彼岸花 2012 »