« ツール・ド・ちば 2012 2日目 | トップページ | 光と影 »

2012年10月 9日 (火)

出雲駅伝 2012

 昨日、学生三大駅伝の幕開けを告げる「出雲駅伝」が行なわれ、青山学院大が大会新記録で出雲駅伝初優勝した。

 

 私もテレビの前で観戦したんですが、なかなかに楽しめた2時間でした ヽ(^o^)尸

 ヒイキの早大も、地元の順大も、結果だけを述べるなら、6位7位という惨敗でした (;^_^A アセアセ・・・

 

 早大の方は、エースの大迫を1区に起用し、典型的な先行逃げ切り作戦に出たんですが、これが裏目に出て、順調に独走して後続に大きな差をつけたかに見えた大迫も、残り2kmを過ぎた辺りから失速し、あと1km辺りで後続グループに捕らえられ、次々と抜かれると、結果的にトップとは28秒差の10位と撃沈・・・ (__;)ガクッ
 この差が最後まで埋められず、結果として早大は一度も先頭集団に加われずに敗退しました。

 一方、順大は早大から比べればそこそこマトモな戦いをしてくれました(苦笑)
 1区は3位、2区は1位でタスキをつなぎ、しっかりと優勝争いの一角に食い込んでくれました (^_^)V。
 3区以降は、4位、4位、5位とジリ貧で順位を落とし、最終的に7位でゴールしましたが、少なくても早大よりはマシなレースだったと私は思います。

 

 優勝した青山学院には申し訳ないんですが、正直、全く予想していない展開だっただけに、驚きとともに、4年前に東洋大の柏原竜二を見た時のような印象を受けました。

 今回青学は、3区を走った久保田和真の、区間賞の激走で一気にトップに立つと、その後は一度もトップを譲らず、堂々の初優勝でしたが、もしかしたらこれからの4年間は、久保田が青学を引っ張り、大学駅伝界をリードしていくのかもしれません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 そのくらいインパクトのある駅伝デビューでした ヽ(^◇^*)/

|

« ツール・ド・ちば 2012 2日目 | トップページ | 光と影 »

ロードレースを語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出雲駅伝 2012:

« ツール・ド・ちば 2012 2日目 | トップページ | 光と影 »