« 大道典嘉 | トップページ | なでしこ »

2012年11月 2日 (金)

能書き

 ネッ友さんのブログで、「能書き」という記事を拝見しました。

 

 「能書き」ということばは、しばしば見聞きすると思うのですが、もともとは「効能書き」というのが本来のことばです。

 薬などの効能をわかりやすく書き記したものが本来の「効能書き」であり、そこから転じて、主に宣伝のためにその物の値打ちや長所を述べたモノを指すようになり、読み方も「効能書き」から「能書き」へと簡略化されて今に至ります。

 

 最近では「能書き」というと、なんとなく「うたい文句」だけで、どちらかと言えば実際の能力や効果は二の次というイメージが拭いきれませんが、そもそもはその薬の効能をわかりやすく記した「成分表」とか「使用説明書」みたいのが最初です。

 

 今、政界はやたらとかしましいですが、彼等「政治家」の言うところの「能書き」が、つまるところ「政権公約」であり、民主党が言うところの「マニフェスト」なんだと思います(苦笑)

 いずれも、口先だけで実行が伴わない、「空手形」であり、「口約束」の類でしかないのが、ナンとも空しく、腹だたしい限りではありますが・・・ (ノ_-;)ハア…

|

« 大道典嘉 | トップページ | なでしこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/55813411

この記事へのトラックバック一覧です: 能書き:

« 大道典嘉 | トップページ | なでしこ »