« 頑張れ日本 | トップページ | 七草がゆ »

2013年1月 7日 (月)

今年の大河

20130107002

 

 ついに、今年の大河ドラマが始まった・・・ ヽ(^◇^*)/

 

 今年の大河ドラマは、会津を舞台に描かれた「八重の桜」

 東日本大震災で、福島第一原発の悲劇に見舞われた福島県。
 あの災害の後に決まった今回の大河は、想像を絶する被害を被った福島の地を大河で取り上げることによって、全国的な関心を福島県に向けることが出来れば・・・みたいな計らいがあっただろう事は容易に想像がつきます。

 まぁ、理由はともあれ、会津で生まれ育った私にとって、会津が舞台のドラマなんてめったにありませんから、今回の大河には個人的にも大いに期待しつつ迎えた昨夜、いよいよ第一話が放映されました。

 なかなかおもしろかったと私は思うのですが、皆様方にはいかがだったでしょうか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 よく、大河ドラマに対して、史実云々と申すヤボがいらっしゃったりしますが、大河といえどもドラマはドラマ、ドキュメンタリーと違って、しょせんはフィクションでしかありません。
 であるならば、枝葉末節にとらわれる挙げ句、つまらない作品になってしまっては本末転倒ではないかと個人的には思う次第です。

 つまり、「ドラマ」ですから、結果的に視聴者にウケて支持されればいいんですよ。
 いくら一生懸命に作っても、昨年の「平清盛」みたいに視聴者に見向きもされないようではハナシになりません。

 

 その点では、初回の「八重の桜」は及第点だったと思います。

 キャストも、私には不満はありません。
 不満が無いどころか、よくもまぁ、これだけピッタリとはまった役者を揃えたもんだなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 松平容保といい、西郷頼母といい、さらには、佐久間象山といい、吉田松陰といい、他の登場人物についてもいえることですが、なんとなく実在した当人たちもこんな雰囲気の人だったんだろうなぁと思えてなりませんでしたよ (;^_^A アセアセ・・・

 

20130107001

 

 それはともかくとして、放送が決定した2年前の夏にも「八重の桜」という記事の中で述べましたが、私は主人公である「山本八重」という人物をこの時までまったく存じませんでした (^_^ゞポリポリ

 

 戊辰戦争の折、会津藩では老若男女、全ての武士が武器を手に取り官軍に立ち向かいました。
 その中に嬢子隊と呼ばれる女性だけの部隊もありまして、それを率いたのが中野竹子という女性であり、おそらく会津の人なら知らぬ人は居ないんじゃないかというくらい有名な女性ですが、それに引けを取らない活躍をした女性が他にも居たなんて、意外というか、ナンというか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 いずれにせよ、今年の大河は一年間、存分に楽しませて頂けそうです・・・ p(^_^)q ワクワク

|

« 頑張れ日本 | トップページ | 七草がゆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の大河:

« 頑張れ日本 | トップページ | 七草がゆ »