« いん石 | トップページ | オールプラグ »

2013年2月18日 (月)

雛かざり

20130218001_3 20130218004_3

 

20130218002_2  昨日、千葉県は佐倉市内に在る、「国立歴史博物館」に家内と行ってきました。

 お目当ては、「和宮ゆかりの雛かざり」です。

 

 この「国立歴史博物館」ですが、日本の歴史・文化の流れに沿って、「原始・古代」・「中世」・「近世」・「近代」・「現代」というテーマで常設展示が行なわれており、今回、「近世」の展示室内において、
「和宮ゆかりの雛かざり」という特集展示が行なわれる事を知り、物珍しさもあって、家内と見に行ってきました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

   20130218005

20130218006 20130218007

 

 上のお雛様が、和宮所用と伝えられる雛人形ということで、有職雛(直衣雛)という貴族的な面立ちの上品な人形で、幕末期の富裕層における雛人形の典型的な作例だそうです。

 皇室の出身でもあり、「公武合体」で14代将軍徳川家茂に嫁いだ事から、将軍家の御台所でもあった皇女和宮が、愛で飾ったお雛様を目にする機会なんて、そうそうは無いだろうコトを考えれば、こういうチャンスを逃す手はないなということで足を運んでみる気になりました (^_^ゞポリポリ

 

 このお雛様、それほど大きなものではありませんが、皇女和宮ゆかりのモノと聞かされると、なんとなくスゴイ価値のあるシロモノに見えてしまうから不思議です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 もちろん、私に美的センスが無いから、普通のお雛様とどこが違うのという事になってしまうわけですが、見る人が見れば、やはりとんでもないお宝という事になるのでしょうか(苦笑)

 

20130218003  それはともかくとして、我が家でも週末にお雛様を飾りました (*^.-^*)♪

 家内が生まれた時に義父が買ってくれたお雛様だそうで、家内と共に半世紀以上を過ごしてきたわけですから、家内の思い入れもひとしおということで、我が家においては「和宮の雛かざり」なんかよりも、はるか~に価値のあるお雛様です o(*^▽^*)o~♪

|

« いん石 | トップページ | オールプラグ »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雛かざり:

« いん石 | トップページ | オールプラグ »