« 砂嵐 | トップページ | 秒針 »

2013年3月12日 (火)

不幸中の幸い

 昨日、千葉県の銚子市内で宅配をしていまして、午後の分の荷物を受け取って走り出した直後、オーバーヒートを示す警告ランプが点灯してしまいまして・・・ (^◇^;)

 

 それらしい前兆もないままに、突然のアクシデントだったものですから、とりあえず道路脇のスペースに車を停めてアイドリングを続け、しばらく様子を見ることにしました (^_^;

 しかし、いつまで経っても警告ランプは消えてくれず、そうこうしている間にエンジンの真下にナニやら漏れた液体の跡が確認できるようになってしまいまして・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

20130311021 20130311022

 

 漏れた液体は、色や粘り気からエンジンを冷やしている冷却水だということがわかりまして、コレだけの漏水があってはこれ以上エンジンを動かし続けるのは危険だと判断し、さっそくJAFに救援コールを入れ、レッカー車の到着を待つことにしました。

 救援車の到着はおよそ30分後ということで、その間に同僚にSOSを入れて残った荷物を引き継ぎ、愛車はJAFから依頼されたキャリアカーに乗せられて最寄りのディーラーまで運んで頂きました。

 

 診断の結果、ウォーターポンプからクーラントが漏れているということで、とりあえず部品を発注してもらい、愛車はディーラーに与って頂いたまま、電車で成田に戻ることにしました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 普段から電車に乗り慣れていない私は、銚子から成田線に乗ってJR成田駅まで行き、そこからはバスで自宅へと戻りました (;^_^A アセアセ・・・

 災い転じて・・・というワケではありませんが、電車やバスを使って帰宅するというのは、私にとっては新鮮なコトであり、ウキウキとまではいきませんが、なんとなく遠足とか小旅行みたいでチョッとした高揚感は隠せませんでした (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 とはいえ、修理後の引き取りにも公共交通機関を使って向かわなければならないというのは、正直面倒ではあります(苦笑)

 

 というわけで、今日からの2~3日は開店休業となりそうですが、それでもまだ銚子辺りで故障してくれて有り難かったなと (^^ゞ

 もし、県外とか、場合によっては関東の外でとかで動かなくなってしまったら、土地勘もありませんからどこに修理に出していいかもわかりませんし、帰宅も引き取りに行くにもエライ事になっていたろうなと・・・ (^◇^;)

 こういうコトを指して、「不幸中の幸い」というのでしょうか・・・ (^_^ゞポリポリ

|

« 砂嵐 | トップページ | 秒針 »

仕事を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不幸中の幸い:

« 砂嵐 | トップページ | 秒針 »