« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

ふなっしー

 2006年に登場した滋賀県彦根市の「ひこにゃん」が火付け役となり、全国各地に現われた「ご当地キャラ」と呼ばれるキャラクター達。
 ゆるキャラグランプリ2011王者となった、熊本県の「くまモン」が、昨年ブレイクしたのは記憶に新しい。

 

 「ふなっしー」は、そんな「ご当地ゆるキャラ」の中でも異色ともいえる、千葉県は船橋市非公認のご当地キャラです。

 ナニが異色かといえば、このふなっしー、とにかくしゃべり、よく動く (^^;

 

 下が、そんなふなっしーの様子を納めた動画なんですが、さわりだけでもいいですから、一度ご覧になってみてくださいな ( ^-^)/ ♪

 

 

 どうですか、かなり変ったゆるキャラでしょ (^◇^) 。。。ケラケラ

 登場したのは昨年の4月ということですが、最初はどこからも相手にされず、仕方がないので様々なイベントに、呼ばれてもいないのに勝手に参戦し続けるコトによって徐々に認知度を上げ、今年に入ってからはマスコミからの注目度も急上昇で、民放テレビの番組内で取り上げられることも少なくありません。

 「~なっしー!」と語尾につける甲高い声のハイテンショントークと、予想できないハチャメチャな動きで、他のゆるキャラの追随を許さず、ふなっしーファンは予想以上に多いという。

 

 しかし、市の公認を得られていないにも関わらず、勝手にハチャメチャなゲリラ活動を繰り返すふなっしーに対し、とうとう船橋市側は刺客を差し向けてきた(苦笑)

 

   20130428001

 「船えもん」と名付けられた新キャラがそれで、公認だろうが非公認だろうが、個人的にはどっちでもいいんですが、正直なところ、「ふなっしー」の人気を妬んだ市側が、ムリヤリでっち上げた「ふなっしー潰し」とも思えなくはないわけで、ナンとも大人げないやり口だなと・・・ (ノ_-;)ハア…

 勝手に参加しているとはいえ、これまで積み上げてきたふなっしーの実績は、それなりに評価されてしかるべきだと私なんかは思うんですが・・・ (__;)

 第一、船えもんは、ちっともかわいくないし・・・ (^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

牧伸二が逝く

 「あーあ、やんなっちゃった、あーああ、驚いた」の歌詞そのままのニュースが飛び込んできた。

 

 ウクレレ漫談家の牧伸二が亡くなったという・・・ (__;)

 年齢も年齢なので、最初は単に訃報として聞いただけだったのですが、その死因が事故や病気ではなく、入水自殺らしいというので、あらためて冒頭に掲げた「やんなっちゃった節」が脳裏に浮かんだというか・・・

 一時は一世を風靡した人気漫談家だっただけに、その意外な訃報が信じられないというか・・・

 

 別にファンだったというわけではありませんが、子どもの頃、テレビを点けるとウクレレを手に「あーあ、やんなっちゃった、あーああ、驚いた」と歌っていたので、それ以来牧伸二の名前と顔は自然とアタマにすり込まれていました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 奇しくも、今日は「昭和の日」・・・

 昭和のきら星が、また一つ消えていった・・・

 

 

 下に往年の「やんなっちゃった節」の動画を貼り付け、お悔やみのことばに代えさせていただきます・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吹流し

20130427001 20130427002

 

 写真は、高速道路で見かける「吹流し」なんですが、いつもですと緑と白の吹流しがたなびいているのが普通です。

 

 しかし、毎年この時期には、ご覧のような「鯉のぼり」が一緒に泳いでいるのをよく見かけます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 鯉のぼりも、一種の「吹流し」であることには違いないので、こんな計らいは粋でいいなと毎年思っています o(*^▽^*)o~♪

 

 写真は、都心から成田~潮来方面に向かう「東関東自動車道」で撮ったものなんですが、関東の高速道路では比較的よく見かけるこの時期の風物詩です。

 しかし、どうなんでしょう、これは「NEXCO東日本」だけの企画なんでしょうか (?。?)

 それとも、中日本とか西日本など、他の高速道路でも一般的に行なわれているモノなんでしょうか・・・ (^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月28日 (日)

くずり

   20130421001

     20130421002

 

 写真は、千葉県の旭市内で見かけた看板です。

 

 最初、「くすり」と書いてあると思った看板に、濁点らしきモノが付いているのに気がつき、道端に車を停め、あらためて確認してシャッターを切ってきました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 もちろん、薬屋さんではありませんで、ネットで調べると、なんとなく居酒屋っぽい業種のようでもありますが、それにしても
「くずり」っていったいナンなんだろうと・・・ (?。?)

 仮にも、お店の名前ですからねぇ、なにがしかの意味を持って付けられたと思うのですが、私にはまったく意味がわかりません(苦笑)

 

20130421003 20130421004

 

 看板の立っている建物が上の写真なんですが、あまり飲食店っぽい雰囲気ではありません。

 だからこそ、「くずり」という意味不明の看板が、どうにも気になってね・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

シガーソケット

   20130422001

 

 先日購入した新しい愛車ですが、あろう事か、シガーソケットが無く、ご覧のようにメクラ蓋で塞がれていましてね・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 嫌煙権が叫ばれる昨今では、シガーソケットはオプション設定されている事も多く、灰皿でさえ無い車も売られているということは知っていましたが、まさか仕事で使われることの多いバンにシガーソケットが付いていないとは思っていなかったものですから、購入する際にもそこまでは気がつかなかったというか・・・ (^◇^;)

 

 もともとタバコを吸わない私ですから、シガーソケットなんて無くてもどうということはないはずなんですが、タバコとは無関係に、電源供給源として、シガーソケットは絶対に無くてはならない必要不可欠なアイテムです。

 コレが無くては、携帯電話の充電さえままならないということになってしまいます・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 そこで、購入した中古車屋さんにお願いし、なんとかシガーソケットだけは付けて頂けることになりました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20130422002 20130422003

 

 左が、新しく取り付けてもらったシガーソケットで、右はそこに挿し込んだ3連ソケットのプラグです (^^)v

 これで携帯の充電も、ドライブレコーダーも、今まで通りに使うことが出来るようになりました o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

鉄刀木

   20130425001

 

20130425002  写真は、先日、私の誕生日のプレゼントにと、家内が成田山新勝寺で買い求めて来た箸です。

 夕飯の食卓に並べられたこの新しい箸を見て、「オ!、もしかして、
たがやさん?」
と、思わず口をついて出た私・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 「鉄刀木」と書いて「たがやさん」と読むのですが、以前、仏壇屋で仕事をした事もある私には比較的馴染みのある木材です (^^)v

 黒檀紫檀は、お仏壇に用いられる木材として有名ですが、鉄刀木もそれらと肩を並べる銘木として重用されています。

 まぁ、一般的には耳馴染みのない木材だとは思いますが、他に類を見ないその独特な木目は、一目でソレとわかるくらい特徴的であります。

 だからこそ、それほど木材の種類に詳しくない私でも、一目で鉄刀木じゃないかと思ったわけで・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 買い求めてきた家内にしても、まさか花木に疎い私が「鉄刀木」という名前を口にするとは思っていなかったらしく、「あら、よくわかったわね」と・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 なめるなよ、と・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

錯覚

   20130417001

 

 先日、千葉県の銚子市内を走っていたら、こんな光景を目にしました。

 

 コンビニの屋根の上に、ナニやら看板が見えるというモノなんですが、こんな光景は特に珍しいものではないんじゃないかな (^^;

 

 この看板は、コンビニの屋根に設けられているモノではなくて、実は、コンビニの背後にある道路の看板がコンビニの屋根越しに見えていただけなんですが、あんまりピッタリはまっているものですから、それほど違和感はないと思いませんか (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ある建築物が見る角度によって様々な趣を見せるというのは、たとえば千住の「おばけ煙突」が有名ですが、そこまでではなくても、こんな身近にもチョッとした目の錯覚があるのを知っていただきたくて、こんな写真をわざわざ撮ってみました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20130417002 20130417003

 

 実際には、こんな感じの配置になります。

 左側の写真は、もう少し右によって撮ったもの。

 右側の写真は、反対側から撮ったものです(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

アヤメ

20130423001 20130423002

 

 昨日、千葉県の香取市内で見かけたアヤメです (*^.-^*)♪

 

 藤やツツジなど、初夏を感じさせる花を見かけるようになった今日この頃、アヤメが咲いているのを見かけたので車を止めて写真に収めてきました。

 単にアヤメの花というだけなんですが、なんとなくイッキに季節が進んで、夏めいてきたような感じを受けました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

誕生日

 毎年毎年のことで恐縮ですが、今年も私の誕生日が巡ってきました・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 この正月から、一応、55才と言ってはいますが、今日で確かに
満55才になりました。

 私くらいの年齢になりますと、自分の誕生日をめでたいと素直に喜べない気の毒な人も少なくないようですが、少なくても私はいくつになっても誕生日は嬉しいし、めでたいと思う一人です。

 

 ところで、映画評論家として有名な淀川長治氏は、自分の誕生日をめでたいとは思わなかった一人だそうです。

 淀長さんがおっしゃるには、「私が生まれた日は、母親がたいへんな苦しみの中、自分を生んでくれた日なわけで、そういう日に母親に対する感謝を忘れ、めでたいめでたいと浮かれている人の気が知れない」と・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 まぁ、淀長さんのおっしゃることもわからないでもないですが、だからといって自分の生まれた日をめでたいと思えないようでは、本末転倒のような気もします (ノ_-;)ハア…

 母親に対する感謝は感謝として、「誕生日」というのは、やはりその人がこの世に生を受けた日ですから、それは素直にめでたいと喜んでいいんじゃないでしょうか・・・

 

 そして、このトシまで無事に過ごしてこれた事にも、有り難いと感謝しなければバチが当たると私なんかは思うんですが・・・ (^_^ゞポリポリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

河内のオッサンの唄

 私が高校生だった頃の70年代半ば、「河内のオッサンの唄」というおもしろい歌が流行ったことがあります。

 

 同曲のヒットで、映画まで作られましたが、その後はほとんど耳にすることもなく、2~3年で消えてしまった不思議な作品でした (;^_^A アセアセ・・・

 先日、本当に何十年ぶりかにラジオでこの曲がかかり、そういえば、昔こんな歌が流行ったことがあったコトを思い出したんですが・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 下がその動画なんですが、ご存じない方がいらっしゃったら、一度お聞きになってみてください(笑い)

 

 

 下に貼り付けた歌詞の通り、河内弁と呼ばれる大阪東部で話されているという、少々キツく聞こえる会話が歌詞の全てなんですが、私は近畿とか関西とかにはほとんど縁のない人間なので、ホントにこんな会話が彼の地で日常的に交わされているのかは不明です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

  河内のオッサンの唄

 

 おー、よう来たのワレ まあ上がって行かんかい
 ビールでも飲んで行かんかいワレ
 久しぶりやんけワレ 何しとったんどワレ
 早よ上がらんけ オンドレ何さらしとんど
 河内のオッサンの唄 河内のオッサンの唄

 これから暑いのワレ 仕事がエライのワレ
 もっと飲まんけ オンドレ何さらしとんど
 明日は休みやんけワレ
 男はもっと飲まなあかんど
 しっかりしとらんけワレ 何さらしとんど
 河内のオッサンの唄 河内のオッサンの唄

 今日の競馬は取ったんけ 今日は良う荒れたのうワレ
 ワイは全然さっぱり あかんかったやんけ
 おまんとこのおかん元気け 連れて来たったらいいのにワレ
 ごっつう久しぶりやんけ

 おいカカア、もっとビール持ってこんかい
 何さらしてけつかんじゃい 裏の家かてもっと良う働くど
 あんた今冷やしてまんね
 あんまりうるそう言わんといてんか うちかて忙しいんやでワレ
 河内のオッサンの唄 河内のオッサンの唄

 オイ、ワレ 男っちゅうもんわな
 酒の一升も飲んじゃってさ 競馬もやっちゃってさ
 その為にさ 思いっ切り働くんじゃいワレ
 てやんで べら坊めやんけ

 やんけやんけやんけやんけ そやんけワレ
 ワレワレワレ そやんけ
 やんけやんけやんけやんけ そやんけワレ
 ワレワレワレ そやんけ
 河内のオッサンの唄 河内のオッサンの唄

 オイ、ワレもう帰るんけ 気ぃ付けて帰ったらんかい
 前のドブ川にはまったらあぶないどワレ
 また元気で仕事しようやんけワレ
 働いて働いて 銭ためて 蔵建てたろうやんけ

 やんけやんけやんけやんけ そやんけワレ
 ワレワレワレ そやんけ
 やんけやんけやんけやんけ そやんけワレ
 ワレワレワレ そやんけ
 河内のオッサンの唄 河内のオッサンの唄

 河内のオッサンの唄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

復刻ユニ

     20130420002_2

 

 この週末のソフトバンクホークスですが、大阪にある京セラドームでオリックスとの3連戦を行なっています。

 このカードですが、「OSAKA CLASSIC 2013」と銘打った粋な企画が実施されており、古い近鉄ファンのみならず、ホークスファンのハートをも鷲づかみにしています o(*^▽^*)o~♪

 この企画は、かつて大阪をホームとして戦っていた両チームの前身である、南海近鉄の1980年代のユニホームを着て戦うというもので、私は40年近くホークスを応援していますから、もちろんこのユニホームも知ってはいますが、なにぶんパ・リーグ贔屓の悲しさとして、当時は球場に行くしか観戦手段はありませんでしたから、緑のユニホームがグラウンドで躍動している様は、プロ野球ニュースで見るのがせいぜいで、テレビですら実際に観たことは一度もありません (^^ゞ

 したがって、この企画も、私にとっては懐かしいというよりも、新鮮な気持ちの方が勝りまして、金曜と土曜の試合も楽しく観戦させていただきました
 もちろん、ネット配信の動画で・・・ですが (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

  20130420001

 

 写真は、そのネット動画での試合の様子なんですが、どうです、楽しそうな試合でしょ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

20130420003 20130420004

   20130420005

 

 両チームの帽子に描かれた、「猛牛」「NH」のマークが、ナンともいえないくらい輝いて見えませんか ヽ(^◇^*)/

 こういうファンを大事にする企画は、大歓迎です o(*^▽^*)o~♪

 

 「OSAKA CLASSIC 2013」は、ここまで1勝1敗のタイ。

 3戦目となる今日のデーゲームは、ホームの近鉄か、それともビジターの南海か、どちらが制して勝ち越すのか~ ヽ(^o^)尸

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

田植え2013

   20130419001

20130419002 20130419003

 

 写真は、一昨日撮ってきたもので、場所は千葉県の香取市内です。

 今年も田植えの季節が巡ってきたようで、香取市内ではそこここで一斉に田植えが始まったようです。l

 

 毎年、季節ごとの風物詩に出会うことを楽しみにしていますが、中でも「田植え」とか「稲刈り」とかは特別で、それはやはり、私が農村で生まれ育ったからなのかもしれません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 田んぼとかとか、そういうものが広がっている田園風景は、私にとっては心がなごむ「原風景」とでもいうんでしょうか、見ているだけで落ち着くんですよね~ o(*^▽^*)o~♪

 

   20130419004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

甲斐武田氏発祥の地

 20130418001

 

 先日、仕事でよく行く納品先の近所に、「甲斐武田氏発祥の地」というのがあって、前から気になっていたのでチョッと寄り道してきました (^^ゞ

 

20130418003  「甲斐武田氏」といえば、言わずと知れた武田信玄を指すことばですが、ここは山梨県ではなく、甲府からは直線距離で約200km近くも離れた茨城県のひたちなか市ですから、どうしてこんなところに「甲斐武田氏発祥の地」ナンて看板があるのだろうと、ずっと訝かしんでいました (;^_^A アセアセ・・・

 

 

 なんでも、平安時代の末期、源義清がこの地に居を構え、地名の「武田」を自らの名字にしたのが武田氏の始祖ということですが、その後義清親子は、武田郷周辺の豪族との間での勢力争いが咎められ、その結果として甲斐の国に流されたのが、武田氏が甲斐に土着する始まりになったということです。

 

 それはともかくとして、下は先日撮ってきた「武田氏館」の写真です。

 こぢんまりとした館で入館料も無料ということで、せっかくですから寄らせていただきました (^^ゞ

 

20130418004 20130418007

20130418005 20130418006

 

 最後の人形の写真は、義清と清光の親子です。

 

20130418002

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

新しい愛車

20130417012  2008年の2月に購入した愛車ですが、走行距離もすでに35万kmを超え、いろいろとガタも来ていますし、先日の冷却水漏れというアクシデントもありまして、さすがにこれ以上乗り続けるのは難しいかなと、不安が頭をもたげ始めたこともあって、そろそろお役御免の時期かもと考え始めていた矢先、たまたま通りかかった中古車屋さんの店先に並んでいるバンが目に入り、妙に心惹かれたモノですから、チョッとイロケを出して覗いてみました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 多少年式も古いですし、走行距離も12万kmを超えているということもあって、車検を付けて30万円でどうですかと言われ、いろいろと考えた結果、購入する事を決めました (^◇^;)

 

 もちろん、仕事で使う車を乗り換えるわけですから、そこは新車に越したことはないわけですが、私が新車を購入したのは、この仕事を始める時と、今の車の2台だけで、その間に3台の中古車に乗って仕事を続けてきた過去があり、今さら新車でなければというこだわりはありません。

 理由は、やはり安いからというその一点に尽きますが、この不景気な状況では、新車の半分以下の価格で乗り出せる中古車は、やはり大きな魅力でもあります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 それに、今乗っているスバルのサンバーという、同じ車種であることも購入の決め手になりました。
 12万kmも走っているとはいえ、まだまだ2~3年は十分に乗れると判断してのコトですから、勝手知ったスバルのサンバーでしばらく様子を見たいというのも、中古車の購入を決めた大きな理由でもあります (^^)v

 それに、景気がよくなって売上げも伸びてくれば、あらためて新車を購入すればいいだけのことですから(笑い)

 

20130417011  昨日納車された新しい愛車が写真の車なんですが、長く親しんできた「パネルバン」と呼ばれる車種ではなく、一般的によく見かける「1BOX」タイプの軽トラです。

 中古車市場では、パネルバンはほとんど見かけないので、背に腹は代えられないというほどではありませんが、今回はこのタイプの車にしました (^_^ゞポリポリ

 運転のしやすさでは1BOX車の方が断然上ですが、荷物を運ぶということを考えると、やはりパネルバンの方に軍配が上がります (^_^;

 

 それはともかくとして、昨日は納車されたこの車にカーナビやETCを取り付けるなど、今日からの仕事に備えていろいろと準備に勤しみました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 中古とはいえ、新しい車ですからこれからの仕事が楽しみでなりません(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

グルグル

 最近、妙に耳についてアタマの中をグルグルと回っている曲があります・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 特に好きだとかいうわけでもないんですが、気がつくとサビのメロディが口をついて出てくる始末・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 きゃりーぱみゅぱみゅの、「にんじゃりばんばん」という作品がソレなんですが、アーティスト名もワケがわからなければ、曲のタイトルも何のことだかサッパリというワリには、作品のインパクトの強さはハンパでないというか・・・ (^◇^;)

 

 下に、動画を貼り付けておきましたので、気になった方はクリックしてお聞きになってみてください (o^∇^o)ノ

 

 

 ハッキリ言って、私なんかにはナニを訴えたいのか、まったく意味不明の作品なんですが、それでも耳に残って思わず口ずさんでしまうというのは、やはりこの曲の持っているパワーがハンパでなく、魅力的だというコトなんでしょうかね(笑い)

 

 あ~、またアタマの中をグルグルしている~ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 どうにかしてくれ~ (^◇^;) ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

119

     20130405012

   20130405011

 

 写真は、先日千葉県の旭市内で見かけた消防車です。

 ナンバープレートを見ると、「119」となっていまして、なるほどと(苦笑)

 

 以前と違って、今は誰でも好きな番号を選ぶことができる「希望ナンバー制」が取られていますから、こういうナンバープレートを付けている車を見かけたからといって、それほど珍しい事でも、驚くようなことでもありません。

 それでも、消防車「119」というナンバープレートを付けているというのは、わかりやすくていいと思いますし、アタマの固い公務員にしては粋な計らいだとも思います (*^.-^*)♪

 

20130405013 20130405014_2

 

 一方、こちらの車は、希望してこのナンバーにしたのか、あるいは偶然にこのナンバーになったのかは、端から見ただけではよくわかりませんが、こういうナンバープレートを付けている以上、オーナーはイヤでも「119番」を意識しないわけにはいかないでしょうね (^◇^) 。。。ケラケラ

 もしかして、消防関係者の乗るマイカーだったら笑えますが、いかに仕事に誇りを持っている人でも、はたしてそこまでしますかねぇ (^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

ムンク

 今年は、ムンクの生誕150周年にあたるそうで、ムンクを取り上げたイベントを行なっているところもあるようです。

 東京都渋谷区に在る、渋谷ヒカリエ内の「カフェ ムンク」も、期間限定ではありますが、ムンクをメインに掲げたお店だそうで・・・ (^_^ゞポリポリ

 

20130415002  その「カフェ ムンク」のウリの一つが、福島県の西会津町で作られている「起き上がりムンク」だと報じられています (*^.-^*)♪

 「起き上がりムンク」は、起き上がり小法師に、ノルウェーの画家であるエドワルド・ムンクの代表作として有名な「叫び」を描いたモノということで、なかなかユニークでおもしろいなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20130415003  そもそも、「起き上がり小法師」は、「赤ベコ」と並んで会津の伝統的な民芸品です。

 「赤ベコ」は魔よけや厄よけに、
「起き上がり小法師」は無病息災や家内安全にと、いずれも縁起物として古くから会津の人々に愛され、親しまれています。

 

 どちらの品も、会津の土産物屋なら、ごく普通に売られている、定番中の定番的玩具です (*^.-^*)♪

 

 しかし、ムンクを報じるニュースの中で、まさか会津の名前を耳にするとは思いませんでしたよ(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

シャトー

   20130416001_2

   20130416002_2

 

 プライバシーもありますから、敢えてどこだか、場所は申しませんが、上の写真は2枚とも個人の住宅を撮ったものです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 下の写真は、住宅兼事務所を兼ねている自営のお宅ですから、厳密に言えば個人の住宅とは言い難いのですが、それでもここで生活しているわけですから、個人の住宅には違いないワケで・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 ラブホとかテーマパークなどのような特殊なケースは別として、こういうお城ふうの建物を自宅として造ろうというのは、どんな思いからなんだろうと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 ただでさえお城ふうの建物は目立つと思うのですが、普通の住宅地の中に、こんなハデな家が建っていたら、目立つというよりも、周囲から浮いちゃうんじゃないかと凡人の私なんかには思えてならないのですが・・・(笑い)

 夢があるといえば、確かにそうなんでしょうが、どうなんでしょう、私にはとても落ち着いた生活はできそうもありません (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 ところで、シャトーといえば、半世紀近く前に流行った「ブルー・シャトウ」を私は思い出します (^_^ゞポリポリ

 お酒好きな方なら、ワインを連想するのでしょうか・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

ドナドナ

     20130413001

   20130413002

 

 先日、千葉県の旭市内で見かけた光景です。

 

 旭市は、養豚業が盛んで、アチコチに新鮮な豚肉を販売している直営店が存在します。
 いわゆる、野菜の産直販売所の豚肉版のようなお店が多いわけで、4年前にも「ミートプラザ HIGATA」というタイトルで、ヒイキにしている豚肉の直売所を紹介させて頂いた事があります。

 この「ミートプラザ HIGATA」も昨年の暮れに、近所ではありますが移転を行ない、前よりは若干手狭になったような感じで営業を続けています。
 もちろん、引っ越した今でも、我が家ではヒイキのお店であることに変わりはありません (^^)v

 

20130413003  写真は、その旭市内で見かけたブタさんの集団移送なんですが、生産地となる養豚場と食肉加工場が比較的近いからなんでしょうか、普通ならこんな感じのチョッと大きめのトラックで、かなり大規模な移送になるんですが、この日見かけたトラックは1.5tと、家畜の移送にしては小さめのトラックで、少々意外な感じがしました。

 

 こういう光景は、「ドナドナ」に代表されるように、なんとなくもの悲しいものを感じる方も多いのでしょうが、私は豚肉が大好きでして、そういう思いを抱くよりは、美味しいお肉になってねと思うのが常です (;^_^A アセアセ・・・

 この日も、後ろを走っている私をジッと見つめるブタさんたちに、心の中でエールを送っている私がいました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

子猫

       20130412001_2

     20130412002_2

   20130412003_2

 

 先日、千葉県内の某所を走っていた見かけた「子猫」なんですが・・・ (^^;

 

 ご覧のように、ベニヤ板かなんかを切り抜いて作ったモノで、私は見事に騙されてしまいました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 誰が作ってここに置いたモノかは不明ですが、ナンとも悪趣味で迷惑なシロモノだなと・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 よく見れば、確かに作り物だとわかるんですが、初めてこれを見かけたドライバーは、おそらく道端に子猫がたたずんでいるものと思うだろうと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 こんなモノを作って道端に置いた作者は、いったいナニを考えているんでしょう・・・

 

 自宅の前とかならまだしも、こんな田んぼや畑だらけでナニもない、農道みたいな道端にわざわざ置くなんて、本当に傍迷惑なシロモノだと私は思います・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

集合写真

     20130411002

   20130411001

 

 写真は、昨日某所で見かけた写真撮影の光景なんですが、場所が看護学校ということと、4月というこの時期を考えると、おそらく今年度の新入生なんでしょうか・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 そういう目で並んでいる彼等を見ると、なんとなく初々しさを感じてしまいます(苦笑)

 

 何はともあれ、初心貫徹というか、今日のこの日を忘れることなく、一人前の医療従事者になって社会に貢献して頂きたいものです (*^.-^*)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

二刀流

 今年もプロ野球が開幕して、早くも半月近くが過ぎました。

 

 そんな今年のプロ野球界にあって、話題の一つがタイトルにも掲げた「二刀流」です。

 言わずと知れた、日ハムの大型新人、大谷翔平「打者」
「投手」との両立を指したことばなんですが、そのいずれの素質もが際だっていることは誰もが認めるところであり、だからこそ、世間は何かとかしましい・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 しかし、しょせんは他人事ですから、様々な人が無責任に好き勝手なことを言っているようですが、今のところ、「二刀流」には否定的な意見が主流のようです。

 曰く、アマならともかく、プロの世界はそんなに甘いモンじゃないよとか、どっちつかずだと本人のためにもならないから、早くどっちかに決めて育てた方がいいよとか・・・ (^_^;

 

 しかし、私は思うのですが、どうして人は過去の例にムリヤリ当てはめようとするんだろう・・・ (ノ_-;)ハア…

 これまでに成功した例が無いからといって、これからも成功する人が出ないとと誰が言い切れるんだろう。

 何事も、まずはやってみる事が大事なんじゃないだろうか。

 

 やってみる前から、あれはダメだとか、それはムダだとか、そういう否定的なことを言ってみても、得るモノは何も無いのではないか。

 例えば、イチローというスーパースターが居ますが、彼がオリックスに入団した当時、土井を始めとするダメ首脳陣から自身の振り子打法を否定され、バッティングフォームを治さない限り使わないと言われて2軍で冷や飯を食っていた時期がありました。
 イチローもガンコですから、そういう偏見には頑として抵抗したわけですが、2年後に監督が土井から仰木へと代わり、その年が「イチロー」という偉大なバッターが誕生した元年となったのは周知の事実です。

 仰木は、イチローの振り子打法を否定せず、好きに打っていいよと言っただけでなく、鈴木一朗という名前があまりにも地味だからと、登録名をカタカナの「イチロー」にして世間の注目度を上げました。 
 もし、イチローの振り子打法を認める仰木という監督が存在しなかったら、イチローというスターがこの世に存在したかどうかは疑わしいワケで・・・

 

 つまり、どんなに才能があるアスリートであろうと、それを認めて起用してくれる人がいなければ輝くことはないわけで、大谷翔平だって、投手だけとか打者だけとか、そういう次元で止まるような選手だと誰が言い切れるんだろうと私は思うわけですよ。

 まずは大谷の可能性を信じて挑戦させてやることが、彼を与る指導者としての責任であり、仕事ナンじゃないかとね。

 

 私ゃ、別に大谷のファンでもなければ、日ハムを応援しているわけでもありませんが、もしかしたらプロ野球界の宝となるかもしれない原石を、磨かないままに放っておくのは、関係者の怠慢以外の何ものでもないと思うんですがねぇ・・・ q(`o')ブー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

常識

   20130408001

 

 土曜日の夜、新しく始まった「裸のアスリート2」という番組を見ました。

 

 第1回目の放送となる6日は、「市民ランナーの星」と呼ばれている川内優輝を取り上げていまして、なかなか興味深く見させて頂きました。

 放送の柱は、川内のマラソンへの取り組み方がこれまでの「常識」とは大きくかけ離れていることから、その裏側を白日の下に晒し、川内にとってのマラソンとはいったい何なのかを探ろうというもの・・・

 

 番組の中でも語られていましたが、一般の実業団ランナーの場合、フルマラソンの大会に出場するのは、年に2回ほどなんだそうですが、川内は昨年、9回もの大会に出場したそうです (^^;
 その他にも、6本のハーフマラソン、1本のウルトラマラソンに参加しています。

 圧巻なのは、今年の2月に行なわれた「別大マラソン」で、優勝した川内は、実はその半月前にも招待選手としてエジプトのフルマラソンを走っており、6度目のフルマラソン優勝を果たしています。

 普通なら、フルマラソンを走ったランナーが、半月後に別のフルマラソンの大会に出るナンてことはあり得ないわけですが、どうして川内にはそういう人間離れしたコトが出来るのか・・・

 

 県庁職員の川内にとって、仕事とマラソンを両立させることは並大抵のことではない。
 事実、実業団に所属する恵まれたランナーたちと比べれば、走り込む練習量は半分にも満たないという。

 もちろん、川内クラスのランナーともなれば、実業団からの誘いも多く、川内がその気になりさえすれば、いつでも市民ランナーを卒業してマラソン一本の生活に入ることは可能だそうですが、川内にはそういう考えも選択肢も無いんだそうで・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 番組では、川内がどうして実業団に所属せず、市民ランナーにこだわり続けるのか、その辺りの事情にも触れていました。

 川内は、埼玉県内でも陸上の強豪校といわれる春日部東高等学校に進学し、長距離の練習に明け暮れていたんだそうですが、当時はケガばかりしていてほとんど無名の選手だったといいます。

 チームメイトが当たり前のように箱根駅伝の強豪校に進学するのを尻目に、川内は陸上では無名の学習院大に進みます。

 そこで培った陸上生活が、川内の原点だと番組は語っていました・・・

 高校時代の時のようなハードな練習とは無縁の、伸び伸びと楽しみながら走ることを知った川内は、以来、管理されたハードな練習を避けるようになります。
 指導者から与えられるメニューを消化することで、オーバーワークになることを避けたかったんだと思います。

 

 楽しみながら走る・・・
 口でいうのは簡単ですが、実際にそれを実行するとなると、どれほどの選手が出来ているのだろう。

 川内は、走ることがとにかく楽しいと口にします。

 多くの選手にとっては、真剣勝負の舞台であるマラソンの大会も、川内にとっては楽しみの場でしかないという。
 普段は練習相手もいない、孤独な市民ランナーの川内が、大会に出ると有名なランナーや実力者たちと一緒になって走ることができる。
 それが楽しいと川内は語る。

 

 最後に、川内が語ったことばが重かったです。

 「常識」にとらわれ、その枠からはみ出す事を恐れるな。
 人間には、限りない可能性があるわけだから、「常識」にこだわるあまり、縮こまった人間になってしまってはダメだと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 付和雷同が国民性でもある日本人にとって、他人がやっていないことをするということに、不安とか恥ずかしさとかを感じないといったらウソになるだろう。
 周りと一緒になって、同じ事をしている方が安心だし、楽なのはいうまでもない。

 しかし、他人と同じ事をしていても、そこからアタマ一つ抜け出すことは難しい。
 だからこそ、自分で考え、自分に合った努力が必要なのではないか!

 この番組を見て、私はそんなふうに思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

さわら雛舟

   20130408007

 

 昨日、千葉県の香取市内に「さわら雛舟」を観に行ってきました。

 

 この「さわら雛舟」というのは、「さわら雛めぐり」というイベントの一環で行なわれるもので、煌びやかな雛衣装に身を包んだお内裏様とお雛様一行が、雅楽の美しい音色とともに舟に乗って小野川を巡航するというもので、私はそんな催しが行なわれていることは全く知りませんでしたが、毎年行なわれているイベントのようです。

 今年はその存在を知ったので、せっかくですから家内を伴って見物に行って来ました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 下は、昨日撮ってきた写真の一部ですが、なかなかに楽しめる企画でしたよ (*^.-^*)♪

 

20130407011 20130408002

   20130407012

20130408004 20130408003

 

 ご覧のように、お雛様の役に扮した一行が、それぞれ別々の船に乗り込み、船列を組んでゆ~ったりと川を下って行く様は、なんともいえない風情がありました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20130408005 20130408006

 

 ただ、いったん下った後、それぞれの舟は乗船場となっている伊能忠敬旧宅前まで戻ってくるのですが、私を始めとする見物客たちは、下った時と同じように、竿を差しながらゆったりと戻ってくるとばかり思っていたら、船外機を使ってモーターボートよろしく勢いよく走ってきたのにはビックリしました(笑い)

 おそらく、土曜日が嵐だったために川の水が増し、風も強く吹いていたので、人力で川を遡るのは困難と判断しての事だろうと思うのですが、行きと帰りとのギャップの差に、見物客たちの笑い声が絶えませんでした (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 下に、その様子を録った動画を貼り付けましたので、よかったらご覧になってみてください (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

恋するお昼

 昨日の「鯉のぼり」に続いて、今日も「コイ」つながりの話題を一つ・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 「コイ」といっても、今日は「鯉」ではなく、「恋」の方なんですが・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

   20130407002

20130407001 20130407003

 

 半年前に、「恋豚」という記事で「恋する豚研究所」というユニークな施設を紹介させていただきました。

 その後、この施設は予定通りの営業を開始したようですが、表面上は営業しているのかいないのか・・・ というよりも、ナニをやっているのかわからないような胡散臭さをプンプンとさせまくっているアヤシ~イ施設なんですが、今月に入ってこんな活動というか、新しい商売を始めたようで・・・ (^◇^;)

 お昼ご飯の直売というと、食堂のような外食屋さんではなく、お弁当屋さんのようなファストフードのお店というイメージなのでしょうか (?。?)

 花輪に書かれた名札を見ると、「食堂・直売所」となっていますから、もしかするとその両方を行なっているのかも知れませんが、中に入って確かめる勇気は私にはありませんから、ハッキリ言ってどうでもいいことではありますが、多少気にはなります・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 いずれにしても、こんな山の中に、こういうワケのわからない施設がポツンと建っているというのは、地元民としてはあまり気持ちのいいものではありません (;^_^A アセアセ・・・

 中身の見えない施設というのは、どうしても新興宗教まがいのアヤシサがつきまとうワケで、不気味でしょうがありません (ノ_-;)ハア…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

袋の鯉

20130406001 20130406002

 

 5年前にも、「鯉のぼり」という記事で、千葉県は旭市に在る「袋溜池」に舞う鯉のぼりを紹介した事があるんですが、今年も溜池のの上空をたくさんの鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいるのを見かけました o(*^▽^*)o~♪

 

 あれ以降、鯉のぼりの季節に旭市を訪れたことはなくて、この溜池の鯉のぼりがどういう状況だったのかわかりませんが、今年の溜池の鯉のぼりは、5年前から比べれば規模は小さいものの、例年通りの鯉のぼりが飾られたようです (*^.-^*)♪

 

 この時期、そこここで鯉のぼりが舞っているのを見かけますが、ナンというか、風物詩として毎年楽しませてもらっています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

川岸

   20130405001

20130405002 20130405003

 

 写真は、千葉県は旭市内で見かけた薬局です。

 

 「川岸薬局」という名前なんですが、私は最初、「川岸」という名前の人が経営しているからそういう名前なんだろうと思っていたんですが、実際にその店を訪れてみて、なるほどと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 ご覧のように、お店の前には川が流れており、それで「川岸薬局」という名前なんだなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 さしずめ、「リバーサイドホテル」みたいな感じの、安直な命名なんですかね ヾ(;´▽`A``

 

 ただ、それだけのコトなんですが、なんとなく話のネタにはなるんじゃないかと・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

尼崎の桜

 一昨日・・・
 つまり、4月2日のコトになりますが、兵庫県の尼崎市に仕事で行って来ました。

 

   20130404001

 

 写真は、尼崎市内で撮ったソメイヨシノですが、今まさに満開の様相を呈していました (*^.-^*)♪

 

 すでに関東ではピークを過ぎ、あとは散りゆくのを惜しむだけ・・・
とまでは言いませんが、今年の桜は、ナンか早く咲いたワリには、いつまでも咲いているなぁと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 得した気分が続いています(苦笑)

 

   20130331002

 

 上は、先月の末に成田空港の近くで撮った写真なんですが、開花してからすでに半月、まだまだ見事なもんでしょ (*^.-^*)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

ニャンコ

20130403001 20130403002

   20130403003

 

 写真は、先日銚子市内で仕事をしていた時に遭遇したニャンコです (;^_^A アセアセ・・・

 

 道路の先に、たたずんでいる姿を見かけたので、若干スピードを落としながら近づいて行ったのですが、相手も動物ですから、車が近づけば引き返して向う側に逃げるだろうとタカをくくっていたら・・・

 

 ナンと!!!

 

 いきなり車の目の前に
飛び出して来やがって・・・ (゚◇゚;)!!!

 

 猫というのは、どうして危険の迫っている方にわざわざ動き出す習性があるんだろう・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 犬が道路で轢かれているのを見かける事はそれほど多くはないんですが、猫の死骸はしょっちゅう見かけます (;^_^A アセアセ・・・

 それほど、猫はドライバーにとっては天敵です・・・ (__;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

連係プレー

 先日、東京の日本橋に仕事で出かけまして、納品先が工事現場だったものですから、現場側の段取りとか都合とかもあって、しばらく現場の入口付近で待機を命じられました。

 

 下は、そんな時に到着したトレーラーをガードマンが誘導し、工事現場内へと入れる一連の模様を撮った写真なんですが、この道路は銀座へと続く「中央通り」と呼ばれる、都内でも有名なメインストリーで、往来する車や歩行者もけっこう多いのに、一発でゲートの中へとバックで入れてしまうトレーラーの運ちゃんと、それを誘導するガードマンたちの連係プレーに、私は感動すら覚えました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 こういうのを指して、プロの仕事と言うんでしょうね o(*^▽^*)o~♪

 

 連写で撮った写真を並べただけですから、冗長で退屈な記事ではありますが、よかったら見てやってください (^_^ゞポリポリ

 

   20130402001

 

 道路の先は、日本一の繁華街とも言われる、銀座の中央通りで、写真の奥には「日本橋高島屋」の看板も確認できます。

 写真のすぐ背後には、日本の道路の起点となる日本国道路元標がある日本橋と、「日本橋交差点」とが在り、文字通り、都心の大動脈といえる幹線道路です。

 

 

20130402002 20130402003 20130402004

20130402005 20130402006 20130402007

20130402008 20130402009 20130402010 20130402011

20130402012 20130402013 20130402014

20130402015 20130402016 20130402017 20130402018

20130402019 20130402020 20130402021 20130402022

20130402023 20130402024 20130402025

 

 その中央通りで繰り広げられた3分弱の入構劇ですが、あまりにも鮮やかでスムースに行なわれた一連の作業に、私はただただ驚嘆するだけで、感嘆の声しか出ませんでした・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 こんな貴重なシーンを、目の前で見せてくれたトレーラーの運ちゃんとガードマンに、あらためて感謝です (o^∇^o)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

しょう油

 手前味噌と言ってはナンですが、私は「しょう油」が大好きでしてね、たいていのモノならしょう油をかけて食べるのが常です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 たとえば、トンカツなどの揚げ物も、ソースではなくしょう油をかけて食べることの方が多いくらいです。

 

 そういう、しょう油大好き人間の私から見ると、天ぷらにソースをかけて食べるのが一般的という大阪人の感覚は全く理解できません (^◇^) 。。。ケラケラ

 私の場合、天ぷらはしょう油をかけて食べるのが圧倒的に多く、素材によっては塩で食べる事もありますが、天つゆで食べる事はまずありませんし、ましてソースをかけて食べようとは全く思いません。
 もちろん、天ぷらにソース派という人が相当数存在するということは、それはそれで美味しいんでしょうが、だからといって天ぷらにソースというのは、私から見れば邪道以外の何ものでもありません。

 

 そんな私が住む千葉県というのは、しょう油王国と言ってもいいくらい、しょう油メーカーが多く、市場に占める割合も他県を大きく引き離しています (^^)v

 全国に占める千葉県のしょう油生産量は、35.11%と2位の兵庫県をダブルスコアで圧倒し、この二県だけで全国の生産量の約半分を占めるほどです。

 第一、業界1位のキッコーマン食品を始め、2位のヤマサ醤油も、3位のヒゲタ醤油も、大手メーカーと呼ばれる上位三社は全て千葉県内に在りますし、他にも中堅どころのキノエネ醤油や、規模は小さいながらも、ちば醤油宝醤油宮醤油などというしょう油メーカーも多数存在します。

 


より大きな地図で 千葉県の醤油メーカー を表示

 

 私も仕事がら、野田市のキッコーマンや、銚子市のヤマサ醤油、ヒゲタ醤油、宝醤油などの工場に品物を納品させて頂くことが少なくありません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 ということで、公私共々、「しょう油」にはよくお世話になっている私です (*^.-^*)♪

 

20130401002

 蛇足ですが、私は子どもの頃からしょう油といえばキッコーマンで育ってきまして、それは今でも変らないんですが、「キッコーマン」は英語だとずっと思っていましてね・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 第一、幼い頃からスーパーマンとかウルトラマンなどのヒーロー物を見て育ってきたので、「キッコーマン」も、よくある「○○マン」の類の一つだと思っていたわけですよ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 ところが、「キッコーマン」は、「亀甲萬」という日本語だという事を後に知ります (;^_^A アセアセ・・・

20130401001 いやぁ、キッコーマンのマークはよく見て知っているつもりでいたんですが、ソレと「キッコーマン」というブランド名とが結びつかなくて、とんだ勘違いをしていました・・・(苦笑)

 マークをよく見れば、真ん中に「万」という字の旧字体である「萬」が書かれており、それを囲んでいる六角形は「亀甲紋」ですから、どうしてそんな単純なことに気がつかなかったのかと、今から思えば赤面の至りです・・・ (;^_^A アセアセ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »