« 常識 | トップページ | 集合写真 »

2013年4月10日 (水)

二刀流

 今年もプロ野球が開幕して、早くも半月近くが過ぎました。

 

 そんな今年のプロ野球界にあって、話題の一つがタイトルにも掲げた「二刀流」です。

 言わずと知れた、日ハムの大型新人、大谷翔平「打者」
「投手」との両立を指したことばなんですが、そのいずれの素質もが際だっていることは誰もが認めるところであり、だからこそ、世間は何かとかしましい・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 しかし、しょせんは他人事ですから、様々な人が無責任に好き勝手なことを言っているようですが、今のところ、「二刀流」には否定的な意見が主流のようです。

 曰く、アマならともかく、プロの世界はそんなに甘いモンじゃないよとか、どっちつかずだと本人のためにもならないから、早くどっちかに決めて育てた方がいいよとか・・・ (^_^;

 

 しかし、私は思うのですが、どうして人は過去の例にムリヤリ当てはめようとするんだろう・・・ (ノ_-;)ハア…

 これまでに成功した例が無いからといって、これからも成功する人が出ないとと誰が言い切れるんだろう。

 何事も、まずはやってみる事が大事なんじゃないだろうか。

 

 やってみる前から、あれはダメだとか、それはムダだとか、そういう否定的なことを言ってみても、得るモノは何も無いのではないか。

 例えば、イチローというスーパースターが居ますが、彼がオリックスに入団した当時、土井を始めとするダメ首脳陣から自身の振り子打法を否定され、バッティングフォームを治さない限り使わないと言われて2軍で冷や飯を食っていた時期がありました。
 イチローもガンコですから、そういう偏見には頑として抵抗したわけですが、2年後に監督が土井から仰木へと代わり、その年が「イチロー」という偉大なバッターが誕生した元年となったのは周知の事実です。

 仰木は、イチローの振り子打法を否定せず、好きに打っていいよと言っただけでなく、鈴木一朗という名前があまりにも地味だからと、登録名をカタカナの「イチロー」にして世間の注目度を上げました。 
 もし、イチローの振り子打法を認める仰木という監督が存在しなかったら、イチローというスターがこの世に存在したかどうかは疑わしいワケで・・・

 

 つまり、どんなに才能があるアスリートであろうと、それを認めて起用してくれる人がいなければ輝くことはないわけで、大谷翔平だって、投手だけとか打者だけとか、そういう次元で止まるような選手だと誰が言い切れるんだろうと私は思うわけですよ。

 まずは大谷の可能性を信じて挑戦させてやることが、彼を与る指導者としての責任であり、仕事ナンじゃないかとね。

 

 私ゃ、別に大谷のファンでもなければ、日ハムを応援しているわけでもありませんが、もしかしたらプロ野球界の宝となるかもしれない原石を、磨かないままに放っておくのは、関係者の怠慢以外の何ものでもないと思うんですがねぇ・・・ q(`o')ブー!!

|

« 常識 | トップページ | 集合写真 »

野球を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二刀流:

« 常識 | トップページ | 集合写真 »