« 辛い | トップページ | 老害 »

2013年5月24日 (金)

国道349号

 今日は、先日、宮城県に仕事で行った時に、帰りに通った国道349号のご紹介です。

 別に、読んでおもしろいような内容ではありませんし、正直、同業のネッ友さんに対するオープンメールみたいな意味合いの記事になっています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20130524001

 

 どういう事かと申しますと、震災の影響で通行止めが続いている
国道6号の迂回路として、国道399号国道349号が使えないか見てきてもらえないかというので、チョッと様子を見てきました。

 国道399号は、通れれば迂回路としては申し分ないんでしょうが、いかんせん、帰還困難区域設定により、立入が制限されている区域があり、付近に手頃な迂回路はありませんから、ハナから除外させていただき、今回はより内陸部を通っている国道349号に的を絞っての報告になります。

 

 関東から宮城県の仙台方面へと向かう場合、一般道なら国道4号が、いの一番に候補に挙がると思うのですが、私の住んでいる成田辺りからだと、むしろ国道6号の方が便利というコトもあり、個人的にも好きなルートとして愛用してきました。

 距離的にも内陸部を通る国道4号より短く、海岸線に沿って作られている道路ですから平坦で走りやすいというのが好んで利用してきた理由です (^^)v

 

 しかし、件の大震災で、福島第一原発付近は立ち入り禁止となり、以来、国道6号は通行止めがズッと続いたままです (__;)

 通れなくなって、よけいに国道6号の有り難さが身にしみるわけですが、通れないモノは仕方がありませんから、他のルートを・・・となると、どうしても国道4号を選択するしか無いわけで (ノ_-;)ハア…

 そんな中、ネッ友さんから国道349号という名前が挙がりまして、そういえばあの道路、今はどんな感じなんだろうと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 私がこの仕事を始めた15年くらい前は、とにかく道を覚えるために、やみくもにアチコチの道路を走った記憶があります。

 国道349号も、茨城県内から福島県の中通りに抜けるルートとして、矢祭町までは今もよく利用しているんですが、矢祭町から以北の国道349号となりますと、昔、一度通ったことがあるのですが、その時には山の中を走る狭い道という印象しか残っておらず、国道とは名ばかりの山道というイメージで、通るに価しない悪路と判断してからは一度も通ったことがありませんでした (^^ゞ

 しかし、あれから10年以上も経っているわけですし、多少は事情も変わっていることも十分に考えられますから、後学のためにもチョッと様子を見てこようかなと・・・ (^^)v

 

 

 上は、宮城県の柴田町から、福島県の川俣町にかけて記録した、ドライブレコーダーによる車窓ですが、よほどの物好きでもない限り、こんな退屈な映像を見ておもしろいと思う人はいらっしゃらないでしょうが、先にも述べた通り、ネッ友さんに対する報告の一部ですから、それはそれでご容赦ください (;^_^A アセアセ・・・

 

 それはともかくとして、「国道349号」は、起点が茨城県の水戸市で、終点が宮城県の柴田町になります。

 つまり、今回の私のレポートは、終点から起点の方に向かって走り、その中の柴田町川俣町間という、ごく限られたものです。

 当日は、起点の柴田町から茨城県の那珂市まで、国道349号のほぼ全線を走ってみたんですが、福島県内の小野町から、古殿町、鮫川村辺りにかけてはけっこうな雨にも祟られたものですから、ドライブレコーダーも役にたちませんでした (^_^;

 

 走ってみての印象ですが、宮城県内は、丸森町の一部区間が狭くて走りにくかったものの、おおむね良好な道路でした (^^)v

 対して、福島県内は、伊達市内の梁川町、保原町、霊山町くらいまでは宮城県内の延長で走りやすかったんですが、月舘町辺りから南側は山の中を走る道路になりまして、それまでの平坦な道とは趣が全く違い、坂道も多く、道路も狭くなっていき、走るにはチョッと抵抗を感じました (;^_^A アセアセ・・・ 

 

 

 上は、そんな抵抗ある区間を象徴する動画です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 乗用車くらいまでのクルマならともかく、トラックなどでここを通るのは難儀するだろうなと (;^_^A アセアセ・・・

 それでも、工事でこんな状態なんでしょうから、おそらく工事が終われば道路も改良されて通りやすくなるのではないかと思えるのですが・・・

|

« 辛い | トップページ | 老害 »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国道349号:

« 辛い | トップページ | 老害 »