« 出来レース | トップページ | スノーシェッド »

2013年8月25日 (日)

同級生

 最近、気になっていることばがありまして、ソレがタイトルにも挙げた「同級生」というものです。

 「同級生」といえば、同じ教室で学んだ学友という事で、「クラスメート」ということばで置き換えることもできます (^^)v

 

 ところが、最近のスポーツ新聞には「同級生対決」という見出しが
しばしば目につきます (ノ_-;)ハア…

 曰く、楽天の田中巨人の沢村・・・

 曰く、阪神の藤浪日ハムの大谷・・・

 かつては、楽天の田中日ハムの斉藤もよく同級生と言われて比べられました。

 

 しかし、上に挙げた名前の面々は、同学年ではあっても、同じ学校に通ったことはありませんから、厳密に言えば「同級生」ではないはずなんですが、にも関わらず「同級生」として比べられがちです・・・

 ここで言うところの「同級」という意味を、「同じレベル」とか「同じ立場」とかの意味で使っているのだとしたら、「同級生対決」というのもわからないでもないですが、それであるならば、「同級対決」でいいと思いますし、わざわざ「同級対決」と言わなくてもいいんじゃないかと・・・

 

 私としては、「同級生」というのは、あくまでも「同じ教室」で学んだ学友のことを指すのであって、同じ学校に通っていてもクラスが違うとか、そもそも通っている学校が違うのであれば、それは「同級生」ではなく、「同期生」と言うべきだと思っています。

 ですから、楽天の田中巨人の沢村、あるいは日ハムの斉藤
 また、阪神の藤浪日ハムの大谷などは、「同級生対決」ではなく、「同期生対決」、あるいは「同学年(同い年)対決」と言うのが正しい表現ではないかと思う次第です。

|

« 出来レース | トップページ | スノーシェッド »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/57939578

この記事へのトラックバック一覧です: 同級生:

« 出来レース | トップページ | スノーシェッド »