« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

ツリーハウス

20130926007 20130926001

 

 成田市の「成田ゆめ牧場」のそばに、こんなツリーハウスが在ります。

 見物用に造った見世物というよりは、宿泊も可能なこぢんまりとしたバンガローもどきを、木の上にいくつか設けたツリーハウスのようにも見えるのですが、特にアピールするような看板もありませんで、もしかするとモデルハウスならぬ、モデルツリーハウスなのかもしれません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

        20130926002

20130926004 20130926003

 

 メインのツリーハウスは、1階部分に二つ、2階部分に一つ、
個室が設けられており、それぞれドアノッカーが見えますから、全体で一つのツリーハウスというよりは、別々のツリーハウスを組み合わせて作り上げたというように見えます。

 

20130926008_2 20130926005

 

 これらのツリーハウスの陰にも、さらに別の個室や、展望台もどきの小屋が作られているのが見えるので、けっこう大きなツリーハウスです。

 

 いつも、通りがかりに道路脇から眺めるだけなので、このツリーハウスの詳細は不明ですが、私もオトコですからねぇ、こういう
秘密基地もどきの建築物を見かけると、なんとなくワクワクしてきちゃってね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 私も子どもの頃、こんなりっぱなモノではありませんでしたが、山の中の木の上に、枝などを組み合わせて隠れ家を作って遊んだ経験もあるので、懐かしい思いにさせられるというか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 ゆめ牧場のそばに在るだけに、けっこう夢のあるシロモノではないかと・・・ (^_^)V。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月29日 (日)

椅子取りゲーム

 プロ野球のパ・リーグは、先日楽天が初優勝を決めましたが、
ペナントレースは終わったわけではなく、むしろ、より加熱してまいりました (;^_^A アセアセ・・・

 

 20130929001

 

 いうまでもなく、クライマックスシリーズ進出をかけたAクラス争いが熾烈を極めてきたからです。

 1位が楽天で決まってしまった今、残り二つの椅子を、ロッテソフトバンク西武の3チームで争うわけで、残り試合も10試合を切り、いったいどこが脱落するのか目を離せない状況になってきました (*^.-^*)♪

 それぞれのチームとのゲーム差は、「2」で、4ゲーム差の中に3チームがひしめく「椅子取りゲーム」の様相を呈してまいりました。

 

 おもしろいのは、この「椅子取りゲーム」に参加しているチームの監督が、いずれも西武出身者だという事です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 ロッテの監督は伊東勤監督。
 ホークスの監督は秋山幸二監督。
 西武の監督は渡辺久信監督。

 今年の5月にも「パ・リーグの監督」という記事でこの3人のことを語りましたが、その時にも語ったように、3人の中で一番監督としての資質に欠けているのが、私の愛するソフトバンクホークスを率いている秋山幸二であることは疑いの余地はありません (;^_^A アセアセ・・・

 しかし、今年のホークスはよく健闘してくれまして、ここまでの順位も3位と、なかなか頑張っている方だと思います (^^)v

 

 20130929002

 

 どのチームも、Aクラスに入るためには、もう一つも負けられないというところまで追い詰められていまして、昨日もソフトバンクは、西武と「負ければ4位転落」という、3位攻防戦を行ないまして、8回までに3-6と絶体絶命の崖っぷちから、追いつき、最後は延長サヨナラで西武を突き放しました ヽ(^◇^*)/

 

 こういう、胃の痛くなる戦いがもうしばらく続くワケで、ファンにとってもキビシイ終盤の戦いになるわけですが、選手たちにとってはそれこそ眠れないくらいの重圧がかかっているだろうと思われます (;^_^A アセアセ・・・

 ロッテ西武の残り試合は「8」
 ソフトバンクの残り試合は「6」

 幸いなことに、苦手なロッテとの直接対決はすでに終わり、比較的分のいい西武との直接対決が2つ残っているとはいうものの、
正直、3チームの中では、チーム状態の良さでは西武がアタマ1つ抜け出していると思うので、ロッテの椅子はおそらく間違いないとは思うものの、ソフトバンクの椅子は危ないんじゃないかと思っている私がいます (;^_^A アセアセ・・・

 

 いずれにしても、ロッテソフトバンク西武の、生き残りをかけた「三つどもえの椅子取りゲーム」は、ここからが正念場です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2013年9月28日 (土)

高齢運転者標識

20130927001_2 20130927004

 

 写真は、道路を走っていて見かけた乗用車です。

 ご覧のように、「高齢運転者標識」・・・
 一般的には「高齢者マーク」ナンて名前で呼ばれるマークを付けています。

 ただ、普通は前後に1枚ずつでいいところ、左側の車は後ろ側だけで5枚、右側の車は新旧のマークを左右に1枚ずつ、2枚も貼っています (^◇^;)

 

20130927002_3  こちらの車も2枚貼っていますが、おそらくは、これだけ貼ってあれば、回りの車の方で気を使ってくれるだろうと思ってのことだと思うのですが、そんなに自分の運転に自信が持てないと思うのなら、車なんか運転するなよと私なんかは思ってしまいます (^◇^) 。。。ケラケラ

 自ら運転技術がおぼつかないくらいの年寄りだと周囲にアピールしている車が道路を走っていたら、回りのドライバーは迷惑だと思うよ (ノ_-;)ハア…

 第一、こんなマークを免罪符よろしく、これ見よがしに貼り付けて、何かあったら自分にゃ責任はないよ、これが見えないのか・・・とでも言いたいのでしょうか (ノ_-;)ハア…

 

 これとは別に、「初心運転者標識」・・・
 いわゆる「初心者マーク」を複数枚貼って走っている車も時々見かけます。

 ただ、「初心者マーク」の場合は「高齢者マーク」とは違い、なんとなくほのぼのとした印象を受けてしまうのは私だけなんでしょうか・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20130927006  中には、「高齢者マーク」に加えて「初心者マーク」まで貼っているこんな車も見かけましたが、こういうのはどういうふうに解釈したらいいのか・・・ (^◇^;)

 まさか、お年寄りになってから運転免許証を取得したわけでもないでしょうが、おそらくは高齢で運転もおぼつかないから、「初心者マーク」を逆さに貼ることによって、ビギナーではないけれど、それと同じくらいの運転技術しかないという事を訴えたかったのかなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 運転していたのは間違いなくお爺ちゃんで、実にゆったりと慎重に運転していまして、それがために私を始め、後ろに何台か車がつながっているのに気付いて、道路の左端に車を止めて後続車をやり過ごしてくれました (*^.-^*)♪

 よく見ると、車の後ろが若干凹んでいたりして、なんとなく大丈夫なのかなと心配にもなりました (;^_^A アセアセ・・・

 

20130927005  しかし、営業ナンバーを付けた車は、
1枚ならともかく、「初心者マーク」を
複数枚貼るのは勘弁して欲しいなと・・・ (^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月27日 (金)

初優勝

 昨日、楽天が球団創設9年目で、初のパ・リーグ優勝を決めた。

 

 いやはや、今年の楽天には、ホント恐れ入りました・・・

 昨日の時点で、2位との差は9.5ゲーム差!
 貯金は、ナンと26!

 ぶっちぎりと言っていい、堂々とした優勝です。

 

 まぁ、セ・リーグの某球団から比べれば、それでも大した数字ではないのかもしれませんがね・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 楽天ファンの皆さん、

 本当におめでとうございます ヽ(^o^)尸

 

 

 来年は、そうはいかないぞ!!!

 

 あ、鬼が笑ってらぁ・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月26日 (木)

座布団

 大相撲秋場所の10日目、全勝の横綱白鳳を関脇の豪栄道が押し出しで破り、館内を大いに沸かせたと報じられた。

 

 一昨日のことですが、過去に1勝20敗と全く歯が立たなかった白鳳を相手に、豪栄道が大殊勲の白星を挙げました。

 それ自体はとても素晴らしいことで、奉杯レースも俄然盛り上げって来たんですが、取り組み後に館内に乱舞した座布団についてひと言・・・

 

 大相撲では、番狂わせの取り組みがあった時に、まぁ、主に横綱戦において・・・ ですが、観客が座布団を投げるのが一般的です。
 しかし、この座布団を投げる行為については賛否両論がありまして、大相撲協会では控えるようにと館内アナウンスもされます。

 

 私自身は、座布団投げは大賛成派の一人でして、アレは大相撲の文化の一つですから、危険だからとかどうとか、様々な理由を付けて止めさせるのは「野暮」以外の何ものでもないと思っています。

 

 なぜ番狂わせの取り組み後に座布団を投げるのか・・・

 元々は、タニマチやファンが、勝った方の力士に「天晴れ」という意味で、着ていた羽織を土俵に向かって投げ込んだのが始まりです。
 拾った羽織を持ち主のもとに持って行くと、代わりにご祝儀を渡すのが常でした。

 今では、羽織を着て観戦する人はほとんど居ませんから、投げるモノも座布団に変わり、ご祝儀を渡すことも無くなりましたが、こういう「伝統」と「文化」は大切にするべきだと個人的には思っています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 そんなワケで、今でも「よくやった~」という意味で土俵に向かって座布団を投げ込むわけですが、中には「バカヤロ~、ナニやってんだ~」みたいに、ヒイキの力士が負けたことの腹いせに座布団を投げ込むトンチンカンな野郎が居るのも事実でして、もしかしたら最近ではそういう「モノに当たる勘違い野郎」の方が主流なのかもしれません (^_^;

 だから、協会側でも「座布団を投げないでください」なんてアナウンスをせざるを得なくなったのかもしれません。

 

 まぁ、客観的に見ても、館内に座布団が飛び交う光景は、あまり行儀のいいモノではありませんから、みっともないから止めるべきだという否定派の気持ちもわからないではないですが、アレがあってこその大相撲だと私なんかは思っていますから、粛々と取り組みが進み、館内に座布団も舞うコトも無いような日が何日も続いたとしたら、その場所は盛り上がりに欠けた失敗興業だったと言えなくもありません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 「番狂わせ」は、あまり歓迎されるべきモノではありませんが、そうかといって全く無かったら、世代交代もないということで、角界全体にとってはむしろ番狂わせがあればあるほど活気があって、喜ばしいことなのではないかと個人的には思っています (^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月25日 (水)

パン屋

20130925001_2 20130925002_2

 

 写真は、群馬県の高崎市内で見かけたパン屋さんです。

 

 「ぱん屋航路」という名前の看板が掲げられたそのお店は、まだ開店前ということもあって、中の様子をうかがい知ることはできませんでしたが、どうしてお店の名前が「ぱん屋航路」なのか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 そのネーミングは、志賀直哉の「暗夜行路」を意識して、もじったものというのは明らかですが、単に「パン屋」と「暗夜」が語呂が似ているからというだけでは、パン屋の名前としてはどうなのかなぁと・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 第一、尾道商店街にも「パン屋航路」というお店が在るそうで、どちらが先に名乗ったのかは不明ですが、似たような事を考える人はどこにでも居るってコトなんでしょうか (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ちなみに、下は、高崎市の「ぱん屋航路」を紹介したサイトです ( ^-^)/ ♪

 焼き立てパンの店 ぱん屋航路 - ぐんラボ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月24日 (火)

半沢直樹

 20130925011

 

 一昨日、TBSドラマの「半沢直樹」が最終回を迎えました。

 

 制作側も、見る側も、誰も期待していなかった、銀行を舞台とするお堅い連続ドラマのはずだったのに、回を重ねる毎に視聴率はうなぎ登りで、やがて社会現象をも巻き起こす・・・

 今や、主人公の半沢直樹の決めセリフである「倍返し」は、某予備校講師の「今でしょ」と並んで、子供でも知っている流行語大賞の最有力候補だ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 今日発表された最終回の視聴率は、平均で42.2%、瞬間最高は46.7%と発表され、「積木くずし」の45.3%、「水戸黄門第10部」の43.7%に続き、歴代3位を記録した。

 これまで3位だった「ビューティフルライフ」や、一昨年話題となった「家政婦のミタ」などを押さえ、歴代ドラマ視聴率ランキングのトップ3は全てTBSとなって、ドラマのTBSの面目躍如がなされた。

 

 そんな大ヒット作となり、今年の視聴率をことごとく塗り替え続けた「半沢直樹」ですが、期待された最終回に肩すかしをくったと感じている視聴者は多いのではないか・・・ (^^;

 

 これまでにも、数々の逆境をはね返し、敵対する相手を完膚無きまでに叩きのめして自身のポジションを上げてきた半沢直樹が、最終回で父親の敵である大和田常務を、絶体絶命の土俵際から鮮やかなサヨナラ逆転満塁ホームランでうっちゃり、いよいよ銀行内での役職も重役に上り詰めたかに思えたクライマックスで、頭取から言い渡された辞令は「東京セントラル証券への出向を命じる」という、意外な結末だった・・・

 

 多くの方が意外だったと思っているであろう、最終回のあの結末ですが、私も家内も、最終回の途中には半沢の出向を見抜いていました (^^)v

 なぜなら、銀行にとって半沢のような行員が居たら、やりにくくてしょうがないだろうと、あの取締役会議の席で感じたからです。
 頭取を始めとする役員一同が居並ぶ席上において、雲の上の存在でもある大和田常務を徹底的に追い詰め、挙げ句の果てに部長や頭取の制止を振り切って、大和田常務に土下座までさせた半沢・・・

 多くの視聴者が喝采を贈ったであろうあのシーンで、私は大いなる違和感を感じました。

 ああ、コイツの居場所は、もうこの銀行内には無くなったなと・・・

 なぜなら、アレだけの大立ち回りを演じた半沢直樹という男は、多くの役員達にとっては「救世主」というよりも、むしろ「厄介者」と感じただろうと・・・

 こんな男を部下に持ったら、いつ我が身の寝首を掻かれないとも限らないし、「この銀行にまだモラルなんてものが存在するんですか」などと、役員一同の中で大見得を切る半沢は、役員達にとっては異端児であり、反逆者以外の何ものでもなかったろうから・・・

 

 部外者にとってはヒーローとして喝采を贈りたくなる半沢直樹も、身内にとっては獅子身中の虫以外の何ものでもない。

 組織にとっては、こういうスタンドプレーに走るやり手のプレーヤーよりも、組織のために身を粉にして黒子に徹してくれる下っ端のプレーヤーの方がどれだけありがたい事か・・・

 言い換えれば、苦言を呈する有能な部下よりも、イエスマンに徹してくれる無能な部下の方が、上司にとっても会社にとっても望まれるという事です。
 もちろん、ぬるま湯に浸かりきった組織に未来はありませんがね (^◇^) 。。。ケラケラ

 

20130925012 それはともかくとして、19日付けの日刊スポーツの名古屋版や、名古屋、岐阜、三重などの19日付け朝刊各紙のテレビ欄には、こんな感じの遊び心溢れる文字が躍ったという。

 テレビ欄は、通常横に読むように活字が組まれますが、左端の文字を縦に読むと「半沢直樹最終回」などと読めるという事で、けっこうな話題になったといいます。

 

 個人的には、こういう遊び心は大好きでして、なかなかやるなと・・・ (*^.-^*)♪

 

 この「半沢直樹」という連ドラ、私は久しぶりに心から楽しませて頂きました (*^.-^*)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月23日 (月)

爪跡

   20130924015

20130924011 20130924012

 

 写真は、千葉県の柏市内で撮ったもので、先日の台風18号の被害だと思うんですが、田んぼの稲がご覧のような状態で、無残になぎ倒されていました。

 

20130924013 20130924014

 

 稲刈りといえば、現在ではご覧のように、コンバインを使って刈り取るのが一般的ですが、こんなふうに横に倒れてしまった稲では、機械で刈り取るのは難しく、そうかといって手で刈り取るには田んぼが広いので、もしかしたら今年の収穫は諦めてしまったのかもしれません。

 周りの田んぼは、すでに刈り取りは終わっているようなので、刈り取りを諦めて放棄したというのは、あるいは当たらずとも遠からずということで、的外れな見方ではないのかもしれません。

 

 せっかく実った稲の収穫を諦めるというのは、農家としては断腸の思いで、あり得ないハナシなのかもしれませんが、そうまでして手をかけて収穫しても、得るモノは少ないとの判断も、有りなのかもしれませんが、いずれにしても素人の考えですから、この倒れた稲が今後どうなるのかは不明です・・・ (;^_^A アセアセ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月22日 (日)

アルミセット

 私は仕事柄、タイヤの空気圧を一般の人達よりは気にしている方です。

 それでも、月に一度くらいのチェックですから、そう頻繁というワケではありませんが、普通はこの程度の点検で十分だと思います。

 

 ところが、最近左側の前輪がどういうワケか、やたらと空気が減るようになってしまいましてね(^-^;
 一度気になりだすと、ガソリンを入れる度に空気圧をチェックしたくなって、その都度左側の前輪だけ空気圧が減っているのが気になって気になって・・・

 こういう場合、考えられるのはパンクですから、釘でも踏んでいるのかと、事ある度にタイヤを気にして見てみるんですが、そういう異物が刺さっているのを見つけることも出来ず、あとはバルブにでも不具合が出て空気が少しずつ抜けているのかなと・・・ (^_^;

 

 しかし、2~3日に一度のチェックでも空気が減っているとなると、やはりマトモな状態とは思えなくて、先日ジャッキアップしてタイヤを徹底的に点検してみると・・・

 

20130922001 20130922002

 

 やはり、小さいですが、何やら刺さっているのを発見してしまいまして・・・ (^◇^;)

 

 さて、そうなると、そのまま乗り続けるわけにもいかず、どうしようかなと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 いつもなら、迷わずに近くのガソリンスタンドに直行して、パンク修理をしてもらうんですが、今回はチョッと待てよと。

 

20130922004  パンク修理だって、最近ですと2千円くらいは当たり前にかかりますから、もう千円チョッと出せば新品のタイヤだって買えるぞと(苦笑)

 そういえば、馴染みのカーショップでは、アルミとセットなら、確か4本で3万円程度のプライスが付いていたなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 

 で、先日、仕事のついでにカーショップに立ち寄り、アルミとセットでタイヤを4本新調してきました (^^)v

 購入したアルミは、写真の展示品と同じものではなく、ナットが見えるタイプを選びました。
冬タイヤに交換する時など、カバーが付いていると一手間増えて面倒だからです (^^ゞ

 

 やはり、足回りが新しくなると、愛車の印象もずいぶんと変わりますね o(*^▽^*)o~♪

 

        20130922006

20130922003 20130922005_2

 【Before】          【After】

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月21日 (土)

モバイル

  20130921002

 

 先日、いろいろと思うところがあって、イーモバイルのポケットWiFiに加入しました。

 主に使うのは家内ということで、お店の勧めもあって、
月額1050円のオプションをプラスする事で iPad mini がタダで手に入るということもあり、迷わずにそのプランで契約してきました。
 もちろん、契約には様々な縛りがあるのですが、それはまぁ、いいかなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 それはそうと、私はアップル社の製品を購入するのはこれが初めてなんですが、説明書の類が一切付いていないというのを今回初めて知りまして、iPad mini を目の前にして、何をどうしていいのやら皆目検討がつかず、仕方がないので本屋に行って iPad mini の解説本を購入してきました (^◇^;)

 いくら操作が簡単とはいっても、そこは機械ものですからねぇ、程度があるだろうと私なんかは思うわけですが、本体のスイッチ類の説明すらも無いというのはいかがなものかと・・・ (ノ_-;)ハア…

 このあたりが、私がアップル社の製品を毛嫌いしている所以でもあります。

 

 これが、マイクロソフトを始めとする他社の製品ですと、取扱説明書はもちろん、裏ブタを開けていろいろといじり回すこともできるのですが、アップル社の製品は、どれもブラックボックス化されており、ユーザーが勝手に改造などできないようになっていて、それがはたしてユーザーのためと言えるのかどうか、私は昔から疑問に思っています。

 メインで使うのが私なら、絶対に iPad mini など購入しなかっただろうと思うのですが、今回は家内が使うわけで、家内の意見を尊重したというだけのことです (;^_^A アセアセ・・・

 

 昨日は、DoCoMo が初めて iPhone を販売するとあって、各地のDoCoMoショップでは多くのお客が iPhone を買い求めようと長蛇の列を作ったようですが、説明書の無い iPhone を前に、私ら夫婦のように途方に暮れるユーザーは居なかったのでしょうかねぇ・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

   20130921001

 

 ちなみに、上の写真は、iPad mini と、ポケットWiFi、そして使い方を述べた解説本です (*^.-^*)♪

 「大きな字だから・・・」というあたりが、私ら夫婦の年齢をよく表わしていると思います (^◇^) 。。。ケラケラ

 

20130912011  ただ、家内が出かけない時には、ポケットWiFiを貸してもらえるコトになっているので、手持ちのノートPCを車に積んで出かけ、こんな感じで出先でネットにつないで遊ぶこともできるようになりました o(*^▽^*)o~♪

 

 いやぁ、出先でネットにつながるというのは思った以上に便利なモンですねぇ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月20日 (金)

独り言・・・ (^^;

 

 これは、某ビールメーカーの最新CMなんですが、矢沢永吉が
「Hey Jude」をギター一本で弾き語りをしているというモノです。

 

 歌そのものは別にしてですね、このCMを見ていると、ふとアタマに浮かんでくる映像がありまして、思わず笑ってしまう私がいます・・・ (^_^ゞポリポリ

 

    20130917001

 

 上が、このCMの中の矢沢永吉なんですが・・・

 

    20130917002

 

 どうしてもこんな映像が私のアタマの中でオーバーラップしてしまうんですよ・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 多くは語りませんが、ビールのCMにどうして矢沢永吉なのか・・・

 

 まぁ、何事においても言えるコトなんですが、好きな人が居る一方で、嫌いな人も居るのが、世の中の常ではありまして、このCM、私にとっては不快以外の何ものでもありません・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月19日 (木)

彼岸花 2013

20130919001 20130919002

 

 昨日、成田のお隣となる酒々井町で、彼岸花が咲いているのを見かけました。

 もちろん、今年初の彼岸花ですが、明日がお彼岸の入りですから、今年も暦通りに彼岸花が咲いたということになります (*^.-^*)♪

 

 「曼珠沙華」という名前でも呼ばれますが、一般的には「彼岸花」という名前の方がポピュラーだと思います。

 誰が名付けたのか知りませんが、「彼岸花」とはよく言ったもので、毎年、秋のお彼岸には判で押したように各地で咲き出します。

 今年も例年にない猛暑でしたが、そんなコトはお構いなしに、この時期になると律儀に咲き出すのがこの花が「彼岸花」と呼ばれる大きな所以なんですが、一説によると気温とかを感じて咲き出すわけではなく、昼の長さを敏感に感じ取って咲き出すんだそうで、そう考えれば、冷夏でも猛暑でも関係なく、毎年秋分の日に合わせて一斉に咲き出すのがなんとなくわかるなと・・・ o(*^▽^*)o~♪

 

 この場所も、私が毎年定点観察をしている場所の一つなんですが、例年、この時期になるとそういう場所にわざわざ寄り道をしてまで彼岸花を探している私が居ます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 まぁ、物好きと言ってしまえばそれまでなんですが、それによってこのようにブログのネタになりますから、決してムダな寄り道ではありません (^_^)V。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月18日 (水)

台風一過

 この連休中に、台風18号が日本列島を縦断し、関東地方もその通り道となりました。

 大雨などで大きな被害が出たところもあったようですが、私の住んでいる南関東ではそれほどの影響はありませんで、正直ホッとしています (^_^;

 それでも、月曜日の午前中が一番台風の影響があったようで、雨風が一段と強まった時間帯もありましたが、お昼を過ぎると雨も風も弱まり、次第に普段の生活に戻っていきました。

 

20130916001 20130917021

 

 写真は、成田の光景なんですが、左が16日の18時頃、右が17日の6時頃の空で、月曜の夕方にはすでに夕焼けもどきの空になっていまして、翌朝は台風一過のカラッとした気持ちのいい空でした (*^.-^*)♪

 

 ただ、台風の通過と共に空気もガラッと入れ替わってしまったようで、一昨日の夜はいつものようにタオルケット1枚で寝ていたら、寒くて寒くて・・・ (;^_^A アセアセ・・・
 で、夜中に押し入れから薄手の掛け布団を引っ張り出して、掛けて寝ました (^^)v

 昨日の朝の成田の気温は15度。
 さすがに涼しいという気温を通り越して、肌寒ささえ感じました (^^;

 

20130917022 20130917023

 

 そんなワケで、上は昨日の千葉県上空の空なんですが、もう、すっかり秋の空になっていましたよ o(*^▽^*)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月17日 (火)

皮算用

 この3連休、皆さんはいかがお過ごしでしたか ( ^-^)/ ♪

 私はチョッと訳あって、3日間とも、埼玉に在る家内の実家で過ごしました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 それはともかくとして、私の愛するソフトバンクホークスは、この週末はヤフオクドームに日ハムを迎えて3連戦を行ないました。

 オリックス相手に3連勝と勢いに乗る日ハムに対し、我らがホークスはというと、西武相手に1勝1敗1分と波に乗りきれないチーム状況であるだけに、正直どんな戦いをしてくれるのか、不安もありました (;^_^A アセアセ・・・
 しかも、このカードの先発は裏ローテという事もあり、嫌な予感はますます膨らんで・・・ (^.^; ポリポリ

 

 そして始まった週末の3連戦。
 私は、台風18号が関東に近づいていることもあって、ゆっくり試合観戦というわけにもいかず、携帯で途中経過のテキスト情報を追うだけに
終始したんですが、案の定、3試合とも日ハムにリードを許す苦しい展開で・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

  20130917011

  20130917012

  20130917013

 

 上が、3日間のスコアなんですが、土曜日の初戦はともかくとして、
一昨日も昨日も、正直勝てるとは思いませんでしたが、意外にも追いつき、突き放し、そして逃げ切るという、ファンとしては最もワクワクする
「逆転勝ち」で3連勝を飾ってくれました ヽ(^◇^*)/

 しかも、一昨日は、延長の末に見事なサヨナラ勝ちというオマケまで付きまして・・・ ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ

 

  20130917014

 

 そしてこれが、昨日を終えた時点でのパ・リーグの順位表です。

 いずれのチームも残り20試合を切ったという事で、今年のペナントレースも最終コーナーを回って最後の直線に入り、各馬一斉にムチが入った・・・という感じでしょうか (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 さすがに、ここに来ての「7.5差」は致命的な数字で、これをひっくり返して優勝するナンてことは奇跡に近い事だと私も思いますが、
「2位狙い」なら十分に可能性がありますから、ここは欲を出さず、
なんとか2位でゴールして、ヤフオクドームで3位のチームを迎え撃ち、勢いに乗って仙台に乗り込みたいな・・・ と、かように願う次第であります (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 それにつけても、まずは今日からKスタ宮城で行なわれる楽天戦と、
週末からQVCマリンで行なわれるロッテ戦で、上位イジメと願いたいモンですな (^_^)V。

 まぁ、世間ではこういうのを指して「取らぬ狸の・・・ 」とか申すそうですが・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年9月16日 (月)

新記録

 ヤクルトのバレンティンが、昨日の阪神戦で、プロ野球新記録となる56号本塁打を放ち、王が巨人時代に記録したシーズン最多本塁打記録を49年ぶりに塗り替えたと報じられた。

 

 驚異的なペースでのホームラン量産で、記録更新は時間の問題だとは思っていましたが、案外とすんなり56号を打ってくれまして、正直ビックリしています。
 というのも、これまでにも何人か王の55号を超えそうな選手はいましたが、いずれも外国人選手でして、外国人なんかに王の記録を超えさせてなるものかと最初から勝負を避け、ホームランを打たせないようにと姑息な手段を使ってシーズン55本の最多本塁打記録を守り続けて来た過去があるからです・・・

 さすがに今年は、世間の後押しもあってか、各球団ともそれほどあからさまな敬遠策は取らず、バレンティンも着々と本塁打数を積み上げてきました。

 

 ただ、中には「飛ぶボールだから・・・」と、バレンティンの大記録を認めようとしないボンクラも少なくないようですが、「飛ぶボール」というのは「昨年と一昨年のボールに比べて」というコトであって、それまでプロ野球界で使ってきたボールと比べて飛びやすいボールになっているというわけではないという事を認識するべきです。

 むしろ、王が55本の本塁打を打った時のボールよりも、おそらくは飛ばなくなっているはずのボールでの記録更新は、天晴れという他はありません。

 

 「記録は破られるためにある」と、昔誰かが言っていましたが、どんな大記録もいつかは誰かが超えていくワケで、その時には素直に喝采を贈ればいいだけのハナシですよ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 それにしても、驚くべきは、新記録となる56号を放った次の打席で、さらに57号を打ち、李承燁(イ・スンヨプ)が2003年に韓国で記録した56本も抜き去り、アジア記録をもアッサリと

塗り替えたという事です (;^_^A アセアセ・・・

 バレンティン恐るべし・・・ (^◇^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年9月15日 (日)

愛の国から幸福へ

 北海道の帯広市に在る、旧国鉄広尾線の「幸福駅」駅舎の解体が9日に始まったと報じられた。

 

20130915002 20130915001

 【愛国駅】          【幸福駅】

 

 70年代に、NHKの「新日本紀行」で取り上げられ、一躍全国区となった「幸福駅」は、2つ手前に在る「愛国駅」と併せ、「愛の国から幸福へ」のキャッチフレーズと共に、一大ムーブメントを巻き起こし、廃線となった後も「恋人の聖地」としてその姿を長く留めていたものの、老朽化が進み、この度全面的に改修されることになったというもの。

 11月上旬に完成予定の新駅舎は、古い駅舎の木材も再利用し、ほぼ現在の駅舎を再現する形で建て直される予定だという。

 

 私自身は、「愛国駅」にも「幸福駅」にも足を運んだことは一度もありませんが、あの全国的に盛り上がった大フィーバーぶりをリアルタイムで知っているだけに、懐かしさはひとしおです (^_^ゞポリポリ  

 

 

 そして、芹洋子が歌う「愛の国から幸福へ」という歌謡曲も、ブームに乗ってそこそこのヒットを飛ばしました。

 上がその歌なんですが、芹洋子といえば「四季の歌」がミリオンを記録し、直ぐに思い浮かびますが、他にはそれほど知られた作品はありませんで、それでも透明感のある歌声を生かした作品は少なくなく、ファンも多いという、例えるなら安田祥子に似た感じの不思議な魅力を持った歌手です。

 

 それはともかくとして、「たまたま」とはいうものの、「愛国」「幸福」ナンていう名前の駅が近くに存在するという奇跡は、それだけで話題になって不思議はないなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月14日 (土)

ライスカレー

 BSジャパンで放送されている「昭和は輝いていた」という番組で、8月27日に取り上げられたのが、タイトルに挙げた「ライスカレー」です。

 

 個人的には、「ライスカレー」という呼び方よりも「カレーライス」という呼び方にこだわりを持っているのですが、番組では『日本人の国民食カレーライス。だが、昭和の話をするならば、その呼び名は「ライスカレー」がふさわしい。』という事で、「ライスカレー」という統一した呼び名で番組は放送された。

 私が「カレーライス」という呼び名にこだわっている理由ですが、料理の主役が「カレー」であるからには、その名を冠した「カレーライス」という名前でなければならないというのがその理由でして、「ライスカレー」という名前では、ボリューム的にはメインだけれど、所詮は脇役でしかない「ライス」の方が冠になっていて、なんとなく名前と料理とのイメージが結びつかない印象が拭いきれない (^◇^;)

 

 それはともかくとして、私は「カレーライス」が殊の外大好きでして、これまでにもこのブログで何度となくカレーについては語ってきました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 2006年8月24日  「カツカレー」

 2007年8月19日  「懐かしい味」

 2007年8月29日  「カレーに納豆」

 2007年12月11日 「手作りのカレー」

 

 確かに貧しかったけれども、お袋は一生懸命にカレーライスもどきを作って私らに食べさせてくれましたし、そういう背景もあってか、どんなに体調が悪くて食欲が無い時でも、カレーならけっこうお腹に入ってくれます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 私にとってそういう食べ物は、カレー以外にはお餅くらいしかありませんで、確かにラーメンも大好きな私ですが、ラーメンは喉を通らない時が無いわけではありませんから、カレーやお餅とは比較にはなりません。

 

 というワケで、本場インドの「カリー」とは、似て非なる食べ物と思われる「カレーライス」

 これは、もはや日本オリジナルのメニューと言っていいんではないかと私は思う次第です (^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年9月13日 (金)

高騰

 このところ、ガソリンの価格が高騰していまして、150円台は当たり前。
 地域やお店によっては、160円台という驚くべき高値で販売しているところもあるようです・・・ (ノ_-;)ハア…

 

20130910001 20130910002 20130910003 20130910004

 

 上は、先週の初め、尼崎へ仕事で行った時に給油した時のレシートです。
 片道600km以上ありますから、軽トラだとしばしば給油しないといけません。
 千葉県内は比較的ガソリンが安いので、出発前に目一杯給油し、出先ではやむを得ない補給に止め、また千葉県内に帰ってきて満タンにするという具合でスタンドを利用しています (^^ゞ

 いずれのガソリンスタンドも、私がよく利用している御用達のスタンドです (^^ゞ

 左から順に・・・

 9月2日 20:57 千葉県四街道市  @149.0

 9月3日 01:37 静岡県沼津市   @157.0

 9月3日 12:23 滋賀県甲賀市   @158.0

 9月3日 16:27 愛知県刈谷市   @160.0

 

 千葉県内を出発する時には149円だったガソリンも、沼津で157円、帰りの滋賀では158円、そして最後に給油した愛知県では160円でした (;^_^A アセアセ・・・
 そのままなんとか千葉県内まで走り続け、最初に給油したスタンドで、149円で満タンにしました (^^)v

 

20130910009 20130910008 20130910007 20130910006

 

 そしてこちらが、先週末に、会津の特養を訪問した時のレシートです。
 こちらは先の尼崎とは違い、半分も距離はありませんが、それでも価格差がありますから、できるだけ安いスタンドで給油しようと思うと、こんなふうに注ぎ足し注ぎ足しで走らざるを得ません (;^_^A アセアセ・・・

 こちらも、私のお気に入りのスタンドです (^^)v

 左から順に、

 9月6日 15:52 千葉県酒々井町  @153.0

 9月7日 05:31 栃木県真岡市   @150.0

 9月7日 15:48 茨城県筑西市   @151.0

 9月7日 19:22 千葉県印西市   @146.0

 

 出発する前日に、千葉県内で満タンにした時には153円、途中の真岡市で補給した時には150円と若干安くなりました。
 帰りに、茨城県で給油した時には151円、最後に千葉県で満タンにした時には146円でした (^^)v

 安いとはいっても、リッターあたり140円以上もするわけですから、2~30リットル給油すれば、直ぐに3千円や4千円くらいにはなり、時には5千円を超える時もあったりして、経費とはいえガソリン代はバカにならないのがここ数年の運送業界の悩みのタネです (__;)

 

 私がこの仕事を始めた頃には、レギュラーガソリンの価格もリッター
100円台くらいだったと記憶していますので、それから比べると5割も値上がりしていることになります。
 120円台に入った頃でさえ、高くなったと感じた記憶がありますから、150円台とか、ましてや160円台という価格は、異常としか思えない高騰ぶりです。

 

 いったい、いつまでこのバカ高い価格が続くのか・・・
 高いといってもガソリンは運送屋の生命線ですから、これが無くては仕事にならないわけで、もしかしたら、もう以前のようには安くならないのかと思うと、とてもじゃないけどやってられなくなります・・・ (ノ_-;)ハア…

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年9月12日 (木)

把瑠都の引退

 大相撲の秋場所を前に、昨日、元大関の把瑠都が引退を発表しました。

 

20130912001  いやはや、ナンということだろう (ノ_-;)ハア…

 個人的には横綱も間違いないだろうと思っていた把瑠都が、まさかの負傷休場で土俵人生に幕を閉じてしまおうとは・・・ (__;)

 あの体格ですから、膝を痛めてしまっては、
相撲どころか立つことさえおぼつかないワケで、仕方ないとはいうものの、残念でなりません。

 

 同じような土俵人生を歩んだ力士に、私も大好きだった小錦が居ますが、やはり膝を痛めて大関から陥落し、それでも騙し騙しではありますが膝をかばいつつ、丸4年間も幕内を勤めた後に、十両落ちが決定的となり、引退に至った・・・

 両者とも、外国人大関であり、並外れた体格と人なつこいキャラクターで大相撲ファンに愛されましたが、ケガには勝てずに土俵を去っていきました。

 

 把瑠都は、小錦よりも、どちらかといえばに似た力士で、土俵上でも器用に動けましたから、私も早いうちから横綱昇進は間違いないだろうと思っていただけに、ケガは本当に心配していました。
 大柄な割にはフットワークも軽く、曙のように体格を生かした突き押し一辺倒でもなく、四つ相撲でもそこそこ取れるとあって、横綱昇進を期待していたのは私だけではなかったと思うんですが、いかんせん、パワーに任せた強引すぎる取り口が目立ち、そのせいでケガが心配されていたのも事実です。

 案の定、左膝を何度も何度も痛め、結果的にそれが原因で引退せざるを得なくなったワケで、運がないと言ってしまえばそれまでなんですが、
土俵の華が居なくなってしまうのは本当に残念ですねぇ・・・ (__;)

 もう、あの人なつっこい笑顔を見ることはできないのかと思うと、淋しくなります・・・

 

 把瑠都関、本当にお疲れ様でした・・・ m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年9月11日 (水)

宮崎 駿

 アニメ界の象徴とも言える宮崎駿監督が、最新作の「風立ちぬ」を最後に、長編映画の製作から引退すると報じられてしばらく経ちました。

 

 日本に限らず、世界でも宮崎アニメの評価は高いようで、引退を惜しむ声も多いようですが、チョッと待て、映画監督の引退ならともかく、たかがアニメの監督の引退に何をそんなに大騒ぎしているんだろうというのが私の偽らざる思いです。

 「ルパン三世 カリオストロの城」を始め、トトロやナウシカなど、宮崎アニメの代表的な作品は、テレビで放送されたものを私も一通りは見ましたが、確かにおもしろかったけれど、それほど感動したとかいう記憶はないし、単なるファンタジー作品の一つというのが私の宮崎アニメに対する評価の全てです。

 ですから、一度見たらそれで十分で、同じ作品をもう一度見てみたいと思った事は一度もありません。
 そのあたりが、「映画」とは決定的に違う、「アニメ」の悲しさなのかもしれません。

 

 私がアニメ界で評価している人物は、手塚治虫石ノ森章太郎、そして藤子不二雄の3人というか4人で、彼等がアニメ界のパイオニアとして業界に残した足跡の大きさから比べれば、宮崎駿なんて足元にも及ばないというか、小手先のテクと発想には秀でてはいるものの、所詮は後塵を拝した感が否めない「二番煎じの小者」だと私は思っています・・・

 もちろん、私はアニメの黎明期からリアルタイムで見て知っているわけですから、子どもの頃に「鉄腕アトム」や「サイボーグ009」、「パーマン」みたいなテレビアニメを見て驚き、感動したあの新鮮な思いを、
オトナになってから知った宮崎駿のアニメにも同じように感じろという方がムリなのかもしれません (^^ゞ

 

 そういう意味では、子どもの頃から宮崎アニメを当たり前のように見て育った人達にとっては、私が手塚治虫や石ノ森章太郎、藤子不二雄に対して抱いているような神的なイメージを、宮崎駿に対して抱いていてもなんら不思議はないわけです。
 むしろ、彼等にとっては手塚治虫や石ノ森章太郎らのアニメなんて、
古臭いだけの陳腐な作品に見えてしまうのかもしれません(苦笑)

 

 まぁ、宮崎監督が引退とかいってますが、長編はもうムリだと言っているだけで、短編ならこれからも発表してくれる可能性は高いわけですし、スタジオジブリはこれからも新しい作品を製作していくコトに変わりはないわけですから、「残念」だとかいう意見は今回の引退発表には相応しいことばではないんじゃないかと私なんかは思うんですがねぇ・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 つまり、表舞台からは「引退」するけど、アニメ界から引退するワケではないというコトでしょ (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月10日 (火)

勘違い

      20130911001

 

 先日、ベランダで洗濯物を干していた家内が、突然、「キャー!
ゴキブリ!
ゴキブリ~!!!と、騒ぎだし、履いていたサンダルを右手に持ってベランダの床を叩きだしましてね・・・ (^_^;

 

 で、野次馬な私も興味津々でベランダを覗いてみると・・・

 必死にベランダの床の上を跳ね回り、家内のサンダル攻撃から逃げる
黒い小さな虫が目に入りました

 しかし、よく考えると、ゴキブリはピョンピョンと跳ねたりはしないだろうと思いなおし、あらためてその小さな黒い虫を観察すると、コオロギの赤ちゃんみたいです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 「おいおい、ソレはゴキブリじゃなくて、コオロギだよ」と私が言うと、ふと冷静になった家内も、「あら、イヤだ・・・ ヾ(;´▽`A`` 」と笑い出す始末・・・

 

 最近の家内は、近視に加えて老眼も進んできたようで、件の虫の姿がよく見えていなかったらしく、単に床を這い回っている黒い虫だから、ゴキブリと思い込んでサンダル攻撃に至ったようです (^◇^) 。。。ケラケラ

 私のひと言で、命拾いをしたコオロギは、やがてベランダから駐車場の方へと逃げていきました (*^.-^*)♪

 

 そういえば、最近の子ども達は、コオロギなんて名前で知っているだけで、実際に見たことがない子がほとんどだということで、キャンプや田舎で黒い虫を見かけると、ゴキブリが居ると騒ぎ出すみたいなコトを聞いたことがありますが、正直、そんなのは作り話でウソだろうと私は思っていました (^_^ゞポリポリ

 ところが、ホントにコオロギをゴキブリと間違える人が居るのを、確かにこの目で確認しました(笑い)

 

 それにしても、ここ2~3日はめっきり秋らしくなってきまして、夜になると虫の大合唱が姦しく聞こえています o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月 9日 (月)

決定

 昨日の早朝、2020年の夏期五輪の開催地が東京に決定したとのニュースが飛び込んできた。

 

 先日の「出来レース」という記事の中でも述べたように、私は開催地はイスタンブールで決まりだと思っていたので、正直この決定は意外でした (;^_^A アセアセ・・・

 

 個人的には、東京開催には断固反対なので、期待感込みでイスタンブールに決まりだろうとずっと思っていただけに、この決定は残念でなりません (ノ_-;)ハア…

 

 でも、まぁ、7年も先のコトですし、大会そのものも一ヶ月ほどでしょうから、その間はひたすらガマンすればいいだけのハナシですよ (^◇^) 。。。ケラケラ

 大会の東京招致に尽力なさった皆さん、本当におめでとうございます (o^∇^o)ノ

 そして、お疲れ様でした・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月 8日 (日)

愚論

 布団に入ると、アッという間に寝てしまう私には、あまり関係のない
ハナシなんですが、いつまでも眠れない、いわゆる「不眠症」に悩む人は少なくないという。

 まして、寝苦しい夜が続く昨今、なかなか眠りにつけない人達も多いと思いますが、先日、ある研究結果が発表された・・・

 ナンと、人工光から離れ、テントで寝起きすると不眠症は解消されるというモノだ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 この研究結果を発表したのは、アメリカのコロラド・ボルダー大学のケネス・ライト教授で、彼は以下のような実験をして、人工光は睡眠に悪影響を与えるという結論に至ったという・・・

 まず、8人の成人を選び、それぞれ家や職場で1週間、テレビやパソコン、照明などの人工光の中で過ごしてもらい、彼らの睡眠サイクルと体内時計を観察した。
 その結果、8人全員が夜中を過ぎても就寝せず、朝は8時ごろまで寝ていたという。

 

 次に、この8人をキャンプへ連れて行き、1週間テントで寝起きして自然光の中で過ごしてもらい、同様の観察をした。
 すると彼らの睡眠サイクルは、夜10時に就寝し、朝は6時に起きるパターンになったという。

 

 この実験により、人工光は体内時計に2時間の遅れを及ぼすことが判明したと教授は言う。

 つまり、自然光による夜明けと日没を体感することで、体内時計が調整され、睡眠サイクルが正常になり、夜ぐっすり眠れて朝スッキリ起きられるようになると言うのだ。
 朝と夜がひっくり返ったような生活をしている人でも、キャンプに行ってテントで寝ることによって、正常な睡眠サイクルに戻れるという。

 

 ナンか、鬼の首でも取ったような言い分だけれど、チョッと
待て!
 それって、何か肝心なことを忘れてないかい。

 キャンプに行って、テントの中で寝起きする生活を1週間も続けたら、どんな人だって「早寝早起き」をするようになると私は思うよ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 テレビもパソコンも無く、人工光も極力使わない生活という事になると、携帯もスマホも当然の事ながら無いわけですから、陽が沈んだら、
たき火を囲んで語り合ったり歌を歌ったりくらいしかする事はないだろうし、最初の2~3日はそれでも多少は起きていられるかもしれないけれど、4日目、5日目となったら、もう、寝ることくらいしかする事はないんじゃないのか・・・ (_ _)ノ彡☆ギャハハ!!! バンバン!!!

 逆に言えば、そんな生活をしていて、夜10時まで起きていられると
いう方が、むしろ不自然なんじゃないのかとさえ私は思う・・・

 

 別に、人工光とか体内時計とか、そんなご大層な理屈を述べるまでもなく、暗くなって、他にする事もなければ、人間、普通は寝てしまうものだろ (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

 そして、早く眠りにつけば、朝は黙ってたって、早くから目が覚めるのが自然の摂理というモンだよ。

 よく、年寄りは「早寝早起き」だと言うけれど、アレだってトシをとると体力が無くなってくるから、夜更かししたくても起きていられなくなるだけのハナシで、早く寝れば、6時間か7時間後くらいには誰だって目が覚めるもので、仮に10時に床に就けば、翌朝の4時か5時には普通は目が覚めるものさ。

 

 そんな愚論を、ご大層な理屈を付け、臆面もなく「研究結果」として偉そうに発表する・・・
 学者サマって人種は、私みたいな凡人と違って、面の皮が厚いというか、とにかくスゴイねぇ・・・(爆笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月 7日 (土)

カリス

   20130717001

 

 写真は、茨城県内を走っている時に見かけたラブホテルなんですが、その名前が「カリス」という事で・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 「カリス」とは、ギリシャ神話で「美の女神」のことらしく、こういう業界の建物に付ける名前としては相応しいのかもしれませんが、あいにく私は無教養な朴念仁ですからねぇ、そんなコトをいわれてもわかるはずもなくて・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 で、この看板を見かけた時に私が考えたことは、

 カリス?」

 カリスマなら知ってるけど、カリスじゃ、
 『マ』が足りないから、マヌケじゃん」・・・と・・・

  (_ _)ノ彡☆ギャハハ!!! バンバン!!!

 

 ただ、それだけのハナシなんですがね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月 6日 (金)

青春のうた Best Collection その36

 みなさん、どうもです (^^)/
 今回も収録曲に沿って当時の思い出をつれづれに(^^;・・・
 お付きあい頂ければ幸いです。

 という事で、今回の収録曲は、私が喜多方高校に通っていた頃の作品です。

 

36  36a

 

   《収録曲》
 1:シクラメンのかほり/小椋佳 75年11月発表
 2:水色の街/三輪車 74年7月発表
 3:ウイスキーの小瓶/みなみらんぼう 73年12月発表
 4:人は少しづつ変る/中山ラビ 74年7月発表
 5:今はもうだれも/アリス 75年9月発表
 6:池上線/西島三重子 76年4月発表

 

 「シクラメンのかほり」といえば、一般的には布施明という事になるんでしょうが、個人的な感想では、作者である小椋佳が自ら歌った作品も捨てがたいというか、なかなかに味のある作品に仕上がっていると思います。
 歌唱力という点では、断然布施明に軍配が上がるんですが、小椋の魅力も存分に生かされた作品だと思います。

 

 「水色の街」は、フォークソングに傾倒していた私にとってはとても懐かしい作品の一つなんですが、一般的にはほとんど知られていないのではないでしょうか (^◇^;)
 三輪車なんてフォークトリオが居たことさえ、同世代の人達は覚えていないんじゃないかな(苦笑)
 でも、爽やかな歌声とサウンドは、当時はそれなりに評価されたと思うんですが・・・

 

 「ウイスキーの小瓶」は、個人的に大好きなみなみらんぼうのデビュー曲です。
 ユーミンと並んで、下手ウマの代表的アーティストじゃないかと私は思っているのですが、歌唱力はお世辞にもプロとは言えないんですが、作品の醸し出す魅力はそれだけでは語れないほど奥が深いというか・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 正直、好き嫌いがハッキリと分かれるアーティストだと思います。
 氏は、最近ではミュージシャンというよりは、登山家として中高年に親しまれているキャラとしての顔の方が一般的なのかもしれませんが、私にとっては崇拝するアーティストの一人です。

 

 「人は少しづつ変る」は、中山ラビのLPに収録されている作品なんですが、正直中山ラビの作品はほとんど聴いたことがないので、この作品についてもこのCDで初めて聞いたような体たらくで、なにも語れるコトはありません、悪しからず・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 「今はもうだれも」は、言わずと知れたアリスの代表曲ではありますが、もともとは、その6年前にウッディ・ウーという関西のカレッジ・フォーク・グループが発表したもので、アリス版はそのリメイクであり、カバー曲ということになります。
 それはともかく、私がアリスの作品を好んで聴くようになったのは77年以降からであり、当時はそれほど気にしていなかったというか (;^_^A アセアセ・・・
 正直、もったいない事をしたなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 ちなみに、オリジナルであるウッディ・ウーの「今はもうだれも」は、下のURLからお聞きになることが出来ますよ ( ^-^)/ ♪

http://youtu.be/v-ZEAA6nYKk

 

 「池上線」は、西島三重子の代表曲でもあり、「千登勢橋」と共に私のお気に入りの作品でもあります。
 私は、こんな感じのドラマ性のある歌詞が大好きでね、そういう意味では最近のメロディありきで作られる曲先の作品というのはイマイチ親近感が感じられないというか・・・ (^_^;
 歌を聴いていて、作品の情景がアタマに浮かぶというのが、私にとっては何にも替えがたい評価基準でもあります。

 

 以上・・・(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月 5日 (木)

あきらめない

20130831004

 

 あきらめないこと
 どんな事態に直面しても
 あきらめないこと

 結局
 私のしたことは
 それだけのことだったのかもしれない

 

 これは、冒険家である植村直己が残したことばです。

 

 「あきらめない」・・・

 かつて、松下幸之助も、「成功の秘訣はなんですか」と問われて、
 「成功するまでやめないことです」と答えたというのは有名なハナシです。

 しかし、これが植村直己の語ったことばだとすると、少々ハナシが違ってきます。

 

 ご存じのように、植村直己はモンブランを始め、キリマンジャロやチョモランマなど、世界初の五大陸最高峰登頂者として歴史に名前を残した
有名な登山家ですが、1984年2月12日、43歳の誕生日にマッキンリー世界初の冬期単独登頂を果たした後、翌2月13日に行われた交信を最後に連絡が取れなくなり、消息不明となりました・・・ (^^;

 遭難したということで何度か捜索も行なわれましたが、今現在も氏の発見にはいたっておらず、残念ながら生存の可能性は無いというコトです。

 

 氏の数々の偉業も、「どんな事態に直面してもあきらめない」という信念があったからこそ成し遂げられたのだと思うのですが、逆に、「どんな事態に直面してもあきらめなかった」から、最後は遭難するような事態に至ってしまった・・・ とも言えるわけで・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 よく、「引き返す勇気」などと言われたりもしますが、登山に限らず
ナンにでも言えることですが、困難な事態に直面した時、「それでも前に進む」のか、「諦めてそこから引き返す」のか、その判断を下すのは、いつの場合も、誰にとっても、非常に難しい・・・

 

 勘違いしている人も少なくないのですが、登山」というのは
「山に登ること」が全てではありません

 山に登っただけでは目的の半分しか達成していないワケで、登った山から無事に下山したからこそ、「オレはあの山に登った」と誰かに言うコトができるわけです。

 

 翻って、植村直己が最後に登った「マッキンリーの冬期単独登頂」は、確かに山頂に立ったことが証明されているとはいえ、「成功した」と言えるのでしょうか・・・ (?。?)

 記録には『マッキンリー冬期単独登頂(世界初)』と記されていますから、下山途中に遭難していても、登頂成功者としてその名前を歴史に残したようですが、一応高校時代に山岳部に籍を置いた私としては、最後のマッキンリーだけは「登山としては失敗だった」と思っています。

 まぁ、遭難して亡くなっているワケですから、下山に失敗したからといって単独登頂は成功していないとは言えないというか、せめて登頂には成功したという事にしないと気の毒だという思いが関係者にはあったんだろうと思います。

 

 生前の植村直己は、「冒険で死んではいけない。生きて戻ってくるのが絶対、何よりの前提である」という言葉を残していたそうで、戻ってくることの大事さは十分にわかっていたようですが、最後はその思いを果たせなかったようで、非常に残念でなりません・・・ (__;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月 4日 (水)

一品もの

 先日、ラジオを聴いていてリスナーからの興味深いお便りを耳にしました。

 お婆さんが、孫娘に誕生日プレゼントを買ってあげようとした時のことのハナシなんですが、なんともおもしろかったというか、意外だったというか、へぇ~と・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 このお婆さん、昨年はデパートでワンピースを購入して孫娘にプレゼントしたらしいんですが、お気に召さなかったようで、ほとんど着てもらえなかったらしく、それならばと、今年は孫娘を連れてデパートに行き、好きな服を選んでもらおうとしたところ、孫娘はデパートでは嫌だと言い、私のお気に入りの店で買ってほしいと言ったんだそうで・・・

 お婆さんは、どこかのブティックなど、洋服の専門店にお目当ての服があるんだろうと思っていたら、孫娘に連れて行かれた先は、とあるリサイクルショップだったそうで、たいへん驚いたといいます・・・ (^◇^;)

 で、孫娘の母親にその話をすると、最近の子ども達は、マンガでもCDでもゲームでも、中古品を購入することが普通だと言われ、さらに驚いたと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 興味深かったのはその後のハナシでして、このお婆さんは、末娘という事で、子どもの頃から「お下がり」ばかりを着せられて育ち、ずっと惨めな気持ちで子供時代を過ごしたんだそうで、社会人になって自分の給料で新品の洋服を買った時の誇らしかった気持ちは今も忘れていないそうです。

 その後の生活も、家具や家電品は中古品ばかりを買い求める生活が続いたので、少しずつ生活が楽になってきて、新品の家具や家電品が、一つ、また一つと家に増えていく度に幸福感が増していったと語っていました。

 

 そんなお婆さんにとって、「中古品」というのは「貧しさ」の象徴であり、孫娘がリサイクルショップで洋服を買い求めた時も、単に「安いから」このお店がお気に入りなんだろうとしか思わなかったそうですが、実はもっと奥が深い理由がそこにあったことを知り、お婆さんもそうだったようですが、私もカルチャーショック・・・ というんでしょうか、ジェネレーションギャップを感じてしまいました (;^_^A アセアセ・・・

 

 中古品ですから、お店に並んでいる商品はたいてい「一品もの」がほとんどなワケです。

 実は、昨年デパートで買い求めたワンピースは、気に入らなかったワケではなく、同じ服をお友達が着ていたので、孫娘は着たがらなかった・・・ という事をお婆さんは後から知ったそうで。

 

 最近の若者たちは、単に「安いから」という理由だけでリサイクルショップを利用しているわけではなく、他の人が持っていない「希少価値」を求めてリサイクルショップを利用し、そこに「自分らしさ」という個性を見いだそうとしているコトを知って、今時の若者たちの考え方の違いに、今さらながらですが驚かされました・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月 3日 (火)

停止線

   20130903001

 

 写真は、交差点でよく見かける「停止線」を撮ったものです。

 

 その名前の通り、車輌が信号待ちなどで停止する際の「位置」を示すもので、ドライバーはこの停止線を目安に車輌を止めるようにと教習所などでも教えられます。

 「停止線を目安に」とはいうものの、その解釈はそれぞれのドライバーに委ねられていますから、停止線と車輌の先端を揃えて止めるドライバーもいれば、停止線の上に前輪を乗せて止めるドライバーもいます。

 道交法云々とか言う前に、停止線を越えて車を止めるのは思わぬトラブルのもととなりかねないので、車の先端が停止線をオーバーするような位置に車を止めるのは避けたいものです。

 というのも、停止線はアバウトな位置に引かれているものではなく、その位置でなければならないという必然性があって引かれるものなので、信号待ちなどで車を止める際には、停止線を意識して止めることを心がけるようにしたいものです。

 

 

 これは、ワンボックスタイプの軽自動車に乗っている私が、信号待ちのために停止した際のドライブレコーダーの映像なんですが、停止線と私の車の最前部が並ぶように車を止めたので、左折してきた大型トレーラーもなんとか曲がっていってくれました (;^_^A アセアセ・・・

 もし、停止線から少しでも前に車が出ていたら、このトレーラーは曲がることが出来なかったか、曲がる際に車体が接触するような事故になっていただろうと思われます。

 

 このように、停止線の手前で止まってさえいれば、仮に大型車輌が右左折する際でも、その動きを邪魔するようなことはありません。
 意外と「停止線」の位置を蔑ろにしているドライバーが少なくないのが現実ではありますが、防衛運転ためにも停止線を超えて車を止めるようなコトは避けたいものです。

 合わせて、仮に前を走っている車が停止線を越えて停まるのを見たなら、その車の真後ろに止めるようなヤボはしないようにしたいものです。
 言うまでもなく、左折してくる大型車の邪魔になった万一の事態に備え、前車がバックして大型車をやり過ごす事ができるように、若干広めに車間距離を取って止めるのが防衛運転の基本だからです (^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月 2日 (月)

稲刈り2013

 昨日から月も改まり、今日からは多くの地域で新学期が始まって、街中にも活気が戻ってくる時期になりました。

 

 そんな中、千葉県内では先月の下旬辺りから、各地で「稲刈り」を行なっている光景を目にするようになりました。

 

20130902001 20130902002

 

 写真は、利根川に近い、千葉県の香取市内で28日に撮ったものですが、特に早場米とかいうワケではなく、9月を目前に行なわれた一般の稲刈りだそうです。

 というコトは、今月早々にも、市場で新米を見かけるようになるんでしょうね o(*^▽^*)o

 

 昨日我が家は、近所のスーパーでお米を10kg購入しましたが、茨城県の土浦で穫れた「あきたこまち」で、24年度産と書かれていました。
 いつも同じブランドのお米を購入していまして、たいてい4千円弱のプライスが付いているのですが、昨日はお米の特売日という事もあってか3千円で売られていました (*^.-^*)♪

 やはり、新米を意識したプライスだったのでしょうか (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月 1日 (日)

大宮盆栽だー!!

 3年前にも「三ツ矢サイダー」というタイトルで、サイダーを取り上げて語ったことがあります。

 

 今でも、サイダーは大好きな飲み物なんですが、糖尿と医者に言われてからは、家内の助言もあって、ほとんど口にすることは無くなりました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 夜なら、ビールとか発泡酒とかで喉を潤すことも出来ますが、さすがに陽の高いうちからアルコールというわけにはいきませんで、そういう時に重宝するのがサイダーだったというワケなんですが、このところのように暑い日々が続くと、口の中で弾ける炭酸のプチプチ感が妙に恋しく、少々淋しい思いをしている今日この頃ではあります・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 ところで、先日ラジオを聴いていたら、このところ「地ビール」ならぬ「地サイダー」がチョッとしたブームなんだそうで・・・ (*^.-^*)♪

 

20130820004  20130820002_3

 

 全国各地で銘水などを使ったサイダーが作られ、消費者からもおおむね歓迎されているようで、私が住んでいる千葉県内には、「北総サイダー」という地サイダーがありますし、私の故郷である会津にも、「元祖磐梯サイダー」という地サイダーがあります。

 

 そんな中で、ラジオが「コレは・・・ 」といって紹介していたのが、
埼玉県の地サイダーである「大宮盆栽だー!!」でした。
 ナンといっても、そのネーミングが絶品だと (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 20130820001

 

 さいたま市の北区に、盆栽町という盆栽業者と盆栽愛好家が集まった
盆栽の町がありまして、それが「大宮盆栽村」です。
 閑静で緑豊かであることから、埼玉県内でも屈指の高級住宅地としても知られた町です。

 

 

 その「大宮盆栽村」が、地域興しの一役を担おうと開発したのが
「大宮盆栽だー!!」ということで、「盆栽」と「サイダー」をかけた
ネーミングで「盆栽だー」です(笑い)

 もともとは「盆サイダー」となるはずだったのが、盆栽の町をより強調するために、敢えて「盆栽だー」という表記にこだわったという事で、
それがためにかえって話題性に富むコトになり、まさに「瓢箪から駒」ですな (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 ・・・ という事で、今度から彩の国に仕事に行くことがあったら、この「大宮盆栽だー!!」を探してみようかと思っています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »