« 一品もの | トップページ | 青春のうた Best Collection その36 »

2013年9月 5日 (木)

あきらめない

20130831004

 

 あきらめないこと
 どんな事態に直面しても
 あきらめないこと

 結局
 私のしたことは
 それだけのことだったのかもしれない

 

 これは、冒険家である植村直己が残したことばです。

 

 「あきらめない」・・・

 かつて、松下幸之助も、「成功の秘訣はなんですか」と問われて、
 「成功するまでやめないことです」と答えたというのは有名なハナシです。

 しかし、これが植村直己の語ったことばだとすると、少々ハナシが違ってきます。

 

 ご存じのように、植村直己はモンブランを始め、キリマンジャロやチョモランマなど、世界初の五大陸最高峰登頂者として歴史に名前を残した
有名な登山家ですが、1984年2月12日、43歳の誕生日にマッキンリー世界初の冬期単独登頂を果たした後、翌2月13日に行われた交信を最後に連絡が取れなくなり、消息不明となりました・・・ (^^;

 遭難したということで何度か捜索も行なわれましたが、今現在も氏の発見にはいたっておらず、残念ながら生存の可能性は無いというコトです。

 

 氏の数々の偉業も、「どんな事態に直面してもあきらめない」という信念があったからこそ成し遂げられたのだと思うのですが、逆に、「どんな事態に直面してもあきらめなかった」から、最後は遭難するような事態に至ってしまった・・・ とも言えるわけで・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 よく、「引き返す勇気」などと言われたりもしますが、登山に限らず
ナンにでも言えることですが、困難な事態に直面した時、「それでも前に進む」のか、「諦めてそこから引き返す」のか、その判断を下すのは、いつの場合も、誰にとっても、非常に難しい・・・

 

 勘違いしている人も少なくないのですが、登山」というのは
「山に登ること」が全てではありません

 山に登っただけでは目的の半分しか達成していないワケで、登った山から無事に下山したからこそ、「オレはあの山に登った」と誰かに言うコトができるわけです。

 

 翻って、植村直己が最後に登った「マッキンリーの冬期単独登頂」は、確かに山頂に立ったことが証明されているとはいえ、「成功した」と言えるのでしょうか・・・ (?。?)

 記録には『マッキンリー冬期単独登頂(世界初)』と記されていますから、下山途中に遭難していても、登頂成功者としてその名前を歴史に残したようですが、一応高校時代に山岳部に籍を置いた私としては、最後のマッキンリーだけは「登山としては失敗だった」と思っています。

 まぁ、遭難して亡くなっているワケですから、下山に失敗したからといって単独登頂は成功していないとは言えないというか、せめて登頂には成功したという事にしないと気の毒だという思いが関係者にはあったんだろうと思います。

 

 生前の植村直己は、「冒険で死んではいけない。生きて戻ってくるのが絶対、何よりの前提である」という言葉を残していたそうで、戻ってくることの大事さは十分にわかっていたようですが、最後はその思いを果たせなかったようで、非常に残念でなりません・・・ (__;)

|

« 一品もの | トップページ | 青春のうた Best Collection その36 »

名言・格言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あきらめない:

« 一品もの | トップページ | 青春のうた Best Collection その36 »