« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

川上哲治が逝く

 巨人の選手として活躍し、監督としてもV9を達成した川上哲治氏が亡くなったと報じられた。

 

 もちろん、私も川上の名は知ってはいますが、私が生まれた年に現役を引退していますから、選手としての川上はまったく存じませんで、知っているのはもっぱら巨人の監督としての川上というコトになります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 生まれた年に川上が引退し、長嶋が入団したこともありますが、私が子どもだった頃、野球にはほとんど興味がありませんでしたから、知っていたプロ野球選手の名前といえば、長嶋と王、それに川上監督くらいのモノでした (;^_^A アセアセ・・・

 「名選手、名監督ならず」とはよく言われることばではありますが、私も現役時代のONや川上は評価しますが、こと監督としてとなると、どうしても駄目出しをせざるを得ません。

 

 そして、川上哲治の監督としての評価ですが、日本人の選手にピッタリはまる、「負けない野球」、いわゆる「スモールベースボール」を実践し、完成させた功労者と私は考えていますが、高校野球に代表されるアマチュア野球にとっては神様のような功労者だとは思いますが、ことプロ野球界にとってはどうだったのか・・・ (^^;

 もちろん、プロ野球界にとっても偉大な功労者と考えている人は多いと思いますが、私は川上哲治こそプロ野球をダメにした張本人だと思っている一人です。

 

 「スモールベースボール」なんて、負けたら終わりの高校野球なんかではともかく、客に見せてナンボのプロ野球は、いわゆる「興業」ですからねぇ、日本球界のトッププレーを衆人に知らしめるという役割があるはずで、そこでセコイ野球を見せられたら夢も希望も無くなっちゃうじゃないですか(苦笑)

 もちろん、プロ野球はカネが絡む世界ですから、勝たなければ意味がないわけですが、「勝つこと」「負けないこと」は、似て非なる世界であり、川上が監督として目指したのは、「勝つ野球」ではなく、「負けない野球」でした。

 川上が「勝つ野球」を目指して巨人を指揮し、V9を達成したのなら私も素直に敬愛していたと思いますが、残念ながら川上が目指し実践したのは、あろう事か「負けない野球」の方でした・・・ (__;)

 

 死者にむち打つコトは、少なくても日本においてはタブーとされていますが、私はプロ野球界で「負けない野球」を実践し、「セオリー」なんてことばまで作ってしまった川上哲治という監督を、非難することはあっても、讃えることはどうしてもできないんですよね・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 もう、野球とは無縁の世界で、安らかに眠っていただくことを願うのみです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月30日 (水)

大迫傑

 先日、テレビ朝日の「Get Sports」で、早稲田大学のエースである大迫傑の特集を見た。

 

 言わずもがなですが、私のヒイキの早稲田で主将を務めている大迫を取り上げてくれたので見たわけですが、う~ん、チョッと大迫クンを見直したというか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 私はこれまで、大迫傑というランナーを信用していなかったというか、確かに「速いランナー」ではあるけれど、決して「強いランナー」ではないと思ってきました。

 

 私が考える「強いランナー」というのは、どんな状況でも実力を遺憾なく発揮できるランナーであって、体調が良い時はもちろん、
悪い時であってもそこそこの走りが出来るランナーを指します。
 例を挙げれば、渡辺康幸とか竹澤健介などがそういう強いランナーなワケですが、彼等から比べれば大迫はまだまだだなと思っていたわけです (^_^;

 

 しかし、先の番組の中で大迫は、それまでの自分とは決別し、大学駅伝なんかよりもさらに先に目標を置いたようで、ナンというか、
一皮剥けたんじゃないかと思わせてくれました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 「男子三日会わざれば刮目して見よ」ということばがあります。
 男の子は三日も会わないでいると、驚くほど成長しているものだという意味ですが、もしかしたら大迫傑というアスリートも、そういう驚くような成長を遂げているのかもしれないと思わせてくれる内容でした。

 

 その印象が正しかったかどうかは、今度の日曜日に、伊勢路を舞台に行なわれる「全日本大学駅伝」見られると思うんですが、どうでしょう、速いだけでなく目を見張るような力強い走りを見せてくれるんでしょうか・・・ ヽ(^o^)尸

 もちろん、今度の日曜日は、お正月よろしく、朝からず~っとテレビの前に陣取るつもりでいるんですが、今から大迫の走りっぷりが待ち遠しくてなりません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月29日 (火)

南牧村

 20131028002

 

 写真は、群馬県に在る「南牧村」と、長野県に在る「南牧村」とを表示した地図です。

 

 2年前にも「似たような地名」という記事の中で取り上げた事があるのですが、同じ名前を持つ市町村というのは日本中にけっこう存在します。

 今日の記事のタイトルにもなっている「南牧村」もそんな地名の一つなんですが、一方は群馬県に在って「なんもくむら」と読み、もう一方は長野県に在って「みなみまきむら」と読みます。

 同じ字面の名前を持つ自治体という事もありますが、興味深いのはこの二つの村が県境を挟んでごく近い場所に存在しているという事実です。

 名前が同じだけならともかく、二つの村がこんなに近い場所に在るので、紛らわしいことこの上ないなと・・・ (^◇^;)

 

 一応、下にこの付近の地図も貼り付けておきますので、興味のある方はご確認下さい (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 

 仕事で近くを通ったことは何度もありますが、あいにくと二つの南牧村には縁がありませんで、いまだに足を運んだことが無いのが残念ではありますが、それはそれ、いつかはどんなところかこの目で見比べてみたいなとは思っています・・・ (^_^ゞポリポリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月28日 (月)

全日本大学女子駅伝 2013

 今年も、杜の都を舞台に女子大生ランナーが集う「全日本大学女子駅伝」が行なわれ、例によってテレビの前で観戦させていただきました。

 結果は、立命大が一度も先頭を譲らない完全優勝で、3年連続8回目の優勝を遂げた。

 

 レースそのものは、1区の終盤から立命大の独走で、全6区間のうち5人が区間賞を取るという圧倒的な横綱相撲でしたから、単に優勝争いだけを観るならば、それほど盛り上がりもなく、退屈極まりないものだったんですが、それでも、大会全体として観ると、なかなかに楽しめた2時間半でした (*^.-^*)♪

 と申しますのも、男子と違って女子の場合は、伝統的に「西高東低」の勢力図がハバを効かせていまして、どうしても関東から東側の大学に分がなくてね (;^_^A アセアセ・・・

 そういう意味で言いますと、今年も下馬評通りに京都の立命大が優勝したわけで、相変わらずと言ってしまえばそれまでなんですが、
それでも、バラエティに富んだ顔ぶれが上位に並んだということで、十分に楽しめた大会となりました o(*^▽^*)o~♪

 

 自動的に来年の大会に出場できる、シード権を獲得した8大学は以下の通りです。

 1位:立命館大学 京都
 2位:大東文化大学 東京
 3位:松山大学 愛媛
 4位:鹿屋体育大学 鹿児島
 5位:日本体育大学 神奈川
 6位:名城大学 愛知
 7位:佛教大学 京都
 8位:関西大学 大阪

 ・・・と、まぁ、関西から3校、関東から2校、東海と四国と九州からそれぞれ1校ずつと、比較的バランス良くというか、ワリと全国的にばらけた顔ぶれになりました。

 特に、シード権を逃した9位から12位までの4校は、城西大
順大東農大玉川大という、全て関東の大学となり、関東の大学もシード権までもう一歩という健闘ぶりを見せてくれまして、順調に力をつけているというか、来年につながる期待を抱かせてくれるに十分な結果となりまして、満足しています o(*^▽^*)o

 いつもいつも、東海地区以西の大学ばかりが目立つ大会というのも、関東の人間としてはおもしろくないので、やはり全国の実力が拮抗して、普段聞かない大学などが活躍してくれると、駅伝ファンというか、野次馬としては嬉しいなと (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 来週は、男子による「全日本大学駅伝」が行なわれます。

 こちらも、下馬評通りに駒大の独走となるのか・・・
 あるいは東洋大日体大が待ったをかけるのか・・・
 そして、私の応援している早稲田順大の復活はあるのか・・・

 今から楽しみでしかたありません・・・ p(^_^)q ワクワク

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月27日 (日)

関東の道の駅

 私のように、運送屋なんて仕事をしていますと、高速道路のSAPA、一般道路の道の駅などのような休憩施設は、無くてはならないありがたい場所です (*^.-^*)♪

 トイレ休憩はもちろんですが、時には仮眠をとったり、産直野菜などのお土産を購入したりと、普段からよく利用させて頂いています (*^.-^*)♪

 

 仕事がら、一般の人達よりは利用機会も多く、訪れた場所も多いと思い、今日の記事となりました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 今現在、日本には1,014もの道の駅が在るそうで、さすがに
全ての道の駅に立ち寄ったわけではありませんが、その中でも利用頻度が多い、「関東地方の道の駅」を今日は取り上げてみたいなと・・・ (^^)v

 

 関東地方には、148ヶ所の道の駅が在りまして、その内訳は以下のようになっています。

 茨 城 県 :10ヶ所
 千 葉 県 :23ヶ所
 東 京 都 : 1ヶ所
 神奈川県 : 2ヶ所
 埼 玉 県 :19ヶ所
 栃 木 県 :21ヶ所
 群 馬 県 :27ヶ所
 山 梨 県 :17ヶ所
 長 野 県 :28ヶ所

http://www.ktr.mlit.go.jp/honkyoku/road/eki/station/road-station_knt.html

 

   20131027001

 

 長野県の28ヶ所や群馬県の27ヶ所には及びませんが、私の住んでいる千葉県内にも23ヶ所もの道の駅が在りまして、全国の中でも多い方ではないかと思います。

 そして、さすがに千葉県内の道の駅は日常的に利用していまして、そうではないところでも一度くらいは訪れたことがあります (^^)v

 おもしろいというか興味深いというか、その23ヶ所の道の駅のほとんどが、館山を中心とした南房総地区に集中していることで、この界隈だけで12ヶ所もの道の駅が在り、それ以外の地区の11ヶ所を上回っています (^◇^;)
 上の地図で、赤い線で囲んだところが南房総地区で、青い線で囲んだところがそれ以外の地区となりまして、一目瞭然だと思います。

 

 南房総以外の、内房や外房、下総や北総といった、千葉県のほとんどを占める地域にまんべんなく配置された道の駅に比べ、南房総と呼ばれるごく限られた狭い地域に、なぜこんなにも多くの道の駅が作られたのかは不明ですが、そもそも南房総地区は観光で成り立っているような場所であり、風光明媚な場所も多いという理由もあるのでしょうが、そのワリには人口密度は低く、お店などの数も少なくて、そもそも休憩する場所が無いからではないかと私は勘ぐっています (^_^ゞポリポリ

 

 その南房総地区の道の駅の中でも、私がよく利用しているのは「鴨川オーシャンパーク」です。

 成田から国道128号線で館山方面に向かった時に、ちょうど休憩したいなと思うところに在るからというのがお気に入りの理由なんですが、他の南房総地区の道の駅から比べても、利用回数はケタ違いです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

http://www.ktr.mlit.go.jp/honkyoku/road/eki/station/chiba_kamogawa/index.html

 

 ただ、この道の駅は常駐している人が居ないのが玉にきずでして、もしかしたら夏場とかには賑わうのかもしれませんが、私が行った時には無人であることがほとんどで、もう少し力を入れて欲しいなと利用者の一人としては思う次第です (;^_^A アセアセ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月26日 (土)

   20131026002

20131026003 20131026001

 

 昨日、成田市内の某所を走っていたら、こんな花が咲いているのを見かけ、直ちに車を停めて写真に納めてきました。

 あれ?
 もしかして、・・・ (?。?)

 それが、この花を見かけた時の第一印象だったんですが、近寄ってみて、間違いなく「桜」であることを確認しました。

 

 枝ぶりといい、花といい、私が知っている桜の花に間違いないとは思うんですが、何でこんな時期に桜の花なんだろうと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 「桜」といえば「春」という認識が一般的だとは思うんですが、「寒桜」に代表される、季節はずれに咲き出す桜の花も有名ですし、「狂い咲き」ナンて事象もありますから、秋に桜の花が咲いていても、それほど不思議な事ではないとはいえ、さすがにビックリしました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20131026004  花の色がやけに白いのが気になって、チョッとネットで調べてみたら、この花に似た「冬桜(フユザクラ)」という種類が見つかりました。

 

 おそらく、当たらずとも遠からずではないかと思うのですが、はたしてどんなもんでしょう・・・ (^_^ゞポリポリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月25日 (金)

道路崩壊

20131025001 20131025002

 

 先日の台風26号の影響だと思うんですが、東関東自動車道の佐倉ICそばの農道が「道路崩壊」ということで通行止めになっているのを見かけました。

 

 国道51号線に平行している農道で、私自身はほとんど利用することは無いんですが、この立て看板が立っている前の道はよく利用します (^^;

 ということは、この場所に限らず、他の場所だって崩壊していても不思議はないわけで、チョッと驚きました。

 

 台風26号は、千葉県内にも少なからず被害をもたらしまして、様々な場所で土砂崩れが起き、その中の一つである、京成電鉄の成田駅も、土砂崩れで1番ホームは今も使用不可の状態が続いています・・・

 折しも、台風27号と台風28号がこの週末に日本列島に近づきつつあり、今回はそれほどの影響はないだろうと報じられてはいますが、自然の力の前には人間のできる事なんて限られていますから、何事もなく通りすぎて行ってくれることを願うのみです・・・ (__;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月24日 (木)

キリン

   20131023001

 

 写真は、先日道端で見かけたパワーショベルです。

 ご覧のように、車体とアームの部分にキリンふうの模様が描かれていまして、見ていて微笑ましくなるというか (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 こういう車輌って、実用一辺倒というか、あまり遊び心なんて感じられないのが普通なんですが、だからこそ、こんなパワーショベルを見ると目を引かれるというか・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 しかし、道端にただ置いてあるだけだから、こんな呑気な感想も言ってられるワケですが、危険も伴うガテン系の現場で、こういう車輌が動いていたとしたら・・・

 私なんかは、きっと「ふざけるなよ」と思うだろうと思います・・・ (^◇^;)

 もっとも、そういう現場だからこそ、こういうユーモアというか、こころのゆとりが必要なのかもしれませんが・・・ (;^_^A アセアセ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月23日 (水)

廃バス

   20131022001

 20131022002 20131022003

 

 写真は、先日、埼玉県の本荘市内で見かけた廃バス利用の売店です。

 「きゅうり」とか「とまと」などという名前が書かれた札がありましたが、メインで売っているのは「玉子」みたいでした (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20131022004 20131022005

 

 なんとなく胡散臭そうで、中に入って中を覗くまではできませんでしたが、バスの中には道端でよく見かける玉子が入った自動販売機が置かれていました。

 

 私は最初、道端にバスが置いてあるなぁということで、何だろうと思って見に行ったのですが、まさか無人販売所になっているとは思いませんでしたよ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

よく見かける無人販売所と違って、こういうのはなんとなく目も引きますし、なるほどと思いました (*^.-^*)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月22日 (火)

レーシングカー

   20131021012

20131021011 20131021013

 

 写真は、昨日首都高湾岸線で見かけたレーシングカーです。

 

 クラシックカーなのか、それともカスタムカーなのか、こんな車が4台ほど連なって走っているのを見かけました o(*^▽^*)o~♪

 一般の車に混じって走っていると、いやぁ、目立つこと目立つこと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 しかし、さすがはレーシングカー!
 渋滞を抜けると、アッという間に走り去っていきました・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月21日 (月)

包丁研ぎ

20131021001  最近、砥石で包丁を研ぐことを覚えまして・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 ・・・と申しましても、生来の不器用者ですから、チャンと研げているのかどうかは不明です (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 もともとは、よくある包丁研ぎ器をいくつも購入して、こっちでダメなら今度はそっちと、取っ替え引っ替えしながら研いでいたのですが、これがまた怪しげなモノばかりで、商品そのものがいい加減なシロモノなのか、はたまた私の使い方が間違っているのか、いくら研いでもちっとも切れるようにならない・・・ (^_^;

 で、やっぱり包丁は砥石で研ぐのが基本なんだなとつくづく思い知らされました (;^_^A アセアセ・・・

 

 そうはいっても、砥石で包丁を研ぐなんて、やった事がありませんから、ネットで調べたり、帰省した時に親父に教えてもらったりと、自分なりに勉強はしたつもりなんですが、先にも述べた通り、私は不器用ですから、研いだつもりの包丁が、前よりも切れなくなったと家内から何度言われた事か・・・ (^◇^;)

 挙げ句の果てに、研がなくてもいいから、新しい包丁を買ってほしいとまで言われた事もあります (^◇^) 。。。ケラケラ

 料理好きな家内にとって、包丁は何にも替えがたい必須アイテムですから、その切れ具合はどうしても気になって仕方がないんだろうと思います。

 

 そんなこんなで、試行錯誤を重ねること2~3年・・・

 やっと最近、研ぎ上がった包丁が家内から駄目出しされないようになりました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 いや、それも家内の演出というか、もしかしたら私への思いやりで切れるようになったと言っているだけなのかもしれませんが、私も単純なオトコですから、そうおだてられて気分が悪かろうはずもなく、最近は張り切って包丁を研いでいます (^_^)V。

 

 自分で料理をして研いだ包丁を使ってみれば、確かに切れるようになっているかどうか実感できるのでしょうが、あいにく料理は苦手ですからねぇ・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 「習うより慣れろ」という言葉もありますが、見様見真似でも回数を重ねた結果、多少は腕が上がったと考えたいのですが、ホントのところはどうなんでしょうか・・・(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月20日 (日)

第90回箱根駅伝予選会

 昨日、来年のお正月に行なわれる箱根駅伝の出場校を決める予選会が行なわれました。

 

 私は、箱根駅伝はもちろんですが、シード権を逃した大学等が、本大会出場をかけて競り合う予選会も毎年楽しみにしていまして、必ず録画をして楽しんでいます (*^.-^*)♪

 ただ、例年ですと予選会が終了した後に、編集された録画が放送されるのが常なんですが、今年はどういうわけかリアルタイムでの生中継となりました (;^_^A アセアセ・・・

 それだけ、予選会自身も国民的イベントになったという事なのか、あるいは、90回記念大会という事で参加校が3校増えたというお祭り的な意味での生中継だったのか、真意は不明ですが、いずれにしても私は録画した内容しか観ることが出来ないので、録画でも生でもあまり関係ないのですが、リアルタイムで放送してくれるという事はそれだけ世間の耳目を集めているという事で、ありがたい事ではあります (*^.-^*)♪

 

 選ばれたエリートランナー達が出場する本大会も、それはそれでおもしろいのですが、この予選会のように玉石混淆のランナー達が一堂に会して行なわれるレースも、それはそれでおもしろいというか・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 第一、レースが終わって順位が確定した後の方が、よりハラハラドキドキする大会なんて、そうはありませんからねぇ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 予選会通過校が三つ増えて13校になり、それだけ門戸が広がったとはいうものの、ボーダーライン上の争いは相変わらずで、上位校の発表の時にはそれほどでもないんですが、11位くらいの発表からは会場の雰囲気もどんどんエスカレートしていきまして、13位が発表される際には誰もが息をのみ、シ~ンとした異様な雰囲気の中で最後のキップを手にする大学の名が発表されます (^_^;

 

 ・・・ という事で、予選会の結果は、以下の通りです ヽ(^o^)尸

 

  1位:東京農業大 10時間 4分35秒
  2位:山梨学院大 10時間 5分33秒
  3位:東海大   10時間 6分36秒
  4位:神奈川大  10時間 7分32秒
  5位:国学院大  10時間 8分30秒
  6位:大東文化大 10時間 9分51秒
  7位:専修大   10時間 9分56秒
  8位:日本大   10時間11分39秒
  9位:拓殖大   10時間11分53秒
 10位:城西大   10時間12分29秒
 11位:上武大   10時間14分 5秒
 12位:中央大   10時間14分12秒
 13位:国士舘大  10時間16分54秒

 

 この13校に加え、既にシード権を勝ち得ている、日体大、
東洋大、駒大、帝京大、早大、順大、明大、青学大、法大、
中央学院大の、23校で、来年の年明けに行なわれる箱根駅伝の戦いが行なわれる事になりました ヽ(^o^)尸

 今から、待ち遠しくて仕方がありません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 早く来い来い、お正月~ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月19日 (土)

感服

 「恐れ入谷の鬼子母神」ナンてことばもありますが、今年の田中将大投手を見ていると、そんなことばしか出てこない・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 一昨日に行なわれたパ・リーグのクライマックスシリーズのファイナルステージ第1戦で、先発した田中はロッテを相手に7安打を許しながらも完封勝利を納め、レギュラーシーズンで24勝負け無しという前人未到の記録をさらに「25」に伸ばした。

 

 いったい、この変貌ぶりは何なのだろう・・・ (?。?)

 

 昨年までも、田中の成績は目を見張るものがあったが、去年までの田中と、今年の田中とでは、別人と言ってもいいくらいの違いがあります (^◇^;)

 何よりも、「負けない」という、その一言が今年の田中の全てを物語っています。

 

 ルーキーだった2007年、監督だった野村克也が田中将大を評して、「マー君、神の子、不思議な子」というコメントを残しましたが、今の田中はそんな次元をはるかに超越していまして、もう、「神の子」ではなく、「神」そのものになったんじゃないでしょうか (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 投手が勝ち星を手に入れるためには、本人の実力はもちろんですが、その他諸々の要素も大きく絡んできまして、その中には「人柄」や「運」ナンてものも大きく影響しまして、今年ダルビッシュがなかなか勝てないのも、「人柄」に問題があるせいです(苦笑)

 その点、田中は誰からも好かれているようで、田中が投げる日にはチームの打率が上がるなんてのも、そういう「人柄」が成せる技なのではないでしょうか・・・ (*^.-^*)♪

 

 もちろん、努力も人一倍しているようで、野球に関する事はもちろんですが、日常生活での不摂生もできる限り排除し、体調管理には人一倍気を使っているといいます。
 一例として、お酒は大好きなようですが、シーズン中はほとんど口にしないと聞きました。
 飲むときはたいてい自身のピッチングに納得がいかないときで、
ヤケ酒というのではなく、一人でチビチビとやるのが田中流だそうで・・・ (^_^;

 「ストイック」ナンていうと、いの一番にイチローが私のアタマに浮かんできますが、もしかしたら田中将大もそれと同じくらいストイックなアスリートなのかもしれません・・・

 

 昨年まで・・・ というか、今年のシーズン中も、私の田中に対する印象は「大胆不敵」というか、「豪放磊落」というか、小さなコトにはこだわらず、とにかく前に進むイノシシ武者みたいなイメージだったんですが、田中を報じるニュースやエピソードを聞けば聞くほど、真逆の人柄が浮かび上がってきます (;^_^A アセアセ・・・

 意外と、勉強熱心だし、私生活もマジメだし・・・

 う~ん、私ゃ、心から感服つかまつりましたよ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月18日 (金)

雨の猿橋

20131018002_2    20131018004_2

 

 先日、山梨県の大月市に仕事で行って来まして、いつもの事ではありますが、道すがらにある「猿橋」で見物を兼ねて小休止してきました。

 その日は、あいにくの小雨が降っていまして、なんとなくもの悲しさを感じたのでこんな記事にしてみました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20131018001 20131018003

 

 「猿橋」の事については、6年前に書いた「甲斐の猿橋」という記事でご確認ください ( ^-^)/ ♪

 

 なかなか楽しめる場所でして、個人的にはけっこうお気に入りの
景勝地です (*^.-^*)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月17日 (木)

迂回と渋滞

 台風26号が駆け足で通りすぎていった昨日、私は仕事で大いなる影響を受けました・・・ (__;)

 

 台風が関東に最接近した昨日の未明から朝一にかけて、私は仕事で成田空港周辺を走っていました (;^_^A アセアセ・・・

 具体的に申し上げるなら、6時半に空港そばのクライアントの事務所で荷物を引き取り、つくば市の納品先へ向かう仕事を依頼されていたので、6時15分頃に自宅を出ようと思っていたのですが、6時にクライアントから電話が入り、道路状況が危ぶまれるので早めに来てくれないかと・・・ (^_^;

 

 で、急いで自宅を出発したものの、予定していた滑走路脇の道路が冠水していて、通るには躊躇される状況になっていまして・・・ (^◇^;)
 もちろん、ほとんどの車は水たまりの中へと突っ込んで行き、無事に水たまりの向う側へと走り去って行ったんですが、私の車は軽トラですからねぇ、皆が通り抜けられたからといって私の車も大丈夫とは限らないので、やむを得ずUターンして他の道を探すことにしました (;^_^A アセアセ・・・
 万が一、水たまりの中で立ち往生してしまったら、クライアントに迷惑をかけてしまうと思ったからなのですが、この判断ははたして正しかったのかどうか・・・ (__;)

 というのも、迂回した先々で、ことごとくUターンを余儀なくされたからで、長く運送屋をやっていますが、昨日みたいな道路状況は初めてでした (ノ_-;)ハア…

 

 何度ルートを変えて挑戦しても、クライアントの所には行けないわ、クライアントからは何度も状況の問い合わせがあるわ、挙げ句の果てに、時間の経過と共に天候と道路の状況は悪化する一方だわで、もう、すっかりテンパっていました (^_^;

 いつもなら20分もあれば余裕で到着するのですが、成田空港を大きく迂回して、クライアントの下に着いた時には、すでに2時間を経過していました・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 そんなこんなで、昨日の予定は大きく狂い、とりあえず9時終了の仕事が終わったのが10時半・・・ (^◇^;)

 もちろん、その後に予定していた仕事はキャンセルされ、踏んだり蹴ったりの一日となりました(苦笑)

 

 

 そんなワケで、上は、一仕事終わって自宅へと向かっていた時に、思いがけず遭遇した大渋滞と、それを回避しようと悪あがきをした様子を記録した動画です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 どんなに渋滞していようと、そのまま渋滞にはまっていた方が、下手に抜け道を利用するよりも結果的に早かったということはよくあることですが、私の場合は気が短いこともあって、ジッと動かずに渋滞の中で止まっているということがガマンできなくてね (;^_^A アセアセ・・・

 で、いつもこんなふうに脇道や抜け道へと車を向けるのが常です (;^_^A アセアセ・・・

 動画の始まりと終わりの地点は一本道で、距離にして2km余り、普段なら10分もあれば十分にたどり着くワケですが、そのルートはあいにくの渋滞で、とてもそんなワケのわからない渋滞の中に身を置く気にはなれなかったものですから、敢えて反対方向に車を向け、
裏道、裏道と走り抜け、最終的に目的地にたどり着いてわけですが、その間に30分以上もかけて12kmほどを走ったことになります (;^_^A アセアセ・・・

 はたして、渋滞の中に身を置き、30分以内で走ることができたのか・・・

 その答えはわかりかねますが、おそらくどんなに渋滞していても
2kmを30分はかからなかっただろうと思います。
 渋滞通過の目安は、事故とか故障などのトラブルが絡んでいない限り、高速道路で1キロ5分、一般道では1キロ10分くらいが目安だからです。

 しかし、私は非常に気が短いこともあって、渋滞の中で動かずに止まっているということがどうしてもガマンできなくてね、それくらいなら多少遠回りになろうとも走り回っていた方が気が紛れるというか・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 正直いって、こんな運転は時間もロスするし、ガソリンも無駄に使うわで、あまりお勧めできない見本ではあるのですがね・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月16日 (水)

出雲駅伝 2013

 一昨日の体育の日、学生三大駅伝の幕開けを告げる「出雲駅伝」が行なわれ、駒澤大学が大会新記録で15年ぶり3度目の優勝を果たした。

 

 今年もいよいよこの季節がやって来た ヽ(^o^)尸

 首を長~くして待った、「出雲駅伝」、もちろん私はテレビの前に陣取り、しっかりと観戦させていただきました (^^)v

 

 結果は冒頭で述べた通りですが、いやはや・・・
 さすがは駒大!
 1区から先頭に立つと、その後は1度もトップを譲ることなく、着実に後続との差を広げつつ、余裕のゴール (^^;
 先頭争いをする事もないまま、延々と独り旅を続ける
レース展開は、退屈極まりないというか・・・ (^◇^;)

 駒大の力が抜きん出ていると言ってしまえばそれまでなんですが、他の大学はいったいナニをやってるんだというのが正直な感想です (ノ_-;)ハア…

 長丁場を得意とする駒大が、鬼門としている出雲を圧倒的な横綱相撲で制したとなると、今シーズンは駒大の独走で決まりなのかなと思わせてくれるに十分すぎる、見事な優勝でした (;^_^A アセアセ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月15日 (火)

下克上

 この連休中に、プロ野球ではクライマックスシリーズのファーストステージが行なわれ、セ・リーグは2位の阪神と3位の広島、パ・リーグは2位の西武と3位のロッテとの間でファイナルステージ進出をかけた熱い戦いが繰り広げられた。

 結果は、セ、パとも、3位側のチームが勝ち上がり、それぞれのリーグの優勝チームと日本シリーズ出場をかけてファイナルステージを戦うこととなった。

 

 まぁ、自分のヒイキチームがCSに出ているのならともかく、私のヒイキチームは最後の最後で脱落してしまい、ハッキリ言ってどこのチームが勝とうと、私にゃ関わり合いのないことではありますが、利害関係のない第三者の目から見れば、番狂わせはあればあるほどおもしろいというコトになります (;^_^A アセアセ・・・

 そういう意味で言えば、上位チームが下位チームに勝っても当たり前すぎて、おもしろくも何ともありませんが、セもパも、見事に下位が上位を食ったわけで、こうなると俄然野次馬根性をくすぐられます (^◇^) 。。。ケラケラ

 現に、パ・リーグ3位のロッテは、3年前の2010年にも、3位からCSを勝ち上がり、日本シリーズを制して日本一にまで上り詰めました。
 そういう過去があるだけに、今年も、もしかしたら・・・ と思うのは私だけではないと思います (^_^;

 

 私のプロフィールにも書いてあるとおり、一押しは福岡ソフトバンクであることは言うまでもありませんが、二番目は今住んでいる千葉県の球団である千葉ロッテ、三番目が出身地の球団である楽天東北ですから、今回の下克上にも似たファーストステージの結果は、ソフトバンクホークスが出場していないだけに、いやが上にもロッテへの期待は膨らみます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 西武も、決して嫌いなチームではありませんが、ロッテに対するソレとは比べものになりませんで、試合は意地でも観ませんでしたが、結果だけはやはり気になりました(苦笑)
 もちろん、応援するのはロッテです (^^)v

 

 こうなったら、あの田中を打ち崩し、堂々とパ・リーグの代表として日本シリーズに出場し、セの代表を退けて、3年ぶりの日本一の座に座ってくれませんかねぇ p(^_^)q ワクワク

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月14日 (月)

壁に耳あり障子に目あり

 昔からよく言われていることばですが、「壁に耳あり障子に目あり」ということわざがありまして、どこでだれが見聞きしているかわからないので、秘密はとかく漏れやすく、用心するに越したことはないみたいな意味で使われます。

 

 もちろん、今でもりっぱに通用する戒めではあるのですが、最近の科学の進歩は目覚ましく、昔では考えられなかったような道具が次々に開発され、実用化されている現代においては、「壁に耳あり障子に目あり」では、いささか時代遅れの感も否めません (^◇^;)

 で、そんなことわざを現代風に言い換えると、「そこここに監視カメラや盗聴器あり」みたいな、実に味気ないことばになってしまうのでしょうか・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 最近のニュースでは、お店や通り等に取り付けられた監視カメラの映像が、犯人検挙の決め手になることがよくありますし、タクシーなどに取り付けられたドライブレコーダーなども、事故やトラブルの際の証拠に採り上げられることが少なくありません。

 カメラもマイクも、信じられないくらい小型化され、実際のところ、どこに隠されて仕込まれているかナンて探しようもありません。

 刑事ドラマなんかでは、壁のコンセントの中に盗聴器が取り付けられていた・・・なんてシーンは普通に見かけますし、少なくても入口とか通路などには監視カメラが取り付けてある建物は当たり前の時代になったような気もします。

 そうなると、廊下やエントランスなどの公共の場所に限らず、もしかしたらプライベートな部屋の中にまでカメラやマイクの類が取り付けてあっても不思議はないんじゃないかと天の邪鬼な私なんかは思わないでもありません (^_^;

 もちろん、プライベートの侵害にもあたりますから、やたらな場所にまでそういう機械を取り付けることは禁止されているとは思いますが、その気になれば、どこのどんな場所にだって隠しカメラや盗聴器の類を取り付けることは可能だと思います。

 

 なんか、四六時中誰かに監視されているようで、正直、私なんかは行き過ぎのような気がしないでもありませんで、実に嫌な世の中になったと思っている一人なんですが、中には、便利で素晴らしい世の中になったと歓迎している人だって多いんじゃないかと思います。

 さて、皆さんはどうですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月13日 (日)

露天商

20131010002 20131010001

 写真は、先日、JR御徒町駅そばの、春日通りで見かけた光景です。

 パトカーや何人もの警官の姿を見かけたので、私は最初、交通事故でも起こしたのかなと思ったのですが、端から見ていた感じでは露天商の取り締まりというか、注意をしていたんじゃないかと・・・

 

 道端で商売をするためには、所轄の警察の許可が必要なのはもちろんのこと、通行人などの邪魔にならないように、いろいろと制約もありましてね。

 おそらく、無許可で店を出していたか、何か不都合があって店終いを勧告されていたのではないかと・・・ (^^;

 

 ただ、それだけのハナシなんですがね・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月12日 (土)

鎮座

20131012001 20131012003

20131012002 20131012004

 

 写真は、昨日仕事で通った、千葉県は銚子市内で見かけたニャンコとワンコです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 いずれも、路地の真ん中にデ~ンと居座り、私の車の接近など何処吹く風・・・

 さすがに、脅かしてどかすわけにもいかず、ソロ~リと近づいて行っても、ここは我が輩の縄張りとばかりに御鎮座ましまして・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 どうです・・・ (^^ゞ

 二人とも・・・ というか、二匹ともなかなかの面構えだと思いませんか (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月11日 (金)

だのに

   若者たち

 君の行く道は 果てしなく遠い
 だのになぜ 歯をくいしばり
 君は行くのか そんなにしてまで

 君のあの人は 今はもういない
 だのになぜ なにを探して
 君は行くのか あてもないのに

 君の行く道は 希望へと続く
 空にまた 陽がのぼるとき
 若者はまた 歩きはじめる

 空にまた 陽がのぼるとき
 若者はまた 歩きはじめる

 

 これは、1966年にフジテレビで放送された、「若者たち」というテレビドラマの主題歌で、私が中学生の頃の音楽の教科書にも載っていた記憶があるので、大ヒットというのとは別に、それなりに知られているスタンダードな作品だと思います。

 

 

 上がそのテレビドラマのオープニングだそうですが、この時分の私は小学生の低学年でしたし、そもそも当時の福島県では民放は1局しか放送されていませんでしたから、ネット放送されていなかったらしく、全く見た記憶がありません。

 作詞が藤田敏雄、作曲は佐藤勝、そして歌っていたのはブロード・サイド・フォーという面々でしたが、いずれの名前もほとんど知りません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 ただ、「佐藤勝」という名前は、高校の時の同級生に居ましたし、最近ではニッポン放送のコメンテーターとしてよく耳にする名前でもあります(苦笑)
 「佐藤」も「勝」も、当時は有りがちな名前でしたから、もしかしたら皆さん方の知り合いにも、同姓同名の方が居らっしゃるんじゃないでしょうか (^_^ゞポリポリ

 

 それはともかくとして、歌詞の中にある「だのに」ということばですが、私はこの歌の中でしか「だのに」という言い回しを聞いたことがありません。

 一般的には、「なのに」というべきところだと思うのですが、なぜか「だのに」ということで、耳についてしかたがありません (;^_^A アセアセ・・・

 これが、「読んだのに」とか「頼んだのに」というように、「○○だのに」というコトなら、それほど違和感はないのですが、「○○」が付かない、単に「だのに」という接続詞となると、少なくても私は見聞きした記憶がありません。

 ただ、「なのに」というよりは、「だのに」という方が、なんとなくきついニュアンスに聞こえるので、そういう効果を狙って、敢えて「だのに」という言い回しにこだわったのかもしれません。

 

 いずれにしても、「若者たち」という歌はそれなりにヒットもして、音楽の教科書にも載るような有名な曲なのに、どういうワケか「だのに」という言い回しだけは広まらなかったようです(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月10日 (木)

ほんとの空

20131009013 20131009012

 

 今日10月10日は「天(テン)」という語呂から、
「空を見る日」ナンだそうですが、写真は、福島県の二本松市に在る
「道の駅安達」の駐車場から見上げた、昨日の二本松の空を撮ったものです。

 

 智恵子は東京に空が無いといふ
 ほんとの空が見たいといふ。

 これは、高村光太郎の「智恵子抄」の中の一節です。

 二本松は、高村光太郎の妻である智恵子の故郷ですから、智恵子が見ていた「ほんとの空」というのは、もしかしたらこんな感じの空だったのかなと・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 有りがちなハナシではありますが、田舎で見る空と都会で見る空とは、同じものであって同じではありません。
 キレイに澄み切った空気の下で見る空は、それは真っ青な空に見えるのでしょうが、都会の排気ガスなどで汚れきった空気の下で見る空は、やっぱり灰色とかに見えるんでしょうなぁ・・・ (^^;

 それは、いたるところに照明のある都会では星は見えにくいけれど、灯の少ない田舎では数え切れないくらいの星が見えるのに似ているのかもしれません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 昨日、仕事で宮城県の名取市まで行ったんですが、その道中、
国道4号線沿いに在る「道の駅安達」で小休止しました。

 行きに立ち寄った時は朝の6時過ぎ。
 その時には厚い雲に遮られ、空は見えなかったんですが、帰りに立ち寄った14時頃にはこんな感じの青い空が見えたので、ふと思い立って写真に収めてきました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 どうですか、写真の空は「ほんとの空」に見えますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月 9日 (水)

ガソリンの価格

 先月も、「高騰」という記事を書いて、ガソリン価格の高騰ぶりを嘆いたことがありましたが、あれからほぼ一ヶ月・・・

 ピークを過ぎたのか、徐々にレギュラーガソリンの価格が下がってきたようです。

 

20131009001_2 20131009002_2 20131009003_2

 

 写真は、左から順に・・・

 10月1日 01:47 静岡県御殿場市  @150.0

 10月1日 13:23 滋賀県甲賀市   @156.0

 10月2日 00:50 千葉県四街道市  @146.0

 

 先月と同じ仕事で尼崎市に向かい、いつものガソリンスタンドで給油したんですが、いずれも2~3円ほど安くなっていました。

 

20131009004_3 20131009005_3

 

 一方こちらのレシートは、ごく最近、近所のスタンドで給油した時のものです。

 10月6日 21:11 千葉県印西市  @141.0

 10月7日 17:26 千葉県四街道市 @144.0

 

 このところ、150円前後くらいのバカ高い価格で給油していたので、140円台の前半という価格でも、かなり安く感じてしまいます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 それでも、かつてから比べればかなり高いということに変わりはありませんが、ガソリンの価格は全国的に高くなっているわけですからそうそうワガママも言ってられませんが・・・ (^_^;

 私の経験では、千葉県内は他の地域よりも若干安めなので、有り難いなと (*^.-^*)♪

 

 どうなんでしょう、この値下がり傾向は、この後も続くのでしょうか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月 8日 (火)

先行逃げ切り

 日曜日の夜、フランスのロンシャン競馬場で行なわれた凱旋門賞で、期待のオルフェーブルは2着、キズナは4着に終わったと報じられた。

 

 競馬には何の興味もないので、そんなレースがあることさえ知らなかった私ですが、当日のラジオではもっぱらこの話題で持ちきりで、オルフェーブルは1番人気、キズナは2番人気と、地元の有力馬を抑えて話題になっているとパーソナリティが語っていました。
 もしかすると、日本馬のワンツーフィニッシュもあるかも・・・ ナ~ンて煽ってくれるものですから、オルフェやキズナの、因縁のあるエピソードとも相まって、チョッと見てみるかな・・・ なんて思わせてくれたので、23時からフジテレビで放送された件のレースを見てみるコトにしました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 レースの結果は冒頭の通りなんですが、ナンというか、オルフェは集団の中に飲み込まれ、キズナときたら最後尾付近に位置して、いっこうに順位が上がってこない・・・ (ノ_-;)ハア…

 おいおい、そんなのんびり構えていて大丈夫なのかよと思いつつ見守っていたら、レースも中盤に入ってから二頭とも馬群を抜け出して徐々に順位を上げていく・・・
 それでも、先頭を行く地元フランスのトレヴとの差はいっこうに縮まらない・・・ (__;)

 そして、オルフェは圧倒的な差を付けられての2着に終わった・・・
 キズナもその後を追って4着でゴール。

 前半のもたつきぶりから見れば、善戦したとは思うけれど、所詮はこんなモノかと思ったのと、そもそも、後方から仕掛けようと考えた事自体が、作戦ミスだったんじゃないかと素人目には思えたレースでした (;^_^A アセアセ・・・

 

 それはともかくとして、私は競馬のレースを見たことはほとんどありませんが、マラソンでも野球のペナントでも、レースはとにかく、「先行逃げ切り」が一番好みです(苦笑)

 理由は、単純明快なレース展開だからで、いつもそういうレースを心がけてくれていた法政大の徳本一善などは、実に私好みの選手でした (*^.-^*)♪
 ただ、徳本はイッキに飛び出して後続との差を大きく広げはするんですが、たいていスタミナが続かずに次第に後続に飲み込まれてしまうのが玉にきずというか・・・ (^◇^;)

 

 先行逃げ切りをするためには、相当の地力が無ければ難しいとはいうものの、凱旋門賞のレースのように、集団に飲み込まれてモタモタしていては、持っている実力を発揮できないうちにレースが終わってしまう危険性もあるわけで、そういう点から見ても、個人的にはスタート直後から果敢に飛び出して、独自のレースを展開してくれる、先行逃げ切り型の選手が断然好きだなぁ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月 7日 (月)

間一髪!

 

 先日の土曜日、仕事で群馬県の富岡市まで行ったんですが、その帰り道、またいつものように寄り道をしながら帰途につきました・・・ (^^ゞ

 上の動画は、その時に記録したモノなんですが、思いがけない渋滞にはまり、気の短い私はいつものように抜け道へと向かおうとしたその時の出来事です・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 動画では、かなりショッキングなシーンに見えますが、この手のシチュエーションはけっこう有りがちだと思います。

 しかし、普通はこんな切羽詰まったコトにはなりません。
 なぜなら、脇道から合流しようとする車は本線の車の流れをよく見ていますし、本線上を走る車も脇道から出てこようとする車や人を見かけるとアクセルから足を離してスピードを落とすのが普通だからです。

 

 しかるに、なぜ今回はこんな事態にいたってしまったのか・・・

 

 一つは、乗用車のドライバーが優柔不断だったこと。
 道路に出ていこうか、待とうか、今ひとつ判断がハッキリしなかったから、トラックの運ちゃんもまさか道路に出てくるとは思わなかったんでしょう (^◇^;)

 もう一つは、トラックの運ちゃんが大胆すぎたこと。
 大胆というよりは、悪意があったというか・・・ (;^_^A アセアセ・・・
 道路に出てくる乗用車を見て、ブレーキを踏むどころか、クラクションを大きく鳴らしながら迫ってきましたから・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 間近で見ていた私は、間違いなくトラックにぶつかるシーンを想像しましたし、ぶつかっていれば乗用車は私の車の方へとはじき飛ばされてきただろうと思います・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 そうならなかったのは、間一髪ではありますが、乗用車の運転手が合流を断念して、そのまま道路を直進して横切ったからです。

 

 事故なんて、ほんのちょっとした偶然と、判断ミスで、容易に起こってしまうモノです。

 そして、それを避けるのも、やはりチョッとした注意力と、判断力だと私は思います。

 この間一髪のシーンを見て、「対岸の火事」と思うか、「他山の石」と思うかは、その人次第というコトでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月 6日 (日)

消滅

 昨日、私の愛するソフトバンクホークスは、札幌ドームで日ハム相手に、今季の最終戦を行ないました。

 結果は、3-0で日ハムを下し、最終戦を白星で飾ったものの、西武が楽天に2―1で勝利したため、4位が確定し、5年連続のCS行きは消滅した・・・ (__;)ガクッ

 

 まぁ、今年は開幕からずっと借金生活が続いていましたし、交流戦で優勝し、やっと借金を清算して貯金を蓄え始めたとはいうものの、イマイチ波には乗り切れませんで、そうこうしているうちに7月の大スランプでまたもや借金生活に入るという、とにかく出入りの激しいシーズンでした (__;)

 そう考えれば、Aクラスはとてもムリだとわかってはいたつもりだったんですが、ファンの一人として、下駄を履くまではBクラスを認めたくないというか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 それでも、9月が終わるまでは何とか3位をキープしていたんですが、10月に入り、あろう事か眼下の敵の西武との直接対決に連敗し、3位の座を西武に明け渡してしまいます・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 毎年のことではありますが、夏場からペナントレース終盤にかけてのホークスの勝率はかなり悪く、いつもそれで煮え湯を飲まされるのが常ではありますが、こういう体質はどうにかならんモンでしょうかねぇ・・・ q(`o')ブー!!

 

 とにもかくにも、ソフトバンクホークスの今シーズンの戦いは、昨日をもって全て終了してしまいました (__;)

 来年、またお会いしましょう・・・ ( ^ ^)/~~~~see you again・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2013年10月 5日 (土)

口からでまかせ

 来年4月から消費税を8%にする事が正式に発表されました。

 国民の多くも、増税はやむを得ないみたいな気持ちになっているようだけれど、本当にそれでいいのだろうか・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 思いだしてほしい。
 3%の消費税が導入された平成元年の時も、税率が5%に引き上げられた平成9年の時にも、政府の言い分は「福祉を充実させる」というものだった。
 そのための財源を確保するために「消費税」は導入されたはずだった。

 

 しかし、消費税の導入から四半世紀、コトは政府の思惑通りには運んではいない。

 

政府総債務残高の推移 - 世界経済のネタ帳

 

 平成元年時には300兆円に満たなかった国の借金は、その後減るどころか、ますますふくらみ続け、ついに1000兆円を超えたと臆面もなく発表する始末 q(`o')ブー!!

 こんな状態じゃ、いくら消費税率を上げようと、諸々の税金をいくら増やそうと、追いつかないだろうコトは容易に想像がつきます(怒り)

 

 なぜこんな事になってしまったのか、理由は明らかです。

 毎年毎年、各省庁から出される概算要求は莫大な金額で、危機感も無いままジャンジャンと予算を使い続ける永田町や霞ヶ関のウジ虫どもが諸悪の根源です。

 誰が考えたって、借金まみれで首が回らないとなれば、まずは使い道を考え、支出をできる限り抑えるのが常道だと思うんですが、連中ときたら国の借金など何処吹く風で、国の予算を湯水のように使いまくっています・・・

先日報じられた来年度の概算要求額は100兆円を超え、過去最高額になる見込みだという・・・

 まったく、手前ぇのコトしか考えていない○○野郎ばっかりで・・・ (ノ_-;)ハア…

 そんな、寄生虫のような奴等の口車に簡単に騙されて、消費増税も止むなしと諦めてしまう国民の、人の良さと、明きメクラぶりにも呆れてしまいますが・・・ (__;)

 

 いずれにしても、こんな厚顔無恥な政治家や役人どもにこの国の舵取りを任せていては、この先どんなに消費税を上げたところで、焼け石に水でしょうなぁ・・・

 アベノミクスだかなんだか知らないけれど、どんなに素晴らしい政策を打ち出そうとも、無駄遣いを改めようとしない役人どもがそのままでは、底に穴の空いたバケツに水を満たそうとしているのと同じで、結局のところ国の借金は永遠に増え続けるしかない運命なのでしょう・・・ (__;)

 

 国が破綻したら、誰が責任をとるんだ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月 4日 (金)

星取表

 先日の日曜日、大相撲の秋場所が千秋楽を迎えました。

 

 翌日の月曜日の新聞には、場所の成績を記した星取表が新聞に載ります。
 私は、以前は大相撲にはそれほど関心はありませんでしたが、再上京した昭和62年頃から大相撲にのめり込み始め、その頃からは毎回の本場所が楽しみで楽しみで・・・ o(*^▽^*)o~♪

 当時は、千代の富士と北尾改め双羽黒の二横綱が角界の頂点に立ち、北勝海大乃国も大関で、小錦旭富士はまだ関脇だった頃です・・・ (^_^ゞポリポリ

 若貴兄弟は、この翌年に角界に入門するわけで、なんというか、角界全体に活気があった、今思えばバブルに似たイケイケムードに包まれた古き良き時代でした(苦笑)

 

20131004001_2 20131004002_2

 

 写真は、毎場所後に購入したスポーツ新聞に載った大相撲の星取表です。

 それまでは、スポーツ新聞はよく購入しましたが、読み終わったらたいていは捨ててしまうのが常だったんですが、千秋楽の翌日に載る星取表だけは記録として取っておくようになったのが、平成6年の秋場所からです。

 

 そうして、延々と19年間・・・
 初めは1枚とか2枚とか、そういうささやかなコレクションだったので、クリアファイルも20枚くらいの薄めの物を使っていたんですが、場所を重ね、少しずつ厚みを増してくると、50枚、100枚とファイルの厚みも増していきました。
 そうなると、もう、場所後の月曜日はスポーツ新聞を買うことが当たり前になっている私がいました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 時々、月曜日の朝にスポーツ新聞を買い忘れ、星取表をゲットできないコトもあったりしましたが、ほぼ毎場所、こうしてクリアファイルにため込んだ星取表は100枚になりました (^^)v

 

 そうして迎えた今回の秋場所、もちろん、月曜日の朝にスポーツ新聞を買おうと思っていたのはいつもと同じだったんですが、仕事に没頭するあまり、うっかりと買い忘れてしまいましてね (^_^;

 コンビニなどで売っているスポーツ新聞は、お昼を回ると売り切れはもちろんですが、たとえ売れ残っていても売り場からは撤去されてしまうのが常で、タブロイド判を始めとする夕刊に入れ替わってしまいますから、買おうと思っても入手は困難になります。
 私は、店員に交渉してバックヤードに戻されたスポーツ新聞を買ったことが何度かありますし、時には新聞販売店に駆け込み、残っていたスポーツ新聞を買い求めた事もありますが、そこまでしても入手できなかった千秋楽翌日のスポーツ新聞は何回もあります。

 もちろん、直接新聞社からバックナンバーを購入することも可能ではありますが、そこまでして手に入れたいという気力はハナからありませんで・・・ (^◇^;)

 

 今回も、昼過ぎにスポーツ新聞を買い忘れたことに気付き、慌ててコンビニなどで買い求めようかなとも思ったんですが、たまたま使っている100枚のクリアファイルが先場所で満杯になったこともあり、新しくクリアファイルを購入するのも億劫だなという事もあって、もう、星取表を買い集めるのは止めようかなと・・・ (^_^;

 

 20131004003

 

 と申しますのも、今ではこんなふうにネットで過去の星取表を見ることは容易でして、わざわざスポーツ新聞を買ってまで集めることもないかなと・・・(苦笑)

 下は、私もよく利用している「大相撲星取表」というサイトでして、こういう貴重な情報をいつでも見ることができるということは、ファンとしては実に有り難いなと o(*^▽^*)o~♪

http://gans01.fc2web.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月 3日 (木)

落下物

 連日、トラックに積まれた荷物の記事で恐縮なんですが、今日もその流れで・・・

 

 昨日は、いかにも危なっかしげな荷物を積んだトラックの紹介でしたが、中には本当に積み荷を落とすところを目撃したことも何度かあります (;^_^A アセアセ・・・

 昨年、前を走るトラックから荷物が1個転げ落ち、対向車線に転がっていって、通りがかった乗用車にぶつかり、私の車の前方にはね飛ばされてきて接触したことがあります。

 そういう「事故」の瞬間を記録に残したくて、ちょうど1年前にドライブレコーダーを購入して取り付けました (^^)v
 その時に書いたのが「ドライブレコーダー」という記事です。

 

 しかし、現実にはそういう決定的な「事故の瞬間」に遭遇することはまずありませんで、せっかく取り付けたドライブレコーダーも宝の持ち腐れというか、淡々と走る目の前の車窓を記録し続けるのが常でした (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 まぁ、事故やアクシデントの類なんて無い方がイイに決まっているわけで、そういう瞬間に遭遇するのは出来れば避けたいと私自身も思ってはいるものの、生来の野次馬ですからねぇ、見たくないかと言われれば、そんなコトもないというのが正直なところでしてね・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 で、先日、目の前を走るトラックの荷台から、鉄板らしき荷物が風に煽られて落ちてくるのを見ましてね、いやぁ、さすがに肝を冷やしましたよ・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 

 上がその時の動画なんですが、あいにく小雨が降っていましたから、映像はイマイチではありますが、荷台から荷物が落ちてくる瞬間がしっかりと映っています (^_^;

 京葉道路という、千葉県と東京都とを結ぶ自動車専用の有料道路上での出来事だったんですが、私の車は件のトラックの真後ろをずっと走っていまして、県境を流れる江戸川に架かる江戸川大橋から一般道へと下りるために、一番左側の車線へと移ったのが幸いして、荷物の直撃は免れましたが、もしずっと真後ろを走り続けていたらと思うと、ゾッとします・・・ (__;)

 

 皆さんも、くれぐれもお気を付けください・・・ (^_^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月 2日 (水)

積み荷

 毎日、いろんなところの道路を走っていると、様々な車に遭遇します。

 昨日の、過積載臭い軽トラもそういう中の一つですが、中でも「オオッ!・・・」と思うのは、山のように積み荷を積んだトラックで、よくあんなふうに積み上げることができたもんだと感心する一方で、走っている間に崩れでもしたらヤバイんじゃないかと思う事もしばしばです・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 今日は、そんな危なっかしい荷物を積んだトラックをご紹介してみようかなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 まずは、比較的ノーマルなのを3枚・・・ ( ^-^)/ ♪

 

20130928001 20130928002 20130928010

 

 次に、チョッとヤバそうな感じのを・・・ (^_^;

20130928003 20130928004

 

 さらに、樹木を積んでいるトラックの写真です・・・

 

20130928006 20130928007

 

 最後に、自転車を積んでいるトラックの写真を・・・

 

20130928005 20130928008 20130928009

 

 いかがですか、こんな積み荷を積んだトラックが近くを走っていたら、チョッと避けたくなりませんか(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年10月 1日 (火)

過積載

   20130923001

 

 写真は、先日見かけた軽トラックなんですが、農家の方が所有しているものらしく、新米を荷台に山のように積んで走っていました。

 

 よく見かける光景でありまして、それ自体は特に珍しいようなものではないんですが、チョッと待てよと。

 軽自動車の積載量は最大でも350kg
 これは、どんな構造をしていようと、どんな用途で使おうと、変わるものではありませんで、農家の軽トラも私の軽トラも、そういう点では同じです。

 

 ところで、この軽トラの荷台に米袋が何袋積まれているのかは、後ろを走っている私の運転席からはよくわかりませんでしたが、少なくても1段に6袋。
 それが3段から4段くらいは重ねてあるように見えます (;^_^A アセアセ・・・

 

 このタイプの米袋は、30kg入りが一般的ですから、軽トラに積める限界数は最大でも12袋
 しかし、12袋でも計算上は360kgになりますから、350kgの最大積載量を超えてしまい、道交法上は過積載となってしまいます。

 

 にも関わらず、少なくても20袋くらいは積んでいるように見えるこの軽トラは、もしかして最大積載量の2倍くらいは積んでいるんじゃないかと・・・ (^◇^;)

 そう思うと、なんとなく荷台も左側に傾いているように見えてしまいます(苦笑)

 

 こんなにメチャクチャ積んでも、軽トラって走るんだなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20130923002 20130923003

 

 他にも、こんな軽トラも見ました (^_^;

 いずれもキャベツを積んで走っていたんですが、こちらだっておそらくは積載オーバーだと思われます (;^_^A アセアセ・・・

 

 軽トラは、農家にとっては必需品みたいな仕事の道具ではありますが、それにしても働くこと、働くこと・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 しかし、いくらなんでも、働き過ぎなんじゃないのか・・・ (^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »