« 大迫傑 | トップページ | TSUTAYA »

2013年10月31日 (木)

川上哲治が逝く

 巨人の選手として活躍し、監督としてもV9を達成した川上哲治氏が亡くなったと報じられた。

 

 もちろん、私も川上の名は知ってはいますが、私が生まれた年に現役を引退していますから、選手としての川上はまったく存じませんで、知っているのはもっぱら巨人の監督としての川上というコトになります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 生まれた年に川上が引退し、長嶋が入団したこともありますが、私が子どもだった頃、野球にはほとんど興味がありませんでしたから、知っていたプロ野球選手の名前といえば、長嶋と王、それに川上監督くらいのモノでした (;^_^A アセアセ・・・

 「名選手、名監督ならず」とはよく言われることばではありますが、私も現役時代のONや川上は評価しますが、こと監督としてとなると、どうしても駄目出しをせざるを得ません。

 

 そして、川上哲治の監督としての評価ですが、日本人の選手にピッタリはまる、「負けない野球」、いわゆる「スモールベースボール」を実践し、完成させた功労者と私は考えていますが、高校野球に代表されるアマチュア野球にとっては神様のような功労者だとは思いますが、ことプロ野球界にとってはどうだったのか・・・ (^^;

 もちろん、プロ野球界にとっても偉大な功労者と考えている人は多いと思いますが、私は川上哲治こそプロ野球をダメにした張本人だと思っている一人です。

 

 「スモールベースボール」なんて、負けたら終わりの高校野球なんかではともかく、客に見せてナンボのプロ野球は、いわゆる「興業」ですからねぇ、日本球界のトッププレーを衆人に知らしめるという役割があるはずで、そこでセコイ野球を見せられたら夢も希望も無くなっちゃうじゃないですか(苦笑)

 もちろん、プロ野球はカネが絡む世界ですから、勝たなければ意味がないわけですが、「勝つこと」「負けないこと」は、似て非なる世界であり、川上が監督として目指したのは、「勝つ野球」ではなく、「負けない野球」でした。

 川上が「勝つ野球」を目指して巨人を指揮し、V9を達成したのなら私も素直に敬愛していたと思いますが、残念ながら川上が目指し実践したのは、あろう事か「負けない野球」の方でした・・・ (__;)

 

 死者にむち打つコトは、少なくても日本においてはタブーとされていますが、私はプロ野球界で「負けない野球」を実践し、「セオリー」なんてことばまで作ってしまった川上哲治という監督を、非難することはあっても、讃えることはどうしてもできないんですよね・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 もう、野球とは無縁の世界で、安らかに眠っていただくことを願うのみです・・・

|

« 大迫傑 | トップページ | TSUTAYA »

野球を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川上哲治が逝く:

« 大迫傑 | トップページ | TSUTAYA »