« 雨の猿橋 | トップページ | 第90回箱根駅伝予選会 »

2013年10月19日 (土)

感服

 「恐れ入谷の鬼子母神」ナンてことばもありますが、今年の田中将大投手を見ていると、そんなことばしか出てこない・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 一昨日に行なわれたパ・リーグのクライマックスシリーズのファイナルステージ第1戦で、先発した田中はロッテを相手に7安打を許しながらも完封勝利を納め、レギュラーシーズンで24勝負け無しという前人未到の記録をさらに「25」に伸ばした。

 

 いったい、この変貌ぶりは何なのだろう・・・ (?。?)

 

 昨年までも、田中の成績は目を見張るものがあったが、去年までの田中と、今年の田中とでは、別人と言ってもいいくらいの違いがあります (^◇^;)

 何よりも、「負けない」という、その一言が今年の田中の全てを物語っています。

 

 ルーキーだった2007年、監督だった野村克也が田中将大を評して、「マー君、神の子、不思議な子」というコメントを残しましたが、今の田中はそんな次元をはるかに超越していまして、もう、「神の子」ではなく、「神」そのものになったんじゃないでしょうか (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 投手が勝ち星を手に入れるためには、本人の実力はもちろんですが、その他諸々の要素も大きく絡んできまして、その中には「人柄」や「運」ナンてものも大きく影響しまして、今年ダルビッシュがなかなか勝てないのも、「人柄」に問題があるせいです(苦笑)

 その点、田中は誰からも好かれているようで、田中が投げる日にはチームの打率が上がるなんてのも、そういう「人柄」が成せる技なのではないでしょうか・・・ (*^.-^*)♪

 

 もちろん、努力も人一倍しているようで、野球に関する事はもちろんですが、日常生活での不摂生もできる限り排除し、体調管理には人一倍気を使っているといいます。
 一例として、お酒は大好きなようですが、シーズン中はほとんど口にしないと聞きました。
 飲むときはたいてい自身のピッチングに納得がいかないときで、
ヤケ酒というのではなく、一人でチビチビとやるのが田中流だそうで・・・ (^_^;

 「ストイック」ナンていうと、いの一番にイチローが私のアタマに浮かんできますが、もしかしたら田中将大もそれと同じくらいストイックなアスリートなのかもしれません・・・

 

 昨年まで・・・ というか、今年のシーズン中も、私の田中に対する印象は「大胆不敵」というか、「豪放磊落」というか、小さなコトにはこだわらず、とにかく前に進むイノシシ武者みたいなイメージだったんですが、田中を報じるニュースやエピソードを聞けば聞くほど、真逆の人柄が浮かび上がってきます (;^_^A アセアセ・・・

 意外と、勉強熱心だし、私生活もマジメだし・・・

 う~ん、私ゃ、心から感服つかまつりましたよ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

|

« 雨の猿橋 | トップページ | 第90回箱根駅伝予選会 »

野球を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感服:

« 雨の猿橋 | トップページ | 第90回箱根駅伝予選会 »