« 初詣 2014 | トップページ | エアフリー »

2014年1月14日 (火)

初詣は・・・

 昨日、初詣に行った記事を書きましたが、皆さん方におかれましては、今年の初詣は済ませられましたでしょうか?

 今年の三が日は、お天気にも恵まれたところが多かったようで、各地の有名な初詣スポットには大勢の参拝客が押し寄せたようです。

 

 ところで、現在のように有名な神社や寺院に初詣客が集中するようなスタイルになったのはそれほど古い話ではなく、明治時代の中期以降からということで、鉄道の開業と普及とが大いに関係しているということで・・・ (^^ゞ

 

 江戸時代までは交通手段も限られていましたし、そもそも庶民が遠くへ出かけるという習慣はほとんどありませんでしたから、初詣も地元の氏神様に詣でるのが一般的だったわけですが、鉄道会社が初詣客獲得に積極的に動き出すようになると、有名な神社仏閣に初詣客が集中するようになり、現在のようにな初詣スタイルが定着していったようです。

 初詣客の方も、地元の小さな神社などに詣でるよりも、有名で大きな神社や仏閣に詣でた方が、なんとなく御利益も大きいような「錯覚」を覚えるからなのかもしれません (;^_^A アセアセ・・・

 

 第一、ナンのために神社や仏閣にお参りをするのか・・・

 そのあたりの基本的なことさえご存じない方が最近では多いようです・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 よく、「神頼み」なんてことばがありますが、神様も仏さまもそれほどヒマではないというか、我々参拝客の願い事をいちいち叶えてはくれませんから、「商売が繁盛しますように」とか「いい人と巡り逢えますように」などという一方的な願い事をしても、ムダというか、参拝とは本来そういうモノではありません。

 しかし、参拝の形式は例外なく両手を合わせて頭を下げるというスタイルですから、見ている方としてはどうしても神様に願い事をしているというように考えてしまいがちですが、そうではなくて、「感謝」と「決意」を伝えるのが参拝の本来の目的です。

 したがって、初詣では、昨年一年間のご加護を感謝し、今年の目標を伝えるのが目的であって、「○○して下さい」とか「××が叶いますように」などというような個人的な願い事をしても、神様が叶えてくれるワケがありません (^◇^) 。。。ケラケラ
 実現するのは神様ではなくて、自分自身の努力だという事を忘れてはいけません (^^)v

 

 似たような事例として、シーズン開幕前に「必勝祈願」とか称して神社などに参拝するチームとかもよく報じられますが、アレも「今年は優勝できますように」とかいうのではなくて、「昨年はありがとうございました。今年は優勝できるように頑張りますから見ていてください」というような感じで、「感謝」「決意」を伝えなければ、参拝する意味がありません。

 

 それに関連して、お賽銭も、「願い料」みたいに考えている人が少なくないようで、金額の多寡で願い事が叶う可能性が違うんじゃないかとか思っている人がいらっしゃるとしたら大きな勘違いです(苦笑)

 お賽銭は鈴を鳴らすのと一緒で、入れた時の「音」で自分の存在を神様に気付いてもらうのが目的ですから、お札よりは硬貨の方が本来の目的にかなっているんじゃないかと私なんかは考えています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20140113001_2 また、「ご縁がありますように」と縁起を担いで、五円玉を賽銭箱に入れる方は少なくないと思いますが、今のご時勢、「五円」くらいのお賽銭を上げたって御利益は無いか、あっても少ないんじゃないか・・・ みたいな、そんなつまらないことを考えた経験をお持ちの方はいませんか~ (^◇^) 。。。ケラケラ

 お賽銭はあくまでも気持ちの問題ですから、金額の多寡で何かが変るとかいうようなモノではありません (^^)v

|

« 初詣 2014 | トップページ | エアフリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/58938129

この記事へのトラックバック一覧です: 初詣は・・・:

« 初詣 2014 | トップページ | エアフリー »