« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月28日 (金)

落研

 今日はゴミネタで失礼いたします (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 大学などには「落語研究会」、通称「落研」がある事はよく知られていると思います。

 その名の通り、落語を勉強するところとお思いの方がほとんどだと思いますが、一昔前ならいざ知らず、最近の「落研」では、落語を勉強している人はほとんどいないそうです (^◇^;)

 

 では、「落研」に籍を置いている学生達はいったい何を学んでいるのか・・・

 

 多くは「コント」「漫才」を勉強しているそうですが、その理由はといえば、プロになれる可能性が高いからだそうです。

 落語では、カネにならないというか、一人前になるためには何年もの下積み生活が必要とされ、今時そんな悠長な事を考えている学生は皆無だそうで、時代が変ったといえばそれまでなんですが、なんとなく淋しいですねぇ・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 落研なのに、落語を学ぶ人が誰もいないなんて、いったいどうなってるんだぁ?

 いっその事、「落語研究会」という名称は止めて、「お笑い研究会」と改名したらどうかと思っているのは、私だけだろうか・・・ (^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月27日 (木)

Birthday

20140226001 20140226002

 

 昨日は家内の誕生日だったので、夕食も宅配ピザを注文してみました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 普段から家事に没頭している家内ですから、誕生日くらい煩わしい家事から解放してあげようというのが一番の目的です (^^)v

 もっとも、私が夕飯を作るだけでも家事から解放されるわけですが、そうなると食べる事ができるか保証の限りではありませんから、外食をするか出前を取るかする事が、一番間違いのない家内へのサービスという事になります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 で、外食よりも自宅でくつろぎたいと家内が言うので、宅配ピザに決めました。

 

 そして、ワイン好きな家内へのプレゼントは、これにしてみました (^^ゞ

 私はワインは飲みませんから、銘柄なんてハナからわかりませんが、なんとなく美味しそうに見えたのと、「1995」という文字が書いてあったので選んでみました (^◇^) 。。。ケラケラ

 おおよそ20年前に作られたスペイン産の赤ワインで、家内も気に入ってくれました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 え?

 家内のトシですか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 それは、ヒ・ミ・ツ ・・・ です・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月26日 (水)

虹をつかむ男

     20140218003

 

 先月と今月の2回、BSジャパンで映画「虹をつかむ男」が放送されたのを見ました。

 

 「虹をつかむ男」は、「男はつらいよ」の後を受けて制作された映画であり、第1作と第2作の二話が公開されました。

 今回放送されたのはその全二話であり、勢いで・・・というか、オマケで作られた感の強い第2作の方はともかく、第1作の方はなかなか完成度も高くて、いい映画だったと思っています (*^.-^*)♪

 

 「男はつらいよ」第49作の撮影を間近に控えていた1996年の8月、車寅次郎役の渥美清が急死したことにより、「男はつらいよ」は打ち切りを余儀なくされ、「男はつらいよ」の第49作に出演を予定していたゲストやレギュラー陣がそのまま「虹をつかむ男」に出演しているというコトで、第1作の方は寅さんファンなら違和感なく受け入れる事ができる一作となっています(苦笑)

 

20140218001_2 20140218002_2

 

 地方の映画館を舞台に繰り広げられる人情劇は、「男はつらいよ」を彷彿とさせるストーリーで、映画の終盤には「男はつらいよ」の第1作が上映され、エンディングではCGではありますが寅さんも登場するという懲りようで、急逝した渥美清を追悼するという位置づけの映画となっています。

 

20140218004  そもそも、国民的映画とまで呼ばれた「男はつらいよ」の制作が続けられなくなった松竹は、新しいシリーズものを作る必要に迫られ、「虹をつかむ男」にそれを求めようとしたようで、第1作のコピーには「'97 日本のお正月が変ります。」と書かれていましたが、期待していたような反響は得られず、結局二本制作されただけで打ち切られてしまいました (^◇^;)

 今回、二本の「虹をつかむ男」を観ましたが、ハッキリ言って二作目の「南国奮闘篇」は駄作以外の何ものでもありません (ノ_-;)ハア…
 こんなんじゃ、シリーズものとしてはダメだろうなと私も思いました (__;)

 以後、寅さんの代わりは釣りバカという事で落ち着いたようですが、私は釣りバカはマンガなら大好きなんですが、映画の方はあまり好きではなく、ほとんど観た事はありません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

臨時休業

20100109001_2

 

 たいへん恐縮ですが、本日の更新は休ませて頂きます m(_ _)m

 

 明日以降のご来店をお待ちしています・・・

 

                         店主敬白

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

いちごの杜

 昨日、家内と香取市内へいちご狩りに行って来ました。

 いつもですと、旭市内に在る「川口いちご園」に行くのですが、今回は香取市内に在る「いちごの杜」に行ってみる事にしました。

 マスコミにも取り上げられたりする人気スポットですから、一度くらいは足を運んでみるのもいいかなという事で・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20140224001 20140224002

 

 ご覧のように、県内でも有数の規模を誇るいちご園だけに、見るからに華やかで訪れる観光客も多く、マイカーもたくさん停まっていました。

 

20140224004 20140224003

20140224006 20140224005

 

 園内もとても広く、イチゴの畝も数え切れないくらいたくさんありました。

 ただ、利用客が多いという事はそれだけ多くのイチゴが食べられているという事で、私らが訪れた昼過ぎには真っ赤に熟れたイチゴを見かける事はほとんど無くて、チョッと淋しい思いをしました (;^_^A アセアセ・・・

 もちろん、園内をくまなく歩いて探せば、真っ赤なイチゴはいくらでも有っただろうとは思いますが、五十路を過ぎた私ら夫婦にはとてもそんな元気はなくてね (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 それでも施設はとてもキレイで、従業員の応対も丁寧で、マスコミに取り上げられるだけの事はあるなというのが正直な感想です。

 ただ、個人的には馴染みのある「川口いちご園」の方がアットホームな感じがして好みかなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

魔の2月

 昨日、仕事の帰り道に側溝にタイヤを落としてしまいましてね、JAFのお世話になりました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20140223002_6 20140223001_4

 

 写真は、救援のために駆けつけてくれたJAFの車が作業を始めたところで、ご覧のように側溝は落ち葉等で完全に埋まっており、うっかり左側の両輪を落としてしまったワケなんですが、この道は私自身もよく利用している抜け道であり、そこに側溝がある事は重々わかっていたんですが、やっぱり魔がさしたンでしょうかねぇ (;^_^A アセアセ・・・
 それとも、単なるうっかりミスというヤツなんでしょうか (^_^ゞポリポリ

 そういう事以前に、運転が下手だからというべきナンでしょうか (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 それはともかくとして、私はどういうワケか2月前後になると、事故とか故障とかのトラブルに遭遇してしまう事が多くてね (^◇^;)

 直近ですと、昨年は3月にウォーターポンプの不具合から冷却水が漏れてしまうという故障に見舞われまして、やはりJAFのお世話になり、近くのディーラーまで運んでもらいました。

 その時の記事が「不幸中の幸い」というものです。

 また、6年前の2月には信号待ちしているところに追突されまして、生まれて初めて救急車に乗るハメになりました (^^;
 結局、愛車はその時の事故で廃車となりました (__;)

 その時の記事が「初めての救急車」というものです。

 他にも、交通違反などのようなあまり他人には語れない類のトラブルもあったりしてね (;^_^A アセアセ・・・

 どうして2月になるとそういう悪い事が重なるのか・・・
 単なる偶然というには、あまりにも重なりすぎというか・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 そんなワケで、毎年2月になると、今年も何かあるんじゃないか、今年こそは何事もなく過ぎて欲しいと思っている私がいます・・・ (^_^ゞポリポリ

 残念ながら、今年も魔の2月になってしまいましたが・・・ (__;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

TOYOTA 2000GT

     20140216003

20140216002 20140216001

 

 写真は、関東地方に記録的な大雪が降った今月の8日、千葉県の銚子市内で撮ったものです。

 場所は、イオンモール銚子店内の「イルカの広場」で、たまたま仕事で訪れて見かけました (*^.-^*)♪

 

 当日の銚子は、雪とは無縁の強い雨と風に見舞われていまして、それでもモール内は大勢の買い物客で賑わっていました。

 そんな中、新型ハリアーの展示発表会の客寄せ企画として、真っ白な「TOYOTA 2000GT」が会場の一番目立つところにデ~ンと鎮座ましておりました o(*^▽^*)o~♪

 

 「TOYOTA 2000GT」は、およそ半世紀前に登場した超高級スポーツカーであり、当時小学校の低学年だった私も、何台かプラモを作った記憶があります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 この頃、日本ではフェアレディZコスモスポーツなど、一世を風靡したスポーツカーが発表され、2000GTもそういうメーカーの威信をかけて製作された未来志向のスポーツカーでした。

 車にはそれほど興味の無かった私でさえ、これらのスポーツカーには魅了され、プラモをいくつも作った過去があります。
 特に、2000GTは、プラモとはいえ凝った作りになっていまして、ドアやボンネット、トランクが開くのはもちろんの事、ヘッドライトが点いたり前輪が左右に動いて舵を切れたりと、なかなか遊べる一台でした。
 もちろん、可動部分が多い分、壊れやすかった事は言うまでもありませんでしたが (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 いずれにしても、子供にも夢が感じられたカッコいいスポーツカーでした。

 今でも、時々こんなふうに見かけると、ワクワクしてしまう私がいます・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

孤立

 14日に降った記録的な大雪により、道路が通行できなくなって孤立状態に陥ったのは、関東甲信と東北の1都9県で最大2万人以上に上っていたと報じられた。

 宮城、長野、静岡各県内の孤立は20までにすべて解消したようですが、依然、4都県の約千人が孤立したままだという・・・ (__;)

 

 大雪で通行不能となり、自治体が孤立してしまうなんていう経験をお持ちの方はそうはいらっしゃらないだろうと思いますが、私は奥会津の山深いへき地で生まれ育ったものですから、一度だけですが大雪で村が孤立してしまい、自衛隊のヘリが救援物資を投下したその現場を目撃したことがあります (;^_^A アセアセ・・・

 私が小学生の低学年だった頃ですから、すでに半世紀近くも昔の事になり、ハッキリとした記憶も残っていませんが、私の通う小学校の校庭に自衛隊のヘリが下りてきて、地上から2~3mのところでホバリングをしながら、食料や医薬品などの救援物資が詰まった箱を投下したのを確かにこの目で見ました。
 直ぐに先生達や村の人が駆け寄って救援物資を回収したのですが、初めて間近にみるヘリコプターの大きな音と、メインローターによって巻き上げられた雪が凄まじかったのに驚き、その前後の記憶はほとんどありません・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 ヘリを見た記憶はワリとよく残っているのですが、ヘリが下りてきた場所は校庭だったように記憶しているのですが、校舎の裏側の空き地だったかもしれないくらいおぼろげな記憶しか残っていません (^_^ゞポリポリ

 

 そもそも、大雪で村が孤立したという事ですが、どれほどの大雪が降り積もったのか、そしてどのくらいの期間村が孤立していたのか、そういう基本的な記憶さえありませんし、幼いこどもの事とてそれほど困ったような記憶もありませんが、おそらく大人達はたいへんな苦労をしたんだろうと思います (^_^;

 ただ、父が関東方面に出稼ぎに行っていたので、屋根の雪下ろしとかは唯一の男手である私の仕事でしたから、来る日も来る日も遅くまで、真っ暗な屋根の上で泣きながら雪を掘っていた記憶は残っていますが、それも毎年のことですから、特に村が孤立した年のコトだったワケではありません (^^;

 

 自衛隊を始めとする各方面の尽力により、通行止めも徐々に解除されつつあるようですが、今週中には全ての孤立を解消したいと伝えてくれています。

 関係者の方々には、本当にご苦労さまと申し上げたいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

食べ物の好み

 他人にとってはどうでもいいようなハナシの一つに、食べ物の好みがあります。

 そして、本人にとってはけっこう「こだわり」があったりするもので、他人の意見には耳を貸さないというか、聞こうとしない人が多いようで、かくいう私もそんなこだわり人間の一人だったりします (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 例えば、アンコには「粒あん」「こしあん」とがありますが、私は誰がナンと言おうと「こしあん派」です(苦笑)

 そして、家内は「粒あん派」だったりします (^◇^) 。。。ケラケラ

 どちらかといえば、「粒あん」の方が玄人好みというか、得てして「こしあん」は軽く見られがちですが、そういう偏見は食材となるアズキの保存技術や加工技術が未熟だった頃のハナシで、今時、「こしあん」だからどうこうと偏見をお持ちの方がいらっしゃるとしたら、時代遅れもいいとこですよ(笑い)

 で、私は小豆の粒が残っていて食べにくい「粒あん」よりも、食べやすい「こしあん」の方が断然好きですねぇ o(*^▽^*)o~♪

 

 また、豆腐には「木綿」「絹」とがありますが、これにもこだわりを持っている人が多いようで、私は「絹」の方が好みです。

 もちろん、豆腐は食材の一つでしかありませんから、料理によって使い分けるのが正しいわけで、何が何でも「絹」しか食べないというわけでもありません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 あるいは、納豆の粒の大きさは大小どちらが好みか、あるいはひき割りはどうか・・・

 目玉焼きにかける調味料は何が好きか・・・

 そういうコトをいちいち挙げていたらキリがありません。

 ちなみに、私の場合は、納豆の粒は大きい方が好きですし、目玉焼きにはしょう油をかけ、気分によってはケチャップをかけたりもしますが、ソースをかけることはありません (*^.-^*)♪

 

 かように、人の食に対する好みやこだわりは人それぞれによって違いますから、語り出したら止まらなくなります (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

12ヶ月点検

 先週末、愛車を12ヶ月点検に出しまして、月曜日に上がってきたものですからさっそく引き取って来ました (^^ゞ

 

 そして、昨日一日仕事で乗り回して驚きました w(゚o゚)W

 何というか、走りがとてもスムースで、ス~ッと氷の上を滑っているような感じさえするくらい、車が軽くて、まるで別の車に乗っているみたいで・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 今までですと、エンジンの回転さえ不安定で、なんとなく疲れた感じの、重いというかとろいというか、そんな感じの走りでした・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 まぁ、元々が10万km以上走っている中古車ですから、そう高望みをしてもムリがあるわけですが、中古車ゆえにそれまでのメンテナンスの経緯がわからないので、とりあえずは現状のまま乗り、不具合が出ればその都度治して乗るという考えで1年近く乗り続けてきましたが、最近、異音が出たりして、乗っていて不安を感じることも少なからずあったものですから、「12ヶ月点検」という名目で馴染みの車屋に持ち込んで点検と整備をしてもらいました。

 まず、タイミングベルトを含むベルト類を全て交換し、ついでにウォーターポンプ、スパークプラグ等、消耗品は一通り交換してもらいました (^^)v

 ある程度は期待していましたが、まさかここまで走りが変るとは思っていなかったものですから、正直嬉しくてね・・・  (*^.-^*)♪

 

 マイカーでさえ、整備し直して走りが甦れば嬉しくなると思うんですが、私の場合はプロの運送屋ですから、愛車はすなわち商売道具という事になります。

 料理人や大工さんだって、切れない包丁やカンナを使っていては仕事にならないわけで、車に対する思い入れは人一倍持っているつもりではいますが、それは見てくれだけの愛情とはチョッと違います。

 車に愛情を持っている人というのは、例えば休日の度に洗車をし、ワックス掛けをして、常にピカピカにして乗っているような人を連想するかと思うんですが、そういうのは車に対す愛情というよりは、他人に対する見栄のようなものじゃないかと私は考えています。
 車を綺麗にして乗り回すというのは、一見車を大事にしているようにも思えますが、ホントに車を大事に思うのなら、見てくれの外見を気にするより、見えない部分のメンテナンスに気を使うべきだと私は考えています。
 具体的にいうならば、エンジンオイルの交換しかり、タイヤの空気圧しかり、フロントガラスやミラーのチェックと拭き上げしかりです。

 私は、車のメカの事についてはサッパリわからない方なので、メンテナンスはカーショップやディーラー任せなんですが、その代わりマメにチェックや交換は行なうようにしています (^^)v

 

 ・・・ というワケで、なんとなく、走り回るのが楽しみになってきました o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

冬期五輪

 今、世間はソチ五輪で盛り上がっているようですが、いよいよ残りの日程も今週いっぱいということになってきました。

 

 連日、選手達の活躍の模様が伝えられて、その都度一喜一憂している方もいらっしゃるのかもしれません。

 ただ、私自身は冬季五輪にはまったく興味がなくて、ニュースなどの映像はともかくとして、競技の中継は一度も見たことがないのは、単に時差で深夜に行なわれる事が多いから・・・ というだけではありません (;^_^A アセアセ・・・

 

 一番大きな理由は、冬季五輪は採点競技が多すぎるからなのかもしれません。

 日本では人気が高いとされるフィギュアスケートを始めとして、ジャンプ競技でさえ飛距離だけではなく、飛型点などの採点が順位に大きく左右されるわけで、私のような素人には採点の基準がよくわからないので、観ていてつまらないということになってしまいます。

 それから比べれば、スピードスケートはわかりやすくていいですねぇ (*^.-^*)♪
 単にどちらが速くゴールしたかだけで順位が決まりますから (^^)v

 

 もっとも、夏期五輪も、マラソンサッカーくらいしか興味はありませんから、特に冬に行なわれる五輪だから興味がないというワケではありませんが・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 それはともかくとして、出場した選手達の活躍には、素直に喝采を贈っている私がいますが、だからといって彼等が出場した競技について何かを知っているわけではありません (^_^ゞポリポリ

 正直なところ、興味がないから観ようともしないし、観ないからルールなど基本的な事も覚えられないし、ルールがわからないからおもしろいとも思えないし・・・というスパイラルから抜け出せないワケなんですが、皆さんは今回のソチ五輪で、録画を含めて競技の中継をご覧になりましたか? (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

他人事

 昨日の記事を「他人事」ということばで締めくくりましたが、皆さんはこの「他人事」という文字を見て、どのようにお読みになられたのでしょうか・・・
 そんなコトが今日の記事の趣旨です (^_^ゞポリポリ

 

 本来は「他人事」と書いて「ひとごと」と読むのですが、最近では「たにんごと」と読む人の方が圧倒的に多いのではないでしょうか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 「ひとごと」という読みでは、「人事」と書く人もいるだろうし、「人事」は「じんじ」と読むのが普通ですから、どうしても「他人事」は「ひとごと」ではなく「たにんごと」と読みたくなるのかもしれません (^_^ゞポリポリ

 

 まぁ、そんなコトを言ってみたところで、詮無いことというか、しょせんことばは「生き物」ですから、間違いだとか指摘してみたところで、使う人が多くなればいつの間にかそちらの方が市民権を得て、辞書にも載るようになるのだろうと思います・・・ (^◇^;)

 そのあたりの事は、6年前にも「新」という記事の中で語ったことがあります。

 「新しい」も、本来は「あらたしい」と読まれていたものが、いつの間にか「あたらしい」と読まれるようになり、辞書にまで載ってしまったいい例です。

 もっとも、「あらたしい」が「あたらしい」に直接変ったというよりは、「あらたし」が「あたらし」に転じ、その後に「あたらしい」に変ったというのが有力な説のようですが・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 それはともかくとして、NHKでは、「ひとごと」ということばを文字にする場合、「ひと事」と表記しているそうで、これなら間違いようもないわけで、さすがだなと (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

ミシン

20140220001_2 20140220002_2

 

 写真は、先日清水市内の国道1号線を走っていて見かけた軽トラです。

 荷台にミシンらしきモノを積んでいたので、おもしろそうだとシャッターを切ってみました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20140220003 20140220004

 

 ミシンといえばジャノメとかリッカーとかブラザーとか・・・
 私が直ぐに思い出せるミシンのメーカーなんてそんな名前がせいぜいなんですが、この軽トラが積んでいたメーカーは「RHYTHM」という事で、「リズムミシン」でした (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 初めて目にするというか、耳にするというか、へぇ~、そんなミシンメーカーがあったんだという事で、帰宅してからネットでググってみると、ナンと!、あの零戦を作っていた「中島飛行機」がそのルーツということで、私の愛車を作っている「スバル」と同じじゃないですか (;^_^A アセアセ・・・

 「スバル」中島飛行機太田工場が、一方「リズムミシン」中島飛行機浜松工場がそれぞれ母体となったという事で、両社は兄弟会社というか姉妹会社の関係にあたるようです。

 

 それにしても見るからに年代物というか、ハッキリ言って骨董品かアンティークの類です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 で、なんであんなモノを荷台に積んで走っているんだろうと思ったら、様々な妄想がアタマの中に浮かんできまして・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 例えば、実家の蔵の中を整理していたら古いミシンが出てきたので、なんでも鑑定団みたいなところで価値を見てもらおうと運んでいるとか、あるいはどこかの博物館みたいなところに売るか寄贈しようと思っているとか、etc.etc.・・・

 

 私自身は国宝級の不器用者ですから、ミシンなんてまったく扱えないのですが、小学生の頃、家庭科の時間に教えてもらってチョッと触ったことがあります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 いわゆる、足踏みミシンというヤツですが、私にはどうしても足と右手とがうまく噛み合わなくて直ぐに止まってしまい、縫い始めることさえできませんでした・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 それ以後、ミシンに触ったことはまったくありませんで、ミシンを使って上手に裁縫をしている人を見かけると、「凄いなぁ・・・」といつも思ったものです・・・

 

 さて、あのミシンを積んで清水方面に向かっていた軽トラは、その後どうしたんでしょうか・・・

 他人事ながら気になります・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

バレンタインチョコ

20140215001 20140215002_2

 

 昨日はバレンタインデーという事で、写真は家内に頂いたチョコです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 私は甘いモノには目がないので、こういうプレゼントはとても有り難いです (^◇^) 。。。ケラケラ

 私なんかは、「気は心」ということば以上に、家内の愛情を感じてしまうんですが・・・ (^^;)☆\(-- )

 

 ・・・という事で、まずは赤いハート型のチョコから食べました (^^)v

 

20140215003  ところで、東京の西荻窪駅前に在る某ラーメン店には、「チョコ担々麺」というメニューがあって、常連さんなどにはなかなか人気があるようだとラジオで語っていました (^◇^;)

 担々麺のスープの中に板チョコを半分くらい溶かしてあるそうなんですが、皆さんは「チョコ担々麺」と聞いてどのような感想をお持ちなんでしょうか・・・ ヾ(;´▽`A``

 やっぱり、妙な取り合わせのラーメンだと思うんでしょうかね(苦笑)

 でも、少なくても私は、ラジオで紹介された時に、本気で食べてみたいなぁと思った口なんですがね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

3度目

 今日、今シーズン3度目となる雪が千葉県内に降りまして、関東地方では今日から明日にかけて、大雪に対する注意が必要と報じられています。

 先週の土曜日に降った雪は、関東では記録的な積雪になりまして、道路脇などにはまだ残雪がうず高く積もっているところも少なくありません。

 

20140214001 20140214002

 

 写真は、今朝8時前に佐倉市内を走っていて撮ったものですが、ご覧のように大きな雪が横殴りに降っていました・・・ (;^_^A アセアセ・・・
 おそらく、今回もある程度は積もるだろうと思わせるに十分な降り方でした。

 

 目覚めた6時頃にはすでに都内方面では雪が降っていたようですが、私の住んでいる成田空港の周辺ではまったく雪は降っていませんで、7時半くらいから白いものがチラチラと舞い始めました。

 この記事を書いている11時過ぎでも雪の影響は全く無くて、代わりに雨が降っています (^◇^;)

 おそらく、太平洋を北上する黒潮の影響で、内陸部よりは九十九里浜に近い方が若干暖かくて、それで降ってきた雪が途中で溶けて雨になっているのだろうと思われます。

 

 成田もけっこう広いので、空港から離れた成田山周辺当たりでは、今頃はけっこうな雪が降っているんじゃないかと思いますが、先週もそうだったように、空港の周りはそれほど影響はないんじゃないかと私は楽観視しています (^_^ゞポリポリ

 

 いずれにしても、今日よりはむしろ明日の方が、雪による影響は大きいと思います・・・ (^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

悪戦苦闘

20140213004 20140213001

20140213002 20140213003

 

 昨日、私は千葉県内の八街市内で宅配のヘルプをしていました。

 

 写真は、道々に撮った道路の様子なんですが、思っていたよりも除雪は行なわれていて、それほど走りにくくはなかったものの、さすがに枝道とか駐車場などにはまだまだ残雪があって、油断すると動けなくなってしまうようなところもあって、冷や汗を掻きました (;^_^A アセアセ・・・

 特に、道路脇には除雪された雪が積もっていることが多く、いつもなら道路の左端に寄せて車を止めるんですが、思うような場所に寄せることができず、他の車に迷惑をかけることもしばしばで、恐縮することしきりでした (^_^ゞポリポリ

 

 そんなこんなで、なんとか配達を終えたのが20時過ぎ・・・ (^◇^;)

 やっぱり、いつもよりは時間がかかってしまいました(苦笑)

 それでも、無事に仕事を終えることができたので、万事めでたしというところですかね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

追い打ち

 土曜日に千葉県内にも大雪が降りまして、いまだ消えきらずにアチコチに残っているのに、昨日また千葉県内で降雪がありまして・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 まぁ、今回の雪は積もるにはいたらず、降ったそばから消えてしまったようですが、さすがに道路以外の空き地などに残っている雪の上に降った雪は、新たに積もったんでしょう・・・ (ノ_-;)ハア…

 いわゆる、追い打ちというやつですかね・・・

 

 そんな中、今日の私は八街市内で宅配の予定です (^^;

 八街市内もけっこう雪が積もったと聞いていますし、いくぶん融けたとはいえ、車で走り回るには少々気が重いです・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 雪国で宅配業に就いていらっしゃる方々は、いったいどのような方法で日々の配達業務をこなしているんでしょうか・・・ (^_^ゞポリポリ

 雪のない時期とは仕事のはかどり方も明らかに違うでしょうし、どうやって隅々のお宅に至るまで荷物を届けて回るんでしょうか・・・ (?。?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

富士五湖

 日本最高峰の「富士山」の名前はもちろんですが、「富士五湖」ということばも、おそらく日本人なら誰でも知っているのではないかと思うのですが、いかがですか?

 

 「富士五湖」というくらいですから、富士山の周囲に五つの湖があるんだろうくらいのコトは、容易に想像がつくと思うんですが、さて、その五つの湖とはナンという湖のことを指して言っているのか、名前を挙げられる人がどのくらいいるんだろう・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 おそらく、「河口湖」「山中湖」の二つくらいは、面積も大きくて、観光地の近くに在りますから、直ぐに名前が出るだろうとは思いますが、あと三つ、名前を挙げられますか?

 

 20140228001

 

 本栖湖 (富士河口湖町、身延町)(もとすこ)
 精進湖 (富士河口湖町)(しょうじこ)
 西 湖 (富士河口湖町)(さいこ)
 河口湖 (富士河口湖町)(かわぐちこ)
 山中湖 (山中湖村)(やまなかこ)

 以上が富士五湖の全てなんですが、どうですか、全部思い出せましたか(苦笑)

 

 私自身は、河口湖しか行ったことはありませんが、名前だけなら小学生の頃から五つ全部知っていました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 当時、月刊のマンガ雑誌である「少年」を愛読しておりまして、連載されていた「電人アロー」という作品の中に恐竜が登場する回があって、そこに富士五湖の名前が出てきたわけです (;^_^A アセアセ・・・

 子供でしたから、特に意識していたわけではありませんが、三つ子の魂百までということばにもあるように、幼い頃に覚えた事って、いくつになってもけっこう覚えているモンですね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 漢字なども昔の雑誌には全てルビが振ってありましたから、小学校で習う程度の漢字なら小学校の入学前にはたいてい読めるようになっていました (^^)v

 そういう意味では、マンガもバカにできないというか、マンガから覚えた知識もかなりあったと私自身は思います (o^∇^o)ノ

 

 富士五湖全てに足を運ぶ機会は、もしかしたら無いかもしれませんが、できればこの目で見てみたいとは思っています (^_^ゞポリポリ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

陸の孤島

 土曜日に降った大雪の影響で、成田空港に乗り入れる鉄道や高速道路が全て不通となり、土曜の午後から日曜の午前中にかけ、成田空港は陸路の移動手段を全て失い、「陸の孤島」と化したと報じられた (ノ_-;)ハア…

 

 昨日も、買い物に行こうと酒々井町に向かったところ、渋滞している車の列の中にエアポートタクシーを何台も見かけましたが、なるほど、そういう事だったのかと・・・ (^^;

 鉄道は、京成電鉄もJRも全て運休しており、東関道も全線で通行止めが続いていましたからリムジンバスも利用できないわけで、成田空港に到着した人達は空港から出る手段がタクシー以外全く無い状況で、空港内に足止めを食った旅行客が続出・・・

 土曜から日曜の朝にかけて、空港内のロビーなどで夜を明かした人は8千人を超えたと報じられました。

 マイカーで成田空港に来た人だけは、一般道を使って帰宅することも可能だったと思いますが、それだって雪道の備えをしていた人がどれだけいたのかははなはだ疑問です。

 

 普段からアクセスの悪さが指摘されている成田空港ですが、電車やバスが全て不通となると、移動手段が無いわけですから、成田に住んでいる私自身でさえ、羽田空港の便の良さとは比較にならないと思っています。

 そこで、私が前から考えていることなんですが、羽田と成田とを用途で切り分け、棲み分けを考えたらどうなのかなと・・・

 

 旅行客は誰だってアクセスの悪い成田空港よりは、便のいい羽田空港を利用したいと思っているのはホンネだと思います。
 であるのなら、旅客機は全て羽田を利用するようにし、成田は貨物やLCCの専用空港にしたらどうなのかなと。
 それなら、24時間運用できないような欠陥空港でも、国際空港としてナンとか生き延びることができるんじゃないかと (^^)v

 第一、貨物なら不慮の事態で遅れたり、万が一足止めを食っても文句は言いませんし、荷主にさえ納得して頂ければ、八方丸く収ると私は思うのですが・・・

 

 足止めを食っていた旅行客達は、昨日の午後過ぎから動き出した京成やJRの電車で、順次成田空港を後にしたようですが、東関道の方は今現在でさえ上り線は全線通行止めが続いていますから、困ったもんだと思います・・・ (ノ_-;)ハア…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

大雪

 昨日、関東地方は希にみる大雪に見舞われまして、報道では「50年に一度の積雪」とか「45年ぶりの大雪」、あるいは「20年ぶりに20cmを越える大雪」などのことばが踊っています。

 それはともかくとして、私も関東に住んで四半世紀を超えましたが、これほどの大雪は八街市に住んでいた時に一度経験した事があるくらいで、ほとんど記憶にありません (^_^;

 

 一応、一昨日には気象庁の方からも関東地方で大雪の恐れがあるという予報は出ていましたが、一昨日の金曜日はそんな気配は微塵も感じられなくて、夜になっても「ホントに明日雪が降るンかいな」と、かなり疑っていた私がいました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 ところが、昨日の朝に起きてみるとチラチラと雪が舞っており、駐車場の車の屋根にはうっすらと雪が積もっていて驚きました (;^_^A アセアセ・・・

 それでも、昨日は一日銚子方面で仕事をしていたコトもあり、ラジオなんかでは盛んに都心や横浜で雪が積もったと報じていましたが、銚子では雪ではなく、強い雨と風に襲われていまして、雪の実感は全くありませんでした・・・

 

 しかし、銚子の仕事を終えてクライアントの下に戻ると、社員が一人、成田市内で立ち往生しているから、直ぐに救援に行ってほしいと言われ、にわかに大雪が現実のものになりました。

 それでも、香取市内から成田に向かう東関東自動車道の道筋でも、雪の気配はほとんど無くて、これから雪道で立ち往生している現場へ向かうという危機感は私には無くてね・・・ (^◇^;)

 

 ただ、大栄ICを過ぎると、成田JCTの先で事故渋滞が発生しているとのアナウンスがあったものですから、一応、成田ICで下りて成田市街地へと車を向けようとしたんですが、料金所で凄まじい混乱が起きており、一般道に出るまでに30分ほどもかかってしまいました・・・ (__;)

 一般道へ出ると、それまでの景色とは一変していまして、道路上にも道路脇にもうず高く積もった雪が見られまして、身動きの取れなくなった車が何台もハザードを点けて止まっており、それらを縫うように避けながら僅かずつですが成田市内へと向かいまして、この時になって初めてスゴイ雪が降ったんだと実感しました (^_^ゞポリポリ

 そんなこんなで、なんとか社員とドッキングできまして、社員と残荷を乗せて香取市内の営業所に戻ったのが20時半・・・ (^◇^;)
 いや、参りました・・・ (__;)

 

 私の住んでいる所は、成田市の中でも空港に近い三里塚地区。
 この辺りは市内でも標高の高いところですから、市街地でアレだけの積雪があったのなら、我が家の周辺はどんな悲惨な状況になっているのだろうと恐る恐る帰宅してみると、意外にも成田空港の周辺はおろか、我が家の周辺でも積雪らしい積雪はありませんで、正直拍子抜けしてしまいました(苦笑)

 いつもなら、我が家の周辺で雪が積もっても、成田駅周辺の市街地ではほとんど雪は積もらないのが普通だからです。

 

20140209002 20140209003

 

 というワケで、左側の写真は、今朝7時過ぎに三里塚で撮ったもの。

 一方、右側の写真は、今日の夕方、酒々井町で撮ったものです。

 

 時間的な差がありますし、今日は晴天で気温も多少は上がりましたから、一緒に比べるのもどうかと思うんですが、除雪もある程度行なわれ、積もった雪もだいぶ融けただろうとは思うんですが、それでもまだこれだけの雪が残っており、私の住んでいる三里塚地区とはずいぶん積雪の差があります。
 言うまでもありませんが、昨夜の成田市街地はこんなモノではありませんで、とにかく降り積もった雪に加えて、風吹もどきに降ってくる雪に閉口しましたよ。

 さらに言うならば、空港から北側の多古町や香取市内では、ほとんど雪らしい雪は見かけませんから、千葉県内でも九十九里方面だけは大雪を免れたようです。

 やはり、暖流の影響なのでしょうか・・・

 

20140209005 20140209001_2 20140209004

 

 上はオマケの写真で、7時過ぎに成田空港脇の県道を走っていて偶然撮ったものです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 まさに、着陸寸前の旅客機です o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

ゴーストライター

 両耳の聞こえない作曲家として話題を集めていた佐村河内守氏が、実際には別の作曲家に楽曲の制作を依頼していたということで、世間の注目と非難とを集めているようですが、私にはソレのどこが問題なんだろうと不思議でならない。

 百歩譲って、耳が聞こえないふりをして障害者手帳を入手し、それを使って不正に公金を手にしていたとなれば、詐欺ということにもなりかねませんが、少なくても本人が作曲した作品ではなかったからといって、作品にケチが付いたと考えるのはいかがなものかと・・・ (ノ_-;)ハア…

 誰が作ったものであろうと、素晴らしい作品は素晴らしいのではないか。
 まして、佐村河内氏が作った作品でないことがわかったからといって、作品の評価が下がるようなものでもないのではないか(苦笑)

 

 出版の世界では「ゴーストライター」なんて当たり前であり、スポーツ選手や芸能人などが出版する本の多くは、口述筆記などという手法を通り越して、何度かのインタビューなどをもとにゴーストライターが書いたものであるというのは常識化している。
 だからといって、ソレが公になることもないし、ほとんど問題にさえならない。

 ゴーストライターというのは、そういうものであり、だからこそ「ゴースト」と呼ばれているのではないか・・・

 幽霊が具現化してこの世の中に出てきたら、いろんなイミで困る人が出るのは目に見えています (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 しかるに、なぜ今回、新垣隆氏は自身がゴーストライターであることを暴露するに至ったのか・・・

 いろんなことが考えられますが、簡単に言えば佐村河内氏に対する妬みや嫉みといったところではないのか。

 佐村河内氏にスポットライトが当たり、名誉も大金も手にしたのに比べ、陽の当たらない我が身が哀れに思えてきたのではないか・・・

 保身のためにいろいろ言ってはいますが、ゴーストライターの風上にも置けない、ふざけたヤツだと私は思う。

 

 確かに、佐村河内氏は作曲を他人に依頼しており、自身で作った作品ではないことを認めてもいるようですが、新垣氏は会見で、佐村河内氏から言葉やチャート図を使って作品のイメージを表現した「指示書」を渡され、それを基に作曲していたと語っており、「指示書」を公開して「ある種のヒントとして必要だった」とも話していることから、佐村河内氏は実質的な作品の生みの親であり、プロデューサーとも言えるわけで、一連の作品は佐村河内氏と新垣氏の二人三脚で作られた作品だったことが明らかになった。

 まぁ、それを隠して独りで作ったように装っていたからこそ、世間を騙していたと誹りを受けるんでしょうが、それもこれも「話題性作り」のためだろうし、作品を売るための方便で、あり得ることだと思うし、問題にされるような事でもないと私は思う。

 盗作をしたとかいうのならともかく、ゴーストライターが作品を作ったからといって、そんなに騒がれなければならないような悪いコトなんだろうか・・・

 第一、ゴーストライターを使って作品を発表した人をいちいち糾弾し始めたら、キリがないんじゃないかと私なんかは思うぞ (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

 

 まったく、こんなつまらないコトが大きなニュースとして報じられるようじゃ、日本は平和だということなんでしょうかね (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

あぶさんが完結

 20140207003 20140207004

 

 昭和48年から連載を開始し、大人気を博し続けて来た野球漫画の
「あぶさん」が、2月5日発売の『ビッグコミックオリジナル』をもって、ついに完結した。

 実に、41年間に及ぶ長期連載で、私の人生にも大きな影響を与えた偉大な漫画だった・・・

 

20140207001 20140207002

 

20140207005  思えば、私が高校一年生の時に、クラスメートのMに借りて読んだ「あぶさん」のコミック第1巻が、私の野球人生の始まりになった・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 ・・・と申しましても、運動オンチの私ですから、草野球以外で野球をした事は一度もありませんがね・・・(苦笑)

 

 当時の私は、野球には関心はあったものの、正直テレビなどでも試合を観たことはほとんど無く、好きな球団も特にはありませんでしたが、そんなこんなで「南海ホークス」のファンになり、今に至ります。
 というワケで、ホークス一筋のファン歴は、今年で40年弱になります (^_^ゞポリポリ

 当時の私は、パ・リーグということば自体は知っていましたが、どんな球団があって、どんな選手がいるのかさえも知らないような状態でしたが、だからこそ、先入観もなくスッとファンになれたのだと思います。

 

 語りたいことはたくさんあるのですが、今日のところは、「あぶさん」が41年の連載に終止符を打ったことだけをお伝えして、記事を終えたいと思います。

 「あぶさん」、特に主人公の「景浦安武」についての思い出は、日を改めて述べたいと思っています。
 なにしろ、40年にわたる思い出ですから、時間がとれる時に記事にまとめてみたいと思います (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 景浦安武さん・・・
 水島新司さん・・・

 長い間、本当にお疲れ様でした・・・ m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

ざわつかせろ

20140131001 20140131002

 

 写真は、先日東関道を走っていて見かけた車です。

 妙に目を引くというか、チョッと見は右翼の街宣車もどきで、車体の横には不気味なドクロまで描かれています (;^_^A アセアセ・・・

 あまりセンスがいいトラックだとは思いませんが、周囲の目を引くことは間違いないので、そういう意味ではこういうデザインもアリなのかなと・・・(苦笑)

 

 最初は何だろうと思ってカメラを向けたんですが、ナイキのマークもありますから、どうやらナイキの宣伝カーか運送車だろうと思います。

 そう思ってネットをググってみると、ナイキが行なっていた、ベースボール「ざわつかせろ」キャンペーンというのが見つかりました。

 私自身は、そんなキャンペーンのこともCMのこともまったく知らなかったのですが、なるほどと・・・

 

 

  20140131003

 

 ・・・ という事で、昨年ナイキが放送したという「宣誓」編の60秒CMです。

 このCMには、野茂英雄や上原浩治が特別出演しています (^^)v

 なかなかおもしろいCMだと私は思います。

 ただ、私自身はテレビでは一度も見たことがなかった事がチョッと残念ですが・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

立春の降雪

 「立春」の昨日、成田周辺は薄暗い朝となりまして、風は強いわ、雨は降り出すわで、その後の気象状況を暗示しているかのようなスタートとなりました (^_^;

 

 朝方は厚い雲に覆われて、それほど寒くはなく、外の気温も6度~7度くらいはあったでしょうか。

 しかし、9時近くなっても道路の街路灯が点いたままという薄暗い状況は変らず、そのうちに気温はドンドンと下がっていきまして、シトシトとずっと降り続いていた雨は夕方から雪に変り、アッという間にうっすらと積もってしまいました (^◇^;)

 

     20140205001

 

 上が、17時くらいに撮った成田の様子ですが、その後は雪は止み、ほとんど積もるような事はなかったんですが、気温はますます下がって、夜には0度前後まで下がりましたから、今日の朝方は道路の凍結が心配ですねぇ・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 ご存じのように、関東の車はほとんどがノーマルタイヤのままで、スタッドレスを履いている用意周到なドライバーは少ないですから、事故が心配です・・・ (__;)

 

 暦の上では、昨日から「春」なんですが、本格的な春にはもうチョイかかりそうですかね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

濃霧

     20140204001

20140204002 20140204003

 

 昨日の朝、私の住んでいる成田周辺は濃い霧に覆われまして・・・ (^_^;

 上が、8時前くらいに富里市内と酒々井町内で撮った写真なんですが、この30分くらい前にはもっと視界は悪く、ヘッドライトを点けて走っている車も多かったです。

 

 ところが、同じ頃、滋賀県内に住むネッ友さんからも濃霧が出ているという知らせがあり、ラジオでは巨人軍がキャンプを行なっている宮崎でも霧とまではいかないまでも、もやっているというレポートが届けられました (^^;

 となると、昨日の朝は千葉県内だけではなく、全国的な規模で霧が発生したのでしょうか・・・ (?。?)

 報道では、東北から九州にかけての広い範囲で霧が発生したと伝えられました。

 ちなみに、成田周辺の霧はその後いくぶん薄くはなりましたが、10時を過ぎてもきれいには晴れませんで、遠くの視界は相変わらず遮られたままでした・・・

 

 思えば、一昨日の日曜日に行なわれた別大毎日マラソンでも、濃い霧の中でレースが行なわれ、テレビの画面は白くなって視界が悪い様子が映し出されていました・・・

 冬に霧が発生するなんて、少なくても私の記憶の中にはありませんで、とにかく珍しいなと・・・ (^_^ゞポリポリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

別府大分毎日マラソン 2014

 昨日行なわれた「第63回別府大分毎日マラソン」は、ウガンダのキプリモが2時間9分23秒で優勝し、トヨタ自動車九州の今井正人は7秒差で2位と大健闘した。

 

 2位になった今井にしても、3位に食い込んだ初マラソンの白石賢一にしても、正直なところ「意外」というか、できすぎと思える結果に驚いている私がいます。

 もちろん、二人をよく知っている人なら、このくらいはやってくれるかもと期待していた人も多かったのかもしれませんが、少なくても私には意外でした (;^_^A アセアセ・・・

 今井も白石も、ずっと先頭集団の中で走りきり、見事なレースだったと思います ヽ(^o^)尸

 大学生の頃からスポットを浴びていた今井の方はともかく、旭化成の白石はほとんど無名の選手であり、マラソンも今回が初挑戦ですから、新星というか、もしかしたら 私らが待っていた新しいスターの誕生となるのかもしれません (^^)v

 

 ただ、今井はレース後のコメントで「勝てなかったことが悔しいです」と、2位という結果にまったく満足していないことに好感が持てるというか、頼もしいというか (*^.-^*)♪

 この今井正人は、私がヒイキにしている順大のランナーとして箱根の山を走り、「元祖山の神」として崇められた逸材です。
 「山の神」といえば、最近では柏原竜二の方が有名ですが、元々はその前に箱根駅伝を走ってスポットライトを浴びた今井正人に対して用いられた呼称でした。

 今井も柏原も、私と同じ福島県の出身ということで、他の選手に対する思いとは明らかに違うテンションで二人を応援している私がいます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 その今井が、世界の一流ランナー達と堂々と渡り合い、7秒差の2位になった!
 これは快挙と言っていいと思いますし、そこから1分チョッと送れて3位に入った初マラソンの白石もまた、先が楽しみな選手だと思います。
 なぜなら、終始涼しい顔をして走りきった事で、こんな心身共にタフなランナーはほとんど記憶にありません (o^∇^o)ノ

 今後の彼等の活躍が楽しみですねぇ ヽ(^◇^*)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

群盲評象

 「群盲象を評す」ということばがあります。

 数人の盲人が、「象」という見知らぬ動物の前に連れてこられ、それぞれに象の一部を触って、象とはこんな動物だと語る・・・ というインドの寓話です。

 足を触った盲人は「柱のようです」と答え、尾を触った盲人は「綱のようです」と答えた。
 また、鼻を触った盲人は「木の枝のようです」と答え、耳を触った盲人は「扇のようです」と答え、さらに、腹を触った盲人は「壁のようです」などと答えたというもの。

 全体を見るでなく、一部分だけで物事を評すると、誤った結論に至ってしまうことを教えているわけですが、そのことばを連想するようなコトを最近体験しまして・・・ (^_^;

 

 20140201001

 

 この冬に始まった日本テレビ系の「明日、ママがいない」に対し、各方面から「養護施設の子供や職員への誤解や偏見を与え、人権侵害だ」として放送中止を申し入れる声が上がり、全スポンサーがCMの放送を取り止めるという異常な事態に発展した。

 

 まぁ、クレームを付けたくなる気持ちもわからないでもないけど、ふざけるなよ!と ・・・

 タカが連続ドラマの1話や2話を見たくらいで、ドラマそのものを評価するんじゃないよ q(`o')ブー!!

 

 アンタ方がドラマにクレームを付けたくなる思いがあるように、制作側にだって、ドラマに対する思い入れや伝えたいメッセージはあるんじゃないのか。

 それを、一方的な価値観でクレームを付け、放送中止を求めるというのは、絶対に行きすぎだと思うし、あってはならない事だと私は思う。

 ことばを変えれば、「番組を打ちきりにしなければテレビ局を爆破するぞ」と言っているのと根本的には変らないわけですから、ことばによるテロだと私は思うし、テレビ局に対する威力業務妨害だと思えなくもない。

 この日本で、こんな理不尽なコトが許されていいんだろうか・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 ドラマに限らず、どんな番組を作ったとしても、文句を言ってくる人は必ずいるだろうし、私なんかもそういう人間の一人だと自負していますが、だからといって、公の場で、声を大にしてソレを言ったりはしない。
 一応はオトナだから ・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 第一、そういう、ワケのわからない声にいちいち右往左往していては、骨太な番組なんて作れないんじゃないのか。

 映画だって音楽だって絵画だって、見る人や聞く人にいちいち媚びを売っていては、本当の意味で良い作品なんて作れないんじゃないかと私は思う。

 そうではなくて、誰がナンと言おうと、我が道を行くという信念が、芸術に携わる人には大切なのだと思わないか。

 

 だいたい、こういうドラマの常として、最初のうちは憎々しく見える人物が、回を重ねていくうちに、だんだんと変っていくというのはよくあるハナシで、三上博史演じる施設長も、回を重ねていくにつれ、言動が変っていくのだろうというのは容易に想像がつきます(苦笑)

 第一、連ドラの初回などは視聴者の心を掴んで数字を取るためにも、必要以上に過激な演出が行なわれる事はよくあることです。

 タカがドラマじゃないですか。

 作り話にホンキで怒ってどうするのよ (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

 

 刹那的に評価を下すというのではなく、もっと長~い目で、大局的に判断を下せないものだろうかと思う次第です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

ピート・シーガーが逝く

 1960年代に世界的にヒットした反戦ソング「花はどこへ行った」などで知られるピート・シーガーが、先月の27日に老衰のため亡くなったと報じられた。

 享年は94才ということで、大正15年生まれの私の父よりも7才も年上ですから、そう考えれば大往生なのかなと・・・

 

 私自身は洋楽はほとんど聴きませんから、ピート・シーガーにも思い入れはほとんどありませんが、氏の代表曲ともいわれる「花はどこへ行った」は、中学校だったか高校だったかの音楽の教科書にも載っていまして習いましたからよく知っています。

 下がその「花はどこへ行った」の動画と歌詞なんですが、シンプルな作品のワリには良くできているんじゃないかと思います。

 

 

 Where have all the flowers gone?

 Where have all the flowers gone?
 Long time passing
 Where have all the flowers gone?
 Long time ago
 Where have all the flowers gone
 Young girls have picked them every one
 When will they ever learn,
 When will they ever learn?

 Where have all the young girls gone?
 Long time passing
 Where have all the young girls gone?
 Long time ago
 Where have all the young girls gone?
 They've taken husbands, every one.
 When will they ever learn,
 When will they ever learn?

 Where have all the young men gone?
 Long time passing
 Where have all the young men gone?
 Long time ago
 Where have all the young men gone?
 Gone for soldiers every one.
 When will they ever learn,
 When will they ever learn?

 Where have all the soldiers gone?
 Long time passing
 Where have all the sodiers gone?
 Long time ago
 Where have all the soldiers gone?
 Gone for graveyards every one.
 When will they ever learn,
 When will they ever learn?

 Where have all the graveyards gone?
 Long time passing
 Where have all the graveyards gone?
 Long time ago
 Where have all the graveyards gone?
 Gone to flowers every one.
 When will they ever learn,
 When will they ever learn?

 

 私は英語はわかりませんが、歌の大意は以下の通りです・・・

 

 「花はどこへいった 少女が摘んでいった」

 「その少女はどこへいった 若者の下へ嫁いでいった」

 「その若者はどこへいった 兵隊になって戦場へいった」

 「その兵隊はどこへいった 死んで墓に葬られた」

 「その墓はどうなった 花で覆われた」

 そして、歌は再び最初に戻って、
 「花はどこへいった 少女が摘んでいった」 ・・・ となる。

 

 それぞれの歌詞の最後には、「いつになったら わかるのだろう」というフレーズが繰り返され、戦争が何度も起きては、その度に尊い命が失われ、残されて悲しむ人ができるという事を訴えています。

 メッセージソング、とりわけ「反戦歌」には、どうしても大声で
「戦争反対」を訴えるというイメージが付きまといますが、中にはこのように遠回しの歌詞を美しいメロディに乗せて、静かに訴えるタイプの反戦歌もあったりします。

 

 この作品は、シーガーのオリジナルではなく、ピーター・ポール&マリーが歌ったカバーの方で覚えました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 他にも、ピート・シーガーの影響を受けたミュージシャンは多く、ボブ・ディランなんかもその一人です・・・

 

 本当に長い間、お疲れ様でした・・・ m(_ _;)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »