« 臨時休業 | トップページ | Birthday »

2014年2月26日 (水)

虹をつかむ男

     20140218003

 

 先月と今月の2回、BSジャパンで映画「虹をつかむ男」が放送されたのを見ました。

 

 「虹をつかむ男」は、「男はつらいよ」の後を受けて制作された映画であり、第1作と第2作の二話が公開されました。

 今回放送されたのはその全二話であり、勢いで・・・というか、オマケで作られた感の強い第2作の方はともかく、第1作の方はなかなか完成度も高くて、いい映画だったと思っています (*^.-^*)♪

 

 「男はつらいよ」第49作の撮影を間近に控えていた1996年の8月、車寅次郎役の渥美清が急死したことにより、「男はつらいよ」は打ち切りを余儀なくされ、「男はつらいよ」の第49作に出演を予定していたゲストやレギュラー陣がそのまま「虹をつかむ男」に出演しているというコトで、第1作の方は寅さんファンなら違和感なく受け入れる事ができる一作となっています(苦笑)

 

20140218001_2 20140218002_2

 

 地方の映画館を舞台に繰り広げられる人情劇は、「男はつらいよ」を彷彿とさせるストーリーで、映画の終盤には「男はつらいよ」の第1作が上映され、エンディングではCGではありますが寅さんも登場するという懲りようで、急逝した渥美清を追悼するという位置づけの映画となっています。

 

20140218004  そもそも、国民的映画とまで呼ばれた「男はつらいよ」の制作が続けられなくなった松竹は、新しいシリーズものを作る必要に迫られ、「虹をつかむ男」にそれを求めようとしたようで、第1作のコピーには「'97 日本のお正月が変ります。」と書かれていましたが、期待していたような反響は得られず、結局二本制作されただけで打ち切られてしまいました (^◇^;)

 今回、二本の「虹をつかむ男」を観ましたが、ハッキリ言って二作目の「南国奮闘篇」は駄作以外の何ものでもありません (ノ_-;)ハア…
 こんなんじゃ、シリーズものとしてはダメだろうなと私も思いました (__;)

 以後、寅さんの代わりは釣りバカという事で落ち着いたようですが、私は釣りバカはマンガなら大好きなんですが、映画の方はあまり好きではなく、ほとんど観た事はありません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

|

« 臨時休業 | トップページ | Birthday »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虹をつかむ男:

« 臨時休業 | トップページ | Birthday »