« 理化学研究所 | トップページ | 黒毛和牛 »

2014年4月23日 (水)

SSD

 SSDというパソコンの記憶装置がありまして、基本的にHDDと同じような使われ方をするわけですが、決定的に違う点がありまして、それがデータの読み書きの速さです。

 HDDはディスクに磁気で記録するわけですが、SSDはメモリーチップに電気的に記録するために、機械的な可動部分が無い分早いというわけです (^^)v

 

 また、機械的な可動部分が無いというコトで、音が静かで省電力、さらに衝撃にも強いというメリットもあり、持ち運んで使用することの多いノートタイプのPCには、まさに打って付けの記憶装置ということになります。

 ただ、HDDから比べれば若干割高感があるのは否めませんが、それを上回るメリットがあることも確かで、だからこそ市場での人気も高いわけです。

 

 先日、「換装」という記事の中で、中古で購入したデスクトップのHDDを、データ移行ソフトを使って、より大容量のものに入れ替えた事を書きました。

 デスクでうまくいったものですから、いよいよ同時に購入した中古ノートのHDDの入れ替えに挑戦してみることにしました (*^.-^*)♪

 デスクでもノートでも、基本的にやる事は一緒なんですが、どうせ交換するなら一般的なHDDではなくて、より優れたSSDにしてみたいなと思ったのは、冒頭に挙げたメリットが魅力的に思えたのはもちろんですが、まだSSDという機器を使ったことがないので、どんなものなのか知りたかったからというのも大きな理由になりました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20140423001_3 20140423004_3

 

 左側の写真が、今までのノートの状況です。

 内蔵HDDの容量は僅かに40GB・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 この余裕のないHDDが、より大容量のモノにしたいと思った一番の理由です (^◇^;)

 そして、右側の写真が近くのPCショップで購入してきたSSDです (^_^ゞポリポリ

 120GBの容量がありますが、日替りの特価品ということで、
7,000円で販売していました o(*^▽^*)o~♪

 

20140423002_2 20140423003_2

 

 前回のデスクの時と同じように、まずはSSDをHDケースに入れてノートに接続。

 そしてデータ移行ソフトを使って内蔵HDDのデータを丸ごとSSDにコピーします。

 左側の写真は、二つの記憶装置をつないだノートの状況です。

 

 そして、コピーが完了したSSDをノートの内蔵HDDと入れ替えて作業完了 (^^)v

 右側の写真が、SSDと入れ替えた後のノートの状況です。
 ご覧のように、無事に120GBを表示しています (*^.-^*)♪

 

 使ってみての感想ですが、思っていたほど早くなったという実感は無いのですが、気分的には前よりもキビキビと動いているように思えます (^◇^) 。。。ケラケラ

|

« 理化学研究所 | トップページ | 黒毛和牛 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SSD:

« 理化学研究所 | トップページ | 黒毛和牛 »