« 神崎酒蔵まつり | トップページ | 理化学研究所 »

2014年4月21日 (月)

バナナの叩き売り

 

 上の動画は、昨日の記事でご紹介した「神崎酒蔵まつり」の会場で見かけた「バナナの叩き売り」です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 「バナナの叩き売り」ナンて、ことばでは知っていても、実際に見たことは一度も無くて、せいぜいがテレビの中などで、ごく一部分に限って見たことがある程度です (;^_^A アセアセ・・・

 それがたまたまとはいえ、目の前で演っているワケで、私もけっこうな野次馬ですからねぇ、こんな珍しいものを目の前で見られるとあっては、放っておく手はありません (^◇^) 。。。ケラケラ

 で、手持ちのデジカメを向けて、動画に納めてきました (^^)v

 

 動画は、尻切れトンボになってしまっていて、いよいよこれから・・・というところで終わっていますが、あいにくと1GBのメモリーカードがいっぱいになってしまったからで、普通は写真撮影がメインなのでこれでも足りなくなるようなことは無いわけですが、今回は動画の撮影という事で、写真と比べればデータ量が膨大で、アッという間に容量不足になってしまいました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 一番肝心の、お客さんとのやり取りが納められなかったのは残念です (^_^ゞポリポリ

 それでも、さすがに大道芸人らしく、話術が巧みでねぇ、人柄とも相まって、存分に楽しませて頂きました (*^.-^*)♪

 

 バナナなんて、今ではスーパーなんかでも普通に売られていまして、価格的にもそれほど高いというわけでもなく、一房数百円で売られていたりもしますが、私が子どもだった頃の昭和30年代とかだと、めったに口にすることはできませんでした。

 そもそも、道路も物流も貧弱な時代でしたから、会津の山奥にまでバナナを運んできて売ろうという奇特な業者もありませんで、出稼ぎに出ていた親父が正月の帰省の時に、上野近辺で土産として買ってきた台湾バナナを食べるのがせいぜいでしたかね (;^_^A アセアセ・・・

 

 かつてはそれくらい貴重なバナナだったのに、それほど有り難いとも思わないような時代が来るとは思いませんでした (^◇^) 。。。ケラケラ

売り切れないほどたくさん流通していて、見向きもされないような今の時代が幸せなのか、はたまた、めったに口にできなくて、有り難がって食べた昔の方が幸せなのか、難しいところですねぇ・・・ (^_^;

|

« 神崎酒蔵まつり | トップページ | 理化学研究所 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/59496068

この記事へのトラックバック一覧です: バナナの叩き売り:

« 神崎酒蔵まつり | トップページ | 理化学研究所 »