« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月31日 (土)

ふしぎなポケット

 

 上は、「ふしぎなポケット」という動揺です。

 

 ポケットの中には ビスケットがひとつ 

 ポケットとたたくと ビスケットはふたつ

 もひとつたたくと ビスケットはみっつ 

 たたいてみるたび ビスケットはふえる・・・

 

 そんなふしぎなポケットがほしい

 そんなふしぎなポケットがほしい

 

 こんな感じで、叩く度にビスケットが増えていく魔法のポケットをモチーフにした作品なんですが、実際にそんなポケットがあったらおもしろいだろうなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 もっとも、子供だからビスケットで満足するのかもしれませんが、オトナはポケットからビスケットが出てきてもそれほど有り難がらないんだろうなと (^^ゞ

 やっぱり、たたく度に増えていくのは、お金の方がいいんでしょうか (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 まぁ、あまり夢のないことを言っても始まらないんですが、こういう不思議なポケットで有名なのは、やはりドラえもんのポケットでしょうか (;^_^A アセアセ・・・

 ナンでも出てくるドラえもんのポケットは、私でなくても欲しくなると思うんですが(笑い)

 で、ドラえもんのポケットが手に入ったら、何を取り出したいと思いますか? (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月30日 (金)

お役所仕事

 チョッと諸々の手続きがありましてね、とりあえず私の戸籍謄本や住民票などが必要とかで・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 で、仕事が早めに終わったので、ついでにと成田の市役所に立ち寄ったわけです。

 用意するように言われていたのは「戸籍謄本」「住民票」、そして「印鑑証明書」です。

 

20140530001_2  「印鑑証明書」の申請には、「印鑑登録証」と呼ばれるカードが必要になることはわかっていましたが、そんなもの常に持ち歩いているワケでもなく、まぁ、本人が行くわけですし、無くてもなんとかなるかなと安易な気持ちで市役所に赴きました。

 で、案内係にかくかくしかじかと伝え、それぞれの申請書を受け取ったまではよかったのですが、印鑑登録のカードはお持ちですかと問われて、出先からそのまま来たので持っていないと答えると、カードが無ければ印鑑証明の発行はできかねると言われてしまいまして・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 そんなコトはあらためて言われなくてもわかっているので、本人が来ているわけだし、なんとか曲げて発行してもらえないかと言ってみたのですが、木で鼻をくくったような愛想のない答えしか返ってこないものですから、私も切れましてね、わかったからここの責任者を出して欲しいと言ってみました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 なにしろ、私が住んでいるところは成田空港の在る、市のはずれですから、バスなら30分程度はかかるような不便なところに在ります。
 車でも往復となると、小一時間はゆうにかかりますから、できる事なら融通を利かせてもらえたら有り難いなというコトで・・・ (^◇^;)

 

 やがて、腰の低い上司らしい人が現われたので、「おっしゃることは重々わかるけれども、だからといってまた出直せというのもあんまりじゃないか・・・」と言ってはみたのですが・・・

 いろいろと提案はして頂いたものの、やはりカードが無いことにはどうにもならないという事で・・・ (__;)

 ナンと言うんですかねぇ、杓子定規でしか物事を処理できないのがお役所というところだという事をあらためて思い知らされました (ノ_-;)ハア…

 いわゆる、お役所仕事というヤツですね (;^_^A アセアセ・・・

 

 しょうがないんで、とりあえず「戸籍謄本」と「住民票」だけ頂いて、帰宅しました。

 「印鑑証明」はまた出直すことにします。

 それにしても、まいりましたよ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月29日 (木)

大横綱

 先日、大相撲の夏場所が千秋楽を迎え、横綱の白鳳が2場所ぶりに
29回目の優勝を飾り、いよいよ千代の富士の31回、大鵬の32回を射程圏内にとらえたと報じられた。

 

 年齢も29才と脂の乗りきった白鳳ですし、朝青龍のように問題児でもありませんから、順当にいけば来年あたりにも先の大横綱達の優勝回数を塗り替えるだろうコトは間違いないだろうと思われます。

 優勝回数もそうですが、連勝記録も双葉山の69連勝に迫る63連勝を記録するなど、圧倒的な強さで角界に君臨する白鵬に対し、世の大相撲ファンは、大横綱だと讃える声も多い。
 現に、横綱土俵入りの際に、白鵬に対し「日本一」などの声がかかることも少なくなく、大横綱と認める人がいかに多いかを示しています。

 

 しかし、私は思うのだが、白鵬ははたして「大横綱」と言えるのかなと・・・ (^_^;

 確かに今の角界で白鵬に対抗できるだけの力量を持つ力士は存在せず、圧倒的な強さを誇示してはいますが、だからといって歴代の横綱たちと肩を並べるほどの横綱だとは私は思っていません。

 

 その一番の理由が、白鵬には横綱としてのが無いということです。

 例えば、同じモンゴル出身の横綱だった朝青龍には、間違いなくその「華」がありました。

 朝青龍が土俵に上がると、土俵上は一際輝いたように私には感じられました。
 ところが、白鵬は地味すぎて、そういう他を圧倒するような輝きは放っていません (^◇^;)

 

 これは、今現在綱を張っている日馬富士鶴竜にも言えることで、三横綱と言ってはいますが、いずれも小粒すぎて、私にはとても歴代の横綱と同じには思えないのですよ (ノ_-;)ハア…

 したがって、仮に白鵬が千代の富士や大鵬の優勝回数を超えたとしても、おそらく私には大横綱には思えないだろうと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 これがもし朝青龍だったとしたなら、私は両手を挙げて大横綱と讃えるだろうと思うのですが、白鵬と朝青龍では力士としての器量がぜんぜん違いますから、残念なことだなと・・・ (__;)

 

 まぁ、「華」とか「オーラ」なんていうのは一連の成績みたいに数字で表わすことはできませんから、所詮は私の気持ちの問題でしかなく、説得力には欠けますがね (^◇^) 。。。ケラケラ

 でもね、もし仮に33回目の優勝を白鵬が飾ったとしてですよ、大鵬を超える横綱だと言えるのでしょうかねぇ・・・ (^_^;

 どこからどう見ても、白鵬はそんな器には見えないでしょ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 どうしてそんなふうに思えてしまうのかといえば、理由は簡単で、何回優勝しようと、あるいは何連勝しようとも、白鳳の成績は水増しの成績でしかないからです。

 「水増し」とかいうと、直ぐに八百長とかのことばが浮かびかねませんが、私が言いたいのはそういう事ではなくて、白鳳以外の力士達がだらしなさ過ぎるというコトです q(`o')ブー!!

 

 つまり、白鳳が強いのではなくて、周りが弱すぎてどんどん星を落とし、勝手に自滅していって、結果として終盤まで優勝戦線に残っているのは白鳳だけという事がここ数年の角界の常識になっています (ノ_-;)ハア…

 そんな状況の中で何回優勝したとしても、価値ある優勝には思えないという事です。

 過去に大横綱と言われた大鵬にしろ千代の富士にしろ、あるいは平成の大横綱と言われた貴乃花や朝青龍にも、常にライバルと呼ばれた強い横綱や大関が存在しました。
 そういう中で勝ち取った優勝だからこそ、価値が有り、讃えられるわけですが、今の白鳳にはそういうライバルと呼べる強敵は存在しないから、水増しの成績だと私は言いたいわけです。

 もっとも、ライバルの存在はその時々の「巡り合わせ」に大きく左右されますから、白鳳だけの責任ではありませんが、だからといって実質的に一人横綱に近い現在の状況は、やはり問題にされなくてはならない角界の負の部分だと私は考えています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年5月28日 (水)

理想と現実

 「理想と現実」ということばがありまして、世の中は往々にして自分の思うようにはならないものだというコトを教えてくれています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 特に、男女間のソレについては、皆さん方にもお心当たりがあったりするんじゃないでしょうか(苦笑)

 誰しも、異性に対する「理想像」というものをお持ちだと思うのですが、世の中そうそう甘くはないようで、理想の異性とお付き合いでき、結婚までいたる人が、はたしてどのくらいいらっしゃるのでしょうか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 かくいう私も、理想の女性がいまして、例えるならば斉藤由貴みたいな可愛い女性が好みなのですが、前妻は、まさに「理想と現実」というものの違いをまざまざと私に教えてくれました (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

 

 失敗から学んだというわけではありませんが、再婚した今の家内は、私の理想をはるかに超える女性でして、どうしてこんなに素晴らしい女性が私と一緒になってくれたのか、正直わからないままに5年が過ぎました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 可愛いというのは言うまでもなく、家事もそつなくこなし、料理が上手いときたら、これはもう、非の打ち所のない世界一のカミさんではないかと・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 まぁ、単なるおノロケでしかないんですが、世の中には「理想を超える現実」というのも、本当にあるんだなと・・・ (_ _)ノ彡☆ギャハハ!!! バンバン!!!

 

 駄文、お粗末様でした・・・ m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月27日 (火)

昨日の車窓から

   20140527002_2

   20140527001_2

 

 昨日、仕事で神奈川県内を走っていて見かけたお店です。

 いずれも、看板の名前に笑ったというか・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ただ、それだけのハナシなんですがね・・・ (^_^ゞポリポリ

 特にコメントはありません。

 おもしろいと思う人だけ笑って頂ければ・・・ ね (^_-)-☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月26日 (月)

助六寿司

      20140525022

 

 写真は、私の大好きな「助六寿司」です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 昨日、近所のスーパーで買ってきて食べたんですが、彩りといいボリュームといい、チョッとお腹に詰めるには手頃なので、よく食べます。

 

 私はいなり寿司が好きなので、特にこの組み合わせの助六寿司に思い入れがあるのですが、そこで素朴な疑問が湧き上がってきます。

 どうして「いなり寿司」「のり巻き」を組み合わせた寿司セットを「助六寿司」と呼ぶのか・・・

 その語源が歌舞伎にあるというのは知っていたんですが、どういう理由からなのかとなるとイマイチハッキリした理由は知りませんで、知ったのはそれほど昔の事ではありません。

 

 「助六」は、歌舞伎の演目の一つで、「助六所縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)の主人公である「助六」からきており、「助六」の愛人が「揚巻(あげまき)という名前だったことから、「いなり寿司」と「のり巻き」の組み合わせを「助六寿司」と呼ぶようになったという事です。

 つまり、油揚げを使ったいなり寿司と、海苔を巻いたのり巻きを合わせると、助六の愛人の「揚巻」の名前になるということが「助六寿司」の語源なワケですが、ベタに「揚げ巻き寿司」と呼ぶのではなく「助六寿司」と呼ぶようになったのは、江戸っ子らしい洒落心がそこにあったからという説が有力です。

 

 という事で、皆さんは、「助六寿司」はお好きですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月25日 (日)

課外授業

20140515001 20140515002

 

 写真は、成田市内の消防署で見かけた小学生達の社会科見学です。

 課外授業の一環として、近隣の小学校から来たと思われる児童達なんですが、なんとなく見ていてほのぼのとしてくるなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 私は、会津の山の中で育ったので、社会科見学みたいなコトをした記憶がありません (^^ゞ

 本当に見学はしたことが一度も無かったのか、半世紀近くも前のコトなので、忘れてしまって思い出せないだけなのか、私自身にもホントのところはよくわかりませんが、村の中には見学するようなところはありませんから、やはり無かったのだと思います (^◇^;)

 

 ただ、天気のいい日なんかには授業を取り止め、時々近くの山までハイキングもどきで遊びに行ったことがありました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 また、近くの切り通しまで出かけ、土器やら石器やらを探したこともありました。

 あれも、一種の社会科見学だったのでしょうか (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

 

 まぁ、教室の中で教科書を学ぶのも「学習」であることには違いありませんが、子供心にも屋外に出かけて行くことは楽しかったですねぇ o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月24日 (土)

山の日

 自民、公明、民主など与野党9党は、8月11日「山の日」とする祝日法改正案を、参院本会議に提出、賛成多数で可決、成立したと報じられた。

 

 しかし、私には「意味のない祝日」 を、ムリヤリでっち上げた感が強く、本当にこんな祝日が必要なのかと思えてならない (ノ_-;)ハア…

 

 そもそも、6月と8月には祝日が無いから、なんとか設けられないかというハナシは以前から確かにあった。

 しかし、6月ならともかく、8月は夏期休暇があるわけで、どうして8月にわざわざ祝日を設ける必要があるのかと・・・ q(`o')ブー!!

 

 だいたい、祝日が増えて喜ぶ人が本当にいるのだろうか(苦笑)

 子ども達なら、学校が休みになるから大歓迎だろうが、そもそも8月11日は夏休み中だから祝日になっても恩恵は受けないし、夏休みの無いオトナ達だって歓迎するとは限らない・・・

 サラリーマンなら月給制だから、休みの日数に関係なく一定額の給料がもらえるが、派遣やパート、アルバイトの人達は実働日数でしか賃金がもらえないのが普通なので、休みが増えることを歓迎するとは思えない。
 むしろ、もっと働ける日が欲しいと思うのではないだろうか・・・

 また、労働者を雇う会社側だって、祝日が増えれば生産性も落ちるし、仮に祝日に働いてもらおうとすれば割増の休日手当を支払わなくてはならなくなるので、祝日が増えることを歓迎するとは思えない。

 私のように、自営の人なら言わずもがなだ。

 

 それに、「山の日」って、いったいナンだ!

 「海の日」と違って、8月11日に「山」に関する歴史的な背景があるわけでも無し、本来なら月遅れのお盆の入りとなる8月13日の前の日を祝日にして、連休の日数を増やそうという思惑もあったそうですが、8月12日は日航機が群馬県の御巣鷹山に墜落した日であり、さすがにその日を祝日にして祝うというのははばかられたようで、仕方なくその前日の8月11日に決められたといういい加減なものです (ノ_-;)ハア…

 もっとも「海の日」も、ハッピーマンデー制なんてバカな制度が始まってからは、第3月曜日になってしまい、本来の意味が失われてしまって、単に「休める日」という意味合いしかなくなってしまいましたから、「山の日」も似たようなスタンスでいいのかもしれませんが (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 これで、国民の祝日は、年間15日から16日に増える。

 別に、8月にあらためて祝日を設けなくても、夏休みがあるから要らないんじゃないかと思うのは私だけなのだろうか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月23日 (金)

家電リサイクル法

 まだ見られるからと、ズルズルと使い続けてきたブラウン管のテレビですが、さすがに古臭くて映像もぼやけてきた感があるし、第一デカくて邪魔に思えてきたので、押し入れの中の液晶テレビと取り替え、不要品として処分しようと思ったら、えらくたいへんな思いをしました (;^_^A アセアセ・・・

 

 数年くらい前ですと、ゴミ収集所の前に捨てておけば、市のゴミ収集車には「ルール違反です」というシールを貼られて迷惑そうな顔をされるものの、いつの間にかどこかの廃品回収業者が持って行ってくれたのですが、最近ではブラウン管のテレビは業者も持てあますようで、声をかけても見向きもされません (^_^;

 で、市の環境課に電話して相談すると、家電4品目は粗大ゴミとしては処分できず、専門の業者に相応の処分料を払って持っていってもらってくださいとのこと・・・ (__;)

 しかも、国内の家電メーカー以外のテレビなんかですと、何だかんだで1万円近くもかかるらしいことがわかりました (ノ_-;)ハア…

 こちらとしては、要らないから捨てようと思っているのに、1万円近い費用がかかるというのも納得いかなくて、正直、そのへんの空き地に不法投棄してしまおうかとも思ったんですが、さすがにソレは後ろめたくもあってできませんでね・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 やむを得ず、市の環境課の担当者から教えられた指定業者に電話して、かくかくしかじかと相談してみると、「リサイクル料金」「収集運搬料金」が必要とのことで、私が処分したいオリオンの25型のテレビの場合、両方合わせて8千円程度の金額になることがわかりました (^^;

 ただ、「リサイクル料金」の方は安くなりませんが、「収集運搬料金」の方は指定場所まで自分で持って行けば、いくらか安くなることがわかりまして、どうせゴミですからねぇ、少しでも安くなるならと、昨日仕事のついでに運んで行って処分してきました (^^)v

 なんといっても、私の仕事は運送屋ですから、モノを運ぶのは苦になりませんから (^◇^) 。。。ケラケラ

 

     20140523001

 

 上が、その時に頂いてきた「家電リサイクル券」で、結果的に
5,292円かかりました (^^ゞ

 こんな苦労をせずとも、近所の家電店でテレビを買えば、古いテレビはたいてい安く引き取ってくれるんでしょうが、今回は以前にテレビを買った時に処分せずに大事に取っておいた古い液晶テレビとの入れ替えだったので、電器店に相談するわけにもいかず手こずりました (^_^ゞポリポリ

 

 ただ、今回の一件で思ったんですが、「家電リサイクル法」の趣旨はわからないでもないんですが、一般の粗大ゴミと同じように処分できないようだと、面倒くさくてそこいらに不法投棄する輩も多いんじゃないかと思えてなりません。

 法律を作って運用したら、逆に不法投棄が増えたとかいうんじゃ、本末転倒のような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月22日 (木)

ビデオ判定

 20日に開幕した「セ・パ交流戦」ですが、私の愛するソフトバンクホークスは、セ・リーグ1位の広島をヤフオクドームに迎え、6-3で逃げ切って白星スタートを切った (^^)v

 

 今年で10回目を迎える「セ・パ交流戦」ですが、どういうワケかセ・リーグには分が悪く、一昨年に巨人が優勝した以外は、全てパ・リーグのチームが優勝しており、中でもソフトバンクは4度の優勝歴を誇ります (*^.-^*)♪

 昨年もソフトバンクが優勝しており、昨夜も広島をうっちゃって連勝スタートと、今年も正直、鼻息は荒いです (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 それはともかくとして、一昨日の開幕戦でチョッと珍しいシーンがありましてね、取り上げてみたくなりました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 6-2と、ホークスが4点をリードして迎えた8回に、広島のキラが放った打球は、バックスクリーンめがけて高々と上がりました。
 ボールはフェンスとスタンドとの境目付近に当たって大きく跳ね返り、センターの柳田が落ちてきたボールをキャッチした・・・

 これを見たキラは2塁を回ったところでストップしましたが、1塁塁審は高く上げた右手をグルグルと回し、ホームランという判定の下、2塁ベース上に止まっていたキラがホームベースを踏み、スコアボードには「2」という数字が入りました・・・ (^^;

 

 これを受けて、ソフトバンクの秋山監督がフェンスに当たったのではないかとアピールし、審判団は協議の末にビデオ判定に入り、試合は一時中断した・・・

 こういう事は時々ありまして、ビデオで確認した判定はほどなく球場内にアナウンスされるのが普通なんですが、この日はよほど微妙な打球だったのか、待っても待ってもアナウンスがない・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 やがて、審判がマイクを手に説明を始めたが、その内容は「念入りに協議していますので、今しばらくお待ち下さい」というもので、スタンドからも笑い声が(苦笑)

 この説明が二度繰り返され、中断は10分を超えた・・・

 最終的に出た判定は「二塁打」というもので、ボールはフェンス上部に当たったという判断が下り、二塁走者が生還しただけの「1点」に止まって、私を含むホークスファンは胸をなで下ろしました・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 しかし、いくらなんでもビデオ判定に10分というのは長すぎやしないか (ノ_-;)ハア…

 これでは、せっかくの好ゲームに水を差すことになり、案の定、私もスタンドのファン達も白けましたね (;^_^A アセアセ・・・

 救われたのは、8回という終盤だったことと、ソフトバンクのホームであるヤフオクドームだったことですかね。

 もし、広島球場で、同じ事が起こったとしたら、広島ファンは納得したんでしょうか (;^_^A アセアセ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月21日 (水)

策士

 他人のパソコンを遠隔操作で操り、4人が誤認逮捕された事件で、容疑者として逮捕され、一貫して無実を訴えていた元会社員が、一転して一連の事件に関わったことを認めたと報じられた。

 

 なんというか、いつ我が身に降りかかってもおかしくない、実に恐ろしい事件でしたが、結末はお粗末でしたね(苦笑)

 過去に例のない犯罪というコトで、捜査も後手後手に回り、4人も誤認逮捕者を出した警察が、その威信をかけて犯人を追い詰めたワケです。

 

 それにしても、ドジですねぇ・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 他人のパソコンを勝手に操ってメールを送るなんて芸当ができるほど、アタマの良い人間がですよ、保釈中の我が身に警察の目が光っているだろうくらいのことがどうしてわからないんでしょうか (^_^;

 そんな中、のこのこと河川敷をうろつき、何かを埋めていたら、誰だってアヤシイと思うのが普通だと思うんですが (;^_^A アセアセ・・・

 「策士策に溺れる」という古事がありますが、今回の事件はまさにそんな感じでしょうか (^◇^;)

 こんな小細工さえしなければ、もしかしたらグレーのまま、誤魔化し通すことができたかもしれないのに・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ただ、これで一件落着とはいかないだろう事は容易に想像がつきます (ノ_-;)ハア…

 おそらく、第二第三の片山某が現われ、似たような犯罪が繰り返されるんじゃないかと思うんですが、願わくば、そういう不埒な輩が現われないことを祈るのみです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月20日 (火)

営業再開

 父の訃報に、やむを得ず臨時休業していたこの居酒屋ですが、そろそろ生活も落ち着いてきたので、営業を再開させて頂こうと思っています。

 

 親の訃報ですから、さすがに動揺はしましたが、大正15年生まれの87才ですからねぇ、大往生だと思っていますし、ここ2~3年、体調の思わしくない時期もあって入退院を繰り返していましたから、ある程度覚悟はできていました・・・ (__;)

 

 それはともかくとして、奥会津の山村で生まれ育った私には、父親と暮らした記憶はほとんどありません。

 と申しますのも、農家の末っ子として生まれた父には、分け与えられる田畑はありませんでしたから、職人として育ったワケですが、当時の村にも生活を維持できるほどの仕事は無く、冬の間だけのつもりで始めた出稼ぎが村で働くよりもいい稼ぎになるからと、そのまま通年で働くようになって、会津の実家に帰ってくるのは盆暮れだけのような単身赴任に近い生活が延々と続き、父と一緒に暮らすことはほとんど無かったからです。

 物心着いた頃からそういう暮らしだったので、ことさら淋しく感じたこともなく、我が家では父親のいない生活が当たり前でした (^_^ゞポリポリ

 

 ただ、社会人になってからも自分の生活に追われるだけの私でしたから、父には孝行らしいことはほとんどできないままで逝ってしまいました・・・

 唯一の救いは、安らかな顔で逝ってくれたことです。

 

 最後にひと言だけ言わせて頂くなら・・・

 星飛雄馬ではありませんが、私の父は、日本一のドカチンだったと誇りに思っています・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年5月15日 (木)

お知らせ…

私事なので、詳しくは語りませんが、身内に不幸が起きたため、明日以降のブログの更新は無期限で休ませていただきますm(__)m


今の時点で再開の予定はたっていませんが、月が替わったあたりから、ぼちぼち再開させていただこうかなと思っています…(^^ゞ

皆さま方には、ご心配をおかけすることになってしまうかもしれませんが、そのようなわけで、コメントをいただきましても、レスをお返しできないかもしれません。

悪しからず…m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

サプライズ

 日本サッカー協会は、開幕一ヶ月前となる12日、ワールドカップ
ブラジル大会のメンバー23選手を発表した。

 

 多くの報道陣が詰めかける中、ザッケローニ監督は淡々と選手の名前を読み上げた・・・

 と、一際会場がどよめくシーンがあって、それは大久保の名前が読み上げられた直後だった。

 多くのマスコミは、今のザッケローニ体勢になってから一度しか招集されていない大久保の選出を「サプライズ」と評したが、辛口で知られるセルジオ越後氏は、日刊スポーツの紙面でサプライズでもなんでもないと切り捨てた。

 氏が語るには、『去年のJリーグの得点王で、今年も8点取っている。現在の調子からみたらサプライズでも何でもないよ。
 逆にプレミアリーグで無得点の香川や、Jリーグでわずか1得点の柿谷が選ばれたことの方がサプライズじゃないか』とバッサリ!

 私も、しごくもっともなコメントだと思いました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 別に、セルジオ氏が好きなサッカー解説者だからとかいうわけではなく、客観的に見ても、今絶好調の大久保を代表に選ばない理由は見つかりませんもの。

 

 日本のマスコミは、往々にして横一線の報道が好きなようだけれど、今回の件にしても「大久保の選出はサプライズ」と各紙が報じる中、誰に臆することもなく「サプライズではない」と堂々と持論を述べる姿勢がいかにもセルジオ氏らしくていいなぁと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 いわゆる一匹狼的な ・・・ というワケではありませんが、周りの意見に流されることなく、キチンと自分の意見を言うあたりに、氏の解説者としての気概とプライドを感じますし、そういう点が私がセルジオ氏を好きな理由です (^^)v

 以下同文とか、右に同じというコメントを言うだけなら、誰にだって解説者は務まりますよ (^◇^) 。。。ケラケラ

 世のマスコミ連中は、セルジオ越後のツメのアカでも煎じて飲んだらいかがかと思う次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月14日 (水)

大金星

 平幕の遠藤が、新横綱の鶴竜に土を付けました ヽ(^◇^*)/

 

 なんというか、先場所のリプレイを見ているようで、違ったのは土俵際に追い詰めた最後の最後に詰めを誤らなかったという事かな (^^)v

 先場所は、初日に鶴竜と当たり、立ち合い鋭くイッキに俵まで押し込んだが、経験に勝る鶴竜にうまく叩き込まれて逆転負けを喫した。

 

 今場所も、先場所を彷彿とさせる鋭い当たりから土俵際まで鶴竜を押し込み、同じように鶴竜に叩き込まれたものの、前への勢いが勝り、一瞬早く鶴竜が先に落ちていった o(*^▽^*)o

 このあたりが、遠藤の非凡なところなのだろう・・・

 先場所の黒星をしっかりと反省し、今場所の金星に結びつけた (^^)v

 

 取り組み前のインタビューで、お客さんには成長した姿を見てもらいたいと語ったそうですが、成長した姿はマゲを結った点だけでなく、実力的にも一皮剥けた感じですね o(*^▽^*)o~♪

 今場所、前頭の上位に座っていますが、この地位でどれだけ活躍してくれるのか、ほんとうに楽しみです p(^_^)q ワクワク

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

記念弾

 昨日行なわれた、ロッテ vs ソフトバンクの一戦で、ソフトバンクの松田が涌井から放った先制2ランは、プロ野球通算の9万5000号となったと報じられた。

 

 この試合、もちろん私も千葉テレビで観戦していたんですが、バックスクリーンへ放り込む見事なホームランでした ヽ(^◇^*)/

 HRの後、ゲーム中にプロ野球通算9万5000号だという事がアナウンスされたのですが、プロ野球でホームランの記録を残せるだけでも凄いわけですが、こういう区切りの一発に当たるというという事は、やはりスター性を持った選ばれた人だという証しだと思います。

 

 ちなみに、5000号刻みの記念弾ですが、最近でいえば・・・

 75000号 ボーリック(ロッテ)  01年4月20日
 80000号 ペタジーニ(巨人)   03年9月14日
 85000号 フェルナンデス(楽天) 06年8月11日
 90000号 ブラウン(西武)    10年4月4日

 ・・・と、4人連続で外国人選手が決めており、日本人が区切りの一発を放ったのは、

 70000号 駒田(横浜)      97年9月9日

 以来の事になるそうで、実に17年ぶりの事です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 駒田も、「満塁男」として名を馳せましたが、松田だって素質やスター性では負けていないので、いずれそういう「異名」を冠するバッターになる可能性は大です(苦笑)

 ただ、それぞれの記念弾が出る間隔がだんだん長くなっているのはどうしたわけだと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 70000号~75000号  約3年半
 75000号~80000号  約2年半
 80000号~85000号  約3年
 85000号~90000号  約3年半
 90000号~95000号  約4年

 報道のように「飛ぶボール」が使われるようになったのなら、逆に短い間隔で記念弾が出るようにならなきゃおかしいように思うのだが、そうはなっていない・・・ (?。?)

 もしかして、選手のレベルが落ちているのか、あるいは広い球場が増えてきたからHRが出にくくなったからなのか・・・

 いずれにしても、10万号の記念弾もいずれ出るのは間違いないわけですが、こういう状況だと2018年のシーズン中くらいになるのかな(苦笑)

 

 ちなみに、こういう区切りの数字で連想するのは、ディズニーランドなどに代表される来園者数なんかですが、ニュースなどでも報じられることのある「○○万人目の来場者」というもので、最近でいえば、世界文化遺産に登録される見通しとなった群馬県富岡市の「富岡製糸場」が、一昨日、200万人の来場者を突破したとして、200万人目の会社員一行に記念品が贈られたそうですが、これも厳密にカウントしているわけではなく、その数字に近くなると、話題になりそうな客を選んで発表するというハナシを聞いたことがあります。

 あくまでも「ウワサ」の域を出ない不確かな情報ですが、私はけっこう信憑性は高いと思っています。

 そりゃそうですよね、どうでもいいような目立たないお客より、親子連れみたいな幸せそうな一行を選んで「○○万人目」とか言った方が、ニュースバリューはありますから (^◇^) 。。。ケラケラ

 キチンとカウントしていなくても、だいたいの目安にはなりますから、関係者達は話題性のある来場者に白羽の矢を立て、○○万人目と発表するのはもっともなことだと私は思います。

 野球のホームランやサッカーのゴール数などは、キチンとカウントされますから誤魔化しようがありませんが、入場者数なんて誰が数えているわけでもありませんから、どのようにでも発表できるだろうと思うので、関係者の発表を鵜呑みにするしかありませんからね(苦笑)

 

 何はともあれ、ヒイキのチームの選手が名前を残してくれて有り難いなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 松田クン、おめでとう ( ^-^)o-o<※ ☆ パンッ☆彡

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月13日 (火)

時代劇

 6年ほど前にも「山田順子」という記事を書いて、時代考証について語ったことがあります。

 その時にも述べたので、今日の記事の大部分は繰り返しになってしまうわけですが、相変わらず時代劇好きの私ですから、いろいろと思うところもありまして、今日の記事になったわけです (^_^ゞポリポリ

 

 現代劇と違い、時代劇の場合は当時の風習やしきたりなど、今とは生活様式がずいぶんと違うので、映像として再現する際に、いちいち時代考証家が口を挟むというか、アドバイスをするのが常です。

 ことばの言い回しから始まって、服装や動作などはもちろんのこと、登場する人物達の関係や背景まで、史実を基にしてそこそこ違和感の無いように作品を仕上げるためです。

 

 この、「そこそこ」が大事でして、やり過ぎて「完全」に再現したりすると、逆に作品を壊してしまうことにもなりかねません (^_^;
 何事も、過ぎたるは及ばざるがごとし・・・です (^◇^) 。。。ケラケラ

 第一、完全に再現された映画やドラマなんて、おそらく違和感有り有りで、ストーリーなどアタマに入ってこないんじゃないかと思えてなりません(苦笑)

 

 映画やドラマは「作り話」なワケですから、そこには脚本家や監督などによるフィクションや演出はもちろん、「ウソ」もあって当然ですし、それがあるからこそ、「娯楽」として楽しめるのだと思います。

 「水戸黄門」だって、主人公の徳川光圀は全国を旅したことは無いはずだとか言い始めたら、作品そのものが成り立たないことになってしまいますよ (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

 そういう「史実」は事実として脇に置いておき、作品には「ある程度」反映されていればそれでいいんじゃないかと、時代劇好きの私なんかは思う次第です。

 

 ところで、「時代劇」ということばですが、いったいいつぐらいから「時代劇」の範疇に入ると皆さんはお考えですか?

 マゲを結って刀を差した侍がいた時代を描いた作品は、もちろん「時代劇」だと思いますが、では、幕末の志士たちが活躍した江戸時代末期を描いた「竜馬がゆく 」のような作品は時代劇でしょうか。

 薩長を始めとした志士たちが興した明治時代を描いた「坂の上の雲」のような作品は時代劇に入るのでしょうか。

 さらに時代が下って、大正とか戦前の昭和の時代を描いた「二つの祖国」「大地の子」のような作品はどうでしょう。

 あるいは、戦後の復興期を描いた「ALWAYS 三丁目の夕日」は、時代劇と言えるのでしょうか。

 

 それぞれにご意見はあると思いますが、平成生まれの人達にとっては、昭和の時代を描いたドラマは、生まれる前のコトで全く知らない世界ですから、侍が登場する「時代劇」と同じに思えても仕方のないことで、もしかしたら「ALWAYS 三丁目の夕日」も彼等にとってはりっぱな時代劇なのかもしれませんね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 そう考えれば、何も侍が登場しなくても、「時代劇」と呼ぶべき作品はたくさんあるのかもしれません。

 

 個人的には、戦前・戦中辺りまでの作品は、私が生まれる以前の世界ですから、全て時代劇だと思っています。

 つまり、戦後を描いた作品辺りから、現代劇と呼べるのではないかと・・・ (^_^ゞポリポリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月12日 (月)

ちょんまげ

 昨日初日を迎えた大相撲の夏場所ですが、話題の中心はやはりマゲ姿の遠藤でしょうか (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 昨年の春に、幕下付け出しで角界デビューした遠藤ですが、あまりの出世の速さにマゲが追いつかず、ずっとザンバラ髪で通してきたわけですが、今場所始めてマゲを結って土俵に上がりました。

 マゲを結ったとはいっても、関取としての象徴である「大銀杏」はさすがにムリで、「ちょんまげ」姿だったワケですが、遠藤が童顔であるだけに、凛々しいというよりはむしろ、なんとも可愛らしく見えたというか・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 まぁ、もう少しすればもっと髪が伸びて、りっぱな大銀杏が結えるのでしょうが、私自身は角界における「マゲ」「マワシ」の否定論者であり、あんな時代錯誤的なシロモノは即刻廃止するべきだと思っています。

 第一、相撲を取るのに、どうしてマゲを結う必要があるのでしょう。
 あんなモノ、大仰なパフォーマンスに過ぎず、なんとなく大相撲は古来より行なわれてきた、伝統ある格式高いモノだとでも言いたげで、言うなれば協会側の見栄かハッタリの類でしかないと私は考えています。

 同じく、マワシについても、あんなモノをしているから大相撲はいつまで経っても奇異の目で見られ、角界は特殊な世界だと思わせてしまうのですよ (ノ_-;)ハア…

 レスリングのように、パンツを履いて、その上にベルトをすればいいだけのことではないですか (*^.-^*)♪

 

 今、角界はモンゴル勢を始めとする海外出身の力士達に席巻されつつあります。

 なぜこんな事態に至ってしまったのか・・・
 なぜ日本人力士達は外国人力士達に適わないのか・・・

 私は、その大きな理由の一つが「マゲ」と「マワシ」にあると考えています。

 

 あんな夢のないスタイルでプレーしなければならないから、子ども達が力士になろうと思わないのだと。
 事実、わんぱく相撲で活躍した小学生達も、中学生、高校生になると相撲を止めてしまう子が多いんだそうで、その一番の理由が人前でお尻を晒すのが恥ずかしいというモノです。
 そりゃそうですよね、思春期を迎え、色気づいてきた男の子が、好きな女の子の前でマワシ一つで相撲を取るなんて、考えただけで赤面ものです (;^_^A アセアセ・・・

 これが、レスリングみたいなユニフォームを身に付けられるとしたなら、相撲を続けてみようかと思う男の子も増えるのではないでしょうか。

 何事も、スポーツの普及のためには底辺の拡充は欠かせないわけで、そうやって敷居を極力低くして相撲の競技人口を増やしていかないことには、プロとして成功する力士も限られてくるだろうと私は考えています。

 

 外国人力士達も増えてきたことですし、そろそろ、角界も脱皮して変っていく時期にさしかかっているのではないでしょうか。

 アマチュア相撲はともかくとして、少なくても「大相撲」はスポーツではなく、興業ですから、世界に向けても「大相撲」ではなく、「OZUMO」としてアピールしていくことが、これからの協会の大きな仕事ではないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月11日 (日)

リユースショップ

20140510003 20140510004

 

 写真は、千葉県の旭市内で撮ったもので、「セカンドストリート」という名前の大型リユースショップです。

 「リユースショップ」という名前に馴染みの無い方でも、「リサイクルショップ」という名前ならご存じだと思います。

 

 実は、7年ほど前にも「リサイクル」という記事を書いて、リサイクルショップを批判したことがあります。

 リサイクルをしていないにも関わらず、リサイクルショップと名乗っているのは、看板に偽りありではないかという趣旨の記事でした。

 

 それはともかくとして、やっと「リユースショップ」という名前で看板を上げているお店を見つけ、嬉しくなっている私がいます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 家具や家電品、あるいは洋服や食器など、一度使用された中古品を販売しているお店が巷には数多くありまして、そういうお店が「リサイクルショップ」と一般的に呼ばれているのは周知の事実ですが、古紙回収業者とかならともかく、リサイクルをせずに単に再販をしているお店を「リサイクルショップ」と呼ぶことについては、私はかなり以前から違和感を感じていました。

 セカンドユースの品物を販売するのなら、「リユースショップ」と呼ぶのが、より正しく業態を表わしているのではないかというのがその理由です。

 

20140510002 20140510001

 

 最近、街中で見かけるようになったこの「セカンドストリート」なんですが、確かに看板に「リユースショップ」と書かれていたはずなんですが、佐倉のお店には「リユースショップ」ではなく、「リサイクルストア」と書かれていて、ナンだかなぁと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 やっぱり、「リユースショップ」では、客に対するアピール度が低いと思ったからなのでしょうか・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 もう、いい加減に「リサイクルショップ」という呼び方は止めにして、中古屋さんは「リユースショップ」で統一したらと思うんですがねぇ・・・ (__;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月10日 (土)

大合唱

 関東では、田植えもほとんどの場所で終わり、千葉県内などはけっこう田園風景が多いところなので、車であちこち走っていても心が和むというか・・・

 

 もともと、山奥の農村で生まれ育った私なので、山とか田んぼとかを見ていると落ち着くんですよね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 そういう意味では、千葉県というところは、私にとってはとても暮らしやすいというか、決して高くはありませんが「山」が在って、成田からなら車で一時間も走れは「海」も在って、そこここに田んぼや畑が在ってと、都心に近いワリには自然がいっぱいで、なおかつ気候も温暖でと、私にとってはまさにパラダイスそのものです (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 それはさておき、昨夜、埼玉県の草加市から成田に帰宅する際に、柏市内の田園地帯を車で走っていると、窓越しに蛙の大合唱が聞こえてくるじゃありませんか o(*^▽^*)o~♪

 ゲコゲコ、ガーガーと、あちらからもこちらからも、蛙の鳴き声が賑やかに聞こえてきて、さながらコンサートホールで合唱を聴いているような感じでしたよ(苦笑)

 私なんかは、子どもの頃から蛙の大合唱を当たり前のように聞いて育ってきたので、うるさいとか思うよりも、なんとなくホッとするというか (;^_^A アセアセ・・・

 昭和40年代頃から農家では農薬を使って稲を育てるのが一般的になり、それまで普通に捕れていたドジョウや虫たちが激減してしまいましてね、それでも蛙たちは毎年ふ化して生き続け、夏には大合唱を続けてくれました・・・

 まったく、蛙たちの生命力といったら、凄いんものなんだなと・・・ (^^ゞ

 

20140511002 20140511001

 

 桜の花もすっかり散ってしまって、道路脇にはツツジやアヤメ、藤の花などを見かけるようになって、もう少しするとアジサイなんかも咲き出すんでしょう。

 春も過ぎ、季節は初夏へと遷ってきたようで、寒いのが苦手な私には、とても良い季節になってきました (^^)v

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年5月 9日 (金)

母親の歌

 5月の第2日曜が「母の日」という事で、今週はラジオでも母の日を意識した選曲が目立ちます。

 

 そんな中、私のお気に入りの番組の一つである、NHK-FMの「歌謡スクランブル」の今週のテーマは「かけがえのない人へ」という事で、月曜日はお母さん特集でした。

 以下に、月曜日のプレイリストを列記します。

 

 「かあさん」 (水前寺清子)
 「かあさん日和」 (氷川きよし)
 「おふくろの子守歌」 (五木ひろし)
 「東京だョおっ母さん」 (島倉千代子)
 「東京だより」 (三船浩)
 「ご機嫌さんよ達者かね」 (三橋美智也)
 「お袋の袋」 (橋幸夫)
 「かあさんの詩」 (三山ひろし)
 「かあちゃん」 (島津亜矢)
 「母ごよみ」 (原田悠里)
 「母ひとり」 (小林幸子)
 「うさぎ」 (森進一)

 

 まぁ、こんなふうに曲のタイトルを並べても、皆さま方には馴染みがないのでよくおわかりにならないとは思いますが、今日語りたいのは上の作品についてではないのでご安心を・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 こんなリストを挙げるまでもなく、母親のことを歌った作品は非常にたくさんありませんが、そのワリには父親のことを歌った作品はそれほど多くはありません (^^;

 先日、総務省かどこかで調査した結果によると、父親と母親、どちらを尊敬しているかみたいなアンケートでは、やはり母親側に軍配が上がったようで、もちろん父親と答えた若者も少なくなかったんですが、「どちらとも言えない」とか「どちらも尊敬している」みたいな選択肢は最初から無く、「どちらかといえば○○」という二者択一の質問だったので、より母親側に票が集まったようです。

 私自身も、どちらかといえばと問われれば、やはり母親ということになるのかな (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 なんというか、男親って、つくづく損な役回りですねぇ(苦笑)

 

 ところで、母親の呼び方についてですが、上のタイトルにも、「かあさん」、「おふくろ」、「かあちゃん」などの名前が挙がっていますが、他にも、「ママ」とか「おかん」とか、地域とか世代によっても様々な呼び名があります。

 皆さんは、ご自分の両親のことをどのように呼んでいらっしゃるのかわかりませんが、私の場合はずっと「とうちゃん」と「かあちゃん」です (^_^ゞポリポリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月 8日 (木)

起床

 「春眠暁を覚えず」とは、よく言ったもので、なかなか寝床から抜け出せないことも多い今日この頃ですが、先日、ラジオで興味深いハナシを聞きました。

 中学生になった息子が、朝なかなか起きてこないので、毎朝起こすのがたいへんという事で、何かいい方法はないかというリスナーからのメールが読まれ、スタジオ内から様々な声が上がったのですが、私なんか直ぐに、そんなの放っときゃいいだろうがと思いました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 起こしても起こしても、なかなか子供が起きないというのはよく聞くハナシですが、だからといって、どうして起こしてやらなければいけないんでしょうか・・・ (?。?)

 手前ミソで恐縮ですが、私は50余年の人生で誰かに起こしてもらったという記憶は一度もありません。
 子どもの頃から特に目覚まし時計などを使っていたわけではありませんが、だいたい家人が起きだして何かを始めると、小さな家でしたから気配を感じて起き出したものです (^^ゞ

 

 下宿暮らしを始めて、独りで寝起きするようになってからも、都内のアパートで独り暮らしをするようになってからも、枕もとに置いた目覚まし時計で目覚めるのが常でした。

 

 だいたい、誰かに起こしてもらわないと起き出せないなんて、誰かに甘えている証拠でしょ。
 そんなの、放っておかなきゃダメですよ q(`o')ブー!!

 

 そうはいっても、起こさないことには遅刻してしまうとおっしゃるんでしょうけど、遅刻したならしたでいいじゃないですか (^◇^) 。。。ケラケラ

 こういう人種は、少しくらい痛い目にあわなければ気がつかないタイプだと私は思いますから、学校に通っている間に自分で起きなければダメなんだということを、十分に自覚させてやる必要があります。

 だいたい、学校に遅刻しても誰に迷惑をかけるワケじゃなし、自分が損するだけですから、起きたくなければ放っておけばいいと私なんかは思っています。

 

 学校に通っている間に遅刻はいけないことだとわからせないと、社会人になってからも遅刻を繰り返すようになります。
 私は常々、時間にルーズなヤツはダメな人間だという持論を持っていますから、オトナになっても平気で遅刻を繰り返すような輩は、基本的に信用しないことにしています。

 学生時代と違って、社会人になってからの遅刻は、本人だけの問題では済まないのが普通ですから、遅刻をすることによって同僚や取引先など、周囲にも大きな迷惑をかけているんだということを自覚できないような人間は、社会人として・・・というよりも、人間として失格だと私は思っています。

 

 子供のうちなんて、そういう基本的な事を躾けるいい機会だと思うのですが、毎朝毎朝子供を起こしているようでは、自らそういう子育てのチャンスを放棄しているようなものだと私は思うのですがねぇ・・・ (ノ_-;)ハア…

 そもそも、自分から起き出そうとしない人間が、誰かに起こしてもらったからといって、すんなり起きてくるとは、私にはどうしても思えないのですが・・・ (_ _)ノ彡☆ギャハハ!!! バンバン!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月 7日 (水)

GWを振り返る

 今年のGWも終わり、私は今日から仕事です (^^)v

 

 自営で運送屋をしている私は、祝日だからといって休めるとは限らず、例年はポツポツと仕事を依頼されるのが常で、浮ついた世間をよそに、運転席の中で過ごすことが多かったんですが、今年は4月26日のGW初日からピタッと電話が止まり、昨日までの11日間を本当にのんびりと過ごさせて頂きました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 といっても、まったく仕事をしていなかったわけでもなく、5月の1日と2日だけは仕事をしたわけですが、これもGW前から依頼されていた仕事で、それ以外は完全に休みでした。

 まぁ、自営なワケですから、仕事が休みということは収入が無いというコトで、決して喜ばしいことではないんですが、昨年までの私とは違い、けっこう余裕でGWを楽しみました (^_^ゞポリポリ

 

 昨年までの私ですと、自分の顧客は持っていませんでしたから、同業者からのおこぼれの仕事を回してもらっていたワケで、仕事があるのか無いのかはその時次第で、何日も仕事が無かったことも少なくありません (;^_^A アセアセ・・・

 さすがにそんな時には胃が痛くなるとまではいかないまでも、精神的にまいってしまう事もあったんですが、今は自分の顧客がありますから、ある程度仕事が読めるので、依頼が無くて休みになったとしても、昨年までのような焦りのようなものを感じることはありません。

 今まではとにかく面倒な事が嫌いで、自分の顧客を持つことを極力避けてきたんですが、仕事を回してもらっている仲間達からは、「自分のお客を持つと、同じ仕事をしていても、もらい仕事をしていた時とは全く違うよ」とよく言われてきたんですが、その意味がよくわかりました (^^ゞ

 

 休みの間は、好きな野球をネット中継でしっかりと楽しませて頂きました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 もちろん、愛するソフトバンクホークスの試合を中心に観戦したわけですが、それまでとは打って変わって、しぶとく勝ち続けるホークスに、狂喜しました (^◇^) 。。。ケラケラ

 このGWの間の成績ですが、7勝3敗と絶好調で、ゲーム差こそありませんが、勝率の差で首位に立っています ヽ(^o^)尸

 

 そして、もろもろの事情で会えずにいた旧友達との再会も2年ぶりに果たせましたし、今年のGWは私にとってはこれ以上ない充実したものになりました (^^)v

 

 さぁ、気力も体力もしっかり満充電できたところで、今日からバリバリ働くぞっと o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月 6日 (火)

秋葉原

 AKB48の活躍でも知られているように、「アキバ」という地名がいつの間にか一人歩きし始めたんじゃないかと思う今日この頃です・・・

 

 「アキバ」とは、言うまでもなく「秋葉原」を指すことばなワケですが、「秋葉原」といえば私なんかには「電気の街」というイメージしかなくて、大きな家電店はもちろんのこと、路地裏に至るまで様々なパーツなどを売っている専門店が軒を連ねているところであり、そういうところに足を運ぶ人というのは、ある種の「マニア」で、私もかつては暇を見つけてはアキバ通いをした口です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ところが、いつの間にか「アキバ」に集う「マニア」の客層が様変わりしてきたというか、マニアはマニアなんですが、電気関係のマニアではなく、アニメやコスプレのマニア・・・というか、ハッキリ言って「オタク」と呼ばれる風変わりな嗜好の若者が増えてきました・・・ (__;)

 いったい、いつから秋葉原は「電気街」ではなくて、「アニメの街」になってしまったんだろう・・・ (ノ_-;)ハア…

 それでも、ネッ友さんのお一人は今でも足繁くアキバ詣でをして、様々な掘り出し物をゲットしているようですが、私は千葉に住むようになってからはアキバに足を運ぶことは無くなってしまいました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ところで、「アキバ」という地名ですが、「秋葉原(あきはばら)」を短く省略したものだと思っている方がほとんどだと思います。
 もちろん、私自身もそのように思っていたのですが、意外と「あきはばら」という本来の読み方よりも「あきばはら」という誤読の方が正解なのかもと思うようになった私がいます (^_^ゞポリポリ

 秋葉原という地名は、元々は「あきはばら」ではなく「あきばはら」と読まれていたといいますし、現在のように「あきはばら」と呼ばれるようになったのは、明治になって鉄道の駅が作られた際に、当時の国鉄職員が読み方を知らなかったために、「あきはばら」と誤読して付けてしまった駅名がそのまま一般に広まってしまったのだという説もあります。

 かようなハナシを聞いてから、「秋葉原」を「あきばはら」と読むのは、間違いだとは言えなくなってしまったからです (;^_^A アセアセ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月 5日 (月)

会津帰省記 14GW編

 このGWを利用して、会津に帰省してきました。

 

 帰省の一番の目的は、久しく会っていない友人達との旧交を温めることです (*^.-^*)♪

 まぁ、簡単に言えば、お酒を飲んで語り合い、その後カラオケに流れて歌を歌うことなんですが、今回は珍しくボウリングもやりました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 カラオケBOXとボウリング場が同じ建物内に入っていたので、思いつきでやる事にしたんですが、しこたまお酒を飲んだ後だっただけに、それぞれのスコアも散々でした (^◇^;)
 もっとも、スコアが良くないのは、決してお酒のせいだけではありませんがね (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 ・・・という事で、以下は、折々に撮影してきた写真です。

 

20140505009 20140505001

 

 雪深い奥会津とはいえ、さすがに今時分に道路に雪があるなんて事はありませんが、それでも山間部などの道路脇にはまだまだけっこうな量の雪が残っていました。

 写真は、会津若松市内から私の実家の在る村へと通じる国道401号線の「博士峠」付近の様子なんですが、まだこれだけの量の雪が見られました。
 この道路は、冬期間の約半年、除雪を行なわずに閉鎖されてしまいますが、毎年GWを間近に控えた4月中には除雪を完了し、通行が可能になります。

 

20140505002 20140505012

 

 関東ではすでに桜は時期を過ぎましたが、栃木県から県境を越えて、福島県の会津地方へと入って行くと、ご覧のように見事な桜を見ることができ、会津若松市内などは葉桜になってしまっていましたが、山間部などの高所では満開のところも少なくなかったです。

 

20140505011 20140505003

 

 北国の特色の一つに、春には一斉に花が咲くというのがありまして、今回の会津帰省中にも、梅と桜はもちろん、水仙や芝桜、コブシ、ハナミズキなど、普通なら開花の時期が微妙に違う花たちが道路脇で咲き競っているのを普通に見かける事ができておもしろかったです。

 桜も、一般によく知られているソメイヨシノの他に、八重桜、しだれ桜、ヤマザクラなど、いろんな種類の桜がこれ見よがしに咲き誇っていました。

 右側の写真は、帰り道に大内宿に向かう道筋で見かけた「戸赤の山桜」で、山桜には親しんでいる私も、正直これほど見事な山桜を見たことはありません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20140505004 20140505005

20140505006 20140505007

 

 最近は、会津に帰省した時には「大内宿」に立ち寄って食事をしてくるのが恒例となりました (^_^ゞポリポリ

 平日はともかくとして、日曜祝日には関東方面などからもたくさんの観光客が押し寄せるようになった「大内宿」ですから、昨日も快晴で暑いくらいの陽気の中、大勢の観光客で賑わっていました。

 この日も、私らのお気に入りの「山本屋」さんで美味しい蕎麦とイワナを食べてきました o(*^▽^*)o~♪

 

 最後に、大内宿で見かけたマイカーの渋滞の様子を撮影した動画を貼り付けます (^^;

 大内宿の駐車場を前に、延々と並んだ車の列なんですが、日曜祝日の大内宿はいつもこんな感じのようです。

 

 

動画では、見える範囲しか写っていませんが、車列は後方にまだまだ長~く続いているはずで、1~2kmくらいの渋滞は当たり前で、ひどい時には大内宿の入口となる国道121号線の辺りまでつながってしまうこともあるようです (^^;

 もちろん、ジモティの一人と自負している私ですから、こういう渋滞とは無縁で、スムースに大内宿へと入って車を停め、目的の山本屋さんで食事をし、帰ってきましたがね (^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月 4日 (日)

ソムリエナイフ

 発泡酒を含む「ビール」をこよなく愛している私が、「ワイン」を飲むことはほとんどないんですが、家内は大のワイン好きとあって、よく飲んでいます (^◇^) 。。。ケラケラ

 そんな家内の必須アイテムの一つが「ソムリエナイフ」です。

 

20140503004

 

 ワインのフタとして広く使われているコルク栓は、慣れないと抜くのがけっこう難しかったりしますから、様々な形をしたワインオープナーが作られ、それぞれに愛用者がいるようです。

 家内も、これまでにいろいろと試してみたようですが、長くウイング式のオープナーを使い、その後はソムリエナイフに落ち着いて今に至ります。

 

 そんなワケで、手に馴染んだ愛用のソムリエナイフを持っていたわけですが、毎晩のように使うモノですから、いつの間にかガタが来て、使いにくくなったというので、先日 Amazon から新しいソムリエナイフを購入しました。

 もちろん、お店で買うという選択肢もあったわけですが、成田辺りではホームセンターくらいでしかそういう道具を売っているところを知らず、これまでにも売り場で探してみたことはあったんですが、どうにも家内の目に適ったソムリエナイフを見つけることができなかったモノで、いっその事、今回はネットで探してみようかと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20140503001 20140503003_2

 

 で、写真が Amazon で購入したソムリエナイフで、人気ナンバーワンという触れ込みだった、ガリバーのソムリエナイフ です (^^)v

 さすがにベストセラーというだけあって、家内も大満足の一品です o(*^▽^*)o~♪

 唯一の不満が、新しいからなのか、ナイフの部分が固くてね、引っ張り出そうとしてもなかなか動かないらしく、まぁ、使っているうちに馴染んでくるかなとは思っているようですが・・・ (^^;

 

20140503002  一緒に、業務用のワインボトル栓も買ってみました (*^.-^*)♪

 似たようなボトル栓は100均やホームセンターなどでも売っていて、これまでにも何度か購入したことがありましたが、価格が価格なだけにチャチくてね、直ぐに壊れてしまい、正直使い物にはなりませんでした。

 で、「業務用」と書かれたシロモノがどの程度のモノなのか、試しに使ってみることにしました (^^ゞ

 はたして、どんなもんですかね・・・(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月 3日 (土)

負け犬

 J2のリーグ戦が開幕してから、早いものでもう二ヶ月。

 ここまでに10節を消化したわけですが、早くも好調なチームとそうでないチームとの明暗がクッキリと分かれてきた感があります・・・ (^^;

 

 以下は、今現在の各チームの成績ですが、全勝のチームがある一方で、未だに1勝も挙げられないチームもあります。

 順位 チーム 勝点         得失点差

 1  湘  南 30 10勝0敗0分  27
 2  磐  田 20  6勝2敗2分  10
 3  長  崎 19  5勝1敗4分   8
 4  松  本 17  5勝3敗2分   5
 5  栃木SC 17  5勝3敗2分   5
 6  北九州 16  5勝4敗1分   0
 7  水  戸 15  4勝3敗3分   2
 8  札  幌 15  4勝3敗3分   1
 9  熊  本 15  4勝3敗3分   0
 10  福  岡 15  4勝3敗3分  -1
 11  大  分 15  4勝3敗3分  -2
 12  京  都 14  3勝2敗5分   2
 13  岡  山 14  4勝4敗2分  -1
 14  岐  阜 13  4勝5敗1分   0
 15  山  形 12  3勝4敗3分   0
 16  横浜FC 12  3勝4敗3分  -2
 17  千  葉 12  3勝4敗3分  -6
 18  愛  媛 10  2勝4敗4分  -1
 19  群  馬  9  3勝7敗0分  -7
 20  東京V  6  1勝6敗3分  -7
 21  富  山  5  1勝7敗2分 -16
 22  讃  岐  2  0勝8敗2分 -17

 

 そんな中で、私の愛するジェフ千葉ですが、どうにも調子が上がらないまま、ズルズルと敗戦を重ね、現在、4試合も勝利が無いまま、勝点1217位と、下位に甘んじているようなヤバイ状況です (ノ_-;)ハア…

 

 1節 3月 2日  栃木 ● 0-2
 2節 3月 9日  岡山 ○ 1-0
 3節 3月16日  東V △ 1-1
 4節 3月22日  長崎 ● 1-2
 5節 3月30日  熊本 ○ 3-0
 6節 4月 5日  水戸 ○ 2-1
 7節 4月13日  湘南 ● 0-6
 8節 4月20日  富山 △ 1-1
 9節 4月26日  讃岐 △ 1-1
10節 4月29日  磐田 ● 0-2

 

 J1から降格し、今年でJ2暮らしも5年目を迎えるわけですが、こんな調子では今年も昇格は夢のまた夢のような気がしてきました・・・ (ノ_-;)ハア…

 降格した当初こそ、直ぐにでもJ1復帰が叶うかななんて思っていた私だったんですが、毎年毎年J2の昇格レースから脱落してしまうのを見るにつけ、やっぱり今年もダメだったか・・・なんて、虚無感を伴った失望感を味わうのが常でしてね (;^_^A アセアセ・・・

 今シーズンも、こんな情けない成績が続くようだと、早々に昇格は絶望となってしまいそうでやり切れません・・・ (__;)

 

20140501001  奇しくも・・・というか、ジェフ千葉のマスコットキャラが秋田犬だからというワケでもないのでしょうが、いつの間にかすっかり負け犬根性が染みついたチームになってしまったようで、サポーターの一人としては悲しい限りです・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 さて、今日のザスパクサツ群馬戦では、5試合ぶりに勝利を挙げ、勝点3を上乗せできるか・・・

 ここで足踏みしているようだと、本当に負け犬になってしまいます (;^_^A アセアセ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月 2日 (金)

Internet Explorer

20140502001  マイクロソフト社は26日、 Windows に付属のブラウザ「Internet Explorer」に不具合があり、システムの脆弱さを狙った攻撃を受けていることを確認したと発表。

 これを受け、米国土安全保障省は28日、ハッカー攻撃にさらされる危険があるとして、「Internet Explorer」を使わないよう警告、代替ソフトの使用を呼び掛けたと報じられた。

 

 日本だけに限っても、 Windows を使っているユーザーは膨大な数に上り、そのほとんどがインターネットを利用しているわけですから、今さら「Internet Explorer」を使わないようにと言われてもどうしていいのかわからないという人が大半なのではないか。

 

 私自身は、「Internet Explorer」は使い勝手が悪いので昔から使っていませんが、メインで使っている「Lunascape」も、バックグラウンドでは「Internet Explorer」の機能を利用していますから、どこまで安全なのかわかりませんが・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 最近では、「Lunascape」と併用して「Google Chrome」も利用していますが、これも「Internet Explorer」ほどではないにしても、私にとっては決して使いやすいブラウザとは言えません (^_^;

 

 ところで、「Internet Explorer」をメインのブラウザとして使っていないとはいえ、以前から悩まされている点がありまして、今でも敢えて「IE8」のまま、「IE9」以降の新しいバージョンにはアップデートしていない私がいます (^_^ゞポリポリ

 というのも、「IE9」以降になってから、このブログを書くのに使っている「ココログ」の、編集画面にログインして文章を書いている際に、「 」のように「スペース」を用いて改行し、行間を広くとろうとすると、スペースが「&nbsp;」という文字列に勝手に変換されてしまい、非常に具合が悪いのです。
 「IE8」までですと、そういう不具合は出なかったので、「IE9」になってから何か仕様が変ったのだろうと思うのですが、具体的にナニが変ったのかはわからないので、 Windows のアップデートの際にも「IE9」にはバージョンアップしないように気をつけています(苦笑)

 ただ、これまで使ってきた Vista 機までですと、アップデートの際にオプションの「IE9」をインストールしなければ済んだハナシなのですが、先日購入した Windows 8 機には、あらかじめ「IE10」がインストールされているので、この Windows 8 機ではブログの作成ができなくなってしまいました (;^_^A アセアセ・・・

 

 まぁ、かように、「Internet Explorer」に悩まされている人は、少なくないのかもしれませんな (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年5月 1日 (木)

成田からハワイへ

20140130009 20140130010

 

 写真は、先日東関道を走っていて見かけたリムジンバスです。

 「成田からハワイへ、夢のようなフライトを。」と車体には書かれていまして、このGW中にも成田からハワイへ行く人がたくさんいるんだろうなぁと思いながらやり過ごしました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 今時、ハワイだからといって特別な思いを抱いている方は少ないのかもしれませんが、1ドル=360円の時代を知っている私なんかにとっては、ハワイなんて遠いところに在る夢の楽園みたいなイメージが未だにあったりします (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 アベノミクス効果で円安になったとはいっても、今現在の円相場は、
1ドル=102円くらいはありますが、私が子どもだった頃は、円は固定相場制をとっていましたから、1ドルが360円という時代が長く続いていました。

 

 考えてもみてください、1ドルが360円ということはですよ、今よりも3分の1以下しか貨幣の価値がないわけですから、例えば海外旅行の渡航費として30万円かかったとすれば、当時のお金の価値にすると100万円以上の金額がかかっていたということですから、ただでさえ貧しかった当時の日本国民にとっては海外旅行は夢であり、ハワイでさえお金持ちか有名人でなければ行く事は適いませんでした・・・ (__;)

 それでさえ、海外旅行は船旅が一般的であり、飛行機を使って旅行に行くナンてことは、限られたごく一部の人達だけの特権でした。

 それが、半世紀後には誰でも飛行機を使ってハワイに行ける時代になるワケですから、時の流れというのはスゴイもんだと私なんかは思っています。

 

 今、アベノミクス効果で円安になり、日本の経済が好転したとか言っていますが、私は円安は国民の生活を圧迫するので、否定的な一人です。
 円安で恩恵にあずかれるのは、輸出で稼げるごく一部の大企業だけで、中小企業や一般の人達にとっては、経費や物価が上がって生活は確実に苦しくなるからです。

 現に、安倍政権になってから物価も税金も上がっており、正直なところ、一昨年よりも去年、去年よりも今年と、我が家の生活はだんだん苦しくなっていると感じています・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 もし、再び1ドルが360円なんて時代がやってきたとしたら、輸入大国の日本では、生活することはできなくなるんじゃないでしょうか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »