« 敗退 | トップページ | お中元 »

2014年6月27日 (金)

強力打線

 交流戦も終わり、今日からそれぞれのリーグ戦が再開します。

 交流戦の間は、同一リーグ間の対戦がありませんから、順位を維持するためにはひたすら勝ち続けるしか手はないんですが、そうは言っても世の中そう甘くはないので、ある程度の勝ち負けは付きもので、多少の順位変動はありますが、直接対決が無い分まだるっこしいというか・・・ (^_^;

 例年ソフトバンクは交流戦で順位を上げることが多く、今年も優勝までもう一歩と予想以上の奮闘をしてくれたんですが、対するオリックスもずっと好調を維持し続けているので、つかず離れずで0.5差の2位という今の順位にいてくれるのが正直有り難いなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 そんな今年のソフトバンクは、例年と違って投手陣は壊滅状態に近く、マトモな先発は中田とスタンリッジくらいで、頼みの摂津でさえピリッとしません (__;)

 それでも2位という位置にいられるのは、ひとえに強力な打線のおかげです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 1:糸井(オリックス)    .350
 2:柳田(ソフトバンク)   .330
 3:長谷川(ソフトバンク)  .328
 4:李大浩(ソフトバンク)  .314
 5:中村(ソフトバンク)   .308
 6:角中(ロッテ)      .296
 7:嶋(楽天)        .2914
 8:松田(ソフトバンク)   .2905
 9:栗山(西武)       .288
 10:鈴木(ロッテ)      .2863

 

 上は、6月25日現在のパ・リーグの打率ベスト10なんですが、ナンと、打撃10傑の中にソフトバンクの選手が5人も入っています (^◇^;)

 まぁ、セ・リーグでも、打率ベスト10を見れば、ヤクルトが4人、阪神が3人、中日が2人という状況ですから、パ・リーグの状況がことさら特別というわけではないんでしょうが、それにしてもスゴイ事になっているなとファンの一人として鼻が高いです (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 ここまで極端でないにせよ、昨年も長谷川や内川、中村などが高打率を誇り、打率ベスト10にも顔を出しましたが、今年と大きく違うのは4番の差です。

 今年は李大浩が4番にデ~ンと座り、しっかりと仕事をしてくれていますが、昨年までのソフトバンクは4番が固定できず、4番に座った選手の打撃成績も不安定でしたから、いくら塁上を賑わしても、4番で打線が切れてしまうという最悪の状況で、イマイチ得点が入らない試合が多かったんですが、今年は李大浩という大砲を獲得し、そういう悪い状況を抜け出しました (^^)v

 

 投手陣は、先発に限らず、抑えのサファテ以外は中継ぎ陣も不安定なんですが、それでもチーム打率 .287は12球団一を誇る強力打線ですから、打ち勝つ試合が多いのが今の順位を保っていられる大きな理由です。

 レギュラーシーズンに戻っても、投手陣がピリッとしない今年のホークスは、打って打って打ちまくるしか手はないわけですから、今日からの西武戦も、強力打線で摂津を大いに援護して頂きたいなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

|

« 敗退 | トップページ | お中元 »

野球を語る」カテゴリの記事

コメント

 打線がつながらず、敗戦。

 それにしても、チャンスに弱過ぎる本多を2番にするのは止めて欲しいです。牧田対策でもあったのでしょうが。

 結局、中村敬遠⇒本多勝負で、点が取れませんでした。

 本多の得点圏打率は2割前後ですからね~。大概、チャンスでポップフライです。

投稿: ナンカイ | 2014年6月28日 (土) 07:21

 ナンカイさん、どうもです (^_^)/

 やっぱ、私は本多は9番で使うのが一番いいかなと思っています。

投稿: 夢ピ | 2014年6月28日 (土) 14:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強力打線:

« 敗退 | トップページ | お中元 »