« ゴミ拾い | トップページ | 試験塔 »

2014年6月19日 (木)

空の駅「風和里しばやま」

     20140618005

 

 成田空港に近い国道296号線沿いに、空の駅「風和里しばやま」がオープンしてはや二ヶ月。

 「空の駅」とは言っていますが、よくある「道の駅」と実質的に変わりなく、24時間利用できる駐車場やトイレが設けられているのはもちろんのこと、農産物直売所やレストランなども併設されており、そこそこ賑わっています (*^.-^*)♪

 おそらく、空港の近くに設けられているので「空の駅」と名乗っているのだと思われますが、この施設の直近には、道の駅「風和里しばやま」も存在しますから、そちらとの区別を図ってわざわざ「空の駅」などと名乗っているのかもしれませんが・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

20140618003 20140618004

20140618002 20140618001

 

 それはともかくとして、この空の駅「風和里しばやま」には、チョッと変った展示物がありまして、それが写真の小型飛行機とモノレールもどきの車輌です。

 「空の駅」という名前からして、小型飛行機はわからないでもないんですが、下の車輌はどういう意味があるのか・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 実は、この車輌は成田空港内で実際に使われていたシャトルシステムの車輌という事で、第二旅客ターミナルの本館とサテライトとを結んで、海外旅行客を送り迎えしていたものです。

 私自身は海外旅行など一度もしたことがないので、こんな車輌が成田空港内を走っていたなんてちっとも知りませんでした (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 私は最初、モノレールかとも思ったんですが、施設の関係者にお話しを伺うと、そういうモノとも違う一風変った乗り物だったことがわかりました (^^;

 実はこの車輌、空気浮上式鉄道というものだそうで、車体の下から圧縮空気を吹き出して車体を持ち上げ、ワイヤーロープで引っ張って動かしていたそうです。

 こう聞くとケーブルカーの類かと思う方も多いと思いますが、実はこのシステムを製作したのは大手のエレベーターメーカーである「日本オーチス・エレベータ」という事で、日本で唯一の、横に動くエレベーターだそうです(苦笑)

 ですから、この車体も「車輌」というよりは、エレベーターの「カゴ」といった方が正確なのかもしれません (^◇^) 。。。ケラケラ

 

20140618006  ちなみに、成田空港に近い芝山町には、オーチスの工場が在ったりします (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 シャトルシステムを製作するためにオーチスを誘致したのか、オーチスが在ったからシャトルシステムの製作を依頼したのかは定かでありませんが・・・ (^_^;

 

 昨年の9月に、このシャトルシステムに代わって動く歩道が整備されたのに伴い、シャトルシステムは運行を終了したそうで、その車両を譲り受け、この敷地内に展示したんだそうで・・・

 そう考えると、感慨深いものがありますねぇ・・・

|
|

« ゴミ拾い | トップページ | 試験塔 »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

海外に一度しか行ったことないもんで、成田に空気浮上式鉄道というこんな車両があったとは全く知りませんでした。
横に動くエレベータとは、大変興味深いですね。
いつか機会があったら立ち寄ってみたいです。

投稿: メイの家 | 2014年6月21日 (土) 15:45

 メイさん、どうもです (^_^)/

 1Fと2Fが横に在ると考えればわかりやすいかも。
 通常は係員が操作するようですが、要は、本館とサテライトの二つのボタンがあって、それを押せば目的地まで箱が動くという仕組みだそうです。
 ケーブルに引っ張られて動くというのは、まさにエレベータそのものです。

投稿: 夢ピ | 2014年6月21日 (土) 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/59825735

この記事へのトラックバック一覧です: 空の駅「風和里しばやま」:

« ゴミ拾い | トップページ | 試験塔 »