« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月31日 (木)

新大関

 日本相撲協会は30日、関脇豪栄道の大関昇進を満場一致で決めたと報じられた。

 

 2年前の名古屋場所では、6人も居た大関陣ですが、まず日馬富士が横綱に昇進し、把瑠都琴欧州がケガから引退し、鶴竜も横綱になって、とうとう二人の日本人力士しか居なくなってしまった今、どうしても新しい日本人大関が欲しいという協会の台所事情もわからないでもないですが、先場所8勝7敗とやっとの事で勝ち越した事を考えれば、甘すぎる昇進だとお思いの方も多いと思います。

 ただ、私は今回の昇進はアリだろうと思っている一人です。

 確かに、直前3場所の成績が、12勝、8勝、12勝と、少々物足りない感は否めませんが、それでも14場所に渡って関脇の地位を守り通したという事実は大いに評価して余りあると思いますし、第一、2横綱、2大関を破った今場所の内容が光ります (*^.-^*)♪

 

 まぁ、苦言を申し上げるなら、大関と呼ぶには豪栄道は小粒すぎまして、身体も大きくありませんから安易な引き技も多く、それがために下位に対する取りこぼしも多いんですが、生来の負けん気が強いせいだと思うのですが、上位に対するここ一番の強さも見せてくれるおもしろい力士です(苦笑)

 個人的にはあまり好きではない力士ではあるんですが、もしかしたら「地位が人を作る」という言葉にもあるように、大関になって大化けする力士なんじゃないかとも思っています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 白鳳がまさにその典型で、まさかここまでの成績を残す横綱になろうとは誰も思っていなかったと思うんですが、横綱になってから大化けした力士の一人です。

 

 そうは言っても、最近大関に昇進した力士の多くがそうであるように、番付最上位の大関という地位に上り詰めた途端に、それまでのような破竹の勢いが消え、「大関」というステイタスを守る事に汲々としている力士があまりにも多いので、豪栄道もそういう情けない大関にならないという保証はないのですが、私は逆に大関になる事によって燃える方のタイプではないかと思っています (;^_^A アセアセ・・・

 好角家の期待というか、先入観を大きく裏切る豪栄道の今後の活躍を、私はけっこう期待しているのですが・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月30日 (水)

郡山市開成山球場

 昨日、プロ野球の公式戦である、楽天 vs ソフトバンクの試合が、
福島県郡山市の開成山球場で行なわれました。

 いわゆる、東北を本拠地とする楽天の、凖ホームゲームという事で、今日は山形県野球場で開催され、明日は本拠地である宮城球場に戻って開催されます。

 

 それはともかくとして、会津出身の私にとっても、この開成山球場は
とても懐かしい球場でして、喜多方高校時代にブラバンに籍を置いていた私にとっては、憧れの球場でもありました。

 高校野球の県予選が県内各地の野球場で行なわれますが、会津の高校はくじ運に恵まれないと、なかなか郡山の開成山球場まで勝ち上がる事は難しく、たいていは会津内に在る球場までしか応援に行く事は叶わないんですが、一度だけ開成山球場で行なわれた試合の応援に行き、スタンドから試合を観た事があります (*^.-^*)♪

 あいにく、試合中ににわか雨に見舞われ、負け試合だった事もあって、私らはずぶ濡れになりながらも半ばやけくそで楽器を演奏した記憶があります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 今となってはいい思い出ですが、夏場でしたから、濡れたワイシャツなども試合が終わる頃にはほとんど乾いてしまいました (^◇^;)

 当時と違い、大がかりな改装工事が行なわれたという事で、今はさらにりっぱな球場になったようですが、福島県の高校球児たちは、今もこの球場で熱い戦いを繰り広げているんでしょうね。

 

   20140730011

 

 ただ、昨日の楽天 vs ソフトバンクの一戦は、序盤こそ4-4と互角に渡り合ったものの、その後は膠着し、6回以降はソフトバンクのワンサイドゲームとなってしまいました。

 ホークスは先発全員安打の猛攻で19安打を放ち、10-4と大勝しました o(*^▽^*)o~♪

 

 これでチームは5連勝。
 貯金も、今年最多の19まで伸ばして、ガッチリと首位をキープです (^^)v

 

 いやぁ、今月は夢のような一ヶ月でした o(*^▽^*)o

 この勢いで今日と明日も連勝し、喜びのうちに7月を終えたいものです (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月29日 (火)

ウナギ

 今日は、「土用の丑の日」なので、ウナギにまつわる話題を一つ・・・

 絶滅危惧種にも指定され、著しく数が減少しているニホンウナギの代替品として、中国経由で大量に輸入されているヨーロッパウナギについて、中国政府当局が2015年2月以降は輸出を認めないとの意向を日本国内の業界関係者に伝えていると報じられた。

 

 このニュースを皆さんはどのようにお聞きになっているのだろう・・・

 当然の事ですが、来年以降はさらにウナギの価格が高くなり、庶民の口に入ることは難しくなりそうです。

 

 しかし、クジラの時にも思ったのですが、そんなに入手が難しいのなら、ムリをしてまでウナギを食べなくてもいいんじゃないかと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 そもそも、ウナギはとても高価な食材であり、川などから自前で調達できる人は別にして、日本人もめったな事では口にしていなかったご馳走だったはずです。

 それが、日本の国民は近年とても豊かになり、スーパーなどでも当たり前のように販売されるようになって身近な食べ物になりましたが、元々数が少ないわけですから、庶民の手には届かない「幻の味」になっても不思議はないんじゃないかと。

 

 私もウナギは大好きではありますが、無い物ねだりをしても仕方がないので、もうウナギは諦めましょうよ (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

ダッシュ!

 この週末、私の愛するソフトバンクホークスは、本拠地のヤフオクドームにオリックスを迎え、首位攻防の3連戦を行ないました。

 

 金曜日の時点で、両者の順位は、1位オリックス2位ソフトバンクです。
 その差は、1.5ゲームでした。

 つまり、2勝1敗で勝ち越しても、ホークスは首位には立てないというコトになります (^^ゞ
 ホークスが首位に立つためには、どうしても3タテしないといけないという事で、いやが上にも盛り上がった3連戦でした (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

   20140728001

   20140728002

   20140728003

 上が、3日間のスコアなんですが、苦しんだものの、見事にオリックスを3タテして首位に返り咲きました ヽ(^◇^*)/

 

 まぁ、こんなハナシは、ホークスのファンだから嬉しいだけで、そうでない方にとってはどうでもいい事でしょうが・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 この3連戦、中身の濃い戦いでしたから、語りたいことは山ほどあるのですが、土・日のデーゲームはあいにくの仕事で中継を観ることができなかったこともあり、正直なところ土・日の試合についてはほとんど語る事ができません (;^_^A アセアセ・・・

 それでも、見事な戦いをしてくれたホークスにはどうしてもナニか言いたくてね (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 今回の奪首を機に、リーグ優勝までダッシュで突っ走れ~

  ヽ(^o^)尸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

大相撲名古屋場所を終えて

 今日、大相撲の名古屋場所が千秋楽を迎え、横綱の白鳳が史上3人目となる30回目の優勝を飾って幕を閉じました。

 結果から言えば順当な結果という事になるのでしょうが、今場所は実に中身の濃い15日間になりました o(*^▽^*)o~♪

 

 まず、優勝した白鳳ですが、さすが大横綱という事になるのでしょうが、私自身はそのようには思っていません。
 ただ、これまでの優勝とは違い、周りの力士も相応に活躍しての優勝ですから、これはこれで価値ある優勝だったと思います。

 さすがに1強その他の状況を脱し、白鳳もあわや巴戦というところまで追い詰められましたから、今回の優勝は私も素直に喝采を贈りたいと思います。

 

 次に、カド番から一転して初優勝かと思わせてくれる活躍をした琴奨菊ですが、この人がどうしてここまでの成績を残せたのか不思議でなりませんが、まぁ、腐っても大関ですからねぇ、たまにはこのくらいの頑張りを見せてくれないことには存在感がありませんから、給料分くらいの仕事はしたのかなと (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 そして、関脇の豪栄道ですが、今日の一番に勝った事により、来場所の大関昇進が確定的になりました ヽ(^◇^*)/
 そこまでの印象を確定づけたのが、白鳳と鶴竜の二横綱を破った相撲でしょうか (o^∇^o)ノ
 日馬富士戦も、敗れたとはいえ大いに善戦しましたから、個人的には大関に上げてもいいなと思っていましたから、今日はテレビの前で応援していました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 最後に、次代の角界を担うと思われる遠藤と大砂嵐ですが、共に7勝7敗で迎えた今日の千秋楽、遠藤は勝って勝ち越しを決め、大砂嵐は敗れて負け越しとなりました・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 明暗を分けた感じの二人ですが、横綱大関陣と総当たりの地位に居た大砂嵐と、役力士とは全く対戦のない番付の遠藤とでは、単純に比較はできませんが、2横綱1大関を破った大砂嵐と、役力士との対戦が無いにも関わらず、辛うじて勝ち越した遠藤。
 どちらが好成績を残したのかは言わずもがなですが、来場所は二人とも上位陣と総当たりの地位に居るでしょうから、本当の勝負は来場所ですかね o(*^▽^*)o

 

 いずれにしても、秋場所の楽しみが増えました o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年7月26日 (土)

隅田川花火大会14

 20140726001

 

 今夜、恒例の「隅田川花火大会」が行なわれます o(*^▽^*)o~♪

 この模様は、毎年テレビ東京が生中継してくれるので、私ら夫婦はいつもテレビの前に陣取って観賞させて頂いています (*^.-^*)♪

 

20140726002  すでに家内が腕をふるって、晩酌のツマミを用意してくれました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 後は、18時半からの中継を待つばかりです・・・ p(^_^)q ワクワク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月25日 (金)

市川三郷町

 

 上は山梨県の地図で、甲府市の周囲を表わしているんですが、その中に「市川三郷町」という名前の自治体が在るのがおわかりになるかと・・・ (^^;

 

 20140723001

 

 別に、この自治体がどうのとかいう話題ではないんですが、私の住んでいる千葉県には「市川市」と、お隣の埼玉県には「三郷市」という名前の自治体が在りまして、この二つは別々の県に在りますが、実際には目と鼻の先に在りまして、私なんかは仕事なんかで通る事が多いので、よく知った名前です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 20140723002

 

 ご覧のように、間に「松戸市」を挟んではいますが、一番近い地点を測ると両者の距離は2kmチョッとしかありませんで、ほとんどお隣同士といっても過言ではありません。

 

 それはともかくとして、「市川三郷町」ですが、西八代郡の「市川大門町」「三珠町」「六郷町」が対等合併したことから、それぞれの町の文字をくっつけて「市川三郷町」としたワケですが、もともと、「三珠町」は三つの村が、「六郷町」は六つの村が合併してできた経緯があり、よくある事ではありますが、町村合併や区画整理などを経て地名が変更され、町名本来が持っていた歴史的な意味合いなどを失ってしまう典型的な例の一つだと思われます。

 

 これは、かつて銀行同士が吸収合併を繰り返した時、例えば、「太陽銀行」と「神戸銀行」が合併して「太陽神戸銀行」が誕生し、そこに「三井銀行」が合併して「太陽神戸三井銀行」となったものの、あまりにも長ったらしい名称だったので2年後には「さくら銀行」と改名し、その後、「住友銀行」と合併して「三井住友銀行」となって今に至りますが、現在の名称では「太陽銀行」も「神戸銀行」も歴史の中に埋もれて消えてしまった感があります (^_^;

 合併が悪いというわけではありませんが、どうしても元々持っていたはずの意味合いが薄くなり、消えてしまうのは避けられませんで、その辺りはなんとかならないものかと思う事がよくあります・・・ (__;)

 

 タイトルの「市川三郷町」も、旧三珠町の三つの村にお住まいだった人や、旧六郷町の六つの村にお住まいだった人には、かつての村の名前が恋しく思われる事ってないんでしょうかねぇ (;^_^A アセアセ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月24日 (木)

猿と鳥

     20140724001

 

 写真は、昨日運んだニホンザルです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 某市の霊長類研究所から、某大学の研究所まで運んだんですが、さすがにサルを運ぶのは初めてだったので、正直億劫だったんですが、今回のサル君は比較的おとなしかったので助かりました (^^ゞ

 経験者のハナシを聞くと、けっこう凶暴で、檻の格子から手を出して引っ掻くとか、ツバを吐きかけるとか、とにかく手こずるんだそうで・・・ (^◇^;)

 そういえば、日光辺りに生息する野生のサルに襲われている観光客の様子が時々テレビで紹介されたりもしますが、私もサルに対してはとにかく凶暴でやっかいな動物というイメージしかありません (^_^ゞポリポリ

 

20140724002_2 20140724006

 

 そして、霊長類研究所の敷地内で見かけた興味深いモノです (*^.-^*)♪

 左は、入口付近に立てられていた看板で、猿の絵と共に「あぶない ちかよるな」と書かれていました (;^_^A アセアセ・・・

 

 そして、サルを飼育しているからなのか、敷地内にはサルスベリの樹がたくさんありまして、時期柄、赤い花が咲いていました (^◇^) 。。。ケラケラ

 私は、百日紅の花を見かけ、職員達のユーモア溢れる心遣いに思わず笑ってしまいましたよ(爆笑)

 

     20140724005_2

20140724004 20140724003

 

 こちらは某パーキングエリアで見かけた鳥たちです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 特にどうという写真ではありませんが、早朝の閑散とした駐車場では、カラスとかハトとかの鳥たちが散らかったゴミをついばんでいました (^^ゞ

 こんなモノを飽きずに眺めている私も、相当なヒマ人という事です (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

梅雨明け

     20140723011

 

 気象庁は22日、関東甲信が梅雨明けしたとみられると発表した。

 

 今年の関東地方は、例年に比べると雨の日は少ないように感じられましたが、ゲリラ豪雨みたいな土砂降りもあったので、降水量自体は多かったのかもしれません。

 それでも、それほど雨の日が多かったようには感じなかったので、空梅雨ではなかったかと個人的には思っています。

 

 写真は、気象庁が梅雨明けを発表した午前11時直後の、都内日本橋上空の空です。

 スッキリと晴れていたわけではなく、なんとなく霞がかったようなぼんやりとした青空でした (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

非常事態

20140722002_2  写真は、先週末に茨城県の東海村まで仕事で行った際に立ち寄ったGSで給油した時のレシートです。

 レギュラーガソリンの価格が162円というコトで、ついに160円を超えたかと・・・ (ノ_-;)ハア…

 まぁ、関東でも最近は160円を超える表示を掲げているGSを見かける事は珍しい事ではなくなってきたんですが、さすがにそういうお店で給油するのは極力避けていたんですが、ガソリンタンクが空になってしまってからでは走れませんから、背に腹は代えられないというか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 

 

20140722003_2 20140722004_2

 【7月13日給油】      【7月19日給油】

 

 ちなみに、上は私がよく給油しているGSのレシートなんですが、前の週末には158円だった価格が、この週末には1円上がって159円になっていました (;^_^A アセアセ・・・

 

 しかし・・・

 いくらなんでもレギュラーガソリンが1リットル160円って、異常すぎる高値だと思うんですがねぇ・・・ q(`o')ブー!!

 まぁ、このご時勢ですからねぇ、マイカーに給油するガソリンが160円を超えたとしても、ある程度は仕方ないかなぁ・・・ と思わないでもないんですが、さすがに営業ナンバーを付けた車まで一緒にされてはかなわないなぁと・・・ (__;)

 仕事で走るわけですから、レジャーや生活の延長で走るのとはワケが違うわけで、よく運輸業界のお偉方が政界に対して陳情しないモンだと・・・

 こんなんじゃ、いくら稼いでも経費で食われてしまって、利益なんてほとんど出ませんよ・・・(怒り)

 

 ガソリンが上がって、高速料金が上がって、ETC割引も無くなって、その上、アレもコレもが値上がりして・・・

 ホント、この異常な事態はどうにかならないもんですかねぇ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

名古屋の砂嵐

 昨日、大相撲の名古屋場所が中日を迎えました。
 という事で、今場所も残り半分となりました。

 そんな中で、エジプト出身の力士、大砂嵐の大健闘が光る。

 

 私もそうですが、昨年入門した遠藤の人気が凄くてね、まるで遠藤を中心に角界が動いているような、そんな感じさえします。

 確かに、遠藤の素質は目を見張るモノがありますが、その遠藤を凌ぐんじゃないかと思えてきたのが大砂嵐の存在です。

 確かに、経験という点では遠藤の方に一日の長がありますが、大砂嵐には物差しで測れない未知数の伸びしろを感じます。

 

 この二人を見ていると、まるで、かつての曙と貴乃花を見ているような錯覚さえ覚えます (^^ゞ

 曙と貴乃花も同期で、ずっと良きライバル同士として切磋琢磨しつつ、番付を上り詰めましたが、大砂嵐と遠藤もそんな良きライバルになるだろうと私は思います。

 曙と貴乃花は入門から一緒でしたが、学生相撲でならして幕下付け出しでデビューした遠藤とは違い、大砂嵐は前相撲からのスタートですから、入門は1年ほど違いますが、新十両は二人とも昨年の名古屋ですから、関取としての経歴は同じという事になります。

 

 今場所大砂嵐は、5日目に鶴竜を、6日目には日馬富士を破る金星を挙げ、昨日の中日の白鳳戦にも大いに期待を抱かせてくれたんですが、さすがに三つめの金星は挙げられなかったものの、白鳳を大いに苦しめる大熱戦を演じてくれました (*^.-^*)♪

 

 現時点では、遠藤よりも大砂嵐の方に大関、横綱の可能性を感じるのは私だけでしょうか (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 今はまだ相撲経験も浅いので、力任せに相撲を取っているような状況ですが、稽古も熱心な方らしいので、いずれ技も覚えてくれば大化けするだろうとは思うのですが・・・ (^_^ゞポリポリ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

MVP

 昨日行なわれたオールスターの第2戦で、ソフトバンクの柳田悠岐が
1HRを含む4安打2打点と大活躍し、MVPに選ばれたと報じられた。

 

 私自身は、こういうお祭りは真剣味も感じられないので好きではなく、今年も全く観ていませんが、一流のスーパースターたちが集う「オールスター」は、見るだけの価値はあると評価はしています (^_^ゞポリポリ

 そんな強者がプレーする中でのMVPは、やはり価値があるだろうと思う次第です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 私は柳田悠岐が大好きでね、それ故に彼が活躍してくれると嬉しくてね o(*^▽^*)o~♪

 プロ4年目の25才ですが、最初から柳田が好きだったわけではなく、2年目くらいまでは荒さが目立ち、当たれば飛ぶけど、めったに当たらない巨大な扇風機でした (^◇^) 。。。ケラケラ

 それ故に批判も多く、私も柳田には全く期待してはいませんでした (;^_^A アセアセ・・・

 

 それが3年目の昨年、開幕から1軍に定着し、シーズンの終盤には不振の松田に代わって4番にも抜擢されるほどの成長を見せてくれました (*^.-^*)♪
 それでも、相変わらず打撃は粗く、確実性は伴わなかったものの、意外性の中にも人を魅了するだけの結果を残してくれまして、私もやっと柳田という選手を認めるに至ったというわけです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 オールスターで柳田のプレーをご覧になった方なら、彼の豪快なフルスイングに驚いたのではないでしょうか・・・ (^◇^;)

 全てのボールに対し、バットをあんなに振り回していたら、当たるわけがないと思った方がほとんどだと思うのですが、柳田の魅力はあのフルスイングにあります (^^)v
 もちろん、彼のフルスイングには批判も多く、身体が大きくて力もあるわけですから、もっとコンパクトにミートに徹するだけでも、もっと楽にヒットは量産できると言う解説者も多いわけですが、私はそうは思っていません。

 なるほど、おっしゃる事ももっともだとは思うんですが、何も誰も彼もが同じようなプレーをする必要はないと思うのがその理由です。

 

 プロなんですから、人のできないプレーで観客を魅了してナンボだと私は思っていますし、あのフルスイングは柳田にしかできない大きな魅力だとも思っています (^^)v
 昨年から比べれば、確実性も格段に上がっていまして、3割3分7厘の打率は糸井に次いでリーグ2位という高打率です。
 もちろん、3割バッターがひしめくソフトバンク打線にあっても、トップの成績です (*^.-^*)♪

 かつて、「ブンブン丸」と異名をとった池山というスラッガーがヤクルトに居まして、私も大好きな選手だったんですが、柳田はすでに池山を超えたんじゃないかとさえ思えてなりません (^_^;

 

 柳田の魅力はフルスイングだけではありませんで、足も速く、強肩でもあり、まさに走攻守の三拍子を兼ね備えたスーパープレイヤーです。

 かつて野球ファンを魅了した、秋山幸二監督を彷彿とさせる面影もあり、いずれは秋山をも超えるスーパースターになるんじゃないかと、今から楽しみでなりません p(^_^)q ワクワク

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年7月19日 (土)

一切合切

 今年も「一切合切」の季節がやって来ました・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 「一切合切」が何たるかを語るのは後にして、例えば12月になると
山下達郎の「クリスマス・イブ 」が巷に流れ、3月になると荒井由美の「卒業写真」が巷に流れるように、時期になるとよく耳にする音楽があります。

 冒頭に挙げた「一切合切」も、今の時期によく耳にする音楽の一つなんですが、「一切合切」という名前の作品があるわけではなく、私に耳にはそう聞こえるというだけの事なんですがね・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 

 上は、ザ・ビーチ・ボーイズの「サーフィン・U.S.A.」という作品なんですが、ボーカルのバックで歌っているコーラスが、私の耳には「一切合切」と繰り返しているように聞こえるんですよね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 いわゆる、「タモリ倶楽部」で言うところの「空耳アワー」の類ですね (^◇^) 。。。ケラケラ

 皆さんにも、そういう○○に聞こえるという、そんな作品はありませんか? (;^_^A アセアセ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月18日 (金)

農家の声

 先日、栃木県の大田原市まで仕事で行った際の帰り道、道の駅「にのみや」に立ち寄って野菜をいくつか購入してきました。

 

 運送屋という仕事がら、各地の道の駅はよく利用する方で、それらの中にはお気に入りの道の駅がいくつかあって、「にのみや」もそんな、私御用達の道の駅です (*^.-^*)♪

 理由は、産直野菜が充実しているからで、北関東方面に出かけ、この付近を通って帰る際には必ず立ち寄って野菜を買って帰るのが習慣になっています。

 

 今どき、道の駅で産直野菜を販売しているのは当たり前で、別に珍しいことではありませんが、にのみやの野菜は、安いのは言うまでもなく、種類も豊富で新鮮なのが気に入っている大きな理由です。

 中には、産直野菜を販売していても、申し訳程度の品揃えだったり、意外と高かったりと、正直なところ期待を裏切られることも少なくないんで、そういう意味でも道の駅にのみやはお気に入りなわけですよ(笑)

 

20140720001 20140720002

 

 そんな、「道の駅にのみや」で買ってきた野菜の中に、玉ねぎがありまして、写真はその玉ねぎの袋に一緒に入っていたメモ風のメッセージです。

 野菜に生産者の名前が書いてあるのは、もはや当たり前で、中にはその野菜を用いたレシピが入っていたりすることもあったりしますが、こんなふうに、「想い」という名の「生産者の声」が入っていることは極めて稀です。

 しかも、印刷やコピーなどではなく、一枚ずつ丁寧に手書きしたもので、たかだか百円かそこらで売られている野菜に、ここまで愛情を持って出荷しているこの農家の方は凄いなと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 もちろん、「にのみや」で売られている全ての野菜にそういうメッセージが入っているわけではなく、むしろ入っている方が珍しいわけですが、同じ買うのなら、やっぱりそういうメッセージが入っている野菜の方を手に取りたくなりませんか・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 明らかに、作っている野菜に込められた「想い」が違うと感じるからで、そういう野菜なら安心して食べることができますものね o(*^▽^*)o~♪

 

 もっとも、最初から「農家の声」が書かれているとわかって購入したわけではありませんで、玉ねぎの袋の中に「ちょこっとレシピ」と書かれた紙片が入っているのを目にし、玉ねぎのレシピなんて大仰だなぁと思って、どんなレシピが書かれているのか興味半分で手にしたわけですが、帰宅して二つ折りの紙片を広げてみると、レシピの下に「想い」と書かれた農家の声が手書きされていたので驚いたというか・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 ここまでの手間を惜しまない農家の方って、いったいどんな人なんだろうと感心した次第です (;^_^A アセアセ・・・

 願わくば、今後ともこんな「想い」を込めた野菜を出荷し続けて欲しいなと思った次第です・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月17日 (木)

家紋

20140714001  どうでもいいことではありますが、これは我が家の家紋です。

 「家紋」なんて、それほど関心のある方は少ないかと思いますが、私はかつての仕事がら、家紋についても少々かじったことがあるもので、気になってしまうのは、一種の職業病なのかもしれません・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 一応、「丸に一文字(まるにいちもんじ)」という名前の家紋なんですが、一般によく見かけるような家紋ではないので、初めて目にする方も多いかと思います (;^_^A アセアセ・・・

 もっとも、私自身が家紋みたいな風習には疎い方だったので、オトナになってからも我が家の家紋のことなどこれっぽっちも意識することはありませんでしたから、父からコレが我が家の家紋だと教えられた時にはチョッと戸惑ったというか・・・ (^_^ゞポリポリ

 というのも、見たこともないようなマイナーな家紋だったので、正直なところ、がっかりしたというのがホンネです・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

20140714003  南海ホークスのファンをずっと続けていますから、
「鷹の羽」みたいな類の家紋だったら嬉しいなとずっと思っていたんですが、アッサリ期待を裏切られたというかね・・・ (_ _)ノ彡☆ギャハハ!!! バンバン!!!

 

 上は、「丸に違い鷹の羽(まるにちがいたかのは)」という、けっこう有名な家紋です。

 

 まぁ、家紋は気に入らないからといって自分で勝手に決めるわけにもいかないんで、どんなデザインであったとしても黙って受け入れるしかないわけですが、丸の中に漢数字の「一」が書いてあるだけの我が家の家紋はかなりシンプルな方だと思います (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20140714002  ちなみに、家内の実家の家紋は「丸に横木瓜(まるによこもっこう)」という事で、これは比較的よく見かける一般的な家紋です。

 

 

20140714004  似たような家紋に、織田信長が用いた「五瓜(ごうり・ごか)」と呼ばれる「織田木瓜」がありますが、さすがにこちらの方は畏れ多いと思うのか、それほど目にするコトはないんじゃないかと思います (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 最近では、家紋を見かける機会もめっきりと減りまして、そのうちに社会からは消えてしまう運命なんだろうと思ってはいるのですが、そういう時の流れとは別に、個人的には「家紋」はアリだろうと思っています。

 理由は、デザイン的に秀逸なものが多いからなんですがね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

よろず

     20140716001_2

 

 写真は、先日見かけたトラックなんですが、「萬運輸」と車体に書かれていました。

 

 「よろず」と社名に謳っているという事は、何でも運びますという意味なんでしょうが、もともと運送屋なんて荷主の都合で何を運ばされるかわかりませんから、○○と運送伝票に書かれてあったとしても、実際には××を運んでいるなんてコトもあり得ないハナシではありません (;^_^A アセアセ・・・

 特に、国際空港を持つ成田をベースに運送屋をしていると、空輸されてきた貨物を運ぶ事も少なくないので、一応は空港内で検閲も行なわれているとはいうものの、全ての貨物を開封してチェックしているわけではありませんから、中にはアヤシイ貨物があるかもしれないなどと思ったりもしています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 たとえそうであったとしても、私ら運送屋は荷主を信頼して運ぶだけですから、ホントのところはナニを運んでいるのかわかったモンじゃありません (^_^ゞポリポリ

 

 それはともかくとして、20年近く運送屋をしていると、私も実に多種多様な品物を運んできました (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 動物関係では、ロブスターやアワビ・ウニなんてモノに始まって、犬や猫、釣りのエサとなるワームや実験用のマウスなど。
 あるいは蛇や蜘蛛、小鳥・熱帯魚などのペット類、変ったところではペンギンを運んだこともあります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 野菜や果物、生花などの植物類はいうまでもなく、菓子や食材などの食品。
 コンビニに納める新商品の見本、あるいは食品メーカーに納める原料等。

 また、印刷物や写真、ビデオなどのメディア物や薬品、金型、電線、衣類等もよく運びました (^^ゞ

 

 日々、同じような事を繰り返しているように見える運送屋ですが、ルート配送のような定期便は別にして、実際には様々な物を荷台に積み、いろんな所に向かうので、けっこう変化があって楽しめています (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

熊の縫いぐるみ

     20121220001

 

 写真は、2012年の暮れに書いた「クマ」という記事で紹介したテディベアです。

 焼きそばやさんの店先に置かれていたのを撮ったのですが、ここまで巨大な縫いぐるみではなくても、似たようなクマの縫いぐるみを店先に置いているのを時々目にしましてね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20140713001 20140713002

20140713003 20140713004

 

 写真は、畳屋さんとケーキ屋さんの店先に置かれてあったクマなんですが、クマモンが置いてあるのは、おそらく畳に使われているイ草の代表的な産地が、熊本県の八代地方だからだと思います (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 別に、商売にはナンの関係もなくても、こういうモノが店先に置いてあると、目を引く事は間違いないので、宣伝にはなるだろうと思います。

 

 ただ・・・ (^^;

 店先に置いてあるわけですから、ホコリなんかで汚れることも多いだろうと思うのですが、これだけ大きな縫いぐるみだと洗うのもたいへんでしょうねぇ (;^_^A アセアセ・・・

 よけいなお世話ですかね (^◇^) 。。。ケラケラ

 

20140716002 20140716003

 

 また、こういうのもたまに見かける光景です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 これもよけいなお世話ですが、運転するのに邪魔にならないんでしょうかねぇ (;^_^A アセアセ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

春夏秋冬

 演歌界の「春」「夏」「秋」「冬」が一堂に会する、
「春夏秋冬コンサート」が実現するとの一報が伝えられた。

 都はるみ伍代夏子八代亜紀坂本冬美という、名前にそれぞれの季節がちりばめられている、いずれも芸歴25年以上の大御所が一つの舞台で共演する、一日限りの昼夜二公演が10月9日に行なわれるというもの (*^.-^*)♪

 

 まぁ、Jポップが全盛の昨今、演歌界の話題なんてとお思いの方も多いと思いますが、さすがにこの企画と顔ぶれは、誰が思いついたのか知りませんが、マジで凄いと私は思いましたねぇ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 そもそも、芸名に「はる」「なつ」「あき」「ふゆ」が付いているだけでも珍しいと思うのに、その四人が一度に顔を揃えるのは、さすがにインパクトがあるんじゃないかと (^◇^) 。。。ケラケラ
 少なくても、私は記憶にありませんねぇ (^^ゞ

 惜しむらくは、たった一日限りのステージというコトで、こういう話題性に富んだ企画なら、足を運んでみたいと思うファンも多いと思うのですが、ビッグネームゆえに、スケジュールの調整が難しいんでしょうね (;^_^A アセアセ・・・

 それでも、たった一日とはいえ夢を実現させてくれた関係者に、心から拍手です (^^)// パチパチパチ!!

 

 それはともかくとして、「春夏秋冬」といえば、私の頭の中にいの一番に浮かんでくるのは、泉谷しげるの「春夏秋冬」です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 

 1972年発表といいますから、私が中学2年生の時の作品で、私も当時お気に入りで、よく口ずさんでいました。

 後に、泉谷自身がセルフカバーもしましたが、そちらの方はスローテンポがイマイチ馴染めず、駄作だと思っています。

 やはり、泉谷の歌う「春夏秋冬」は、オリジナルの方がずっといいなぁと個人的には思っています。

 もっとも、こういうカバー作品の宿命で、どうしてもオリジナルの方が耳に馴染んでイメージが出来上がっている分、よく思えてしまうだけなのかもしれませんがね (^_^ゞポリポリ

 

 さて、今回の「春夏秋冬コンサート」、私が足を運ぶことはありませんし、報道されることも無いと思いますが、コレだけの顔ぶれですからねぇ、どこかのテレビ局が録画中継をしてくれないものかと思っているのは私だけではないと思うのですが・・・ (^_^ゞポリポリ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

コク泡

 私はビールが大のお気に入りなので、晩酌にもよく缶ビールを飲んでいます。

 といっても、最近は多くの家庭がそうであるように、「純粋なビール」ではなく、発泡酒とか新ジャンルなどという名前で売られている、「まがい物」を飲む事の方が圧倒的に多いわけですが・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 正直、微妙な味の違いなんて私の舌ではわかりませんし、一昔前と違って、発泡酒も第三のビールもかなりしっかりした味に作られていますから、家飲みにはこれで十分だと私は思っています。

 

 20140715001

 

 それはともかくとして、先日私宛のDMが届いていまして、「いつもの缶ビールが旨くなる!」と謳った缶ビール専用のハンディビアサーバーが紹介されていました(苦笑)

 

 本格的なビアサーバーは、家庭で使うには現実的ではありませんが、
オモチャとまでは言わないまでも、家庭で使うための缶ビールサーバーがいろんなメーカーから販売されていまして、今回のメールで紹介されていた「コク泡」という名前の缶ビールサーバーもそういう缶ビールを使って手軽にきめの細かい泡を発生させるタイプのシロモノです (^◇^;)

 正直、こんなオモチャもどきの製品に多くの期待はしてはいませんが、ビール好きの心をくすぐる商品である事は否定できません (^◇^) 。。。ケラケラ

 で、価格も手ごろですし、騙されたつもりで・・・ つい、ポチッとクリックしてしまいました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20140715002_2 20140715003_2

     20140715004

 

 そして、さっそく翌日には手元に届いた商品がコレです (^◇^;)

 なかなかよくできていますし、取り扱いも簡単で、これなら今シーズンくらいは楽しませてもらえるかなと (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

 

 よく、日本料理は「目で味わう」と昔から言われていますが、ビールだってその例には漏れないと私は思っています (^^)v

 きめの細かい泡がビールの上にしっかりと残っているのを見ると、それだけでいつも以上に美味しいビールを飲んでいる感じがします (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 それは、決して気分だけの問題ではなく、ビールを空気に触れるないようにして、酸化を防ぐ事によって味の劣化を抑えているわけです。

 

 また、「ビールは喉ごし」ナンてコトもまことしやかに言われたりもしますが、私はこの表現はビールの味を語るには相応しいとは昔から思っていません。

 なぜなら、「喉」で味を感じる事はできませんし、要は暑い時に冷たいものが喉を通っていくのが心地よく感じるだけのハナシであって、「気持ちいい」のと「美味しい」のとは、まったく別の次元のハナシですから、私はビールは「舌」で味わって飲みたいといつも思っています。

 もっとも、その「舌」も微妙な味の違いを評価できるほどりっぱのものではありませんが、少なくても「喉」よりはマトモな味の評価ができると思っていますよ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 さらに言わせて頂くなら、冷たいビールというのも限度があって、冷え過ぎたビールでは味はわからないというのが私の持論なので、ビールを注ぐグラスを冷蔵庫で冷すなんて、以ての外のコトだと思っています。

 ですから、私はそういうよけいなお世話をするお店でビールを飲む時には、お代りの際に新しいジョッキを断わるようにしていまして、飲み干したジョッキに注いできてもらうようにお願いするのが常です (^^)v

 

 お酒の飲み方に正しいルールなんてものはありませんから、それぞれがお好きなように楽しめばいいとは思っていますが、少なくても私は、ビールに氷を入れたり、あらかじめ冷蔵庫でグラスを冷したりする飲み方はもちろん、ビールをこれでもかというくらいキンキンに冷すなどの飲み方は、ビールに対してはこれ以上ないくらい「失礼な飲み方」だと思っていますよ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

トヨタの軽

     20140711011

 

 写真は、昨日見かけた軽自動車です。

 TOYOTAのエンブレムが付いていまして、え~、トヨタが軽自動車ナンて作っているのかよと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 少なくてもトヨタと日産は軽自動車は作らないと思っていたんですが、日産は21世紀に入ってからスズキや三菱のOEM車を販売していまして、それは知っていたんですが、トヨタが軽自動車を販売しているというハナシはまったく聞いた事がなかったので、マジかよと (;^_^A アセアセ・・・

 もしかして、エンブレムだけTOYOTAのものを付けただけのイタズラなのかもしれないと思ったりもしたんですが、帰宅してチョッとググってみると、子会社であるダイハツのOEM車をトヨタ系の系列店で3年前から販売している事がわかりました (^_^ゞポリポリ

 

 時の流れとはいえ、天下のトヨタが軽自動車を売るような時代が来るなんてねぇ・・・ (^◇^;)

 世の中、わからんモンですな (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

2強

先月の27日にも、「強力打線」という記事を書いてホークス打線の凄さを披露した事があります。

 その後もソフトバンクの各打者は好調を維持し、さらに強力な打線となってきました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 1:糸井(オリックス)    .350
 2:柳田(ソフトバンク)   .330
 3:長谷川(ソフトバンク)  .328
 4:李大浩(ソフトバンク)  .314
 5:中村(ソフトバンク)   .308
 6:角中(ロッテ)      .296
 7:嶋(楽天)        .2914
 8:松田(ソフトバンク)   .2905
 9:栗山(西武)       .288
 10:鈴木(ロッテ)      .2863

 上がその時に引用した、6月25日現在の打撃10傑の成績なんですが、10人のうち半分がソフトバンクホークスの選手で占められていました (^^ゞ

 

 1:糸井(オリックス)    .353
 2:柳田(ソフトバンク)   .335
 3:内川(ソフトバンク)   .323
 4:中村(ソフトバンク)   .319
 5:長谷川(ソフトバンク)  .309
 6:李大浩(ソフトバンク)  .306
 7:松田(ソフトバンク)   .2932
 8:T-岡田(オリックス)  .2927

 9:嶋(楽天)         .291
 10:銀次(楽天)        .290

 そしてこれが、7月9日現在の打撃10傑の顔ぶれです。

 ナンと、10人のうち、上位8位までをパ・リーグ1位のソフトバンクと2位のオリックスの選手だけで占めていまして、9位と10位が楽天の選手です (;^_^A アセアセ・・・

 しかも、ソフトバンクホークスの選手が6人も入っていまして、先日の5人よりもさらに一人増えています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20140711001_2

 

 これが同日のパ・リーグの順位表なんですが、ソフトバンクとオリックスの2チームが3位以下のチームを大きく引き離しておりまして、いわゆる2強と呼ばれる展開でここまで戦ってきました。

 先の打撃10傑も、そういう順位をよく表わしていると言ってしまえばそれまでなんですが、それにしてもここまで極端な顔ぶれというのも珍しいというか(苦笑)

 

 まぁ、ファンの一人としては、ホークスの選手たちの活躍が嬉しい限りなんですが、客観的に見ても、ここまでの数字を残されると、凄いなと思いますよ (^_^ゞポリポリ

 

 しかし、火曜から行なわれたオリックスとの首位攻防3連戦、打撃10傑の活躍もあって17点も取ったのに、19点取られて負け越し、首位の座を明け渡してしまいました・・・ (ノ_-;)ハア…

 08日(火) 5 - 7 ●
 09日(水) 7 - 6 ○
 10日(木) 5 - 6 ●

 点は取れるけど、投手陣が不甲斐なくて失点も多く、勝ちきれないという試合が多くて、とにかくストレスが溜まります(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月10日 (木)

富士山は泣いている

20140710001  登山家の野口健氏が「世界遺産にされて富士山は泣いている」というタイトルの本を出版し、世の中に警鐘を鳴らしたと報じられた。

 

 やっとチャンとまともな事を言ってくれる人が現われた。

 

 1年ほど前にも「世界遺産」という記事を書いて、富士山が世界遺産に登録されるという事に浮かれすぎているのではないかと書いた。
 登録される事は名誉な事ではあるけれど、どうも勘違いしている輩が多いように思えてならなかったからですが・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 世界遺産に登録された富士山は、登録される事によって、一般の山のように気軽に登山をしてもいいような山とは一線を画したという事を認識しなければならない。

 有名になるのはいっこうに構わないけれど、今とは逆に、しっかりとした入山規制を行なう必要があるし、そのためにも富士山の五合目より上に登ろうという人には、かなり高額と思えるくらいの登山料を課し、それでも登りたいという登山客にはしっかりとした啓蒙活動も合わせて行なわなければならないと私は思っています。

 でなければ、文化遺産としての富士山の価値は損なわれてしまうから・・・

 

 高校時代の私は、山岳部にも籍を置いていて、福島県内の山々にも登山をした経験がありますから、登山の際のゴミとか生理現象の処理などについては、顧問の先生や先輩達にしっかりと叩き込まれました。

 曰く、「登山中に出したゴミは山に捨ててはならない。必ず持って帰る事」などは言うまでもなく、食後の食器なども家庭で洗う時のように洗剤を使って洗うのではなく、トイレットペーパーなどで汚れを拭き取るようにして、拭き取った紙は燃やしてしまうか持って帰るように教えられました。

 

 そんな当たり前の事も知らない登山客が大挙して押し寄せ、飲み食いしたゴミを平気で富士山に捨てていくのが現状で、ゴミはもちろん、トイレも充実しているわけではない山の中ですから、ふん尿もそこいら中に排泄して行くわけですよ (;^_^A アセアセ・・・

 中には、山小屋のゴミ箱に捨てるんだからそれでいいだろうくらいに安易に考えている方も多いようですが、街中と違ってゴミ箱のゴミも収集車が来て回収していくわけではありません (^^;

 自分が出したゴミは最低限持って帰るくらいの心構えがなくては、富士山でなくても、登山をする資格など無いわけです。

 

 そういう当たり前のルールさえ知らない、無責任な輩が次から次に入山する富士山・・・

 おそらくは、2年後の再審査でキビシイ判断が下され、登録は取り消しとなるだろうコトは火を見るより明らかなわけですが、静岡県も山梨県も、行政側は相変わらず呑気というか、コトの重大さを認識していないんだろうと思えてならない。

 まったく、富士山という美しく価値のある山の存在をどのように考えているのだろうか・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 私も、富士山は世界遺産になど登録されない方がよかったと思っている一人です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

育ち盛り

 大相撲の名古屋場所が、今度の日曜日に初日を迎えますが、そういう事もあって、最近の大相撲の話題を一つ・・・

 

 といっても、人気の遠藤や30度目の優勝を目指す白鳳の話題ではなく、ましてや横綱として初優勝を目指す鶴竜の話題でもありません (^_^;

 実は、まだ力士にはなれていない、力士予備軍の話題なんですが、これがまた、なんとも興味深いというか (^_^ゞポリポリ

 

 一昨日の7日に新弟子検査が行なわれましたが、先月の下旬、式秀部屋に入門した若者の一人がその新弟子検査の受験を受け、めでたく合格したそうです。

 まぁ、それはそれでいいんですが、合格する前からすでに彼には四股名が決まっているというもので、それが「育盛(そだちざかり)」だという (^◇^) 。。。ケラケラ

 育盛は、身長は174cmあるものの、体重は64.3kgしかなく、新弟子検査の合格基準である173cm以上、75kg以上という本来の合格基準はもちろん、167cm以上、67kg以上という第二新弟子検査の基準にも若干届かない・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 という事で、新弟子検査に向けて、今はとにかく丼飯をかき込み、豆乳を飲んで増量中というハナシだったんですが、そんな細身の彼を見て式秀親方が付けた四股名が「育盛」というワケです。

 

 実は、式秀部屋にはもう一人軽量力士が居まして、それが164cm、60kgの「宇瑠虎(うるとら)」です (^◇^) 。。。ケラケラ

 宇瑠虎については、昨年の九州場所の時にも「ウルトラマンタロウ」という記事を書いて紹介させて頂いた事があります (^_^ゞポリポリ

 角界は、他のスポーツから比べれば話題性が乏しく、ニュースに取り上げられる事も少ないという事情はわからないでもないですが、こういう珍名を次々に力士に付ける式秀親方というのもいかがなものかと思う次第です (;^_^A アセアセ・・・

 

 そもそも、身長は167cm以上、体重は67kg以上という明確な合格基準があるにも関わらず、身長で3cm、体重は7kgも足りない宇瑠虎が新弟子検査に合格したのはどういうワケなんだろう (?。?)

 いくら入門志願者が減っているという、苦しい台所事情があるとはいえ、こういうあからさまに水増し合格者とわかる力士が大手を振って土俵に上がるのはいかがなものかと思う次第です (ノ_-;)ハア…

 それなら、ハナから基準など設けずに、入門志願者を黙って受け入れればいいだけのハナシではないのか。

 今回の報道でも、7日の午前中に体重を量ったところ63kgだったそうで、慌てておにぎりを4個、うどん2杯を食べ、検査会場では2・5リットルの水を飲んだそうですが、そんなコトぐらいで4kgもの穴埋めができようはずもなく、本番の計量では案の定、検査担当の親方の目こぼしがあったらしいとのハナシです (;^_^A アセアセ・・・

 

 四股名で話題になっても、本来の相撲で活躍できなければ、結局は角界のためにはならないと思うのは私だけなんだろうか・・・ (__;)

 新弟子検査で苦労し、小兵力士として土俵を湧かせた舞の海という先輩力士も過去には居たわけですから、遠藤のようにとまでは言いませんが、同じ話題になるのであれば、土俵外のコトではなく、本来の「相撲」で騒がれるような力士になってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

成田祇園祭 14

 20140706017

 

 先週の週末、私の住んでいる成田市では、恒例の「成田祇園祭」が行なわれまして、お天気もよさそうだった日曜日に行く事にし、家内と見物してきました (*^.-^*)♪

 いつもなら車で行って、近くの駐車場に停めるのですが、今回は露店でお酒を飲もうという事で、敢えてバスで出かけました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20140706011 20140706012

 

 この日は人出も多く、いつもの薬師堂の境内から見物しようと思っていたら、広報などで許可をもらったカメラマン以外は境内には入れず、道路上からしか見物できなかったのですが、私らは場所取りもせずに列の後方に並んだので、正直あまりよく見えませんでした (^_^ゞポリポリ

 それでも、腕をいっぱいに伸ばして撮ってきたのが、上の花崎町の山車の写真です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20140706013 20140706014

20140706015 20140706016

 

 こちらは、表参道で見かけた土屋花崎町の山車です。

 いずれにしても、お祭りの山車とお囃子は、いなせで、私は大好きです o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

PDCA

 PDCAとは、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進めるための手法の一つで、具体的には次のような流れで作業を行ないます。

 1:Plan:従来の実績や将来の予測などをもとに業務計画を作成する
 2:Do:計画に沿って業務を行う
 3:Check:業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する
 4:Act:実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする

 

 実は、一昨日の大逆転劇を演じた楽天の大久保監督代行が語ったコメントの中に、、「PDCA」ナンておよそデーブには似つかわしくないようなことばが入っていたというもので・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 デーブ大久保のことは西武から巨人に移籍した頃から意識するようになったんですが、およそ知性とは無縁のキャラだったものですから、正直なところ、身体が先に動く、筋肉バ○の典型かなと思っていたら、意外にも理論派だった事がわかり、そうなると、人なつっこいキャラゆえに親しみの湧く好人物に思えてきて今に至ります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 もっとも、アタマの悪いアスリートは大成しないというのが私の持論ですから、キャッチャーが本業だったという事一つを取ってみても、大久保の非凡さはある程度予測がついたわけですが、あのキャラですからねぇ、すっかり騙されてしまいましたよ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 正直、現役時代の大久保はそれほど目立った活躍はしていなかったと思うのですが、飼い殺し状態だった西武から巨人へとトレードされて、大久保の人生は大きく変ったと思います。
 やはり、アスリートですからねぇ、働いてナンボなワケですが、そういう点では大久保という選手はツキも持っていたんだろうと思います。

 

 トレードによっていきなり活躍の場を得たわけで、それこそ水を得た魚のごとく、大久保の活躍は目を見張るものがありました・・・
 その頃から、デーブ大久保の名前は全国区となっていきます。

 なにしろ、西武では正捕手の伊東の陰に甘んじ、ずっと冷や飯を食っていた大久保が、あの巨人でいきなり正捕手として活躍するわけですから、世の中はわからんモンです(苦笑)

 

 それはともかくとして、私は猪突猛進タイプの猪武者は好みではありませんで、やはり智将と呼ばれる頭脳派タイプの戦略家が大好きです。

 はたして、大久保監督代行が智将と呼べるような戦略家なのか、どうもハッキリしませんが、本当に無能なら西武や楽天でコーチを依頼されるようなことも無いと思うし、今ここにきて楽天の監督代行をしているとも思えないので、今のところはデーブを信用もしています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 もっとも、そう考えなければ、無能な監督の下、大逆転劇などあり得ないだろうと思うからでもありますがね(苦笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

白昼夢

 先月の頭にも「悪夢」というタイトルで記事を書いたのですが、今日も似たようなタイトルで・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 前の記事は、開始早々にいきなり大量失点をくらい、そのまま手も足も出ずに大差で負けたコトを嘆いたのですが、昨日も私の愛するソフトバンクホークスは、楽天相手に信じられないような逆転負けを喫してしまいまして・・・ (ノ_-;)ハア…

 「信じられない負け」というのは、相手が楽天だからという意味ではありません (;^_^A アセアセ・・・

 十中八九手にしていた勝利が、9回にスルリと逃げていってしまったわけで、ショックの大きさという点では前回の比ではありません (^^;

 ただもう・・・
 こんなの
アリかよ~と・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 20140706001

 

 上が昨日のスコアなんですが、2点先制されたものの、直ぐに追いつき、中押し、ダメ押しと理想的に加点して、5-2と3点リードして自慢の中継ぎ陣につなぎ、最後の9回のマウンドには絶対的守護神のサファテが登場~ ヽ(^o^)尸

 こうなると、もう負けは考えられませんから、余裕で観ていたんですが・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 もちろん、どんなに凄いストッパーであっても、失点をすることはあるわけですが、サファテに限ってはそういう事はあり得ませんからね (^^)v

 なぜなら、昨日マウンドに上がる前のサファテの防御率は
「0.52」

 防御率が0点台ということは、点は取られないというなによりの証しですから、昨日のホークスファンは誰もが勝利を確信していたはずです。

 

 にも関わらず、1死満塁から銀次に2点タイムリーを打たれて1点差・・・ (^_^;

 それでもホークスファンは、この時点では追いつかれるかもしれないけど、まさか負けるとは思っていなかったと思います。

 しかし、続く四番のジョーンズにも犠牲フライを打たれて同点にされてしまいます (^_^;

 しかし、これで2死ですから、なんとかピンチを切り抜け、9回裏の攻撃に全てをかけようと思った矢先、岡島にも2点タイムリーを打たれてついに逆転されてしまうという最悪の白昼夢を見せられてしまいました (__;)ガクッ

 

 あろう事か、防御率0点台のサファテがまさかの炎上で、5失点もするとは、誰がこんな悪夢を予想できたでしょう (ノ_-;)ハア…

 ただもう、楽天打線を讃えるしかありませんが、さすがにまいったなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

骨折

 ソフトバンクホークスの松田宣浩内野手が、3日、福岡市内の病院で検査を受け、右人指し指末節骨骨折と診断され、登録を抹消されたと報じられた。

 

 いや、ビックリしました (^^;

 その前日に行なわれた2日のロッテ戦では、2本のタイムリーで2打点を上げ、本多と共にヒーローインタビューも受けた松田でしたが、翌日のスタメンにその絶好調の松田の名前が無い・・・ w(゚o゚)W

 いかにヘボ采配の秋山であっても、さすがにこういう選手起用はあり得ないだろうと訝かしんでいたら、前日の試合前に行なわれた練習中に受けたノックで指を骨折していたというショッキングなアナウンスが・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 という事はですよ、右手人指し指を骨折したまま試合を行ない、2安打を放ってお立ち台にも立ったということで、マジかよと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 アスリートにケガは付きものとはいいますが、松田の場合、2009年から昨年までの5年間に4度の骨折をしており、今回で5度目という事になります (ノ_-;)ハア…

 1度目は2009年の開幕戦で右手甲を骨折して戦線離脱、同じ年の7月にも死球を受けて右手首を骨折し、復帰することなくシーズンを終えた。

 3度目は2010年の5月、左手首を骨折。

 そして4度目は2012年の8月、やはり死球を受けて右第4中手骨を骨折しています。

 そして今回が5度目、こうも立て続けに骨折しているとなると、単に運が悪いというよりは、プレーに何らかの問題があるのではないかと勘ぐりたくもなります (__;)

 

 松田は今年から選手会長を務めており、打撃はもちろん、守備でも堅実なプレーを見せて、チームを牽引する原動力でもあるだけに、ここに来ての全治6週間という診断と長期戦線離脱は、本人はもちろんでしょうけど、チームにとってもあまりにも痛すぎる骨折だ・・・ (ノ_-;)ハア…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

暑中見舞い

 一昨日、「折り返し」という記事を書いて、7月2日は1年の真ん中だという事を述べました。

 

 それはそれでいいんですが、昨日の朝、いつものように日めくりカレンダーを1枚めくると、思いがけない顔がそこに現われましてね (^◇^;)

 

     20140704001_3

 

 そこには、いつもの日にちを表わす大きな数字ではなく、
「暑中お見舞い申し上げます」というご挨拶がありまして・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 【昨年の日めくり】      【今年の日めくり】

20140111002_2 20140111001_2

 

 日めくりカレンダーは昨年も使いましたが、そのような頁はありませんでしたから、今年使っているこの日めくりが特別なんだろうと思います。

 いつもの私なら、このような思いがけない頁を目にしても、単に時節柄、「暑中見舞い」という挨拶文を挟んだんだろうくらいにしか思わなかったと思いますが、たまたま「折り返し」という記事を書いたばかりだったので、なるほど、一昨日が一年の折り返しだったので、カレンダーの真ん中にこの1枚をわざわざ挟んだんだなというコトがわかりまして・・・ o(*^▽^*)o~♪

 

 そう考えると、本当に些細な事なんですが、そのチョッとした手間を惜しまない職人気質に感服すると共に、作り手の優しさも感じた昨日の朝の出来事でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月 3日 (木)

傷つき打ちのめされても

 タイトルは、長渕剛の最新作のベストアルバムです。

 

20140703001_2 20140703002

 

 昨日付けで発売になったのですが、Amazon に予約していた私の初回生産限定盤は、その前日の7月1日に手元に届きました (*^.-^*)♪

 定価よりも安く、発売日よりも早く、その上送料は無料ときては、人気が出ないわけがありません。
 どうして Amazon ではそんな信じられないような大サービスができるのか・・・ (^◇^;)

 

 それはともかく、このアルバムは長渕剛自身が選曲して収録したCD4枚組の全58曲です (^^)v

 特に、Disc1のシングルコレクションでは、ごく初期の「巡恋歌」から、最新作の「走る」までの16曲が収録されており、このCDを1枚聴くだけでも、長渕剛がこれまで歩んできた37年間のアーティスト人生が伝わってくるというか (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 そして、初回生産限定盤に付いてくるライブの模様を収録したDVDも有り難いというか (*^.-^*)♪

 なかなかライブに足を運ぶ機会は無いので、こういう形でアーティストの映像を観ることができるのはファンにとっては嬉しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

折り返し

 今日は、「一年折り返しの日」という事になっています。

 

 一般的には前半の六ヶ月が終わり、後半の六ヶ月が始まる7月1日が一年の折り返しと思われていますから、こんな中途半端な日が一年の折り返しと言われても、にわかには信じられないと思いますが、それぞれの月は30日とは限らないので、単純に6月が終わったからといって、半分が終わったという事にはならないわけです。

 

 閏年だと、さらに1日余計にありますから、7月2日の午前0時が1年の真ん中という事になりますが、それ以外の年では7月2日の正午が1年の折り返し点となります。

 

 いずれにしても、今日7月2日が、1年の中では真ん中の日という事になります (^^)v

 

 どうです?

 意外でしたか?

 それとも、すでにご存じでしたか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

ノープラン

 ドライブや旅行に出かける時、事前にあれこれと計画を練り、予定を立てるのは楽しいものです。

 どこにどんな観光スポットがあり、どんな美味しい食べ物がそこにあるのか・・・
 観光ガイドや地図と首っ引きになり、ここに行きたい、あそこにも寄ってみたいと、夢は膨らんできます。

 今は昔と違って、ネットを使えばそういう情報はいくらでも手に入りますから、そういう点では便利な世の中になったなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ところで皆さんは、そういう時にあらかじめキチンとスケジュールを立てて出かける方ですか?

 

 私の場合は、泊まる宿くらいはさすがに決めますが、あとはほとんど無計画で、ルートも立ち寄り先も食事処も、その時の気分次第で突発的に決めるという事が多いです (^_^;

 根がズボラだからと言ってしまえばそれまでなんですが、あらかじめ決められた通りに行動するということがどうにも馴染めなくてね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 まぁ、自営で運送屋をしているわけですから、自由業の典型という事で、何者にも縛られずに行動したいというホンネが心のどこかにあるのかもしれません (^_^ゞポリポリ

 

 それはともかくとして、世の中では私のような人間は少数派のようで、特に日本人の場合ですと、綿密な計画を立て、ルートはもちろん、立ち寄り先や食事をするお店まであらかじめ決めておく人が多いように思います。

 中には、タイムスケジュールもどきに、○○時にはここで××をするというようなところまで細かく決めている人もいらっしゃったりして (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 確かに、前もって様々なことを決めておくのは、安心といえば安心だと言えなくもありませんが、「旅」というのはそうそう予定通りにいくものではないと思いますし、ましてや思ってもみなかったようなハプニングが起きたりするのも旅には付きものというか、醍醐味だったりもします(苦笑)

 

 たとえば、旅の途中でおもしろそうな看板やお店を見つけた時、私なんかはハナから予定などありませんから、気分次第で寄ったりするんですが、あらかじめ旅の予定を決めている人は、そういう場合どのような行動をとるのでしょうか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 考えられるパターンは・・・

 1:先の予定があるので、無視して先に進む。

 2:とりあえず様子を見、おもしろそうなら寄ってみる。

 3:後先考えずに、寄り道する。

 まぁ、関心を引かれた度合いによっても行動は変ってくるんでしょうが、さて、どうする?

 

 また、道を走っていると、時々通行止めでそのまま進めないようなコトもあったりします。
 事故や災害、あるいは工事中などが主な原因なんですが、そういう際にも予定通りに旅が続けられないコトになったりします。

 そういう場合は、好むと好まざるとに関わらず、ルートの変更を余儀なくされるわけですが、綿密にスケジュールを立てて行動している人は、予定外の事態に遭遇すると困っちゃうんでしょうねぇ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 私なんかは、面倒だと思う反面、意外と楽しんで迂回路を走ることが多いんですがね(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »