« 猿と鳥 | トップページ | 隅田川花火大会14 »

2014年7月25日 (金)

市川三郷町

 

 上は山梨県の地図で、甲府市の周囲を表わしているんですが、その中に「市川三郷町」という名前の自治体が在るのがおわかりになるかと・・・ (^^;

 

 20140723001

 

 別に、この自治体がどうのとかいう話題ではないんですが、私の住んでいる千葉県には「市川市」と、お隣の埼玉県には「三郷市」という名前の自治体が在りまして、この二つは別々の県に在りますが、実際には目と鼻の先に在りまして、私なんかは仕事なんかで通る事が多いので、よく知った名前です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 20140723002

 

 ご覧のように、間に「松戸市」を挟んではいますが、一番近い地点を測ると両者の距離は2kmチョッとしかありませんで、ほとんどお隣同士といっても過言ではありません。

 

 それはともかくとして、「市川三郷町」ですが、西八代郡の「市川大門町」「三珠町」「六郷町」が対等合併したことから、それぞれの町の文字をくっつけて「市川三郷町」としたワケですが、もともと、「三珠町」は三つの村が、「六郷町」は六つの村が合併してできた経緯があり、よくある事ではありますが、町村合併や区画整理などを経て地名が変更され、町名本来が持っていた歴史的な意味合いなどを失ってしまう典型的な例の一つだと思われます。

 

 これは、かつて銀行同士が吸収合併を繰り返した時、例えば、「太陽銀行」と「神戸銀行」が合併して「太陽神戸銀行」が誕生し、そこに「三井銀行」が合併して「太陽神戸三井銀行」となったものの、あまりにも長ったらしい名称だったので2年後には「さくら銀行」と改名し、その後、「住友銀行」と合併して「三井住友銀行」となって今に至りますが、現在の名称では「太陽銀行」も「神戸銀行」も歴史の中に埋もれて消えてしまった感があります (^_^;

 合併が悪いというわけではありませんが、どうしても元々持っていたはずの意味合いが薄くなり、消えてしまうのは避けられませんで、その辺りはなんとかならないものかと思う事がよくあります・・・ (__;)

 

 タイトルの「市川三郷町」も、旧三珠町の三つの村にお住まいだった人や、旧六郷町の六つの村にお住まいだった人には、かつての村の名前が恋しく思われる事ってないんでしょうかねぇ (;^_^A アセアセ・・・

|

« 猿と鳥 | トップページ | 隅田川花火大会14 »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市川三郷町:

« 猿と鳥 | トップページ | 隅田川花火大会14 »