« 白昼夢 | トップページ | 成田祇園祭 14 »

2014年7月 7日 (月)

PDCA

 PDCAとは、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進めるための手法の一つで、具体的には次のような流れで作業を行ないます。

 1:Plan:従来の実績や将来の予測などをもとに業務計画を作成する
 2:Do:計画に沿って業務を行う
 3:Check:業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する
 4:Act:実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする

 

 実は、一昨日の大逆転劇を演じた楽天の大久保監督代行が語ったコメントの中に、、「PDCA」ナンておよそデーブには似つかわしくないようなことばが入っていたというもので・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 デーブ大久保のことは西武から巨人に移籍した頃から意識するようになったんですが、およそ知性とは無縁のキャラだったものですから、正直なところ、身体が先に動く、筋肉バ○の典型かなと思っていたら、意外にも理論派だった事がわかり、そうなると、人なつっこいキャラゆえに親しみの湧く好人物に思えてきて今に至ります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 もっとも、アタマの悪いアスリートは大成しないというのが私の持論ですから、キャッチャーが本業だったという事一つを取ってみても、大久保の非凡さはある程度予測がついたわけですが、あのキャラですからねぇ、すっかり騙されてしまいましたよ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 正直、現役時代の大久保はそれほど目立った活躍はしていなかったと思うのですが、飼い殺し状態だった西武から巨人へとトレードされて、大久保の人生は大きく変ったと思います。
 やはり、アスリートですからねぇ、働いてナンボなワケですが、そういう点では大久保という選手はツキも持っていたんだろうと思います。

 

 トレードによっていきなり活躍の場を得たわけで、それこそ水を得た魚のごとく、大久保の活躍は目を見張るものがありました・・・
 その頃から、デーブ大久保の名前は全国区となっていきます。

 なにしろ、西武では正捕手の伊東の陰に甘んじ、ずっと冷や飯を食っていた大久保が、あの巨人でいきなり正捕手として活躍するわけですから、世の中はわからんモンです(苦笑)

 

 それはともかくとして、私は猪突猛進タイプの猪武者は好みではありませんで、やはり智将と呼ばれる頭脳派タイプの戦略家が大好きです。

 はたして、大久保監督代行が智将と呼べるような戦略家なのか、どうもハッキリしませんが、本当に無能なら西武や楽天でコーチを依頼されるようなことも無いと思うし、今ここにきて楽天の監督代行をしているとも思えないので、今のところはデーブを信用もしています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 もっとも、そう考えなければ、無能な監督の下、大逆転劇などあり得ないだろうと思うからでもありますがね(苦笑)

|

« 白昼夢 | トップページ | 成田祇園祭 14 »

野球を語る」カテゴリの記事

コメント

 大久保は、有頂天になって周りが見えなくなるということがなければ、おそらく大コーチになっていたでしょうね(笑)。

 天は二物を与えずということでしょうか・・・。

投稿: ナンカイ | 2014年7月 8日 (火) 21:11

 ナンカイさん、どうもです (^_^)/

 正直、現役の頃の大久保はそれほど理論派というふうには見えなかったんですが、意外でしたねぇ (^_^ゞポリポリ

 まさか、コーチはおろか、監督代行まで務める事ができるほどの人材だったとは・・・ (;^_^A アセアセ・・・

投稿: 夢ピ | 2014年7月 8日 (火) 21:17

大久保がPDCAねぇ。
似合わないなー。
そもそも大久保が話をしているのを聞いても知性なんかまったく感じないし。
菊池のこともあるしあんまり好きになれないんです。

投稿: メイの家 | 2014年7月12日 (土) 17:15

 メイさん、どうもです (^_^)/

 私も似たような状況ですが、正直、大久保はかなり切れ者のようですよ(苦笑)
 好き嫌いはどうしようもありませんが、西武のコーチになった辺りから見直している私がいます。

投稿: 夢ピ | 2014年7月12日 (土) 20:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PDCA:

« 白昼夢 | トップページ | 成田祇園祭 14 »